林輝幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はやし てるゆき
林 輝幸
生年月日 (1997-07-02) 1997年7月2日(23歳)
愛称 ジャスコ(林)
出身地 日本の旗 日本 富山県滑川市[1]
学歴 片山学園中学校・高等学校卒業[2]
東京大学文学部在籍[3]
職業 タレント
所属 ワタナベエンターテインメント
ジャンル クイズ
活動期間 2019年 -
公式サイト
プロフィール

林 輝幸(はやし てるゆき、1997年7月2日[3] - )は、日本クイズプレイヤー、タレント。現在は東京大学文学部に在籍し、東京大学クイズ研究会 (TQC) に所属している。ウェブサイト「QuizKnock」のライターも務めている。あだ名は東大王出演時の誤答にちなみ、「ジャスコ(林)」。ワタナベエンターテインメント所属。

経歴 [編集]

富山県滑川市出身[1]片山学園中学校・高等学校を卒業後、東京大学文学部に進学。

2019年4月3日放送の『東大王』に新メンバー候補として初出演し、同年7月31日の放送をもって東大王チームの正規メンバーとなった[3][4]

2020年1月1日、自身のtwitterにて同日付でワタナベエンターテインメントに所属したことを発表[5]

人物 [編集]

小学3〜4年生の頃には『IQサプリ』を視聴しており、小学5年生の頃に初めて『高校生クイズ』を視聴しクイズに興味を持つ[6]

中学時代はテニス部に所属しており、駅伝の大会に出場したこともある[6]

中3の頃にクイズ研究会を作りたいと思いはじめ、高1の頃にクイズ研究会を設立した[6]

クイズアプリ「みんなで早押しクイズ」で、全ユーザーの中で1位になった経験がある[7]。また、特技は年号を暗記することで、『東大王』初登場時にMC陣が指定した年の出来事を即興で返答するということを披露した。これらのことから、『東大王』出演時は「東大文学部の叡智」の肩書きを持つ。

出演[編集]

現在の出演[編集]

その他の出演[編集]

CM・広告[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “県出身の若者120人渋谷に集合  首都圏初の「同窓会」でUIJターン理解”. 北日本新聞. (2020年2月10日). https://webun.jp/item/7636826 2020年2月11日閲覧。 
  2. ^ おめでとう!新東大王 林輝幸くん来校!”. 片山学園中学校・高等学校 (2019年8月2日). 2019年8月13日閲覧。
  3. ^ a b c 水上颯; 林輝幸 (2019年8月1日). 水上颯&林輝幸インタビュー!『東大王』. インタビュアー:田中ほのか. 学研プラス. TVLIFE web.. https://www.tvlife.jp/pickup/234968 2019年8月13日閲覧。 
  4. ^ 林輝幸 [@jusco_hayashi] (31 July 2019). "大学でクイズと出会って3年。鳴かず飛ばずで苦しい時期もありましたが、やっと、やっとここまで来ることができました。 まずはここまで支えて下さった全ての方々に感謝を。 まだまだ未熟者ですが、未熟者なりに全力で頑張ります。これからもよろしくお願い致します。#東大王" (ツイート). Twitterより2019年8月13日閲覧
  5. ^ 林輝幸 [@jusco_hayashi] (1 January 2020). "ありがたいことに、本日付でワタナベエンターテインメント内部オフコース様に所属させていただく運びとなりました。襟を正してこれからも頑張ります。よろしくお願いします!" (ツイート). Twitterより2020年2月11日閲覧
  6. ^ a b c 「受験にもクイズ番組にも落としちゃいけない問題がある」分析力が人生の活路を開く 東大王・林輝幸インタビュー” (2019年8月29日). 2020年3月28日閲覧。
  7. ^ 林輝幸”. 講演アシスト.nest. 2020年11月2日閲覧。
  8. ^ “冬季講習受付中‼”. 富山育英センター小杉校. (2019年11月6日). https://www.toyama-ikuei.com/kousyablog/冬期講習受付中‼ 2020年2月11日閲覧。 

外部リンク[編集]