長谷川豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はせがわ ゆたか
長谷川 豊
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 奈良県奈良市
生年月日 1975年8月12日(41歳)
血液型 B型
最終学歴 立命館大学産業社会学部
所属事務所 株式会社OFFICE HASEGAWA
職歴 フジテレビアナウンサー
活動期間 1999年 - 2012年6月(フジテレビアナウンサーとして)
2013年4月 - 現在(フリーアナウンサーとして)
ジャンル 情報・バラエティ・報道・スポーツ中継
出演番組・活動
過去 情報プレゼンター とくダネ!
私生活むきだしバラエティ「キリウリ$アイドル」
上沼・高田のクギズケ!
バラいろダンディ』など
備考
2010年9月16日 - 2012年6月までフジテレビニューヨーク支局勤務

長谷川 豊(はせがわ ゆたか、1975年8月12日[1] - )は、日本フリーアナウンサー。元フジテレビアナウンサー。一般社団法人医信理事。奈良県奈良市出身。株式会社OFFICE HASEGAWA所属。身長178cm[2]

経歴[編集]

あやめ池南7丁目の出身、洛星中学校を経て[3]1992年日生学園第一高等学校(現・桜丘高等学校)に進学し、1995年4月に立命館大学産業社会学部(情報・メディアコース メディアリテラシー専攻[4])に進学する。立命館大学放送局 (RBC) に所属した[5]1999年4月、フジテレビ入社。入社2年目から『情報プレゼンター とくダネ!』担当。入社4年目からは同局アナウンサーの笠井信輔が休みの際の代理司会も担当した。2010年9月15日、『とくダネ!』を降板した。

2010年9月16日付けで同局アナウンサーの佐野瑞樹の後任としてニューヨーク支局に赴任、『めざましテレビ』や『情報プレゼンター とくダネ!』でニューヨーク中継を担当したが、2012年6月12日にフジテレビより「ニューヨーク滞在関連費用の不正使用があった」として降格処分を受け、アナウンス職を解任された[6]

同年、本社人事局付ののち編成制作局編成情報センター著作権契約部に配属される[7]2013年4月1日、フジテレビを退社した。

フリー転向[編集]

2013年5月25日、映画『生贄のジレンマ』のプロモーション映像が公開され、その中でアナウンサー役で出演。 同年6月7日、公式ホームページを立ち上げ、フリーアナウンサーとして活動開始を宣言。同日にアメーバブログも開設。 同年7月14日 『生贄のジレンマ』の公開記念舞台あいさつに司会者として出席。これがネットでの活動を除くと1年ぶりに公式の場への復帰となった。 同年8月28日放送のTOKYO MXニッポン・ダンディ』に代理司会として出演、テレビ番組に復帰した。 また10月からは同番組の毎月第1水曜日のレギュラー司会を担当。

2013年11月からは『有吉ジャポン』(TBS)をはじめ、東京キー局の番組にも再び出演している。『たかじんNOマネー』(テレビ大阪)では、同年11月2日の放送で「第3代毒舌王」に就任した。2014年4月1日より、TOKYO MXにて『ニッポン・ダンディ』をリニューアルした『バラいろダンディ』がスタート。同番組のメインキャスターに起用された。同年4月2日より、ライブドアブログ「本気論 本音論」を開始[8]

2014年11月28日にテレビ大阪の夕方の報道特番『大阪の大問題』で、フジテレビを退社して以来、初めてニュースキャスターを務めた[9]

2016年6月、メディカルリテラシーを定着させ、医療・健康に対する価値観を再構築することを目的に、イベント・セミナー主催や芸能活動など、医療・福祉に関する企画・調査・コンサルティング業務などを手掛ける若手医師らの団体「一般社団法人医信」が設立され、同団体の理事に就任する[10]

後述のブログで「人工透析患者は殺せ」発言をめぐる報道(長谷川豊#不祥事・トラブル参照)により、2016年9月29日にニュースリアルのメインキャスターを、9月30日を以てパネリストとして出演していた読売テレビの『上沼・高田のクギズケ!』を、10月4日を以て(発表は5日の同番組内)『バラいろダンディ』の水曜日MCをそれぞれ降板。発言以前8本のレギュラー番組を持っていたが、この一件により全てのレギュラー番組を降板することとなった。『バラいろダンディ』については、10月3日の番組冒頭で謝罪を行いTOKYO MXは長谷川を続投させる意向であったが10月5日降板となった。この件に関してTOKYO MXの広報担当者は、局に対して多数の抗議があり、それらを総合的に検討した結果の降板だと明かしている[11]。また、10月3日の謝罪の文面は長谷川本人ではなくTOKYO MXが起草したものであることを長谷川がブログで明かしている。

人物・エピソード[編集]

高校時代は柔道部に所属し初段。高校3年時、NHK杯全国高校放送コンテストの朗読コンテストで県代表に選ばれた。全国高等学校総合文化祭の弁論部門で優秀賞(全国3位)。国民文化祭の朗読部門で優秀賞(全国優勝)を獲得している。

大学進学後、就職試験に際して東京アナウンスアカデミーへ京都から毎週夜行バスで通っていた[12][13]。競馬実況希望で関西テレビを本命としていたが[14]、最初に内定(3年時の1月[15])を得たフジテレビに入社[16]。同期入社のアナウンサーは内田恭子大橋マキの二人。入社1年目に結婚し3児の父親となった。2006年の同局の父の日特番『解決!満点パパ』では、家族と過ごす長谷川の特集が組まれた。

2009年7月の『26時間テレビ』で行われた「12時間耐久三輪車レース」でアナウンサーチームのリーダーを務めた。 2009年9月のフジテレビONEの番組『フジアナスタジオ まる生』で女性アナウンサーやキャスターについて過激な発言をし騒動になった。フリー転向後、発言についてあくまで番組上の演出であり、放送後、同僚に対し謝罪したことを語っている[17]

2012年11月、ビジネス著作権検定初級に合格[18]

座右の銘は『「伝わる」ように「伝える」』である。

「自殺は殺人である」という持論を持ち、大学時代にアルバイト先で知り合った親友が女性がらみのトラブルで自殺したことがある。長谷川はこの親友の死をきっかけに「自殺は残された者にショックを与え、自らは逃げ果せる自分勝手な行為でしかない」と考えるようになったという[19]

不祥事・トラブル[編集]

フジテレビ在職中の横領疑惑[編集]

フジテレビ退社翌日の4月2日より期間限定ブログ「長谷川豊の American Journey 最終章 〜僕に起きたことのすべて〜」を開始[20]、その中でニューヨーク支局赴任時の不動産契約に絡む金銭トラブルについての経緯などを記した。

2010年10月、長谷川は会社から認められている家賃を超過した差額分として3年分一括(日本円に換算しておよそ212万円[21])を前払いで仮払金から支出し、不動産業者から領収書を入手した。この領収書は後日「敷金」の名目で会社に申請したとしている。また、この金銭については着服する意図はなく、支局勤務を終えて帰国する際に全額を自己負担で弁済するつもりであったと主張している[22]

2012年6月に領収書の査察を受け、申請(=敷金)とは異なる用途(=家賃の個人負担分)で仮払金を使用していたことが発覚した。これについて、そもそも長谷川が個人で支出すべき金銭であったと判断されたため、即時全額返金およびニューヨーク支局勤務解職を命じられることとなった[23]

2012年6月12日、フジテレビは「調査した結果、業務の規定に違反し、ニューヨーク滞在関連費用の不正使用があった。本人も認めたため処分した。金額は公表できない」「(既に全額が返済されているため)刑事告訴などは検討していない」と報道発表をした[24]

前述のブログの中で長谷川は、特定のフジテレビおよび関連会社社員によって重い処分への誘導と週刊誌への情報漏洩、当該ブログへの荒らし行為があったのではないかと推測を記述している。また、このような事態になった理由として赴任内示から渡航までの期間が6週間しかなかったことや、妻と2男1女およびゴールデン・レトリバーが同居する必要があったため、家探しが困難だったことを挙げている。

後日、横領疑惑について長谷川本人は「1つのミスも許されない立場だったにもかかわらず、そういう(つけいる隙を与える)ことをしてしまった。だから最終的には僕の不注意です。」と述べている。また、「この騒動はあくまで一部の人間の暴走」とし「古巣には感謝の思いしかない」ため、フジテレビに対して処分の取り消しを求める裁判は起こさないとしている[25]

ゲスの極み乙女ボーカルとベッキーの不倫騒動に関する事実誤認記事[編集]

バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル担当の川谷絵音と女性タレント・ベッキー不倫が2016年1月に週刊誌で報じられた件で、長谷川豊は「そもそも一番悪いのは…ダントツで川谷君の奥さんですからね?」など独自の理論を展開させた。

ベッキーが謝罪会見前に川谷へ送ったとされる「友達で押し通す予定」というLINEトークについて、2月2日、長谷川豊はBLOGOSやブログにて「存在しない。この1文はねつ造のはずです」と断言。加えて「実は川谷君の携帯からどうして情報が流れたのか、すでにサイバー警察が動いています」や、ベッキーサイドから「今晩か明日・・・明日かなぁ...直筆か何かで『対応』がある」とも予告した。

しかしながら、実際にはそういった事態が起きるわけがなく、2日後の2月4日、一転して「ベッキー本人の直筆メッセージ」は無くなったと明かし、「読者のみなさん...本当に申し訳ありません」と同ブログ上で謝罪した。その後「ちょっと信じられない展開ですし、色々と言いたいこともあります。情けないやら呆れるやら...様々な感情も交錯しています」と胸の内を綴り、上の2箇所を含む3箇所を削除。1日にも騒動に関して言及しており、その内容7箇所も併せて加筆・修正した(いずれも部分は明確にされず)。

ブログ読者からは「お粗末な話」「これじゃ、ただの狼少年になる」等批判が集中した[26]

人工透析患者に関する中傷と番組降板[編集]

BLOGOSに2016年9月19日付で、「私は「健康保険制度」と「年金」をすべて解体すべきだと考えています。」という書き出しのブログ記事で、「自業自得人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」という内容を投稿。知り合いの医師の考えに感化され、暴飲暴食や運動不足による糖尿病に起因する人工透析の増加を問題視した。[27]

この記事は読者から「暴論だ」、「透析患者への誹謗中傷だ」、「事実誤認が多い」などと批判され、BLOGOSは記事を削除した。この記事は、長谷川のブログから転載したものだったが、BLOGOS編集部は「掲載段階でのチェック体制の不備から、編集部内で検討、筆者との協議などが十全に行われないまま転載に至りました」と釈明している[28]。前述通り、BLOGOSの記事は長谷川のブログからの転載であり、元となった長谷川のブログには記事が残っている[29]

ついで2016年9月20日放送のTOKYO MX『バラいろダンディ』で、この炎上騒動について触れた際に「違うんですよ。日本の保険料の払い方が杜撰でしょっていうことで、人工透析やってね、自堕落な生活やって、人工透析やってる連中なんか、全員殺せ!って言ったらすごい燃えてんですよ」と発言し、発言について出演者にたしなめられた[30]

発言への批判について長谷川は2016年9月24日、「余りの低レベルな言葉狩りに戸惑っています」と題したブログ記事を公開し、「ネット上で私のバッシングをまるでブームのように楽しんで拡散している連中」に対して、「「論」に対しては「論」で返すべきだ」と主張した。自身の発言については、「キツメのスラング(崩し言葉)」とし、過剰な言葉狩りであると主張している[31]

これに対して全国腎臓病協議会(全腎協)が発言の撤回と謝罪を求める抗議文を送付[32]したが、長谷川は「(おそらく)そもそも私の文章を読まずに出してる」、「どこを訂正しどこを直すかが何も書いていない」とし、抗議文の要求に対して、謝罪と訂正はできないことを表明した[33]。全腎協そのものついても、上記の「連中」と同様の批判を展開したことから「おマヌケ」とし、「2チャンネルレベルの話に「法人格」を持ってらっしゃるあなた方が乗っちゃいけない。」と投稿した。また全腎協の会長と関係者あてに「あなた方の組織(全腎協)に所属すると思われる、大量の方々」から長谷川の家族に対して脅迫するメールや文章が毎日大量に送られてきているとし、そのうえで「全腎協とは脅迫集団なのか?」と投稿した。この投稿の後、全腎協は公開していた抗議文をホームページ上から削除している[34]。他人のブログから無断転用したデータについては「申し訳ない」としながらも「単なるコピー&ペーストではなく、改行をしたりして「自分の著作物」という形にした」と主張している[33]

この長谷川のブログに対してテレビ大阪は「報道番組のキャスターとして不適切な行為だ」と判断し、2016年9月29日に長谷川が担当していた『ニュースリアルFRIDAY』の降板を発表した。[35]。これに関して長谷川本人はブログで「ネットのブログのタイトルの文言が、テレビ大阪の仕事を降板というところまで発展するとは夢にも思ってはいませんでした」と書き込みつつ「私の甘いところでした。」「関係各所に大変なご迷惑をおかけしてしまいました。」と反省したが、自論についての撤回は行っていない[36]

また、読売テレビも「ブログの内容、23日に全国腎臓病協議会が送付した抗議文と、その後の長谷川氏の対応などに鑑み、総合的に判断しました」として、長谷川がレギュラー出演していた『上沼・高田のクギズケ!』の降板を発表した[37]BLOGOSからも、ライターとしての契約を解除された[38]ほか、2016年10月5日にはTOKYO MXも長谷川が司会を担当していた『バラいろダンディ』の降板を発表し[39]、長谷川はこれで発言以前から出演していたレギュラー番組を全て失った。

2016年10月6日、長谷川はブログを更新し、番組降板について「けっこうスッキリしています。アナウンサーが言葉でミスったのです。降板は当然かと。不思議ですね。今はとても心が穏やかです」と吐露しつつも、長谷川を批判したネットユーザーに対しては「数人の人間が作ったテンプレートを使ったネットいじめ」「スタッフが考えてくれた謝罪文を掲載したことで彼らは調子に乗ってしまった」と主張し、スポンサーや株主に対しては「ネットに詳しくない老人が多く、その行為を見抜けずに真に受けてしまった」との見解を示した。

透析患者に対しての発言については、「透析患者をバカにした、とか。誹謗中傷した、とか。当然、全部ウソです」「上記のリンク文章をちゃんと読んでください」「そんなこと書いてますか?書いてないでしょ?」と釈明している。 「上記のリンク文章」の中には、

「8~9割の人工透析患者は自業自得
「キリギリス(人工透析患者)は餓死しなければいけない」
「人工透析患者になったハナクソ同然のバカ患者」
「人工透析にまで至る患者とは、医師たちに言わせれば本当にあまりにも『ふざけた患者』たちなのです」 — (原文ママ)

といった記述が残されたままだが、「僕はちゃんと記した内容に自信を持っています」として従来の主張を変えず、持論やここまでの発言の削除も行わなかった[40]

これらの発言については室井佑月が自身の日刊ゲンダイ連載コラム『嗚呼!仰ってますが』で[41]批判した他(室井は長谷川本人にも直接「弱いものいじめをして悦に入ってるあなたが嫌いだ」と言っている)、菅野直が週刊SPA!の巻頭コラムで[42]ひろゆきが巻中コラムで批判[43]。降板後は水道橋博士もツイッターで、苫米地英人もブログで批判した。この話題はテレビでも取り上げられ、長谷川の古巣のフジテレビのワイドナショーでは、堀潤が「なんかピントがずれてる。どこまで放送に出てしゃべる仕事の人として自覚があるのかなと。現場の人の痛みとか、人間の機微を分かってるのかなと。同業者としては非常に恥ずかしい」「ご本人は議論が広がればいいとおっしゃるけど、過激な文言は議論は広がらないです。過剰な批判しか呼ばないです」と批判し、ヒロミは「バカだな」「殺せって平気で書けて、載せられることがすごいなと思う」と感想を述べ、長谷川に「ベッキーちゃんの時と同じですね」とブログに書かれたベッキーは、ダウンタウン松本人志に「ベッキーにしたら好かれたくないよね」と話を振られ、「ネットの怖さは今年は私も感じたので…」と反応していた[44]ブラックマヨネーズ吉田敬は長谷川の発言を擁護する立場を取り、これを機に考えてみないかと呼びかけたが炎上した[45]

10月17日、妻子の名前宛てに卑猥な写真や性的な玩具が送られてきたことにより、警察署に被害届を提出したことをブログで発表した[46]

フリー転向後の出演番組[編集]

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

インターネットテレビ[編集]

  • クイズダービーインパクト(2013年11月23日、ニコニコ生放送
  • 先輩に敬意を表しつつこれからのAKBは私たちが作らなければならないと声高らかに叫びたい(2015年4月7日 - 6月30日、アメスタ) - MC

フジテレビアナウンサー時代の担当番組[編集]

以下、ナレーション担当

競馬GI実況歴[編集]

著書[編集]

  • 『いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話』 小学館 2013年8月
  • 『魔法のようによく分かる「伝わるプレゼン」の教科書』 サイゾー出版 2014年4月
  • 『見たいテレビが今日もない~メディアの王様崩壊の現場~』 双葉社 2014年5月
  • 『テレビの裏側が面白いほどよくわかる「メディアリテラシー」の教科書』 サイゾー出版 2014年5月
  • 『ワンピースに学ぶ反日問題』 ヴィレッジ出版 2014年5月

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本人の公式サイト・プロフィール
  2. ^ プロフィール 公式サイト
  3. ^ 短期集中連載 昼めしで半生反省 第6回 長谷川豊「フジテレビを辞めてマグロ漁船に乗るつもりでした」(FRIDAYデジタル)2015年3月29日
  4. ^ メディアリテラシーを僕が説く訳(公式ブログ)2014年9月28日
  5. ^ RBC立命館大学放送局 OB・OG会が総会・懇親会を開催 立命館大学校友会 2014年11月18日
  6. ^ “フジテレビ、長谷川アナを処分 NY滞在関連費用を不正使用”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年6月12日). https://web.archive.org/web/20120615173644/http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012061201002507.html 2012年6月13日閲覧。 
  7. ^ ニッポン・ダンディ TOKYO MX
  8. ^ 「本気論 本音論」
  9. ^ 長谷川豊 フジ退社後初のニュースキャスター!“毒舌”が決め手(『スポーツニッポン』2014年11月3日付記事)
  10. ^ [shin.or.jp 一般社団法人医信]
  11. ^ 長谷川豊アナ、地上波レギュラー全滅…ブログ炎上でMXに抗議多数「バラダン」も降板
  12. ^ 【長谷川豊アナ連載3】アナウンス技術に難があった内田恭子ちゃん(東京スポーツ)
  13. ^ 過酷な局アナの実態~人気アナ出演一極集中の弊害、自腹高額出費、守ってくれない会社…(ビジネスジャーナル)
  14. ^ 【長谷川豊アナ連載2】一般企業では考えられないテレビ局の入社試験(東京スポーツ)
  15. ^ 【2013.9.25号】僕がフジテレビ入社試験で行った自己プレゼンについて <2>(あのいつもひとこと多い 長谷川豊アナの公式メールマガジン)
  16. ^ もう仲間に会えない(長谷川豊のAMERICAN JOURNEY FINAL) 2013年4月11日
  17. ^ フジ加藤アナ「パン子」の真相(東京スポーツ)2013年7月20日付
  18. ^ 期間限定ブログ 長谷川豊の American Journey 最終章 〜僕に起きたことのすべて〜
  19. ^ 自殺は殺人です。僕は笹井さんに同情しない。
  20. ^ 長谷川豊の American Journey 最終章 〜僕に起きたことのすべて〜
  21. ^ ブログ中の別記事では、あくまでも例としながら毎月の家賃およそ5000ドルの中の約500ドル分との記載もある。
  22. ^ 長谷川豊の American Journey 最終章:僕がしたこと②
  23. ^ 長谷川豊の American Journey 最終章:僕に起きたこと
  24. ^ 日刊スポーツ:費用の不正使用フジ長谷川アナ降格処分
  25. ^ 長谷川豊「フジへの反撃ブログで汚名返上」Vol.2
  26. ^ 長谷川豊、ベッキー大スクープは幻だった 重要部分を削除修正、「これじゃ狼少年」と批判受ける
  27. ^ 2016年9月20日付でウェブ魚拓に取得された、BLOGOS記事「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」の魚拓リスト[1]
  28. ^ “「自業自得の透析患者は殺せ」 BLOGOS、長谷川豊氏の記事を削除 「暴論」と炎上”. ITmedia. (2016年9月23日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1609/23/news067.html 
  29. ^ 自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!”. 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』 (2016年9月19日). 2016年9月23日閲覧。
  30. ^ 「自堕落な生活で人工透析やってる連中なんか全員殺せ」 長谷川豊ブログ・発言が物議”. J-castニュース. ジェイ・キャスト. 2016年10月5日閲覧。
  31. ^ 余りの低レベルな言葉狩りに戸惑っています”. 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』 (2016年9月24日). 2016年9月24日閲覧。
  32. ^ 長谷川豊氏に抗議文を送付しました。 全国腎臓病協議会
  33. ^ a b 長谷川豊氏、「人工透析」ブログの「真意」語る 全腎協の謝罪要求は「断固拒否」 J-CASTニュース 2016年9月25日
  34. ^ 全腎協が私の抗議文を送ったそうだ。結論から申し上げるが、謝罪と訂正を断固拒否する。というか「出来ない」。その理由。 本気論 本音論 2016年9月25日
  35. ^ テレビ大阪、長谷川豊氏の降板発表…透析患者中傷に「報道番組キャスターとして不適切」”. スポーツ報知 (2016年9月29日). 2016年9月29日閲覧。
  36. ^ テレビ大阪『ニュースリアル』降板を受けて 本気論 本音論 2016年9月29日
  37. ^ 長谷川豊アナ「クギズケ」も降板…ブログで人工透析患者を中傷”. スポーツ報知 (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  38. ^ 長谷川豊氏さらに2つの仕事失う テレビ局とニュースサイトがレッドカード”. J-CAST (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  39. ^ 長谷川豊「バラいろダンディ」も降板 レギュラー番組なくなる”. スポーツニッポン (2016年10月5日). 2016年10月5日閲覧。
  40. ^ 全番組降板の長谷川豊アナ、炎上2週間を振り返る「今はとても心が穏やか」スポニチアネックス 10月6日
  41. ^ 日刊ゲンダイ9月29日芸能面
  42. ^ 週刊SPA!2016年10/4号3ページ
  43. ^ 週刊SPA!2016年10月11・18合併号112ページ
  44. ^ 堀潤氏、全番組降板の長谷川豊アナを「同業者として非常に恥ずかしい」と痛烈批判 スポーツ報知 2016年10月9日
  45. ^ ブラックマヨネーズ吉田氏、長谷川豊氏のブログ発言に持論”. The Huffington Post (2016年10月1日). 2016年10月9日閲覧。
  46. ^ 残念 長谷川アナの夢の日を超えていこう! 2016年10月17日
  47. ^ 元フジ長谷川アナMXでメーンキャスター(『日刊スポーツ』2014年3月13日付記事)
  48. ^ これは本来オリジナルバージョンの司会者、須田鷹雄が夏競馬開催期間は北海道文化放送(UHB)製作『ドラマチック競馬』で司会をしていたため。

外部リンク[編集]

  1. ^ 開設当初のタイトルは「あのいつも一言多い長谷川アナの「無料ならこれくらい話せるお話」」で同年10月7日に改題
    ギアチェンジ|長谷川豊オフィシャルブログ「長谷川アナの夢の日を越えていこう!」
  2. ^ フリー転身後に開設したブログ