YAGアニメラボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

YAGアニメラボ』(ワイエージーアニメラボ)は、2009年4月5日から2010年4月4日までニッポン放送で放送されていたラジオ番組。代々木アニメーション学院の一社提供番組である。通称「アニラボ」。

概要[編集]

2009年3月末まで放送されていた『ミューコミ』の後継番組。『ミューコミ』はアニメ情報より音楽番組としての色が強かったため、2005年4月3日から2007年4月1日にかけて放送されていた『有楽町アニメタウン』の後番組ともいえる。また、ニッポン放送唯一のアニラジと謳ってはいるが、2009年12月まで放送されていた『宇宙GメンEX』、その後継番組の『ミュ〜コミ+プラス』内箱番組のアニコボにおいてマンガ・アニメ・声優などの話題を取り扱っているため、厳密に言えば唯一ではない。

なお、同番組は『ヤンキー先生!義家弘介の夢は逃げていかない』の後番組であるが、『ヤンキー先生』は、長崎放送熊本放送などの一部局に同時ネットで放送されてきたが、当番組はニッポン放送ローカル番組である(ネットしていた局は、停波または別番組を放送している)。当番組の前身で『ヤンキー先生』の以前に放送されていた『有楽町アニメタウン』は当番組と同じく関東ローカルだった。

CM枠ではCMは1本しか流れず、その後は全国ネットや箱番組でよく聴かれるCMフィラーBGMが入っている。

2010年4月4日放送終了後は、ニッポン放送携帯サイトでパーソナリティー2人の番組が配信開始となり、2012年7月まで継続された。

パーソナリティ[編集]

この2人は、2002年に開始した『東京キャラクターショーRADIO』からのコンビで、後番組の『有楽町アニメタウン』、『ミューコミ』と、当時からのニッポン放送唯一のアニラジを担当し続けている。

コーナー[編集]

PROJECT A
いきなり漫画家などに電話し出演依頼をしたり、隣のスタジオで収録している声優を連れてきたりしている。主にフリートーク、ゲストとのトークなどをしている。
Y.A.G ROOM
番組ノベルティを制作しており、二種類のステッカーを製作し一つは蒼樹うめがデザイン、もう一つが代々木アニメーション学院の生徒からデザイン案を募集し、後者はリスナーコンペで決定された。また、番組開始時には番組の宣伝案、田中理恵の写真集発売時には写真集の宣伝案を募集していた。
田中理恵ドS人生相談
田中理恵がCMのジングル明けに視聴者からの悩み相談に『ドS』で答える。『ドS』人生相談なので理不尽・不可能な回答が返ってくる。コンセプト的には『水銀燈の今宵もアンニュ〜イ』に近い。
何でもアニメランキング
アニメにまつわる事を毎週テーマを変えて募集している(例:上司にしたくないアニメキャラ)。

ゲスト[編集]

  • 蒼樹うめ(第1回(電話出演)・2009年4月5日、第2回・2009年4月12日、第6回(電話出演)・2009年5月10日)
  • 畑健二郎(第3回(電話出演)・2009年4月19日、第31回・2009年11月8日)
  • 野中藍(第4回・2009年4月26日)
  • 近藤隆(第5回・2009年5月3日)
  • 吉浦康裕(第8回(電話出演)・2009年5月24日、第12回・2009年6月21日)
  • 福山潤(第11回・2009年6月14日)
  • ゆかな(第12回・2009年6月21日)
  • 赤松健(第19回(電話出演)・2009年8月10日、第20回・2009年8月17日)
  • 豊崎愛生(第29回・2009年10月26日)
  • 今野浩喜キングオブコメディ)(第30回・2009年11月1日) - 田中と舞台『サボテンとバントライン』で共演
  • 水樹奈々(第37回・2009年12月20日)
  • 宮島咲良(当時九州朝日放送アナウンサー)(第43回・2010年1月31日)
  • かかずゆみ(第46回・2010年2月21日)

放送時間[編集]

  • 毎週日曜日 24:00 - 24:30

スポンサー[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]