水野良樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水野 良樹
生誕 (1982-12-17) 1982年12月17日(34歳)
日本の旗 日本 静岡県浜松市
出身地 日本の旗 日本 神奈川県海老名市
学歴 一橋大学社会学部卒業
ジャンル J-POP
職業 作詞家
作曲家
ギタリスト
担当楽器 ギター
コーラス
ピアノ
キーボード
活動期間 1999年 -
共同作業者 いきものがかり
公式サイト いきものがかり official web site
BONNIE PINK
玉置浩二安全地帯
野田洋次郎(RADWIMPS[1]
ジョン・メイヤー[2]

水野 良樹(みずの よしき、1982年12月17日 - )は、日本ミュージシャン作詞家作曲家ギタリストいきものがかりのリーダーで、ギター(主にエレクトリック・ギター)を担当している。神奈川県海老名市出身。神奈川県立厚木高等学校卒業、明治大学政治経済学部中退、一橋大学社会学部卒業。

人物[編集]

来歴[編集]

生まれは静岡県浜松市で、5歳まで東京都昭島市で過ごし、その後神奈川県海老名市へ移住[3]

幼稚園から高校生までピアノを習っていた。ギターは、小学校の担任がピアノを弾けずギターで音楽の授業をしていたことから「かっこいいなぁ」と興味を持ち演奏するようになった[4]。小学6年生のお別れ会の時に「CROSS ROAD」(Mr.Children)をギターで弾き語りした時が自身の初舞台である[5]

山下穂尊とは高校まで同じ学校に在籍していたが、同じクラスになったのは小学1年生時と中学1年生時だけ(中学1年生時に同じクラスであったことは両者ともに覚えていなかった[6])で高校入学まであまり接点がなかったが、高校生になって同じ中学出身で実家が近かったこと、2人とも部活動に参加していなかったことから一時的に一緒に帰宅するようになる[7]。その頃はデビューしたばかりのゆずが注目された影響で路上ライブが流行っていたこともあり、ゆずにはまった山下が水野に話を持ちかける形でいきものがかりを結成した[8][9]。結成後に加入した吉岡聖恵は2人の同級生の妹である。

高校時代はいきものがかりとは別に6人編成のバンド「Groovy★Jack」(グルービージャック)を率いており(担当はサイドギター)、2000年のヨコハマ・ハイスクール・ミュージックフェスティバルで準決勝まで進んだ[10][11]。いきものがかりで発表された楽曲のうち、「うるわしきひと」「流星ミラクル」「君と歩いた季節」の3曲はGroovy★Jack時代に制作した曲に改良を加えたものである[5]

大学受験では現役で明治大学政治経済学部に合格しいったん進学するも、「一度立てた目標を中途半端にするのが嫌だった」という理由で仮面浪人という形で再び受験勉強をして当初志望の一橋大学社会学部へ入学した[12]

2013年8月17日、いきものがかり公式ファンクラブサイトにて一般女性と結婚していたことを発表[13]。「ひとりの人間としては、より背筋を伸ばし、ひとりのソングライターとしては、より優しく、より強い歌が書けるようになれればと思います」とコメントしている[13]

2017年2月8日、第1子男児の誕生を報告[14]

音楽活動[編集]

  • いきものがかりのメインソングライターとしてメジャーデビュー以降「SAKURA」「ブルーバード」「じょいふる」「ありがとう」など数々のヒット曲を世に送り出しており、吉岡が作詞・作曲を担当した「キミがいる」「GOLDEN GIRL」、山下が作詞・作曲を担当した「いつだって僕らは」「ハルウタ」を除くすべてのシングルA面曲の作詞・作曲は水野によるものである。
    • 曲作りをはじめたのは高校1年の時で、初めて作った曲「ミスターロンリー」は本人曰く「今後の自分自身を暗示するような曲で、記憶から消したいくらい恥ずかしい」とのこと[15]。2年生の時にGroovy★Jackとして初めて製作したオリジナル曲「燃える花」は文化祭テーマソング大会の投票で圧倒的大差で1位を獲得(結果的に3年生から圧力がかかって採用されなかった)しており、山下は「当時から曲作りの部分では抜きん出ていた」と語っている[16]
    • 曲作りの際には基本的にはメロディから作るが、調子が良い時は歌詞とメロディが同時に思い浮かぶこともあるという[17]
  • ライブではストラトキャスターテレキャスターなどのフェンダー製ギターや[18]、20歳頃に購入したレスポール、2010年のツアー中に購入したギブソン・ES-335などを使用する[19]。特にデビュー時からメインで使用しているストラトキャスターの使用率は高く、2010年の年末にはファンと公言するジョン・メイヤーモデルのストラトを購入し翌年以降のライブで使用している[20]
  • ある一定の範囲の音楽が、政治的な主張とともに成り立ってきた事を理解しつつも「ポップミュージックをひたすら信じてる」という立場から自身が楽曲に政治的な主張や社会的なメッセージを込めることには否定的な考え方を持っている[21]。また、東日本大震災発生後に多数のミュージシャンが復興支援のための楽曲を制作していたが、「安易に作ると普段の曲作りの意義があやふやになってしまう」という理由から制作しない考えを示しており、事実いきものがかりから復興支援を目的とした楽曲は制作されなかった[22]。ただし、『東日本大震災復興祭』など復興支援を目的としたイベントには出演している。

その他[編集]

  • 自身で初めて購入したCDは「祭りのあと」(桑田佳祐)である[23]
  • 仮面浪人をしていた頃を含め大学時代は東名高速道路海老名サービスエリアでアルバイトをしていた[24]
  • 手相は両手ともにますかけ線がある[25][26]
  • メジャーデビュー後に体重が増加し一時期は70kg以上になったこともあったが、ダイエットを敢行し10kg以上の減量に成功している[27]。その後は増減を繰り返しているようで、2010年のライブツアー時には自身のTwitterで体重の測定結果を公表していたことがある。
  • 大のインターネット好きで、Googleなどの検索エンジンで自分の名前やバンド名などを検索して作品の評判などを見たりしている。本人曰く「世間に向かって作品を投げていくのだから、基本的に目をそらしてはならない」との考え方から批判的な意見にもしっかりと目を通している[28]
  • 自らのブログで「イキペディア」(「いきものがかり」と「ウィキペディア」のかばん語)を紹介していたことがある[29]
  • 「誰でも知っている曲でありながら作り手の姿がほとんど見えておらず、曲が曲として存在し続けている部分がすごいと思う」という理由から、憧れている曲に「上を向いて歩こう」(坂本九)を挙げている[30]
  • 親戚がアラスカに住んでおり、アンカレッジ国際空港に勤めていた叔母がかつて放送されていたテレビ朝日系『ニュースステーション』の取材を受けたことがある[31]。また、その親戚から送られてきたマイケル・ジャクソンのビデオを観たことが音楽に目覚めたきっかけになったとのこと[4]
  • いきものがかりのリーダーにも拘らず吉岡や山下に比べあまり目立たない事に関するエピソードがいくつか存在する。
    • レコード会社やテレビ局の入口で警備員に止められたりコンサート会場でスタッフに間違えられることは日常茶飯事で[32]NHK紅白歌合戦のリハーサルでNHKに行ったときも初出場時は入口で止められ、2回目の出場時には「いきものがかりです」と説明したところ「(あなたは)いきものがかりさんの何ですか?」と係員に質問されたことがある[33]。4回目でやっとスムーズに通してもらうことができたが、これに対して吉岡からは「ギター、持ってたからじゃない?」と懐疑的な見方をされていた[34]
    • 毎日新聞まんたんウェブに2010年の紅白リハーサル時の記事が掲載された際に吉岡の左隣に水野ではなくNHKのスタッフが写った写真が使用されていた[35]
    • 新宿駅周辺で行なわれた「なくもんか」のPV撮影時にマネージャーが雑踏の中にいる会社員姿の水野を本気で見失ってしまったことがある[36]
  • いきものがかり結成当初は水野もハーモニカを吹こうと思っていたことがあったが、山下に「俺のポジションがなくなる」と言われて以降は一度も吹いたことがない[29]
  • うたばん』(TBS)に初出演したときに石橋貴明から「横顔が雅山に似ている」と言われたことがある。また、ファンから容姿が村上健志(フルーツポンチ)に似ているとたびたび指摘されており、本人曰く「121回くらい言われた」とのこと[37]
  • 虫が苦手で、ラジオ番組のMCで虫のことが話題になるまでカメムシのことを知らなかった。
  • 好きなお笑い芸人はオードリーで、『Music Lovers』で共演した際に若林正恭メールアドレスを交換した。その後、2011年5月29日放送の『笑っていいとも!増刊号』で若林はまだ2人だけで会ったことがないと語ってたが、2013年の「いきものがかりの水野良樹ラジオ」でようやく再会を果たした。
  • バンド「Groovy★Jack」に女性のキーボードが加入する事になり、リーダーだった水野は他メンバーに「恋愛禁止」と忠告したにも関わらず自身はその女性が好きになり、5回告白したが全て断られた[5]

メディア出演[編集]

本節では水野単独での出演を記載する。いきものがかりでの出演はこちらを参照。

テレビ[編集]

水野が単独でテレビ出演するのはこれが初めてとなる。対談相手は渡部建アンジャッシュ)。
いきものがかりは同番組に過去3回(2006年2009年2011年)出演しているが、2012年、2013年、2014年は水野単独で出演した。

ラジオ[編集]

  • いきものがかりの水野良樹ラジオ(NHK-FM、2013年8月18日(第1弾)、2014年1月4日(第2弾)、2015年1月4日(第3弾)、2016年1月3日(第4弾))
  • SATURDAY NIGHT J-POP(FMヨコハマ、2015年4月4日 - 2016年3月16日)
  • SONAR MUSICJ-WAVE、2016年10月6日 - )- 毎週木曜日担当のナビゲーターとして出演。

楽曲提供[編集]

曲名 アーティスト 収録作品 発売日 備考
たてっ!よこっ!ななめっ!みんなのちから! 作詞・作曲。
NHK Eテレ天才てれびくんYOU』2017年度エンディングテーマ曲。
VENUS D-LITE ミニアルバム
『D-Day』
2017年4月12日 作詞・作曲。
青春のすべて 関ジャニ∞ アルバム
ジャム
2017年6月28日 作詞・作曲。編曲は本間昭光[38]
ぱんぱかぱんぱんぱーん 作詞・作曲。
NHK Eテレ『おかあさんといっしょ』7月のうた(2017年)
さよならだよ、ミスター[39] 横山だいすけ シングル
さよならだよ、ミスター
2017年8月23日 作詞・作曲。
『映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ&ふうせんいぬティニー なんだかふしぎなきょうりゅうのくに!』主題歌。
七変化[40] 一青窈 シングル
『七変化』
2017年9月13日 作曲。作詞は一青窈。
NHK BSプレミアム BS時代劇伝七捕物帳2』主題歌。
白が人気[41] 配信限定 2017年9月30日 作曲。作詞はバカリズム日本テレビバズリズム』内の楽曲共作企画で制作。
愛せよ[42] 山本彩 アルバム
identity
2017年10月4日 作曲。作詞は阿久悠
春はもうすぐ[42] 作詞・作曲。
あ・ぜ・ちょ! D-LITE ミニアルバム
『でぃらいと2』
2017年10月12日 作詞・作曲。
せかいでいちばん[43] 井上苑子 シングル

『せかいでいちばん』

2017年11月1日 作詞・作曲。

NETFLIXオリジナルシリーズ 『あいのり : Asian Journey』主題歌

さよなら[44] 大原櫻子 シングル

『さよなら』

2017年11月22日 作詞・作曲。

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ いきものがかり スペシャルコンテンツ - ナタリー・2008年12月26日
  2. ^ ジョン・メイヤー - いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン・2010年5月12日
  3. ^ 「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 全国あんぎゃー!! 〜ハジマリノウタ〜」のツアー・パンフレットより。
  4. ^ a b 総力特集 Vol.8 いきものがかり - 音楽的価値観 水野良樹 01 - Excite Music・2007年2月20日
  5. ^ a b c よっちゃんのつぶやき78 - いきものがかり「よっちゃんのつぶやき」・2007-12-01
  6. ^ 「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 〜なんでもアリーナ!!!〜」のツアー・パンフレットより
  7. ^ よっちゃんのつぶやき76 - いきものがかり「よっちゃんのつぶやき」・2007-11-20
  8. ^ 総力特集 Vol.8 いきものがかり - 音楽的価値観 山下穂尊 02 - Excite Music・2007年2月20日
  9. ^ いきものがかり インタビュー/音楽情報サイト:hotexpress
  10. ^ 当時の大会で藍坊主が準優勝を果たしている。
  11. ^ なお、前年の大会で吉岡の兄が率いていたバンド「HotSpring」が決勝進出を果たしており、水野はソロでテープ審査に臨んだが落選した(モバイルサイト『いきもばいる』内のコンテンツ「イキペディア」より)。
  12. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2011年9月21日のツイート
  13. ^ a b いきものがかり・水野が一般女性と結婚”. ORICON STYLE(オリコン) (2013年8月17日). 2013年8月18日閲覧。
  14. ^ “いきものがかり水野良樹に第1子誕生「息子も、つむじが二つありました」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年2月8日). http://natalie.mu/music/news/219977 2017年2月8日閲覧。 
  15. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2012年1月18日のツイート
  16. ^ 「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2012 〜NEWTRAL〜」のツアー・パンフレットより。
  17. ^ 2012年4月23日放送のテレビ朝日系『ゲストとゲスト』における本人の発言より。
  18. ^ よっちゃんのつぶやき99 - いきものがかり「よっちゃんのつぶやき」・2008-3-21
  19. ^ ライブビデオ『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 〜なんでもアリーナ!!!〜』の特典映像「大反省会 〜コメンタリーでごめんタリー〜」より。
  20. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2010年12月28日のツイート
  21. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2011年4月11日のツイート1
  22. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2011年4月1日のツイート
  23. ^ 『イキスポ』(2011年7月に開催した横浜スタジアム公演のパンフレット)より。
  24. ^ よっちゃんのつぶやき86 - いきものがかり「よっちゃんのつぶやき」・2008-2-03
  25. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2012年3月8日のツイート1
  26. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2012年3月8日のツイート2
  27. ^ よっちゃんのつぶやき84 - いきものがかり「よっちゃんのつぶやき」・2008-1-26
  28. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2012年3月4日のツイート
  29. ^ a b よっちゃんのつぶやき74 - いきものがかり「よっちゃんのつぶやき」・2007-11-06
  30. ^ 2012年4月30日放送のテレビ朝日系『ゲストとゲスト』より。
  31. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2012年2月17日のツイート
  32. ^ 新春特別企画 ロングよっちゃんのつぶやき - いきものがかり「よっちゃんのつぶやき」・2008-01-03
  33. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2011年12月29日のツイート1
  34. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2011年12月29日のツイート2 - なお、このツイートで吉岡の年齢を28と書いているが正しくは27である。
  35. ^ 紅白歌合戦 :いきものがかり「リレーできてうれしい」松下奈緒演奏後に登場 - 毎日新聞まんたんウェブ・2010年12月29日
  36. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2012年1月18日のツイート
  37. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2011年9月30日のツイート
  38. ^ ro69 (2017年5月8日). “関ジャニ∞、新アルバム『ジャム』詳細発表。ニセ明も楽曲提供”. ロッキング・オン. 2017年5月8日閲覧。
  39. ^ “「おかあさんといっしょ」横山だいすけお兄さんソロデビュー、曲制作はいきもの水野良樹”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年6月23日). http://natalie.mu/music/news/238059 2017年9月9日閲覧。 
  40. ^ “一青窈、水野良樹書き下ろしのニューシングル発売”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年7月24日). http://natalie.mu/music/news/242102 2017年8月6日閲覧。 
  41. ^ “バカリズム×水野良樹コラボ曲は「白が人気」 ファッション業界に影響!?”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2097375/full/ 2017年9月17日閲覧。 
  42. ^ a b “山本彩、10・4新アルバム『identity』 水野良樹・阿部真央ら楽曲提供”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2096774/full/ 2017年9月17日閲覧。 
  43. ^ “井上苑子と水野良樹がラブワゴンの旅を応援”. ナタリー. (2017年10月6日). https://natalie.mu/music/news/251715 2017年12月9日閲覧。 
  44. ^ “大原櫻子、水野良樹作詞作曲のニューEP「さよなら」11月22日発売”. BARKS. (2017年10月10日). https://www.barks.jp/news/?id=1000147700 2017年12月9日閲覧。 
  45. ^ “いきものがかり水野良樹がつづる自伝本「いきものがたり」発売”. 音楽ナタリー. (2016年8月25日). http://natalie.mu/music/news/199400 2016年8月25日閲覧。 

外部リンク[編集]