宮島咲良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みやじま さくら
宮島 咲良
プロフィール
本名 同じ
愛称 さくら
みやみや
ミヤジマン
出身地 日本の旗 日本 東京都江戸川区
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-11-09) 1983年11月9日(34歳)
血液型 O型
最終学歴 共立女子大学文芸学部卒業
所属事務所 ワタナベエンターテインメント
職歴 青文字系読者モデル・お天気キャスター・元九州朝日放送アナウンサー
活動期間 1998年 - 現在
ジャンル 情報・サブカルチャー・ファッション
公式サイト ワタナベエンターテインメントによるプロフィール
出演番組・活動
過去 本文参照
その他 KBC地上デジタル放送推進大使

宮島 咲良(みやじま さくら、1983年11月9日 - )は、日本タレントフリーアナウンサーワタナベエンターテインメント所属。

来歴[編集]

東京都江戸川区出身。東京都立両国高等学校卒業。高校在学時から大学卒業まで、青文字系雑誌読者モデルとして芸能活動を活動しており、ファッション誌「CUTiE」では『カリスマキッズ』と呼ばれるレギュラーモデルをしていた。2006年9月から12月の間に、ウェザーニューズのお天気キャスターを務めていた。 また、幼少時より声の仕事に興味を持っていた。[1]

共立女子大学卒業後の2007年4月、アナウンサーとして九州朝日放送に入社。 KBCの地デジ大使、「デジタルよかたい・ひろめ隊」隊員も務めていた。

2010年3月、KBCを退社。地元である東京に戻り、同年4月からタレントしてワタナベエンターテインメントに所属。

2011年4月、週刊プレイボーイにて初グラビアデビューし、2011年10月末に舞台『ザ・デッド・エンド』で舞台初出演[2]

2014年4月、テレビアニメ『くつだる。』のテーマ曲で、歌手デビューを果たし[3]し、自身が好きな、スーパー戦隊シリーズの『手裏剣戦隊ニンニンジャー』挿入歌で戦隊歌手デビューした。

人物[編集]

特撮[編集]

  • 趣味はスーパー戦隊の全てであり、秘密戦隊ゴレンジャーが一番好き。普段からアカレンジャーのフィギュアを持ち歩いており、アメスタプレミアム等では一緒に出演している。
  • 一番好きな戦隊ソングは「とべ!バリブルーン」(秘密戦隊ゴレンジャー)で、十八番は「花のモモレンジャー」(秘密戦隊ゴレンジャー)、「侍戦隊シンケンジャー」(侍戦隊シンケンジャー)「雨のちレインボー」(烈車戦隊トッキュウジャー)である。なお、特撮の入り口も楽曲であり、大人になって聞き返した昭和系ヒーローソングのカッコ良さから徐々に熱中した[4]。幼少時に好きだった戦隊は超新星フラッシュマン[4]
  • 自宅の部屋は漫画とフィギュアと戦隊グッズとCDと洋服を飾っている。部屋には物がいっぱいあり汚かったが、2016年6月6日放送の『直撃!コロシアム!! ズバッと!TV』で整理され、その後は整理されている[5]
  • 好きな男性のタイプはエナメル質(つるつる感)[4]

その他[編集]

出演番組[編集]

現在

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ナレーション
ネットドラマ
  • from Episode of スティンガー 宇宙戦隊キュウレンジャー ハイスクールウォーズ(2017年9月9日 - 、東映特撮ファンクラブ) - キョウトウインダベー(声) 役
過去

女子大生時代[編集]

KBCアナウンサー時代[編集]

下記以外にテレビ・ラジオニュースを担当

テレビ
ラジオ

フリー以後[編集]

テレビ
ラジオ
Web
  • 咲良咲子のふたりぼっちラジオ(AmebaStudio、2014年5月26日 - 2014年9月22日)
  • 咲良咲子の気まぐれ放送局〜ラジオ風味をそえて〜(AmebaStudio、2014年11月09日 - 2015年6月14日)
  • 宮島咲良単独プレミアム放送!(AmebaStudio、2014年11月17日 - 2015年6月25日)
  • 仮面ライダー4号 配信前夜祭(ニコニコ生放送、2015年3月27日)
  • 松井咲子と宮島咲良の 土曜の夜は生にゅっと。with 橋爪もも(ニコニコ生放送、2015年8月15日 - 2015年9月5日)
舞台

ディスコグラフィ[編集]

CD[編集]

  • 「Hello Hello/白いページ」(COCC-16893)(NHK Eテレアニメ「くつだる。」オープニングテーマ/エンディングテーマ)
  • 「ミニアルバム 手裏剣戦隊ニンニンジャー(1)」(COCX-39070)「コロちゃんパック 手裏剣戦隊ニンニンジャー(1)」(COCZ-1138)に収録

  忍ばずわっしょい! シュリケンジン(高取ヒデアキ&宮島咲良)

未発売[編集]

電子書籍[編集]

  • スペシャル写真集『ニュースなカラダ』(2011年12月、集英社)[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京ニュース通信社「テレビブロス」2017年3月25日‐4月7日号 107頁
  2. ^ 九州人気ナンバー1女子アナ、宮島咲良が初舞台に挑戦!極限状態の顔を見せる!”. ドリームニュース (2011年10月19日). 2017年2月13日閲覧。
  3. ^ TVアニメ「くつだる。」OP&EDテーマを宮島咲良が担当、CDジャーナル
  4. ^ a b c 語ろう“スーパー戦隊”! 「大事なことは全てスーパー戦隊から教わった」ゲスト・宮島咲良×出口博之スペシャル対談!!”. おたぽる (2016年11月30日). 2017年2月13日閲覧。
  5. ^ フリーアナ・宮島咲良「仕事でスーパー戦隊の役に立ってから死にたい」”. マイナビニュース (2016年12月28日). 2017年2月13日閲覧。
  6. ^ AKB48・松井咲子、宮島咲良とのラジオ番組を熱望「誰か!お願い!」”. マイナビニュース (2014年5月14日). 2017年2月13日閲覧。
  7. ^ “[http://www.j-cast.com/tv/2016/11/01282203.html 川田裕美アナの持ちネタ「スキップができない爆笑キャラ」争奪戦!私もできないと宮島咲良アナ参戦 <ナカイの窓>(日本テレビ系)]”. J-CASTテレビウォッチ (2016/11/ 1). 2017年2月13日閲覧。
  8. ^ 高見侑里、東幹久が競馬番組MC就任!武豊との対談も”. 楽天WOMAN (2016年12月27日). 2017年2月13日閲覧。
  9. ^ 宮島咲良 スペシャル 写真集”. 週プレnet Deluxe. 2017年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]