残酷な観客達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
残酷な観客達
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜 0:59 - 1:29
(水曜深夜)(30分)
放送期間 2017年5月18日 - 2017年7月20日(全10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 秋元康
監督 矢島弘一
日暮謙
原作 秋元康
脚本 矢島弘一
プロデューサー 植野浩之
出演者 欅坂46
音声 牧戸太郎
オープニング 欅坂46「エキセントリック
外部リンク 公式サイト

特記事項:
Huluで先行配信
テンプレートを表示

残酷な観客達』(ざんこくなかんきゃくたち)は、2017年5月18日から7月20日まで毎週木曜 0:59 - 1:29(水曜深夜)に日本テレビで放送されていた欅坂46のミステリー学園ドラマである[1]

概要[編集]

欅坂46による2作目のドラマ[2]。前作『徳山大五郎を誰が殺したか?』では欅坂46のメンバーが本名で出演したが[2]、今作では本名と役名が同一であることにより、演者本人が心理的ギャップに苦しまぬよう配慮し、役名付での出演となった[3]。ただし、その役名はメンバーによって異なり、石森虹花が演じる石野紗英のようにメンバーの1字を取り入れたものもあれば、米谷奈々未が演じる吉村梓のように取り入れていないものもある[4]

企画は「ミスターXという謎の存在からお題が出されて、いろんなネタをやって教室から脱出するような話をやったら、バズると思わない?」という秋元康のアイデアから始まった[3]

2017年5月19日、『Huluで一緒に『残酷な観客達』の先行配信をみよう』(SHOWROOM)が生配信され、欅坂46の尾関梨香・織田奈那が出演した[5]

あらすじ[編集]

近未来、プライバシーを保護し、互いの名が明かされぬ学校で、21人の生徒達が教室に閉じ込められる[6]。脱出するための唯一の方法は、その様子を視聴する観客達から「いいね!」の評価を集めることだった[7]。閉ざされた空間の中でルールを強制された生徒達は[6]、疑心暗鬼になりながらも生き残ろうとする[8]

キャスト[編集]

生徒[編集]

石野紗英
演 - 石森虹花
出席番号1番[4]。9話にて人が落下するのを見たと発言。(真偽は不明。)
岩本エレナ
演 - 今泉佑唯
出席番号2番[4]。4話でいなくなる。
内村渚
演 - 上村莉菜
出席番号3番[4]。2番に次いでいなくなる。
岡本優希
演 - 尾関梨香
出席番号4番[4]。7話にてゆずき、みこ達とは別行動をとった1人。
温田遥
演 - 織田奈那
出席番号5番[4]。7話にてゆずき、みこ達とは別行動をとった1人。
古賀奈緒
演 - 小池美波
出席番号6番[4]
小柳郁美
演 - 小林由依
出席番号7番[4]。7話にてゆずき、みこ達とは別行動をとった1人。楽器が弾ける。
坂本はな
演 - 齋藤冬優花
出席番号8番[4]。7話にてゆずき、みこ達とは別行動をとった1人。その後唯一ゆずきとみこ達と合流する。
佐野静香
演 - 佐藤詩織
出席番号9番[4]。先輩の悠人と関わりがある。
椎名ケイト
演 - 志田愛佳
出席番号10番[4]。7話にてゆずき、みこ達とは別行動をとった1人。
杉崎凛
演 - 菅井友香
出席番号11番[4]。音楽一家に生まれながらも、ある過去の体験からピアノを弾くことに抵抗を抱いている[3]
須原美空
演 - 鈴本美愉
出席番号12番[4]。担任である畑田に誰より気にかけている。
長野楓花
演 - 長沢菜々香
出席番号13番[4]。7話にてゆずき、みこ達とは別行動をとった1人。
永嶺みこ
演 - 長濱ねる
出席番号14番[4]。ゆずきとは幼馴染。
橋本るな
演 - 土生瑞穂
出席番号15番[4]
浜野楓
演 - 原田葵
出席番号16番[4]。7話にてゆずき、みこ達とは別行動をとった1人。
葉山ゆずき
演 - 平手友梨奈
出席番号17番[4]。みことは幼馴染。お腹が空くと機嫌が悪くなる。
望月琴
演 - 守屋茜
出席番号18番[4]。プライド高い。
吉村梓
演 - 米谷奈々未
出席番号19番[4]。7話にてゆずき、みこ達とは別行動をとった1人。
若本杏奈
演 - 渡辺梨加
出席番号20番[4]。先輩の悠人と関わりがある。
和久綾乃
演 - 渡邉理佐
出席番号21番[4]。一時期ゆずきと対立する。

観客達[編集]

観客
演 - ヒカル[注 1]
演 - ラファエル
演 - りかりこ
演 - ふくれな
演 - 店長
教室に閉じ込められた21人の生徒達の様子を視聴する観客[11]

その他[編集]

畑田公介
演 - 原田龍二
生徒達の担任教師[12]。須原美空以外の生徒には嫌われている[要出典]
内野悠人
演 - 前田公輝
佐野静香と若本杏奈が憧れていた中学時代の水泳部の先輩[13]。いつも好意的なコメントを寄せていると思われたが、それは彼ではなかった。[13]
恵子
演 - 山地まり
馬場
演 - 福澤重文
美和
演 - 霧島れいか
杉村・ナレーション
演 - 池谷のぶえ[14]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

日本テレビ[16]
各話 放送日 サブタイトル 監督
第1話 5月18日 矢島弘一
第2話 5月25日 矢島弘一
第3話 6月01日 日暮謙
第4話 6月08日 日暮謙
第5話 6月15日 日暮謙
第6話 6月22日 日暮謙
第7話 6月29日 日暮謙
第8話 7月06日
第9話 7月13日
最終話 7月20日

放送・配信期間[編集]

テレビ放送[編集]

日本国内 テレビ(断りのない限り、日本テレビ系列) / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [17] 備考
2017年5月18日 - 7月20日 木曜 0:59 - 1:29(水曜深夜) 日本テレビ 関東広域圏 制作局[1]
2017年6月29日 - 長崎国際テレビ 長崎県 同時刻での遅れネット[18]
2017年7月10日 - 月曜 0:50 - 1:20(日曜深夜) 大分放送 大分県 TBS系列[注 2]

ネット配信[編集]

日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
放送期間 放送日時 配信元 備考
2017年5月18日 - Hulu 有料配信[注 3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 観客役は、ドラマで配信される生徒達の観客役を実際に動画配信しているYouTuberらが演じると面白いのではないか、という発想から決定した[9]。ただし、インターネット上では、ヒカルらが所属する事務所「VAZ」の主要株主が欅坂46運営事務局の所属するソニー・ミュージックエンタテインメントであることから共演が決定したのではないか、という見方もある[10]
  2. ^ 初回は前夜の『日曜劇場ごめん、愛してる』初回25分拡大のため、25分繰り下げ。
  3. ^ 日本テレビ放送終了後、直近放送回の次回を先行配信[1]。ただし、初回のみ第1話・第2話を同時配信[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d “欅坂46主演ドラマ『残酷な観客達』放送決定。人間の悪意と好奇心描いたミステリー”. RO69 (ロッキング・オン・ホールディングス). (2017年4月19日). https://ro69.jp/news/detail/159278 2017年4月19日閲覧。 
  2. ^ a b “ドラマ「残酷な観客達」で2度目の主演 役名付きに意気込み”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年4月19日). https://mainichi.jp/articles/20170418/dyo/00m/200/026000c 2017年4月19日閲覧。 
  3. ^ a b c 「欅坂46 残酷な観客達ドキュメント メンバーとドラマプロデューサーが明かした予測不能のリアリティー」『BRODY』2017年8月号、西廣智一、白夜書房、2017年6月23日、欅坂46版、25-33頁。ASIN B071W2BTRZ
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 相関図”. 残酷な観客達. 日本テレビ (2017年). 2017年5月14日閲覧。
  5. ^ “欅坂46・尾関&織田を生配信直後に直撃! “優しい観客達”に感激?”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年5月20日). https://thetv.jp/news/detail/109674/ 2017年7月1日閲覧。 
  6. ^ a b “欅坂46平手友梨奈&長濱ねるコンビが注目? “21人”で新連続ドラマ決定<囲み取材の模様をたっぷり>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年4月19日). https://mdpr.jp/news/detail/1679834 2017年4月19日閲覧。 
  7. ^ “「残酷な観客達」でYouTuberヒカルらがドラマ初出演 メインビジュアルも公開”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年5月9日). https://mainichi.jp/articles/20170509/dyo/00m/200/018000c 2017年5月9日閲覧。 
  8. ^ “欅坂46主演のドラマがスタート、「不協和音」はゴールドディスク認定”. 財経新聞 (財経新聞社). (2017年5月11日). https://www.zaikei.co.jp/article/20170511/369994.html 2017年5月11日閲覧。 
  9. ^ 渡辺彰浩 (2017年5月14日). “欅坂46主演ドラマになぜYouTuber? 『残酷な観客達』の新たな試みを探る”. Real Sound. blueprint. 2017年5月14日閲覧。
  10. ^ 福田ミチロウ (2017年5月10日). “欅坂46主演ドラマ「残酷な観客達」にヒカル、ラファエルらYouTuberが出演 ヒカルは「客寄せパンダ」と自虐”. ねとらぼ (アイティメディア). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/10/news091.html 2017年5月10日閲覧。 
  11. ^ “欅坂46主演ミステリードラマ、“観客役”は人気YouTuber”. ナタリー (ナターシャ). (2017年5月9日). http://natalie.mu/music/news/231820 2017年5月9日閲覧。 
  12. ^ 本手 (2017年6月21日). “欅坂46 鈴本美愉、先生との“禁断の愛”再び 演技でもメンバー支える存在に?”. Real Sound. blueprint. 2017年6月21日閲覧。
  13. ^ a b 本手 (2017年6月28日). “欅坂46 佐藤詩織&渡辺梨加、『残酷な観客達』で中学生役に挑戦! 才色兼備&天然コンビへの期待”. Real Sound. blueprint. 2017年6月28日閲覧。
  14. ^ 星野花太郎 (2017年6月6日). “音楽室の助っ人たち……欅坂46主演「残酷な観客達」第3話レビュー”. music.jpニュース (エムティーアイ). https://music-book.jp/video/news/column/144945 2017年6月6日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f g h i j “欅坂46主演ドラマ『残酷な観客達』予告映像&メインビジュアルが解禁”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2017年5月9日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/50763/2 2017年5月9日閲覧。 
  16. ^ ストーリー”. 残酷な観客達. 日本テレビ (2017年). 2017年5月22日閲覧。
  17. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  18. ^ 残酷な観客達”. 残酷な観客達. 日本テレビ (2017年). 2017年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]

日本テレビ 木曜日 0:59 - 1:29(水曜日深夜)枠
前番組 番組名 次番組
残酷な観客達
-