ドレミソラシド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドレミソラシド
日向坂46シングル
初出アルバム『ひなたざか
B面 キツネ
My god
Cage
やさしさが邪魔をする
Dash&Rush
リリース
規格 マキシシングル
ダウンロード・シングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル Sony Records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
野村陽一郎(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン)[2]
  • 週間1位(Billboard Japan Hot 100
  • 2019年度年間33位(Billboard Japan Hot 100)
  • 2019年度年間10位(オリコン)[3]
  • 日向坂46 シングル 年表
    キュン
    (2019年)
    ドレミソラシド
    (2019年)
    こんなに好きになっちゃっていいの?
    (2019年)
    ミュージックビデオ
    ドレミソラシド
    EANコード
    EAN 4547366412871
    (初回仕様限定盤 TYPE-A・SRCL-11220/1)
    EAN 4547366412888
    (初回仕様限定盤 TYPE-B・SRCL-11222/3)
    EAN 4547366412895
    (初回仕様限定盤 TYPE-C・SRCL-11224/5)
    EAN 4547366412901
    (通常盤・SRCL-11226)
    テンプレートを表示

    ドレミソラシド」は、日本の女性アイドルグループ日向坂46の楽曲[4]秋元康が作詞、野村陽一郎が作曲した。2019年7月17日に2枚目のシングルとしてSony Recordsより発売された。楽曲のセンターポジションは小坂菜緒が務めた[5]

    背景とリリース[編集]

    前作「キュン」から約4か月ぶりのシングルとなった。

    Blu-ray付属の初回仕様限定盤 TYPE-A・B・C、CDのみの通常盤の4形態で発売[6]。2019年5月31日、日向坂46公式サイトで2ndシングルの詳細が発表された[6]

    2020年9月21日、活動休止により楽曲不参加だった影山優佳が表題曲をTBSテレビ系列『CDTVライブ!ライブ! 秋のリクエストフェス!ラブソング4時間SP』にて初歌唱した[7]

    アートワーク[編集]

    ジャケット写真のメンバー[8]
    TYPE-A 表 丹生明里、河田陽菜、小坂菜緒
    TYPE-B 表 加藤史帆、東村芽依、高本彩花、渡邉美穂
    TYPE-C 表 佐々木美玲、齊藤京子、金村美玖、宮田愛萌
    通常盤 表 佐々木久美、井口眞緒、潮紗理菜、富田鈴花、上村ひなの、高瀬愛奈、濱岸ひより、松田好花

    受賞[編集]

    2020年11月18日、『第61回 輝く!日本レコード大賞』の各受賞曲が発表され、「ドレミソラシド」が優秀作品賞を受賞[9]

    チャート成績[編集]

    2019年7月29日付のオリコン週間シングルランキングで初週推定売上枚数約47万6000枚を記録し、初登場1位を獲得[2]。1stシングルから2作連続での初週40万枚超えはKAT-TUNKing & Prince につぐ3組目で、2018年のKing & Princeの『Memorial』以来の記録となった。 

    ミュージック・ビデオ[編集]

    ドレミソラシド
    監督:安藤隼人[10] / 振付:CRE8BOY[11] / 製作:P.I.C.S.[10]
    外周に空色のレースの布を張り巡らせた屋外プールで撮影し、夏っぽさと爽やかさを表現[5]。「ファントム」と呼ばれるハイスピードカメラも使用されている[5]
    キツネ
    監督:荒 伊玖磨(GEEK PICTURES)/ 振付:木下菜津子 / 製作:GunsRock Inc.
    MVはパステルカラーのパーティー感あふれるセットで撮影され、ピンクと水色の衣装に身を包んだメンバーがノリノリのメロディーに乗せ、全力で歌って踊る。

    シングル収録トラック[編集]

    TYPE-A[編集]

    CD[12]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ドレミソラシド」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
    2.「キツネ」秋元康原田雄一原田雄一
    3.「My god」秋元康doubleglassdoubleglass
    4.「ドレミソラシド off vocal ver.」 野村陽一郎野村陽一郎
    5.「キツネ off vocal ver.」 原田雄一原田雄一
    6.「My god off vocal ver.」 doubleglassdoubleglass
    合計時間:
    Blu-ray[12]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督時間
    1.「ドレミソラシド Music Video」  安藤隼人
    2.「キツネ Music Video」  荒伊玖磨
    3.「はじめてペットシッターやってみた」(東村芽依、松田好花、渡邉美穂)   
    4.「はじめて心霊スポットに行ってみた」(井口眞緒、佐々木美玲、河田陽菜、濱岸ひより)   
    合計時間:

    TYPE-B[編集]

    CD[13]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ドレミソラシド」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
    2.「キツネ」秋元康原田雄一原田雄一
    3.「Cage」秋元康水流雄一朗水流雄一朗
    4.「ドレミソラシド off vocal ver.」 野村陽一郎野村陽一郎
    5.「キツネ off vocal ver.」 原田雄一原田雄一
    6.「Cage off vocal ver.」 水流雄一朗水流雄一朗
    合計時間:
    Blu-ray[13]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督時間
    1.「ドレミソラシド Music Video」  安藤隼人
    2.「Cage Music Video」  塩田悠地
    3.「はじめて超高級寿司屋に行ってみた」(加藤史帆、小坂菜緒、上村ひなの)   
    4.「はじめて魚釣りビンゴをしてみた」(潮紗理菜、佐々木久美、富田鈴花)   
    合計時間:

    TYPE-C[編集]

    CD[14]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ドレミソラシド」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
    2.「キツネ」秋元康原田雄一原田雄一
    3.「やさしさが邪魔をする」秋元康aokadoaokado
    4.「ドレミソラシド off vocal ver.」 野村陽一郎野村陽一郎
    5.「キツネ off vocal ver.」 原田雄一原田雄一
    6.「やさしさが邪魔をする off vocal ver.」 aokadoaokado
    合計時間:
    Blu-ray[14]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督時間
    1.「ドレミソラシド Music Video」  安藤隼人
    2.「やさしさが邪魔をする Music Video」  谷山剛
    3.「はじめて全部凍らせて食べてみた」(齊藤京子、金村美玖、宮田愛萌)   
    4.「はじめてホームランを打ってみた」(高瀬愛奈、高本彩花、丹生明里)   
    合計時間:

    通常盤[編集]

    CD[15]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ドレミソラシド」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
    2.「キツネ」秋元康原田雄一原田雄一
    3.「Dash&Rush」秋元康小田切大佐々木裕
    4.「ドレミソラシド off vocal ver.」 野村陽一郎野村陽一郎
    5.「キツネ off vocal ver.」 原田雄一原田雄一
    6.「Dash&Rush off vocal ver.」 小田切大佐々木裕
    合計時間:

    選抜メンバー[編集]

    ドレミソラシド[編集]

    (センター:小坂菜緒[5]

    小坂は1stシングル「キュン」に引き続き2作連続のセンターポジション。丹生と河田は表題曲では初となるフロントポジション、宮田と金村も初の2列目ポジションとなった。また、1stシングルの活動をもってグループを卒業することを発表した柿崎芽実は今作の選抜から外れた。

    キツネ[編集]

    (センター:小坂菜緒)[16]

    • 井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの[4]

    My god[編集]

    (センター:佐々木久美)[16]

    • 井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依[4]

    Cage[編集]

    • 東村芽依、金村美玖、河田陽菜、丹生明里[4]

    やさしさが邪魔をする[編集]

    • 加藤史帆、渡邉美穂、上村ひなの[4]

    Dash&Rush[編集]

    (センター:金村美玖)[16]

    • 金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの[4]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    出典[編集]

    1. ^ ゴールドディスク認定 2019年7月”. 日本レコード協会. 2021年1月13日閲覧。
    2. ^ a b 日向坂46、シングル2作連続初週40万枚超えで1位 史上3組目の快挙【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. oricon (2019年7月23日). 2019年7月23日閲覧。
    3. ^ 【オリコン年間ランキング 2019】 年間シングルランキング 1位~25位”. ORICON NEWS. oricon ME. 2021年1月12日閲覧。
    4. ^ a b c d e f 7月17日(水)リリースの2ndシングル「ドレミソラシド」の収録内容が決定!”. 日向坂46公式サイト (2019年6月12日). 2019年6月12日閲覧。
    5. ^ a b c d “日向坂46、夏っぽさと爽やかさ満載の新曲「ドレミソラシド」MV公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2137369/full/ 2019年6月14日閲覧。 
    6. ^ a b 7月17日(水)に日向坂46の2ndシングル『ドレミソラシド』の発売が決定!!”. 日向坂46公式サイト (2019年5月31日). 2019年6月1日閲覧。
    7. ^ CDTV ライブ!ライブ!🎀”. 上村ひなの公式ブログ - 日向坂46公式サイト. Seed & Flower合同会社 (2020年9月22日). 2020年9月23日閲覧。
    8. ^ 日向坂46 2019a日向坂46 2019b日向坂4 46 2019c日向坂46 2019d
    9. ^ “『第61回輝く!日本レコード大賞』各賞受賞者&曲が決定”. rockin'on.com (rockin'on.com Inc.). (2019年11月18日). https://rockinon.com/news/detail/190578 2020年11月11日閲覧。 
    10. ^ a b 日向坂46『ドレミソラシド』”. Youtube (2019年6月11日). 2020年8月22日閲覧。
    11. ^ 日向坂46「ドレミソラシド」を振付させて頂きました。”. @CRE8BOY_ (2019年6月11日). 2019年6月27日閲覧。
    12. ^ a b 日向坂46 2019a
    13. ^ a b 日向坂46 2019b
    14. ^ a b 日向坂46 2019c
    15. ^ 日向坂46 2019d
    16. ^ a b c 上野武留「キャプテン・佐々木久美と振り返る日向坂46 ALL Works」『FLASHスペシャル2020年新年号』、光文社、2020年1月25日、 27-34頁。

    参考文献[編集]

    • 日向坂46 『ドレミソラシド』 Type-A巻Sony Music Records、2019年7月17日。ASIN B07S5DRRSN。SRCL-11220/1。 
    • 日向坂46 『ドレミソラシド』 Type-B巻Sony Music Records、2019年7月17日。ASIN B07S6WG331。SRCL-11222/3。 
    • 日向坂46 『ドレミソラシド』 Type-C巻Sony Music Records、2019年7月17日。ASIN B07S36HD7G。SRCL-11224/5。 
    • 日向坂46 『ドレミソラシド』 通常盤巻Sony Music Records、2019年7月17日。ASIN B07SH6VL7P。SRCL-11126。 

    外部リンク[編集]