non-no

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
non-no
ジャンル ファッション雑誌
読者対象 10 - 20代の女性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 650円
出版社 集英社
雑誌名コード 07283
刊行期間 1971年5月25日 - 刊行中
姉妹誌 MEN'S NON-NO
ウェブサイト http://hpplus.jp/nonno/
特記事項 創刊から長らく月2回刊で発行していたが、2010年9月18日発売号から月1回の発行に移行。

non-no(ノンノ)は集英社が発売している月刊女性ファッション雑誌1971年昭和46年)5月25日創刊。毎月20日発売。

概要[編集]

誌名はアイヌ語の「花」から。平凡パンチ平凡出版、現・マガジンハウス)の対抗馬として集英社より週刊プレイボーイが創刊された経緯と同じく、1971年、平凡パンチ女性版(後のan・an)に対抗する形で創刊された。発売日は、長らく毎月5日・20日の月2回であったが、2010年9月18日発売の11月号より毎月20日のみとなった。

女性ファッション誌の老舗として、1970年代には「an・an」とともに旅行特集を掲載し、アンノン族と呼ばれる、ファッション雑誌やガイドブックを片手に一人旅や少人数で旅行する若い女性を生み出した。

人気ファッションモデルを数多く輩出し、女優タレントに転身し成功した例も数多い。

創刊初期はモード系のコーディネートがメインであったが、1989年に「SPUR」が創刊されると同時にカジュアル系に方針転換した[要出典]。また、「PINKY」の発売終了後は、その役割を引き継ぎ、コーディネートの傾向が多少変化した。

直接のつながりはないが、「Seventeen」より多少ターゲットの年齢が高いという点は創刊以来一貫している。

2014年現在の編集長は小林亘。

関連媒体[編集]

1986年には男性版「MEN'S NON-NO」、89年にはモード系の位置づけを引き継いだ「SPUR」が創刊された。また、系統は異なるが、2004年 - 09年にかけては、鈴木えみをアイコンに起用し、よりギャル色を強めた「PINKY」も発売されていた。2010年10月 - 2012年3月にかけて、BS-TBSで雑誌と連動した番組「non-no TV」が放送されていた。

モデル[編集]

2012年以降は「Seventeen」の人気モデルを中心にチームが編成されている。○の人物が専属契約。

現在活躍中[編集]

Seventeen出身者

上記以外

かつて活躍したモデル[編集]

オーディション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐谷戸ミナ (2015年4月6日). “公式アカウント見てくれた方もいらっしゃるかもしれませんが”. @iamminasyed. Twitter. 2015年8月4日閲覧。
  2. ^ 二村祥絵 (2015年5月2日). “ご報告”. 二村祥絵 オフィシャルブログ「さちぺーす」. Ameba. 2015年5月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]