上野隆博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うえの たかひろ
上野 隆博
別名義 TAKAHIRO
生年月日 (1981-09-04) 1981年9月4日(37歳)
出生地 日本の旗 日本東京都文京区
職業 ダンスアーティスト
ダンサー
振付師
演出家
事務所 株式会社トップコート
公式サイト 公式プロフィール
主な作品

振付作品
欅坂46サイレントマジョリティー

欅坂46「不協和音

上野 隆博(うえの たかひろ、1981年9月4日 - 、別名:TAKAHIRO)は、日本のダンスアーティスト、ダンサー、振付師演出家、TOPFIELD DANCE CENTER主宰[1]東京都文京区出身[2]暁星高等学校玉川大学卒業。トップコート所属[3]

略歴[編集]

1981年9月4日、東京都文京区に生まれる[2]。暁星学園を卒業後、玉川大学文学部フランス語学科へ入学。 大学入学後、ダンスを始める[4]。卒業後、社会人経験を経て、2004年に単身渡米[5]。2005年、渡米中「アマチュアナイト」のダンス部門1位を獲得[5]。2006年、全米放送のコンテスト番組『Showtime At The Apollo』でマイケル・ジャクソンを超える歴代最多の9大会連続優勝[5]、無敗のまま殿堂入りを果たす[2]

その後、ストリートダンスを基軸にパントマイムやコンテンポラリーを融合したTAKAHIRO独特のシアトリカルなダンススタイルは、米歌手マドンナの目に留まり、ワールドツアーの専属ダンサーに抜擢[6]。渡米中、ダンス学校に3年半ほど通学し、バレエ、ジャズ、コンテポラリー、ハウスなどの基礎を学ぶ[7]。その他、ラスベガスシルク・ドゥ・ソレイユを始め、多くのTOPシーンで活躍。彼が出版した体験記『TAKAHIRO DANCE IN THE WORLD』(ダイヤモンド社)は、高校教科書『BIG DIPPER』に採用され、多くの学生の学びの題材となっている。

クリエイターとしても評価が高く、テーマ性と芸術性を持ちながらキャッチーな動きを制作する事を得意としている。これまで、ルイ・ヴィトンブレゲフランク・ミュラーラルフ・ローレンを始め、数多くの最高級ブランドショーのダンスコンテンツ演出・振付けを手がける。マドンナのアルバムプロモーションでは日本人として唯一、演出、振付を担当。その他、NHK大河ドラマ『平清盛』の振付、資生堂コマーシャルの振付、大阪世界陸上開会式の振付などクリエイティビティの高い制作を行っている。

その活動は、世界からも高く評価され、ニューズウィーク「世界が尊敬する日本人100」に選出[6]。マドンナからは「輝かしいダンサーであり、とても才能のある素晴らしい振付家」と評価を受ける。ニューヨーク・タイムズ紙はTAKAHIROを「驚愕の表現家」、アポロ・シアターは「若き天才」と評する[6]。日本では、ストリートダンサーとして初めて『徹子の部屋』『情熱大陸』『アナザースカイ』に出演。シーンを開拓し続けている[6]

人物[編集]

  • 趣味は写真釣り語学(英・仏)、犬の散歩。
  • 2015年4月13日、9歳年下の一般女性と結婚[8]。2016年2月12日、第一子が誕生[9]

肩書

  • 芸能事務所TOPCOAT業務提携アーティスト[10]
  • ダンサーエージェント「インフィニティ」代表[11]
  • 米国ダンス学校「ペリダンスセンター」、NYC「アーツキュアダンスセンター」認定講師
  • 大阪芸術大学 舞台芸術学科 客員准教授[1]
  • 滋慶学園グループ 名誉教育顧問[1]

活動[編集]

2004年 - 2015年[編集]

2016年[編集]

振付

  • 欅坂46「サイレントマジョリティー
    • 「手を繋いで帰ろうか」
    • 「キミガイナイ」(LIVE ver.)
  • 欅坂46「世界には愛しかない
    • 「語るなら未来を…」
    • 「渋谷から PARCOが消えた日」
    • 「また会ってください」(長濱ねる)
    • 「青空が違う」(青空とMARRY)
    • 「ひらがなけやき」(けやき坂46)
  • 欅坂46「二人セゾン
    • 「大人は信じてくれない」
    • 「制服と太陽」
    • 「誰よりも高く跳べ!」(けやき坂46)
    • 「僕たちの戦争」(FIVE CARDS)(LIVE ver.)
    • 「夕陽1/3」(てちねるゆいちゃんず)
  • 欅&けやき坂組「W-KEYAKIZAKAの詩」(LIVE ver.)
  • 欅坂46”1stワンマンライブ”「DANCE TRACK」&「Xmas DANCE TRACK」
  • NMB48「僕以外の誰か
  • J☆Dee’Z 「Dream Arch」
  • ALSOKテレビCM「スーパー・サンバ篇」
  • ミュージカル「甲子園だけが高校野球ではない」
  • ALSOKテレビCM「「ALSOK 歌舞伎篇」
  • JAMES JIRAYU「Loving you too much」MV
  • Lloyd「JAPAN LIVE」Opening act show
  • ピエトロテレビCM「ベジベジロッケンロー篇」
  • クロネコヤマト40周年記念CM「NEKO FUNJATTA | Dancing Black Cats」
  • 舞台「墓場、女子高生」

ステージ

  • 「ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス®・カード」プレゼンツ 阪急メンズ大阪 FASHION EXHIBITION SPECIAL NIGHT GUEST Dance&TALK SHOW
  • ミューザ川崎・ダンスグランプリ2016 GUEST SHOW
  • Legend Tokyo MC・コメンテーター
  • 美濃加茂市 ダンス事業 Guest Show・トークショー
  • スポーツ庁後援事業「日本ダンス大会」大会プロデューサー/審査委員長
  • TAKAHIRO×三ツ矢雄二トークショー 八重洲ブックセンター
  • OSAKAキッズダンス・スマイルフェスティバル 2016 特別審査員/パフォーマンス
  • DANCE STAGE PROJECT 2016:サンリオピューロランド
  • 欅坂46”1stワンマンライブ”「DANCE TRACK」&「Xmas DANCE TRACK」総合ステージング

メディア

  • ミュージックステーション「プロが選んだ振付がすごいJ-POPランキング」(2016年度楽曲内1位、歴代楽曲内総合8位獲得)テレビ朝日
  • おはようコールABC/7.28
  • 朝日放送M-ON! SPESIAL「欅坂46」 MUSIC ON! TV ドキュメンタリー番組 インタビュー出演
  • ON and OFF / 04.08 BS日テレ ドキュメンタリー番組
  • めざましテレビ / 07.05 フジテレビ
  • 行列のできる法律相談所 / 09.18 日本テレビ
  • 1億人の大質問!?笑ってコラえて! / 10.19
  • 関西ジャム完全燃SHOW「振り付け師を徹底解剖SP」11.20テレビ朝日

2017年[編集]

振付

  • AKB48「シュートサイン
  • 坂道AKB「誰のことを一番 愛してる?」
  • 欅坂46「誰のことを一番 愛してる?」
  • 欅坂46「不協和音
    • 「W-KEYAKIZAKAの詩」(欅&けやき坂組)(Music Video ver.)
    • 「微笑みが悲しい」(てち&ねる)
    • 「割れたスマホ」(青空とMARRY)
    • 「僕たちは付き合っている」(けやき坂46)
    • 「エキセントリック」
  • 欅坂46「真っ白なものは汚したくなる」収録曲
    • 「月曜日の朝、スカートを切られた」
    • 「東京タワーはどこから見える?」
    • 「永遠の白線」(けやき坂46)
    • 「AM1:27」(小林由依、鈴本美愉、平手友梨奈)
    • 「バレエと少年」(156)
    • 「少女には戻れない」(五人囃子)
    • 「ここにない足跡」(青空とMARRY)
    • 「猫の名前」(菅井友香、守屋茜、加藤史帆、佐々木久美)
    • 「沈黙した恋人よ」(潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花)
    • 「君をもう探さない」
    • 「危なっかしい計画」
    • 「太陽は見上げる人を選ばない」(欅&けやき坂組)
  • 欅坂46「風に吹かれても
    • 「それでも歩いてる」(けやき坂46)
    • 「避雷針」
    • 「波打ち際を走らないか?」(青空とMARRY)
    • 「結局じゃあねしか言えない」(五人囃子)
  • A.B.C-Z「テレパシーOne! Two!」
  • J☆Dee'Z「Answer」
  • クレヨンしんちゃん「オラはにんきもの 25thMIX」MV
  • キャティーマン×ハローキティ コラボMV
  • ロッテ クーリッシュ 「クーリズム2017篇」TV-CM(松坂桃李 出演)
  • ユニクロ「ゆるりと着て、凛とするユニクロのドレープコレクション」TV-CM(新垣結衣 出演)
  • Y!mobile「双子ダンス部」篇、「アンドロイドワン部」篇 TV-CM

ステージ

  • アート×アート×アート<音楽×ダンス×スイーツ>『チェンバロと踊る“お菓子”な世界』
  • けやき坂46「Zepp LIVEツアー」総合ステージング/総合振付
  • 欅坂46「1st Anniversary Live」総合ステージング/総合振付
  • 欅坂46「欅共和国」総合ステージング/総合振付
  • 欅坂46 全国ツアー2017「真っ白なものは汚したくなる」総合ステージング/総合振付
  • Y!mobile「リズム縄跳び部」篇 TV-CM

メディア

  • ウラマヨ! お正月2時間! 今年羽ばたく人と友達にならないなんてどうかしてるぜSP/1.2 関西テレビ
  • ZIP/1.12日本テレビ
  • musicるTV/1.16 テレビ朝日
  • DREAM FACTORY/1.16 フジテレビONE
  • SONGS/4.6 NHK
  • 世界まる見え!テレビ特捜部/5.8 日本テレビ

講演

  • 講演「麻布総合教養スポーツ社会学」特別授業/麻布高等学校

2018年[編集]

振付

  • 欅坂46「ガラスを割れ!
    • 「もう森へ帰ろうか?」
    • 「イマニミテイロ」(けやき坂46 1期生)
    • 「バスルームトラベル」(尾関梨香、小池美波、長濱ねる)
    • 「半分の記憶」(けやき坂46 2期生)
  • けやき坂46「100年待てば」(LIVE ver.)
  • 坂道AKB「国境のない時代
  • J Dee'Z「あと一歩」
  • クリスチャン・ディオール 社内セレモニー映像
  • 美少女戦士セーラームーン 3大ステージコンテンツ "Pretty Guardian Sailor Moon" The Super Live 演出/振付
  • 超特急「Party Maker」「feel the light」「SAIKOU KOUSHIN」「need you(ユーキと共作)」
  • A.B.C-Z「Rock with U」
  • けやき坂46『走り出す瞬間』収録曲
    • 「期待していない自分」
    • 「線香花火が消えるまで」(金村美玖、富田鈴花、松田好花)
    • 「未熟な怒り」(けやき坂46 2期生)
    • 「ノックをするな!」(加藤史帆、高瀬愛奈、東村芽依、富田鈴花、渡邉美穂)
    • 「ハロウィンのカボチャが割れた」(潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花)
    • 「約束の卵」
    • 「割れないシャボン玉」(河田陽菜、濱岸ひより、宮田愛萌)
    • 「ひらがなで恋したい」
  • SEKAI NO OWARI「ラフレシア」「イルミネーション
  • 欅坂46「アンビバレント
    • 「Student Dance」
    • 「I'm out」
    • 「302号室」(線香姉妹)
    • 「音楽室に片想い」(尾関梨香、小池美波、長濱ねる)
  • RUANN「LOVE&HOPE」
  • 吉本坂46泣かせてくれよ

ステージ

  • けやき坂46「日本武道館 3DAYS!!」総合振付/総合ステージング
  • けやき坂46「2期生 おもてなし会」総合振付/総合ステージング
  • 欅坂46「2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」総合振付/総合ステージング
  • けやき坂46「走り出す瞬間 ツアー2018」振付統括/ステージング統括
  • 欅坂46・けやき坂46「欅共和国2018」総合振付/総合ステージング
  • けやき坂46「ひらがなくりすます」総合振付/総合ステージング

2019年[編集]

振付

CM[編集]

スポンサー タイトル 備考
Audio-Technica BOOGIE BOX 2011年・出演
GALLOP 週刊ギャロップ 2012年・出演
JSDA 第3回JSDA日本ストリートダンス検定 2012年・出演
資生堂 HAKU メラノフォーカスCR 2013年・出演
ピエトロ 色とりどりのヤサイ編 2013年
ALSOK ALSOKフィーバー篇 2014年
ケンタッキーフライドチキン レッドホットチキン10周年 2014年・出演
au GALAXY S5 キャリアアグリケーション篇 2014年・出演
キリンメッツ 悟空篇、フリーザ篇 2015年
ALSOK スーパー・サンバ篇、歌舞伎篇 2016年
ピエトロ ベジベジロッケンロー篇 2016年
クロネコヤマト 40周年記念CM「NEKO FUNJATTA Dancing Black Cats」 2016年
ユニクロ ゆるりと着て、凛とするユニクロのドレープコレクション 2017年
ロッテ クーリッシュ 「クーリズム2017篇」 2017年
Y!mobile 「双子ダンス部」篇
「アンドロイドワン部」篇
2017年
「リズム縄跳び部」篇 2017年・ステージング
XFLAG モンスターストライク「スター・ウォーズ × モンスト」警備員篇 2018年・出演
アース製薬 ブラックキャップ「キャップダンス篇」 2018年・出演

出演[編集]

作品[編集]

書籍

  • Takahiro Dance in the World(2010年8月7日、ダイヤモンド社)[12]
  • DVD付き 1時間でカッコよく踊れる ヒップホップダンス 基礎編(2012年11月29日、講談社)[13]
  • 世界が認めるスーパーダンサー TAKAHIROが考案! アニソンエクササイズ(2014年3月13日、廣済堂) - DVD付書籍[14]
  • ゼロは最強(2019年2月19日、光文社) - エッセイ[15]秋元康は「僕の歌詞は、TAKAHIROの振り付けによって完成すると言っても過言ではない」とコメントを寄せた[4]

DVD

  • アニソン★エクササイズ 世界が認めるスーパーダンサーTAKAHIROが考案!(2014年1月31日、廣済堂)[16]
  • Let's アニソンエクササイズ(2016年5月31日、廣済堂)[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 上野隆博 (2016年6月3日). TAKAHIROの活躍を支える“体作り”女性に役立つスタイルキープ法も. (インタビュー). モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1588961 2018年8月1日閲覧。 
  2. ^ a b c “振付師・ダンサーTAKAHIROの魅力とは? ダンス経験者が解説”. Dews (アノマリー). (2018年8月1日). https://dews365.com/newpost/150130.html 2018年8月1日閲覧。 
  3. ^ yanma (2013年2月12日). “世界的ダンサーTAKAHIRO主宰のダンススタジオをKORGがオープン”. clubberia. クラベリア. 2018年8月1日閲覧。
  4. ^ a b “ダンサーTAKAHIROが明かす“ゼロ”の最強論 初エッセイにエンタメ巨匠も太鼓判”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年1月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2128567/full/ 2019年1月31日閲覧。 
  5. ^ a b c TAKAHIRO (2017年10月8日). 欅坂46など手掛ける振付師・ダンサーTAKAHIRO、異端のキャリアとダンス論を語る. インタビュアー:鳴田麻未. Real Sound.. https://realsound.jp/2017/10/post-109541.html 2017年10月8日閲覧。 
  6. ^ a b c d PROFILE”. TAKAHIRO UENO. 2019年2月1日閲覧。
  7. ^ TAKAHIRO (2017年10月8日). TAKAHIROが学んだ「生きることは踊ること」. インタビュアー:鳴田麻未. Real Sound.. https://realsound.jp/2017/10/post-109541_2.html 2017年10月8日閲覧。 
  8. ^ TAKAHIROがブログで結婚を発表 お相手は9歳年下の会社員”. 産経ニュース. 産經新聞社. 2017年3月7日閲覧。
  9. ^ “世界的ダンサーTAKAHIROに第1子男児誕生「うわぁぁぁぁぁぁぁ!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年2月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2066762/full/ 2018年8月1日閲覧。 
  10. ^ TAKAHIRO”. TOP COAT. トップコート. 2019年2月1日閲覧。
  11. ^ Contact”. 株式会社インフィニティ〜Dance Creation for You〜. インフィニティ. 2019年2月1日閲覧。
  12. ^ 上野隆博 『TAKAHIRO DANCE in the World』 ダイヤモンド社、2010年8月7日、1-141頁。ISBN 978-4-478-05999-9
  13. ^ TAKAHIRO 『DVD付き 1時間でカッコよく踊れる ヒップホップダンス 基礎編』 講談社、2012年11月29日、1-80頁。ISBN 978-4-06-218045-0
  14. ^ TAKAHIRO 『世界が認めるスーパーダンサー TAKAHIROが考案! アニソンエクササイズ』 柳谷登志雄、廣済堂、2019年3月13日、1-56頁。ISBN 978-4-331-51820-5
  15. ^ TAKAHIRO 『ゼロは最強』 光文社、2019年2月19日、1-216頁。ISBN 978-4-334-95075-0
  16. ^ TAKAHIRO 『アニソン★エクササイズ 世界が認めるスーパーダンサーTAKAHIROが考案!』 廣済堂、2014年1月31日ASIN B00H4140IG
  17. ^ TAKAHIRO 『Let's アニソンエクササイズ』 柳谷登志雄、廣済堂、2016年5月31日ASIN B01EMYA0NG

外部リンク[編集]