DJ松永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DJ松永ディージェイまつなが
出生名 松永 邦彦(まつなが くにひこ)
生誕 (1990-08-23) 1990年8月23日(31歳)
出身地 日本の旗 日本新潟県長岡市
ジャンル ヒップホップ
職業
担当楽器 ターンテーブル
活動期間 2011年 -
レーベル
事務所
  • スティールストリート
  • Sony Music Entertainment(2017年 - )
共同作業者 R-指定Creepy Nuts
公式サイト DJ松永 (@djmatsunaga) - Twitter

DJ松永(ディージェイまつなが、1990年平成2年〉8月23日 - )は、DJターンテーブリスト及び、音楽プロデューサー作曲家編曲家トラックメイカーであり、Creepy Nutsのメンバー。本名は松永 邦彦(まつなが くにひこ)。

2019年8月24日、東京・渋谷WOMBで行われたDJ大会「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2019 FINAL」のバトル部門で優勝。

同年9月28日、ロンドンで開催された「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019」に日本代表としてバトル部門に出場[1]。ディフェンディングチャンピオンのK-Swizzに勝利し、優勝を果たす。

これに伴い、公式含め各サイトのプロフィールが『世界一のDJ』となった[2][3][4]

来歴[編集]

新潟県長岡市出身。 身長171.8cm。小学校から高校1年生までサッカーをしていた[5]

DJをやるために高校2年の時に学校を中退している[6]。ターンテーブルを購入してわずか3年となる2010年に、世界で最も栄誉あるDJの大会「DMC DJ Championship」に初挑戦し、瞬く間に北海道大会[注 1]チャンピオンの座を勝ち取り「DMC Japan Final」に出場[7]

地元の新潟では主にクラブDJとして活動することが多かったが、地方ではDJとして生活していくのは困難と判断し21歳で東京都に上京。日本のヒップホップシーンに参加したいという想いを胸に拠点を東京に移したが、クラブDJとしては最初はうまく行かず、数ヶ月に1度ノーギャラのイベントに呼ばれ参加する以外はアルバイト中心の生活が続き、下積み生活となった。その後、同年代の東京で活動するラッパーのライブDJとしての活動を行いがてら、上京するタイミングで制作したトラックを中心に構成した自主制作の1stアルバム『DA FOOLISH[8]』を2012年に発売した[5][9]

松永はRHYMESTERに憧れてヒップホップを始めた経緯もありアーティスト活動を新潟にいた頃からしたいと思っていたが、いつか最高のパートナーと組むための準備期間と捉え1stアルバムリリース以降は上記のDJ活動を含めたソロ活動を行う。他アーティストへのトラック・プロデュースなども行っていたがソロ作品のリリースに関してはレコード会社や事務所に所属しない中での自主制作に限界を感じ、音楽業界の電話帳の様な本を購入し、そこに載っている音楽事務所に募集も行われていない中で片っ端にデモテープを送付するという行動に出た。送った宛は30社以上にのぼり、唯一返答のあったVillage Again Associationから2枚目のアルバム『サーカス・メロディー[10]』を2014年に発売した。このアルバムには上京前から交流のあるR-指定も参加しており、ここから正式な結成も含めCreepy Nutsとしての活動が本格化する[5]。また、2016年まで自身の活動に並行してHilcrhymeTOCのライブDJを務めていた[11]

2016年、かつての不本意な最終成績の雪辱を晴らすために2010年以来となる「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS」の全国大会に参戦。楽曲制作やライブ出演を優先していたために出場は控えていたがターンテーブリストとしての練習は続けていた。結果は2位。翌年の2017年も再挑戦したが3位に終わった[5]

この時既に相方のR-指定はMCバトルの大会である「ULTIMATE MC BATTLE」で3連覇を果たすなどの経歴があり、知名度や実績を自分と比較し疲弊することが多かったという。この経験を経て、DMCの大会で日本一になるためにメジャーデビュー後のCreepy Nutsとしての本格的な活動の傍らまた再挑戦し、もう少し間を空けたほうがいいという周囲の忠告を無視する形で出場した2019年の大会で初の日本一に輝きタイトルを獲得した。前述通り、この年の日本代表として出場した世界大会でも優勝した[6][12][13][5]

2021年8月8日、この日に行われた東京オリンピック2020の閉会式に出演。既発曲ではなく、この日の為に急遽作成されたトラックを使用した特別ルーティンを披露した[14]。このオファーは極秘であった為、相方のR-指定や[15]、共に楽曲コラボをした菅田将暉なども知らなかった[16]

人物[編集]

服装[編集]

  • 8年間、頭にハットを被り短パンサンダルで過ごしていたが、Facebookにアップされた自身の姿に愚かさを感じ、全ての服を捨て、公の場でもプライベートでもスーツを着るようになる[17]
  • 2020年6月、誰にも情報を与えたくないとの理由から、突然白Tシャツを毎日着始める。白いTシャツを10枚以上、それに合うパンツを20本、さらにカバンスニーカーまで新たに購入したが、街中で白いTシャツを着る人と多く出くわすこと、よく黒いTシャツを着ているR-指定と並ぶとペアルックのようになってしまうことから、白Tシャツを着ることをやめ、同年8月からはオーバーサイズの服を着ている。近年は上質な無地の服を好み、セットアップを着ることも多い[18][19]

趣味・嗜好[編集]

特技[編集]

交友関係[編集]

  • 作家の朝井リョウとはお互いを「マブダチ」「親友」と呼び合うほどの仲であり、よくファミレスで朝まで話し続けている[24][25]

エピソード[編集]

  • 同じく新潟出身で「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2006」バトル部門優勝者であるDJ CO-MAを師匠としている[26]
  • 「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP FINALS 2019」では、優勝者を発表する場面で名前を「DJナカムラ」と間違えられてしまった[27]

タイトル[編集]

  • DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS
    • DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2010 北海道予選 シングル部門 優勝[28]
    • DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2016 FINAL シングル部門 2位[29]
    • DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2017 FINAL シングル部門 3位[30]
    • DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2019 FINAL バトル部門 優勝[31]
  • DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS
    • DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019 FINAL バトル部門 優勝[32]

作品[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 販売形態 規格品番
1st 2012年5月2日 DA FOOLISH CD BKLL-001
2nd 2014年10月15日 サーカス・メロディー CD ZLCP-0194

Mix CD[編集]

発売日 タイトル 販売形態 規格品番
2011年2月1日 STILL JAPANESE CD(2枚組) HRGN-0001
2013年7月24日 This Time Vol.2 CD BZCD-022
2015年9月9日 In The Mood CD RCD-001

Creepy Nuts[編集]

参加作品[編集]

  • 「嗚咽」(2011年10月19日)
  • サイプレス上野とロベルト吉野「TIC TAC」(2013年2月20日)-GIVE ONE’S LIFE 4… (Prod by DJ 松永)
  • 菊丸&DEJI「CONTRAST」(2013年3月20日)-Start Line produced by NEETS scratched by DJ 松永、Bet On produced by DJ 松永、Outro produced by DJ 松永
  • %C「Pct.Pepper's Lonely Beats Club Band」(2013年4月17日)-AFTER SIX SPECIAL feat. HOOLIGANZ, DJ 松永、Let bygones be bygones. feat. CHU CHEAT, DJ 松永
  • LBとOtowa「THE MAD BOMBER」(2013年8月7日)-Alright!! feat. DJ 松永
  • 輪入道「片割れ」(2013年09月18日)-覚悟決めたら(pro. DJ 松永)
  • 菊丸「STILL HERE」(2013年11月20日)-One More Zero feat. P.O.C.K.Y, DJ 松永
  • KEN THE 390「#7~DBMS限定 Special Box~ 」(2014年3月19日)-You Are My Star (Prod by DJ 松永)
  • R-指定「セカンドオピニオン」(2014年4月10日)-Dr.strangelab、R.I.P.
  • 晋平太「にほんごであそぼう」(2014年4月30日)-All Track Produced by DJ 松永
  • TOC「IN PHASE」(2014年11月26日)-Bird Lyrics by TOC Cuts by DJ 松永 Produced by ZETTON
  • Pony「PONY EP」(2014年11月26日)-NAMENNA feat. DARTHREIDER Track by DJ 松永 (Creepy Nuts)
  • DEJI「HARVEST」(2014年12月10日)
  • KOPERU「大阪キッド」(2014年12月17日)-ビーオーライ (Prod. by DJ 松永)
  • KEN THE 390「Like This Like That」(2015年4月8日)-You Are My Star (Prod. DJ 松永)
  • ONIGAWARA「1st 写真集シングル GATTEN承知之助~We can do it!!~」(2016年12月7日)-GATTEN承知之助~We can do it!!~(スクラッチで参加)
  • フレンズ「ベッドサイドミュージックep」(2018年3月21日)-M3.「夜にダンス(DJ松永Remix)」
  • BRADIO「きらめきDancin'」(2018年4月4日)-初回限定盤2CD仕様「BRADIO Groovin' Mix」CD付き Mix
  • KinKi KidsKANZAI BOYA」(2020年6月17日|ジャニーズ・エンタテイメント・レコード) -通常盤「KANZAI BOYA(DJ松永Remix)」収録

出演[編集]

テレビ番組[編集]

現在のレギュラー番組

準レギュラー番組

特別番組(MCもしくはメインキャスト)

過去の出演番組

テレビドラマ[編集]

ラジオ番組[編集]

過去のレギュラー番組

過去の出演番組

映画[編集]

エッセイ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 北海道大会前に仙台大会に参戦したが、本戦に行けずに北海道大会に再エントリーした。

出典[編集]

  1. ^ DJ 松永がDJ大会「DMC JAPAN」で優勝、世界一目指してロンドンへ”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2020年1月15日閲覧。
  2. ^ DJ 松永 (Creepy Nuts) [@djmatsunaga] (2019年9月28日). "DMC世界大会優勝しました!!! 人生最後と決めて出場した2019年のDMC。世界チャンピオンになれました。皆さんありがとうございました!!!" (ツイート). Twitterより2021年9月9日閲覧
  3. ^ DJ 松永「DMC」優勝で世界一のDJに”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2020年1月15日閲覧。
  4. ^ DMC World DJ Championships” (英語). DMC World DJ Championships. 2020年1月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e DJ松永 (2021年3月18日). お先真っ暗な東京での日々。「呪い」を解き、もう自分は大丈夫だと思えるまで DJ松永さん【上京物語】. インタビュアー:榎並紀行(やじろべえ). 株式会社リクルート. https://suumo.jp/town/entry/jokyo-djmatsunaga/?amp=1 2021年10月29日閲覧。 
  6. ^ a b Creepy Nuts・DJ松永「相方のR-指定と比べて、落ち込むことも多かった」. インタビュアー:保手濱奈美. ananニュース. (2021年2月20日). https://ananweb.jp/news/335589/amp/ 2021年2月22日閲覧。 
  7. ^ DA FOOLISH, BLACK LABEL, https://www.amazon.co.jp/FOOLISH-DJ-%E6%9D%BE%E6%B0%B8/dp/B007I0F9JW 2020年1月19日閲覧。 
  8. ^ “DJ 松永1stアルバムにサ上、キリコ、RAU DEF、QNら参加”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2012年5月1日). https://amp.natalie.mu/music/news/68729 2021年10月29日閲覧。 
  9. ^ “DJ松永 下積み時代のCD制作裏話…宣伝文句も自筆「『1枚目にして傑作』って第三者が書いたみたいに」”. スポニチ Spnichi Annex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2021年10月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/10/29/kiji/20211029s00041000447000c.html?amp=1 2021年10月30日閲覧。 
  10. ^ “DJ 松永、SKY-HI共演曲で短髪下着美女が悶絶”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2014年10月2日). https://amp.natalie.mu/music/news/127625 2021年10月29日閲覧。 
  11. ^ DJ 松永 | INTERVIEW[インタビュー] - ウェイバックマシン(2014年12月28日アーカイブ分)
  12. ^ DJ松永 (2020年11月19日). Creepy Nuts DJ松永が語る、“不安定な自分”との向き合い方 ターンテーブルと出会った気持ちが全ての根底に. インタビュアー:久蔵千恵. 株式会社blueprint. https://realsound.jp/2020/11/post-657213.html/amp 2021年10月29日閲覧。 
  13. ^ “自身の呪いを解くために費やした DJ松永の4年間に及んだ世界一への挑戦”. 日刊ゲンダイDIGITAL (株式会社日刊現代). (2021年10月17日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/296152/3 2021年10月29日閲覧。 
  14. ^ Inc, ORICON. “【五輪閉会式】Creepy Nuts・DJ松永、大役果たし感激「まだフワフワしています」 「本当に格好良かった」の声続々”. ORICON NEWS. 2021年8月8日閲覧。
  15. ^ Inc, ORICON. “Creepy Nuts・DJ松永、五輪閉会式出演の舞台裏を語る “プリンス”としてmiletをエスコート”. ORICON NEWS. 2021年8月11日閲覧。
  16. ^ Inc, ORICON. “菅田将暉、五輪閉会式登場のDJ松永に最大級の愛あるイジり「3人で『サントラ』やん」”. ORICON NEWS. 2021年8月10日閲覧。
  17. ^ Creepy Nuts・DJ松永、常にスーツ姿なのは「これが完成形の俺だから」”. オールナイトニッポン.com ニッポン放送. 2020年1月15日閲覧。
  18. ^ DJ松永、白Tシャツ男子で溢れかえった街に怯える「俺としかすれ違わない」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. 2020年10月23日閲覧。
  19. ^ 「シンプルなのに奥深いんです」世界初!白Tシャツ専門店の強いこだわり”. TBSラジオ FM90.5 + AM954~何かが始まる音がする~. 2020年10月23日閲覧。
  20. ^ miyearnzzlabo (2019年7月16日). “Creepy Nuts『オードリーのオールナイトニッポン』の魅力を語る”. miyearnZZ Labo. 2020年1月15日閲覧。
  21. ^ 小学館「「前髪が重たい男子 VS 目が死んでいる男子」」『『Maybe!』vol.5』2018年7月号、 104頁。
  22. ^ Creepy Nuts、DJ 松永のコメントが一言も使われなかった苦い過去も「テレビは何が正解か失敗か分からない」 「有吉ジャポン」初登場インタビュー【前編】”. インターネットTVガイド. 2020年1月15日閲覧。
  23. ^ “DJ松永の特技にナンチャン爆笑”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2021年11月13日). https://www.news24.jp/sp/articles/2021/11/13/08973938.html 2021年11月16日閲覧。 
  24. ^ 朝井リョウ、新刊の話よりもDJ松永との親交を語る”. TBSラジオ (2019年4月2日). 2020年1月17日閲覧。
  25. ^ miyearnzzlabo (2019年4月5日). “宇多丸と朝井リョウ DJ松永を語る”. miyearnZZ Labo. 2020年1月15日閲覧。
  26. ^ Creepy Nutsインタビュー「俺たちを男にしてやってください」”. SUNSET STYLE (2017年8月29日). 2020年8月11日閲覧。
  27. ^ DJ松永が世界大会で優勝! 決勝舞台のロンドンから心境語る”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. 2021年8月9日閲覧。
  28. ^ DMC 2010 ジャパンファイナル大会”. www.soundactive.jp. 2021年6月1日閲覧。
  29. ^ DMC JAPAN : 2016年度のチャンピオンが決定!”. dmc-japan.jp. 2020年1月15日閲覧。
  30. ^ DMC JAPAN : 2017年度のチャンピオンが決定!”. dmc-japan.jp. 2021年2月18日閲覧。
  31. ^ Inc, Natasha. “DJ 松永がDJ大会「DMC JAPAN」で優勝、世界一目指してロンドンへ” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年2月18日閲覧。
  32. ^ Inc, Natasha. “DJ 松永「DMC」優勝で世界一のDJに” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年2月18日閲覧。
  33. ^ “急に呼んでも怒らなさそうなDJ 松永、佐久間Pの緊急オファーでバラエティMCに(コメントあり) - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年9月7日). https://natalie.mu/music/news/395383 2020年9月9日閲覧。 
  34. ^ 29.4 ~ワタシの選択~ with anan #1恋愛篇”. ABEMA. 2021年8月20日閲覧。
  35. ^ “宮下草薙のネタ合わせ現場に潜入、宮下が草薙に除菌スプレーをシュッ - お笑いナタリー”. お笑いナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年2月2日). https://amp.natalie.mu/owarai/news/365587 2020年9月9日閲覧。 
  36. ^ “元横綱・貴乃花が超特大ちゃんこ鍋に挑む! Creepy Nuts・DJ松永が女芸人の汚部屋に仰天 『有吉ゼミ』SP - music.jpニュース”. music.jp (株式会社エムティーアイ). (2020年4月6日). https://music-book.jp/amp/news/413716 2020年9月9日閲覧。 
  37. ^ “四千頭身・石橋が「有吉ゼミ」で苦手な恋愛トーク - お笑いナタリー”. お笑いナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年4月12日). https://amp.natalie.mu/owarai/news/375105 2020年9月9日閲覧。 
  38. ^ “「スカパラ」に「DJ松永」も登場…ツイッターで「飛び起きた!」と反響”. 読売新聞オンライン (株式会社読売新聞社). (2021年8月8日). https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20210808-OYT1T50181/amp/ 2021年8月10日閲覧。 
  39. ^ “Creepy Nuts・DJ松永 閉会式パフォに「まだフワフワ」 「凄まじかった」miletと2Sも”. Sponichi Annex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2021年8月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/08/09/kiji/20210809s00041000245000c.html?amp=1 2021年8月10日閲覧。 
  40. ^ “『歌唱王』大会委員長・南原清隆&応援大使・DJ松永で12月放送”. マイナビニュース (株式会社マイナビ). (2021年11月11日). https://news.mynavi.jp/article/20211111-2183185/ 2021年11月12日閲覧。 
  41. ^ “DJ 松永が続けていたちょっと変わった習慣をテレ朝で明かす - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年5月9日). https://natalie.mu/music/news/330789 2020年9月9日閲覧。 
  42. ^ “世界一になったDJ 松永を今夜「news zero」で特集 - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年10月3日). https://natalie.mu/music/news/350159 2020年9月9日閲覧。 
  43. ^ “松本人志、相方・浜田と漫才でスベると舞台上で…「ひどい時は逆ハの字」― スポニチ Sponichi Annex 芸能”. Sponichi Anex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2019年10月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/06/kiji/20191006s00041000214000c.html 2020年9月9日閲覧。 
  44. ^ “「CDTV」にGENERATIONS、日向坂46、Saucy Dog、DJ 松永 - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年10月11日). https://natalie.mu/music/news/351324 2020年9月9日閲覧。 
  45. ^ 流派-R since2001(テレビ東京、2019/10/25 26:30 OA)の番組情報ページ”. テレビ東京. 2020年9月9日閲覧。
  46. ^ “「ベストアーティスト」でKAT-TUN×MIYAVIやNEWS×DJ 松永らコラボ - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年11月23日). https://natalie.mu/music/news/356696 2020年9月9日閲覧。 
  47. ^ “クロちゃん、自身の魅力を“アンチ”の前で猛アピール!<ニノさん>”. ザテレビジョン (株式会社KADOKAWA). (2020年2月1日). https://thetv.jp/news/detail/221557/amp/ 2020年9月9日閲覧。 
  48. ^ “2/2,9 DJ松永 日本テレビ系「ニノさん」に出演決定!”. ソニーミュージックオフィシャルサイト. (2020年1月27日). https://www.sonymusic.co.jp/artist/creepynuts/info/514720 2020年9月9日閲覧。 
  49. ^ “キャンプ素人のDJ松永(Creepy Nuts)がソロキャンプに挑戦、“超”潔癖症の彼が川の水でコーヒーを…?「おぎやはぎのハピキャン」 - music.jpニュース”. music.jp (株式会社エムティーアイ). (2020年4月13日). https://music-book.jp/amp/news/416632 2020年9月9日閲覧。 
  50. ^ “DJ松永がAbemaTV「ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT」の月一レギュラーに決定!”. ソニーミュージックオフィシャルサイト. (2018年9月27日). https://www.sonymusic.co.jp/artist/creepynuts/info/499436 2020年9月9日閲覧。 
  51. ^ “DJ 松永「グータンヌーボ2」で満島真之介、りんたろー。と恋愛トーク - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年6月22日). https://amp.natalie.mu/music/news/384298 2020年9月10日閲覧。 
  52. ^ “愛煙家の千鳥の大悟“タバコ愛”を熱弁「なぜ吸っているかをみなさんに教えます」”. ザテレビジョン (株式会社KADOKAWA). (2020年8月5日). https://thetv.jp/news/detail/240141/amp/ 2020年9月21日閲覧。 
  53. ^ “田中みな実「肌で感じるもの」 “友達”と“恋仲”の見極め方― スポニチSponichi Annex 芸能”. Sponichi Annex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2020年10月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/10/19/kiji/20201019s00041000181000c.html?amp=1 2020年10月22日閲覧。 
  54. ^ “日向坂46金村美玖、“あざカワ歌唱”を実演!DJ松永「あんばい100点」と絶賛<あざとくて何が悪いの?>”. Yahoo! date=2021-08-21. https://news.yahoo.co.jp/articles/22f672e339a745cd363306670d3cb66fc7f06f9b 2021年8月24日閲覧。 
  55. ^ “Creepy Nuts・DJ松永が地上波初MC!「『任意同行』願えますか?」で劇団ひとり、ファーストサマーウイカとタッグ | TVガイド”. TVガイド. (2020年9月4日). https://this.kiji.is/674526169627968609?c=516798125649773665 2020年9月9日閲覧。 
  56. ^ “Creepy Nuts・DJ松永が情報番組プレゼンター初挑戦!”. フジテレビ (株式会社フジテレビジョン). (2021年2月24日). https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/20210167.html 2021年4月27日閲覧。 
  57. ^ DJ松永:吉田羊の担当編集者役でテレ東4月期ドラマ出演 物語の鍵握る人物、後半から登場”. まんたんウェブ (2021年2月26日). 2021年6月7日閲覧。
  58. ^ ハナコ岡部大、初主演ドラマで「食べっぷりを見てほしい」 リアル空腹状態で“最高のひとくち”披露”. ORICON NEWS (2022年4月4日). 2022年4月9日閲覧。
  59. ^ 浅草キッド : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2021年12月16日閲覧。
  60. ^ “Creepy NutsのDJ松永が「文學界」でエッセイの連載スタート – TOKYO HEADLINE”. TOKYO HEADLINE (ヘッドライン). (2020年6月3日). https://www.tokyoheadline.com/499595/ 2020年6月18日閲覧。 

外部リンク[編集]