平岩康佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひらいわ こうすけ
平岩 康佑
プロフィール
出身地 日本の旗 東京都品川区
生年月日 (1987-09-02) 1987年9月2日(31歳)
最終学歴 法政大学法学部
所属事務所 ODYSSEY
職歴 朝日放送テレビアナウンサー(2011年4月 - 2018年6月)
活動期間 2011年 -
ジャンル eスポーツ
公式サイト 朝日放送テレビアナウンサー時代のプロフィール
出演番組・活動
現在 eスポーツ中継(主に実況)
過去 スポーツ中継(主にリポーター)
おっちゃんラジオ
これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜
Monday! SPORTS - JAM
おはよう朝日です土曜日です   

平岩 康佑(ひらいわ こうすけ、1987年9月2日 - )は、日本フリーアナウンサーで、株式会社ODYSSEYの代表取締役。2018年6月15日まで在籍していた朝日放送テレビのアナウンサー時代から、「eスポーツキャスター」(eスポーツイベントの実況アナウンサー)として活動している。

来歴・人物[編集]

東京都品川区の出身で、法政大学第二高等学校から法政大学法学部へ進学。大学時代には、アナウンサーを多数輩出している学内の自主マスコミ講座に参加していた[1]。その一方で、在学中にアメリカ合衆国ワシントン州の大学へ編入。1年間にわたって経営学を学んだ後に、バックパッカーとして世界一周を経験した[2]

法政大学卒業後の2011年に、古川昌希とともに、朝日放送(当時)へアナウンサーとして入社。同年7月5日放送の『おはよう朝日です』(朝日放送テレビ)と『おはようパーソナリティ道上洋三です』(朝日放送ラジオ、以下『おはパソ』と略記)[3] で、古川とともに番組デビューを果たした。

2011年10月からは、『おはよう朝日です土曜日です』(前述『おはよう朝日です』の土曜版)で、古川などとともにリポーターを務めた。また、同年度のナイターオフ期間(同年11月 - 2012年3月)には、ラジオで期間限定放送の生ワイド番組『おっちゃんラジオ 小縣裕介のガッチ・ザ・グレイト』にも古川と交互にコーナー出演。「今週のヒライワン!」というコーナーで、自ら取材したトレンド情報を紹介したり、就職活動での経験談を語ったりしていた。

2012年からはスポーツアナウンサーとしての修業を開始。プロ野球中継や、朝日放送テレビが関連会社のスカイ・エースカチャンJ SPORTS向けに放送するJリーグ中継でリポーターを務めていた。同年の全国高等学校野球選手権大会中継では、「燃えろ!ねったまアルプス」(テレビ中継に挿入される阪神甲子園球場アルプススタンドからの応援リポート)のリポーターと、試合終了後の選手インタビュアーを兼務した。朝日放送の関連会社・スカイ・エーでは、同年11月に第43回全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会・関東地区決勝の中継、同年12月に第43回全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会決勝戦「クリスマスボウル」の中継で実況デビュー。2013年1月1日テレビ朝日系列で放送された『志村&所の戦うお正月』(朝日放送・テレビ朝日共同制作の新春特別番組)では、名物コーナー「豪邸お宝目利き対決」のロケ進行MCとして、地上波での全国放送に初めて登場した。

朝日放送ラジオでは2012年から、『F.C.オフサイドトーク』(サッカー情報番組)や『スポーツにぴたっと。』(ナイターオフ期間限定のスポーツ情報番組)にも、不定期でリポーターとして出演。同年11月5日から2013年3月25日までは、『これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜』で、朝日放送への入社後初めてのレギュラーパーソナリティを務めた。その一方で、同局の主催によるザ・シンフォニーホールでのクラシックコンサートでは、入社1年目から年に数回司会を担当していた。

特技は、英会話・バック宙・ヒップホップ系の洋楽鑑賞など。陸上競技部に所属していた中学・高校時代には、走り幅跳びの選手として、50m走で5秒89を記録したこともあるという[4]。『おはパソ』でラジオ番組へのデビューを果たした際には、TOEICで900点を記録したことや、スーツを着たままのバック宙もこなせることを語っていた[5]。スポーツアナウンサーとしての活動を始めてからは、英語を話せる阪神やオリックスの外国人選手に英語で直々に取材したうえで、その内容をプロ野球中継や関連番組で披露することが多い。また、2015年の時点でスノーボードを17年間経験しているほか、2014年秋からはスキューバダイビングに取り組んでいる。

パソコンを自分で組み立てたり、プロ野球の中継に必要なデータをクラウドコンピューティングで管理したりするなど、公私にわたってITを積極的に活用。「将来は人工知能に実況資料を作成させたい」と話していた。その一方で、ジョージ・ルーカスへの憧れから映画監督を志したり、学生時代に1年間で300本以上の作品を鑑賞したりしたほどの映画好き。eスポーツオンラインゲームカードゲームなど、大のゲーム好きになったことも公言している。テレビゲームについては、中学生時代から海外のテレビゲーム(ファーストパーソン・シューティングゲームなど)にのめりこんでいるという[2]。ちなみに、大学卒業後の就職活動では、朝日放送に加えて任天堂からも採用の内定を得ていた。

2017年からは、朝日放送アナウンサーとして活動するかたわら、サイバーエージェントが運営するOpenRec.TVやAbemaTVなどでゲームの実況を担当。「ゲームの実況に携われることはとても幸せ」と語っていた。その一方で、8月の第99回全国高等学校野球選手権本大会では、ラジオ中継で開会式を初めて実況。テレビ中継では、8月9日の1回戦(作新学院盛岡大学附属高校)で実況を担当したところ、この年のANNアナウンサー賞スポーツ実況部門で優秀賞を受賞した[6]

2018年には、「パワプロチャンピオンシップ2017」(幕張メッセ)で実況を担当すると、3月から「eスポーツキャスター」という名義でtwitter上に個人アカウントを開設した。4月までは、朝日放送グループ(朝日放送テレビ朝日放送ラジオ)制作のスポーツ中継や『おはようコールABC』(朝日放送テレビ平日早朝の生放送番組)の月曜日に出演していた。スポーツアナウンサーとしては、同月までのテレビ・ラジオ中継で実況を担当したNPB一軍公式戦84試合のうち、43試合が阪神タイガース戦であった[7]。しかし、同月25日に『ABCフレッシュアップベースボール』(朝日放送ラジオ)で放送された東京ヤクルトスワローズ対阪神戦(松山坊っちゃんスタジアム)中継での実況を最後にスポーツ中継への出演を終了。『おはようコールABC』を4月30日放送分で降板すると、翌5月1日付で、朝日放送グループが運営する公式サイトのアナウンサー関連ページからプロフィールが削除された。その後は、活動の軸足を、スポーツ中継からeスポーツ関連のイベントに移行[8]。また、自身のマネジメント、「eスポーツキャスター」の育成、eスポーツイベントの制作・興行・コンサルティング、イベント関連番組の配信・制作を目的に、株式会社ODESSEYを東京都内へ設立した[7]

2018年6月15日付で、朝日放送テレビを退社。これを機に、eスポーツキャスターへ本格的に転身した。朝日放送テレビの発足時点(同年4月1日付)で同社に在籍していたアナウンサーの退社や、日本の放送局に勤務していたアナウンサーによる「eスポーツキャスター」への転身は、いずれも平岩が初めてである。平岩自身は、転身に際して、「小学生時代からテレビゲームで遊ぶのが大好きだったので、『eスポーツが(日本以外の国での競技人口が1億人を超えたり、国際オリンピック委員会2024年パリオリンピックから正式競技へ採用することを検討したりするなど)盛り上がっているのに、関わることができなければ後悔する』と思った。今後は、スポーツ中継で培った実況の技術を生かしながら、(eスポーツ専門の実況アナウンサーとしてeスポーツの)大会を盛り上げたい」と述べている[7]。以上の経歴と活動は、2019年1月12日に、『朝日新聞』朝刊2面の「ひと」欄でも取り上げられた[9]

現在(フリーアナウンサー転向後)の出演作品[編集]

テレビCM[編集]

朝日放送テレビアナウンサー時代の出演番組[編集]

朝日放送テレビへの配属後に出演した番組を含む。

  • 全国高等学校野球選手権大会中継(テレビ・ラジオ)
    • 入社1年目の2011年はテレビ中継の「燃えろ!ねったまアルプス」のリポーターのみ担当。2012年には、スポーツアナウンサーの一員として、ラジオ中継を中心に試合終了後の選手インタビュアーも兼務した。2013年からは選手インタビュアーとラジオ中継の実況、2014年からはテレビ中継の実況も務めた。2017年には、ラジオ中継で開会式の実況を担当。

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

eスポーツキャスター転向後の主な出演番組[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 法政大学自主マスコミ講座オフィシャルブログ 自主マス出身アナウンサー(近畿編) を参照
  2. ^ a b 株式会社ODDESEY公式サイト内「タレント」ページで公表中のプロフィールを参照。
  3. ^ 『おはようパーソナリティ道上洋三です』アシスタント・久野愛の「愛日記」2011年7月5日付記事「デビュー☆」 を参照。
  4. ^ 2011年以降の『TVスター名鑑』(東京ニュース通信社)に掲載のプロフィールより
  5. ^ 前述の「愛日記」を参照
  6. ^ テレビ朝日アナウンサーズ公式サイト『アナウンス部ch.』2017年11月29日付記事「アナウンサー賞、今年の受賞者が決定!」
  7. ^ a b c ABC平岩アナが退社 今後はeスポーツ実況に転身”. 朝日新聞デジタル & M (2018年6月16日). 2018年6月16日閲覧。
  8. ^ RAGE2018 Summer西日本予選 実況担当:平岩康佑
  9. ^ 朝日放送時代の先輩アナウンサーで、2018年度から報道記者として朝日新聞大阪本社に出向している高橋大作が、平岩へのインタビューと記事の執筆を担当。
  10. ^ スポーツアナウンサーの先輩でもあった初代の男性パーソナリティ・田野和彦が人事異動でアナウンス職を離れたことを機に、2代目の男性パーソナリティに抜擢された。
  11. ^ 2012年のプロ野球シーズンには、NRN公式サイトの各局中継・リポート担当アナウンサー一覧に平岩の氏名が記載された一方で、『ABCフレッシュアップベースボール』の公式サイトには2013年まで平岩が担当アナウンサーとして紹介されなかった。その裏送り中継についても、2012年度は5月25日の『RCCカープナイター』オリックス対広島戦のみの出演にとどまった。

外部リンク[編集]