萩原利久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はぎわら りく
萩原 利久
萩原 利久
生年月日 (1999-02-28) 1999年2月28日(22歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県
身長 176cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2008年 -
事務所 トップコート
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
3年A組-今から皆さんは、人質です-
電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-
エール
美しい彼
映画
十二人の死にたい子どもたち
テンプレートを表示

萩原 利久(はぎわら りく、1999年2月28日 - )は、日本俳優(元:子役)である。

埼玉県出身。NEWSエンターテインメント・スクールを経て2013年からトップコート所属。血液型A型

概略[編集]

2008年、CM『LEGOブロック』で芸能界デビュー[1]

特技はバスケットボール、HIPHOPダンス。[2]

2022年1月スタートのテレビドラマ『妻、小学生になる。』(TBS)に出演予定だったが[3]、急性穿孔性虫垂炎のため降板[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

MV[編集]

PV[編集]

ネット配信[編集]

その他[編集]

  • トーショー - ウンダ 役
  • 国大セミナー(マイナビ内)
  • 東京オリンピック招致パンフレット
  • 秋田県大仙市WEB PR動画「LOOK UP!」 - バスケ部員 役

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 山下美月とダブル主演。
  2. ^ 八木勇征FANTASTICS from EXILE TRIBE)とダブル主演。

出典[編集]

  1. ^ 日本タレント名鑑(2010年9月2日閲覧)
  2. ^ タレントデータバンク (2015年5月7日閲覧)
  3. ^ 「妻、小学生になる。」新島一家に関わる追加キャストに萩原利久、馬場徹、田中俊介”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年12月17日). 2022年1月20日閲覧。
  4. ^ “萩原利久 急性穿孔性虫垂炎でTBSドラマ「妻、小学生になる。」降板 代役は杉野遥亮”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年1月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/01/20/kiji/20220120s00041000338000c.html 2022年1月20日閲覧。 
  5. ^ 相関図&生徒名簿”. 先に生まれただけの僕. 日本テレビ. 2017年10月3日閲覧。
  6. ^ “桜田ひより、中谷美紀の娘役に起用「うれしさと緊張で胸がいっぱい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2108052/full/ 2018年4月7日閲覧。 
  7. ^ “片寄涼太、富田望生らが教師・菅田将暉の人質に!ドラマ「3年A組」生徒役発表”. 映画ナタリー. (2018年12月1日). https://natalie.mu/eiga/news/310336 2019年2月9日閲覧。 
  8. ^ “萩原利久、ドラマ「電影少女」第2弾で乃木坂46山下美月とW主演”. 映画ナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/eiga/news/321847 2019年2月28日閲覧。 
  9. ^ スペシャルドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』”. www.tv-asahi.co.jp. テレビ朝日. 2019年7月14日閲覧。
  10. ^ “時代劇×SFドラマ『大江戸スチームパンク』萩原利久、六角精児佐野岳岡本夏美が登場2020年1月15日(水)完成披露試写会が決定!” (プレスリリース), PR TIMES, (2019年12月25日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000970.000018760.html 2020年7月18日閲覧。 
  11. ^ ドラマ「大江戸スチームパンク」主演・萩原利久インタビュー!「ヒーローはやっていて 悪いもんじゃないな!(笑)」それでも、現場で彼を苦しめたものは?”. アステージ (2020年1月23日). 2020年7月18日閲覧。
  12. ^ 久保田紗友、萩原利久、神尾楓珠、岡本夏美、望月歩が「鈍色の箱の中で」で共演”. 映画ナタリー (2020年1月12日). 2020年1月19日閲覧。
  13. ^ “後半のおもな出演者が決定!”. NHK連続テレビ小説『エール』 (日本放送協会). (2020年9月12日). https://www.nhk.or.jp/yell/information/news/0912.html 2020年9月12日閲覧。 
  14. ^ “吉岡秀隆、伊藤あさひ、板垣瑞生、萩原利久らが朝ドラ初出演 『エール』新キャスト発表”. Real Sound (blueprint). (2020年9月12日). https://realsound.jp/movie/2020/09/post-618233.html 2020年9月12日閲覧。 
  15. ^ 高橋克実、『アノニマス』後半から参戦 香取慎吾とドラマ初共演”. ORICON NEWS. 2021年2月8日閲覧。
  16. ^ 萩原利久&勝村政信、『イチケイのカラス』第1話に出演 「重い緊張感を感じた」”. Real Sound. blueprint (2021年3月26日). 2021年3月28日閲覧。
  17. ^ 『初情事まであと1時間』が実写化 豪華キャストで“愛の営み”を描く”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年6月9日). 2021年6月15日閲覧。
  18. ^ 萩原利久『ラジハII』第3話ゲスト出演「“月9”はいつもと少し違うスイッチが入る」”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年10月18日). 2021年10月18日閲覧。
  19. ^ “『准教授・高槻彰良の推察Season2』小池徹平出演 全キャスト&ポスター解禁”. クランクイン!. (2021年9月10日). https://m.crank-in.net/news/93867 2021年9月10日閲覧。 
  20. ^ "萩原利久×八木勇征W主演で凪良ゆうのBL小説『美しい彼』連ドラ化 男子高生の初恋を描く". Real Sound. blueprint. 2021年10月12日. 2021年10月13日閲覧
  21. ^ "萩原利久&八木勇征、ドラマ『美しい彼』ダブル主演 "ぼっちとカリスマ"男子高校生の初恋描く". ORICON NEWS. oricon ME. 2021年10月12日. 2021年10月13日閲覧
  22. ^ “少年少女の逃避行描く青春映画「イノセント15」、西川美和もコメント寄せる”. 映画ナタリー. (2016年11月8日). http://natalie.mu/eiga/news/205443 2016年11月8日閲覧。 
  23. ^ 押見修造の実体験漫画が映画化決定!南沙良&蒔田彩珠W主演で18年7月公開”. 映画.com (2017年12月13日). 2017年12月13日閲覧。
  24. ^ “杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜!「十二人の死にたい子どもたち」出演者判明”. 映画.com. (2018年11月21日). https://eiga.com/news/20181121/4/ 2018年12月17日閲覧。 
  25. ^ “戸田恵梨香×大原櫻子「あの日のオルガン」初共演の感想到着、追加キャストも”. ナターシャ. (2018年4月16日). https://natalie.mu/eiga/news/278146 2022年1月20日閲覧。 
  26. ^ “日向坂46小坂菜緒:映画初出演&主演でサイコサスペンスに挑戦 共演に「3年A組」「電影少女」で注目の萩原利久”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年6月3日). https://mantan-web.jp/article/20190602dog00m200027000c.html 
  27. ^ “井上祐貴の主演作に萩原利久、森田望智、柾木玲弥ら参加、小西詠斗は映画初出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年10月16日). https://natalie.mu/eiga/news/400923 2020年10月16日閲覧。 
  28. ^ Koki,主演ホラー「牛首村」に萩原利久、高橋文哉、芋生悠、大谷凜香、莉子ら9名”. 映画ナタリー (2021年8月9日). 2021年8月9日閲覧。
  29. ^ Koki,主演ホラー「牛首村」は2月18日に公開、少女がたたずむポスター解禁”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年12月3日). 2021年12月3日閲覧。
  30. ^ 映画『牛首村』公式サイト > キャスト・スタッフ”. 映画『牛首村』公式サイト. 東映株式会社. 2021年12月18日閲覧。
  31. ^ “元乃木坂・西野七瀬がドラマ「ホットママ」で卒業後初連ドラ主演&初ママ役”. ナターシャ. (2021年3月8日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2857281/ 2021年3月8日閲覧。 

外部リンク[編集]