non-no

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
non-no
ジャンル ファッション雑誌
読者対象 10 - 20代の女性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 650円
出版社 集英社
雑誌名コード 07283
刊行期間 1971年5月25日 - 刊行中
姉妹誌 MEN'S NON-NO
ウェブサイト http://hpplus.jp/nonno/
特記事項 創刊から長らく月2回刊で発行していたが、2010年9月18日発売号から月1回の発行に移行。

non-no(ノンノ)は集英社が発売している月刊女性ファッション雑誌1971年昭和46年)5月25日創刊。

毎月20日発売。

概要[編集]

誌名はアイヌ語の「花」から。平凡パンチ平凡出版、現・マガジンハウス)の対抗馬として集英社より週刊プレイボーイが創刊された経緯と同じく、1971年、平凡パンチ女性版(後のan・an)に対抗する形で創刊された。発売日は、長らく毎月5日・20日の月2回であったが、2010年9月18日発売の11月号より毎月20日のみとなった。

女性ファッション誌の老舗として、1970年代には「an・an」とともに旅行特集を掲載し、アンノン族と呼ばれる、ファッション雑誌やガイドブックを片手に一人旅や少人数で旅行する若い女性を生み出した。

人気ファッションモデルを数多く輩出し、女優タレントに転身し成功した例も数多い。

創刊初期はモード系のコーディネートがメインであったが、1989年に「SPUR」が創刊されると同時にカジュアル系に方針転換した[要出典]。また、「PINKY」の発売終了後は、その役割を引き継ぎ、コーディネートの傾向が多少変化した。

直接のつながりはないが、「Seventeen」より多少ターゲットの年齢が高いという点は創刊以来一貫している。

2014年現在の編集長は小林亘。

関連媒体[編集]

1986年には男性版「MEN'S NON-NO」、89年にはモード系の位置づけを引き継いだ「SPUR」が創刊された。また、系統は異なるが、2004年 - 09年にかけては、鈴木えみをアイコンに起用し、よりギャル色を強めた「PINKY」も発売されていた。2010年10月 - 2012年3月にかけて、BS-TBSで雑誌と連動した番組「non-no TV」が放送されていた。

モデル[編集]

2012年以降は「Seventeen」の人気モデルを中心にチームが編成されている。○の人物が専属契約。

現在活躍中[編集]

Seventeen出身者
上記以外

かつて活躍したモデル[編集]

オーディション[編集]

  • 第1回
  • 第2回
  • 第3回
  • 第4回
  • 第5回
  • 第6回
  • 第7回
  • 第8回
  • 第9回
  • 第10回
  • 第11回
  • 第12回
  • 第13回
  • 第14回
  • 第15回
  • 第16回
  • 第17回
  • 第18回
  • 第19回
  • 第20回
  • 第21回
  • 第22回
  • 第23回
  • 第24回
  • 第25回
  • 第26回
  • 第27回
  • 第28回
  • 第29回
  • 第30回
  • 第31回
  • 第32回(2001年
    • グランプリ - 藤澤恵麻
  • 第33回(2002年
    • グランプリ - 尾形幸子、松島洋子(前回フレンド)
  • 第34回(2003年
    • グランプリ - 河本麻希
  • 第35回(2004年
    • グランプリ - 該当者なし
    • ノンノ・フレンド - 古川美有、金月絵里(両名後にノンノモデル)
  • 第36回(2005年
    • 該当者なし
  • 第37回(2005年)
    • グランプリ - 永野桃子(現在は黒木桃子) 
    • ハーバルエッセンシャル賞・ビューティーモデル - 田中愛里
    • ノンノ・フレンド - 真柴有希、鈴木莉紗、岡田茉奈
  • 第38回(2006年
    • グランプリ - 安座間美優 
    • ハーバルエッセンシャル賞・ビューティーモデル - 長井梨紗
    • ノンノ・フレンド - 吉原亜希子、齋藤菜ツ美、小林瑶
    • チャレンジ隊 - 下田美咲、藤田有里、小林恵里、山本智恵
  • 第39回(2007年
    • グランプリ - 高橋絵美 
    • ハーバルエッセンシャル賞・ビューティーモデル - 大橋寛子
    • ノンノ・フレンド - 小林恵里(前回チャレンジ隊)、佐藤咲也子、筒井麻未、檜山由貴奈、渡辺早織(2010年からノンノ・モデル)
    • チャレンジ隊 - 三ケ田カレン、佐藤友里、八木菜々花、桑原ゆかり
    • ノンノ・ボーイフレンド - 鈴木雄貴
  • 第40回(2008年
    • グランプリ - 該当者なし
    • ハーバルエッセンシャル賞・ビューティーモデル - 森山沙月
    • ノンノ・フレンド - 日向千歩
    • チャレンジ隊 - 高野祐未、松居茉奈(両名とも2010年からノンノ・フレンド)
    • ノンノ・ボーイフレンド - 笹塚麻朝
  • 第41回(2009年
    • グランプリ - 照屋愛美
    • マックスファクター賞・ビューティーモデル - 高瀬リエ
    • ノンノ・フレンド - 野崎萌香、山本佑美、堤ゆきみ(3名とも2010年からノンノ・モデル)
    • チャレンジ隊 - 小松愛唯、上木理恵子、猪鼻ちひろ、岡村いずみ、三村有希(5名とも2010年からノンノ・フレンド)
  • 第42回(2010年
    • グランプリ - 岩本乃蒼
    • 準グランプリ - 上田眞央
    • 審査員特別賞 - 西田有沙、大島なぎさ
  • 第43回(2011年
    • グランプリ - 岡田紗佳
    • 準グランプリ - 荒井萌
    • 審査員特別賞 - 上間美緒、SAORI
    • クリニークフレッシュフェイス賞 - 岡田紗佳
  • 第44回(2013年
  • 第45回(2014年

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]