中村佑介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむら ゆうすけ
中村 佑介
プロフィール
本名 同じ
出身地 日本の旗 日本
兵庫県宝塚市
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-01-26) 1978年1月26日(45歳)
職業 イラストレーター
活動期間 2002年 -
公式サイト YUSUKE NAKAMURA.net

中村 佑介(なかむら ゆうすけ、1978年[1]1月26日[2] - )は、日本イラストレーターミュージシャン漫画家兵庫県宝塚市出身[1]大阪府在住[3]

大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業[1]

略歴[編集]

父は建築家[3]、母は山下真知子(大手前大学教授・博士)[4]、1歳上の兄がいる。[5]幼少から絵を描いていた。テレビゲームが大好きで、大阪芸術大学ではゲーム会社への就職を目指し、CGを学ぶコースでパソコンやデザインの勉強をする[6]。また、元々レコードやCDジャケットが好きだったため、架空のアーティストのジャケットなども趣味で描いていた[6]

2000年に大学卒業後、出身コースの助手を務める。2002年からイラストレーションの仕事を精力的に行う。当初、イラストは誰にも見せずに描き溜めていたが、個展に誘われて初めて公にし、その枚数に周囲が驚いたという。

2005年、28歳の時に自身がギターとボーカルをつとめるバンド「S▲ILS(セイルズ)」としての音楽活動を始める[7]。2011年6月28日付のブログにて、S▲ILSのメンバーである長谷川梓沙との入籍を発表した[8]

作品では主にセーラー服を着た少女[9]と動物[3]をモチーフにしており、ノスタルジックでカラフルな作風で人気を得る[3]

ロックバンドのASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターの後藤正文からのオファーで、CDジャケットをデビューアルバム『崩壊アンプリファー』から手掛ける。

また、インターネットラジオ『洋梨放送室』を管理・製作している。

2008年、大阪堀江ART HOUSEで似顔絵展を開催。肖像画をテーマに1日30名、10日間で参加者300名の作品をその場で完成する、音楽ライブのような展覧会を開催する。[10]

2009年、初の画集『Blue』を発刊。9万部以上の売り上げを記録する等、イラストレーターの画集として異例の発行部数を誇っている。[11]全国47都道府県を巡る、小原画展、トークショー、サイン会を行う。[12]

2014年、フランスの『Japan Expo 2014』に参加、作品群の巨大パネルを展示する。[13]年末に2冊目の画集『NOW』を発刊、2015年にかけて、23県25会場に及ぶサイン会ツアーを実施する。[14]

2017年、15年間の活動のほぼ全てを集結させて展示した『中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA』が大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24階)で開催された[15][16]

2018年(3月29日~6月24日)東京都、弥生美術館にて「セーラー服と女学生~イラストと服飾資料で解き明かす、その秘密~」[17]原画20点を展示。

2018年(4月20日~5月21日)東京都、池袋パルコ 本館にて『中村佑介展 BEST of YUSUKE NAKAMURA』が開催された。

同年(11月16日~12月2日)名古屋市、名古屋パルコにて『中村佑介展』が開催された。

(9月28日ー29日)アメリカ ボルチモアで『BALTIMORE JAPAN ART FESTIVAL』に招待、講演会やサイン会等を行う。[18]

2019年(8月16日〜9月1日)福岡市、福岡パルコにて『中村佑介展』が開催された。

2020年(10月31日~12月13日)東京都、東京ドームシティGallery AaMo (ギャラリー アーモ)にて『中村佑介展 BEST of YUSUKE NAKAMURA』が開催された。入館者特典として“アマビエ”をモチーフした、描き下ろしイラストの「マスクケース」が配布された。

2021年(4月29日~5月29日)金沢市、金沢21世紀美術館にて『中村佑介展』が開催された。

2022年(3月26日~5月8日)山口県防府市アスピラートで『中村佑介展』が開催された。後藤文正とのトークショーがイベントで開催された。

2022年(7月23日~ 9月25日)『中村佑介20周年展』が大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24階)で開催された。

後藤文正森見登美彦とのトークショーのイベントが開催された。森見登美彦とは初対談。巡回展で(2022年11月9日~2023年1月9日)東京都、Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)で開催。後藤文正石黒正数とのトークショーのイベントが開催された。

人物[編集]

主な作品リスト[編集]

CDジャケット[編集]

タイトル リリース日 中村佑介 形態 備考
崩壊アンプリファー 2003年4月23日 ミニアルバム インデーズ版あり
未来の破片 2003年8月6日 シングル
君という花 2003年10月16日 シングル
君繋ファイブエム 2003年11月19日 アルバム
サイレン 2004年4月14日 シングル
ループ&ループ 2004年5月19日 シングル
リライト 2004年8月4日 シングル
君の街まで 2004年9月23日 シングル
ソルファ 2004年10月20日 アルバム
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATIO 2005年6月8日 アルバム
ブルートレイン 2005年11月30日 シングル
ワールドアパート 2006年2月15日 シングル
ファンクラブ 2006年3月15日 アルバム 【アナログ盤】あり
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO MUGEN COMPILATION 2006 2006年7月5日 アルバム
フィードバックファイル 2006年10月25日 アルバム B面集
或る街の群青 2006年11月29日 シングル
アフターダーク 2007年11月7日 シングル
転がる岩、君に朝が降る 2008年2月6日 シングル
ワールド ワールド ワールド 2008年3月5日 アルバム
未だ見ぬ明日に 2008年6月11日 ミニアルバム
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2008 2008年7月9日 アルバム
藤沢ルーザー 2008年10月15日 シングル
サーフ ブンガク カマクラ 2008年11月5日 アルバム 【アナログ盤】あり
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2009 2009年7月1日 アルバム
新世紀のラブソング 2009年12月2日 シングル
ソラニン 2010年3月31日 シングル
ソラニン songbook 2010.04.21 トリビュートアルバム 浅野いにおよるイラスト
迷子犬と雨のビート 2010年5月26日 シングル
マジックディスク 2010年6月23日 アルバム
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2011 2011年6月29日 アルバム
マーチングバンド 2011年11月30日 シングル
BEST HIT AKG 2012年1月18日 ベストアルバム コラージュ作品
踵で愛を打ち鳴らせ 2012年4月11日 シングル
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2012 2012年6月27日 アルバム
それでは、また明日 2012年7月25日 シングル
ランドマーク 2012年9月12日 アルバム
今を生きて 2013年2月20日 シングル
ザ・レコーディング at NHK CR-509 Studio 2013年3月11日 ライブ・アルバム 写真
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2013 2013年6月5日 アルバム
フィードバックファイル 2 2014年2月26日 アルバム B面集
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2014 2014年6月25日 アルバム
Easter 2015年3月18日 シングル
Wonder Future 2015年5月27日 アルバム
Right Now 2016年1月6日 シングル
Re:Re: 2016年3月16日 シングル
ブラッドサーキュレーター 2016年7月13日 シングル
ソルファ(2016) 2016年11月30日 アルバム 【アナログ盤】あり
AKG BOX -20th Anniversary Edition- 2017年3月29日 ボックス・セット 『崩壊アンプリファー』~『Wonder Future』までのCD計12枚を紙ジャケット化
荒野を歩け 2017年3月29日 シングル
AKG TRIBUTE 2017年3月29日 アルバム 浅野いにおによるイラスト
BEST HIT AKG 2 (2012-2018) 2018年3月28日 ベストアルバム コラージュ作品
BEST HIT AKG Official Bootleg “IMO” 2018年3月28日 ベストアルバム 後藤文正によるイラスト
BEST HIT AKG Official Bootleg “HONE” 2018年3月28日 ベストアルバム 後藤文正によるイラスト
ボーイズ&ガールズ 2018年9月26日 シングル
ホームタウン 2018年12月5日 アルバム 【アナログ盤】あり
Dororo / 解放区 2019年5月15日 シングル
ダイアローグ / 触れたい 確かめたい 2020年10月7日 シングル 完全生産限定盤にはTシャツが付属
エンパシー 2021年8月4日 シングル
プラネットフォークス 2022年3月30日 アルバム 【アナログ盤】あり
出町柳パラレルユニバース 2022年9月28日 シングル
  • スピッツ[6]
    • 三日月ロック(2003年3月5日)(アナログ盤歌詞カード)
  • ゲントウキ[6]
    • 鈍色の季節(2003年2月19日)
    • 素敵な、あの人。(2003年6月10日)
    • 満たされて心は(2004年2月18日)
    • いつものように(2003年9月25日)
    • 幻燈名作劇場(2007年2月28日) ボーカルの田中潤は中村佑介と親交が深く、アルバムの「Abebno-music Abeno-life」は中村を題材とした曲。
    • 誕生日(2016年9月21日)
  • BEDTOWN
    • Abstract Documentary Girl(2005年1月19日)
  • 高橋真之介
    • 高橋真之介(2004年07月14日)
  • ワンノート
    • ピースフル(2006年3月8日)
  • MOZART TOP 20〜石田衣良モーツァルト・セレクション(2006年8月9日)
  • つじあやの
    • COVER GIRL 2(2008年9月24日)
  • モーモールルギャバン
    • 野口、久津川で爆死(2009年11月11日)
    • クロなら結構です(2010年6月23日)
  • さだまさし
  • 坂本冬美
    • 秋まつり、お月さま(2006年11月1日)
  • 倖田來未
  • Yuka
    • ジブリのせかい~ヴァイオリンとピアノの調べ(2008年12月17日)
  • マルコ・リンハード
    • ジブリのせかい~尺八と琴の調べ(2008年12月17日)
  • 金益研二
    • ジブリのせかい~ピアノの調べ(2008年12月17日)
  • ジブリのせかい~オルゴールの調べ(2008年12月17日)
  • FM802 MIDNIGHT GARAGE 10th Anniversary Compilation (2011年1月11日)『ミッドナイトガレージ』10周年記念のコンピレーションCD。DJの土井コマキが描かれている。
  • セイルズ(中村佑介が2005年7月1日に結成したポップスバンド。当初の編成は中村佑介(Vo, Guitar)、長谷川梓沙(Vo, Acordion)、飼原正之(Bass, Cho)のトリオ。『S▲ILS』から検索しやすいため表記を変更)
    • Pink (2011年6月25日:ワイキキレコード)【収録曲】1.わたしの穴 2.ビューティフル 3.おしりのふとん 4.絵筆は役に立たず 5.ほんとはね
    • 薫(2013年11月)無料限定シングル 、『YOU』のデモバージョン。
    • YOU(2014年1月22日:ワイキキレコード)【収録曲】1.薫 2.あなたにクッキング 3.リリ 4.かなしい顔 5.あなたは 6.すべてのあなた なお「薫」はミュージュクビデオが作成されている。主演は平田薫でセイルズのメンバー(中村佑介、中村梓沙、小泉ひとし、飼原正之、仲井信太郎)も出演している。中村は脚本、監督をしている。[28]

DVD・Blu-rayジャケット[編集]

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
    • 映像作品集 1巻(2004年11月26日)
    • 映像作品集 2巻 live at 武道館+(2005年4月20日)描き下ろし
    • 映像作品集 3巻(2007年3月21日)描き下ろし
    • 映像作品集 4巻(2008年3月26日)
    • 映像作品集 5巻~live archives 2008~(2009年3月25日)描き下ろし
    • 映像作品集 6巻~Tour 2009 ワールド ワールド ワールド~(2009年10月7日)
    • 映像作品集 7巻(2011年1月19日)
    • 映像作品集 8巻~Tour 2012 ランドマーク~(2013年3月13日)
    • 映像作品集 9巻 デビュー10周年記念ライブ 2013.9.14 ファン感謝祭(2014年3月12日)描き下ろし
    • 映像作品集 10巻 デビュー10周年記念ライブ 2013.9.15 オールスター感謝祭(2014年3月12日)描き下ろし
    • 映像作品集 11巻(2016年1月6日)
    • 映像作品集 13巻~Tour 2016 - 2017 「20th Anniversary Live」 at 日本武道館(2017年11月29日)描き下ろし
    • 映像作品集 17巻(2021年8月4日)
  • 四畳半神話大系
    • 第1巻 (2010年8月20日)、第2巻(2010年9月23日)、第3巻(2010年10月22日)、第4巻(2010年11月26日)
    • BOX (2014年6月18日)

書籍[編集]

画集等

雑誌

  • ユリイカ』(2005年6月号:青土社)特集ムーンライダーズ 表紙
  • イラストレーション』(2007年11月1日:玄光社)特集記事
  • 『編集会議』(2008年11月1日:宣伝会議)表紙
  • 『MdN』(2009年5月号ー:インプレス)クリエイターズ・エッセイ連載
  • きらら 』(2009年10月ー2015年5月:小学館)表紙
  • アイデア』(2009年12月10日:誠文堂新光社)作品集、インタビュー
  • イラストレーション』(2010年1月1日:玄光社)表紙 「私」が影響を受けた作家
  • 『イラストノート』(2010年11月1日:誠文堂新光社)特集イラストレーターになるには
  • ユリイカ』(2010年2月臨時増刊号:青土社) 総特集、中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア
  • Kiss』(2010年7月24日-全18回連載:講談社)『女の描き方』エッセイとイラスト
  • 『季刊エス』 (2010年9月15日ー:飛鳥新社)「中村佑介のシゴトバ探訪」対談連載
  • イラストレーション』(2011年11月1日:玄光社)表紙「Blueのあとで」アトリエ訪問、制作過程、わたせせいぞうとの対談。
  • 『イラストノート』(2012年11月1日:誠文堂新光社)対談 中村佑介×林静一
  • ビックコミックスピリッツ』(2012年7月16日号:小学館)フォト・グラビアアート 柏木由紀×中村佑介、写真とイラストのコラボ。
  • 『ビックコミックスピリッツ』(2013年1月27・29日号:小学館)柏木由紀×中村佑介、フォト・グラビアアート 第2弾
  • 『ビックコミックスピリッツ』(2013年8月18日号:小学館)柏木由紀×中村佑介、フォト・グラビアアート 第3弾
  • [『ビックコミックスピリッツ』(2013年8月25日9月1日号:小学館)柏木由紀×中村佑介 フォト・グラビアアート 2Bサイズポスター
  • 『イラストノート』(2013年5月1日:誠文堂新光社)「中村佑介の宇宙」対談 中村佑介×石田衣良
  • ユリイカ』(2013年11月号:青土社)特集中原淳一と少女イラストレーション 林静一との対談
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION THE MEMORIES 2003ー2013』(2013年10月10日:ぴあ)表紙、ジャケットに関する回顧録。
  • 『文具自慢』(2014年1月1月:扶桑社)「アノ人の文具が気になります」文房具の取材。
  • イラストレーション』(2015年1月17日:玄光社)インタビュー・石黒正数、米澤稔(イラストレーター)、山下真知子(母)との対談・制作過程。
  • ユリイカ』(2016年1月号:青土社)総特集/江口寿史 『ストップ!!ひばりくん!』イラスト
  • PHP』(2016年1月-6月:PHP研究所)月刊中村佑介 1Pカラーイラスト
  • 『ビックコミックスピリッツ』(2016年3月14日号:小学館)柏木由紀×中村佑介、フォト・グラビアアート 第4弾
  • 『イラストノート 』(2016年11月1日:誠文堂新光社)表紙「中村佑介の無限」
  • MOE』(2016年3月1日発行:白泉社山口裕子との対談。描きおろしハローキティ
  • 『小学8年生』(2017年7月13日、9月28日:小学館)「中村佑介先生の絵ヂカラup!!教室」全2回 小学生の作品を指導、監修。
  • 『イラストノート』(2018年5月1日:誠文堂新光社)表紙 特集「イラストレーターの働き方」
  • 『ペン・プラス』(2018年1月15日:CCCメディアハウス)「いままでも、そしてこれからもストリートファイターが好きだ!」表紙裏見開きイラスト(『ストリートファイターV アーケードエディション』のクリア時イラスト[31]
  • 『Shi-Ba』【シーバ】 (2020年1月1日:辰巳出版)作品紹介と愛犬の柴犬ぽん太、配偶者の中村梓沙とのスナップ写真。
  • VOGUE JAPAN』(2020年7月28日発売:プレジデント社)ファッション・イラストレーション

漫画[編集]

ビデオゲーム[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

  • 短編アニメーション(2013年7月:全国MOVIXブランド劇場公開)各映画の冒頭に上映されるマナーCM。キャラクターデザイン。[33][34]

CM[編集]

  • 明治 果汁グミ Tweet Love Story 「メグミとタイヨウ」(キャラクター原案、パッケージイラスト)
  • きららちゃん (2014年5月30日:小学館)中村佑介最新イラストレーションブック[35]

その他[編集]

メディア出演[編集]

テレビ

ラジオ

  • 中村佑介の一期一絵(2018年4月6日 - 2021年3月29日、ラジオ関西池田奈月アシスタント
  • 吉岡里帆と日曜日18時。(2018年12月20日、J-WAVE他)ゲスト。後に書籍化(2021年)されている。

Web[編集]

  • 洋梨放送局(2004年2月11日ー2008年3月)[52]インターネットラジオ
  • ミサイルアパート(2006年7月1日ー2008年)[52]インターネットラジオ
  • シコウヒンTV(2013年7月)小宮山雄飛ホフディラン) 第189回 ゲスト出演[53]
  • 中村佑介の耳で聞く絵の話(2016年10月2日ー)YouTubeによる音声が主のラジオ形式の番組。
  • 新ミサイルアパート(2020年4月12日ー)友人の結城由紀とYouTubeによる音声が主のラジオ形式の番組。2008年に終了したラジオ番組(Webの音声のみ)の「ミサイルアパート」の復刻。
  • ヨーロッパ企画(公式YouTube)(2022年10月17日)「四畳半タイムマシンブルース」 中村佑介と上田誠で積もる話をする夜[54]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c PROFILE”. YUSUKE NAKAMURA.net. 2015年10月11日閲覧。
  2. ^ 本人制作 カレンダーより[要文献特定詳細情報]
  3. ^ a b c d e 中村佑介 (2009年11月13日). イラストレーター・中村佑介さんインタビュー. インタビュアー:牧尾晴喜. フレーズクレーズ.. https://medium.com/fraze-craze/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E4%BD%91%E4%BB%8B%E3%81%95%E3%82%93%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-3f14f83380f7#.iddfcsy4p 2015年11月20日閲覧。 
  4. ^ 大手前大学” (日本語). 大手前大学. 2022年9月14日閲覧。
  5. ^ 中村佑介さん初の親子対談「母に聞きたかったこと~社会性の欠如と集中力」(前編) - illustration-mag” (日本語). illustration-mag.jp (2020年6月24日). 2022年11月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e 中村佑介 (2011年6月8日). イラストレーターのつくる音楽 中村佑介インタビュー(1/3ページ). インタビュアー:久保正樹. CINRA.net.. http://www.cinra.net/interview/2011/06/08/000000 2015年10月11日閲覧。 
  7. ^ 中村佑介 (2011年6月8日). イラストレーターのつくる音楽 中村佑介インタビュー(2/3ページ). インタビュアー:久保正樹. CINRA.net.. http://www.cinra.net/interview/2011/06/08/000000?page=2 2015年10月11日閲覧。 
  8. ^ 本人ブログ「僕のアベノライフ」2011年6月28日
  9. ^ 中村佑介 (2013年1月7日). コンプレックス文化論第四回「セーラー服」(1/3ページ). インタビュアー:武田砂鉄. CINRA.net.. http://www.cinra.net/column/complexbunka/sailorfuku02-1 2017年2月27日閲覧。 
  10. ^ Nakamura, Yūsuke; 中村佑介 (2014). Nau = Now. Tōkyō. ISBN 978-4-86410-384-8. OCLC 898445611. https://www.worldcat.org/oclc/898445611 
  11. ^ イラストレーター中村佑介、新作画集『NOW』刊行 前作から5年” (日本語). KAI-YOU.net | POP is Here .. 2022年9月17日閲覧。
  12. ^ kazekissa. “中村佑介の黄色い日記” (日本語). 中村佑介の黄色い日記. 2022年9月17日閲覧。
  13. ^ kazekissa. “中村佑介の黄色い日記” (日本語). 中村佑介の黄色い日記. 2022年9月23日閲覧。
  14. ^ kazekissa. “中村佑介の黄色い日記” (日本語). 中村佑介の黄色い日記. 2022年9月23日閲覧。
  15. ^ イラストレーター・中村佑介のこれまでの仕事を総覧 『中村佑介展』が大阪で開催に”. SPICE. イープラス (2017年6月23日). 2017年8月17日閲覧。
  16. ^ 中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA”. 中村佑介展実行委員会 (2017年). 2017年8月17日閲覧。
  17. ^ 弥生美術館・竹久夢二美術館”. www.yayoi-yumeji-museum.jp. 2022年9月18日閲覧。
  18. ^ (日本語) 【ボルチモア旅行記①】東海岸とデザイン, https://www.youtube.com/watch?v=Mu3ikUHquPk&list=PL-EF1iJCKsWmJNELi7m2b2Gt-JCMxi8cy 2022年10月16日閲覧。 
  19. ^ “石黒正数、中村佑介トークショーに友情出演”. コミックナタリー. (2010年3月28日). http://natalie.mu/comic/news/29668 2017年2月27日閲覧。 
  20. ^ 中村佑介 (2011年6月8日). イラストレーターのつくる音楽 中村佑介インタビュー(3/3ページ). インタビュアー:久保正樹. CINRA.net.. http://www.cinra.net/interview/2011/06/08/000000?page=3 2015年10月11日閲覧。 
  21. ^ 本人ブログ「中村佑介の黄色い日記」2010年8月27日
  22. ^ 平田薫オフィシャルブログ Powered by Ameba”. ameblo.jp. 2022年9月18日閲覧。
  23. ^ 『イラストノート』成文堂新光社、11月1日、80頁。 
  24. ^ 『イラストレーション』玄光社、11月1日 2007、17頁。 
  25. ^ Yoru wa mijikashi arukeyo otome uoka : Anime eiga yoru wa mijikashi arukeyo otome koshiki nabigeshon bukku.. Kadokawa. (2017.4). ISBN 978-4-04-895984-1. OCLC 987294075. https://www.worldcat.org/oclc/987294075 
  26. ^ Bungu jiman : Tsukaikata no teku ga mi ni tsuku mane sureba shigoto nimo yakudatsu.. Fusosha. (2014.1). ISBN 978-4-594-60878-1. OCLC 872153646. https://www.worldcat.org/oclc/872153646 
  27. ^ 『イラストレーション』玄光社、11月1日 2007、16頁。 
  28. ^ 薫 中村佑介 - 検索”. www.bing.com. 2022年9月19日閲覧。
  29. ^ “『セーラー服と機関銃』赤川次郎著 女子高生組長が危機に挑む”. YOMIURI ONLINE. (2015年10月8日). オリジナルの2015年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20151011032724/http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/longseller/20150928-OYT8T50107.html 2017年7月2日閲覧。 
  30. ^ きららちゃん | 書籍” (日本語). 小学館. 2022年9月26日閲覧。
  31. ^ ロックマンユニティ ウッチーのブログ : あけましておめでとうございます。”. blog.livedoor.jp. 2022年9月22日閲覧。
  32. ^ a b Sōtokushū nakamura yūsuke : irozuku otome no yūtopia.. Tōkyō: Seidosha. (2010). ISBN 978-4-7917-0205-3. OCLC 505162325. https://www.worldcat.org/oclc/505162325 
  33. ^ ホフディラン×松竹マルチプレックスシアターズ コラボレーション”. ホフディラン公式ウェブサイト. 2022年9月23日閲覧。
  34. ^ kazekissa. “中村佑介の黄色い日記” (日本語). 中村佑介の黄色い日記. 2022年9月23日閲覧。
  35. ^ (日本語) 中村佑介最新イラストレーションブック『きららちゃん』TVCM, https://www.youtube.com/watch?v=WwHsF584-ws 2022年9月26日閲覧。 
  36. ^ イラストレーター・中村佑介氏が“ヤバい忍者執事”やバンブルビーを描く!映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』とコラボ | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2022年9月25日閲覧。
  37. ^ 神戸線・宝塚線・京都線に沿線の観光スポットなどを新たにデザインしたラッピング列車が登場します! (PDF) - 阪急電鉄、2018年3月15日
  38. ^ ニュース|アニメーション映画「海獣の子供」公式サイト” (日本語). 2022年9月25日閲覧。
  39. ^ 高校生の音楽2(令和5年度) - 教育芸術社” (日本語) (2022年4月14日). 2022年9月19日閲覧。
  40. ^ a b ターナーアクリルガッシュ”. ターナー. 2022年9月24日閲覧。
  41. ^ http://blog.livedoor.jp/rockmanunity/archives/9243208.html” (日本語). Twitter. 2022年9月22日閲覧。
  42. ^ 「ストレンジャー・シングス」×中村佑介!作品愛爆発のコラボアート公開 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2022年9月23日閲覧。
  43. ^ ゴジラ・ストア Osaka” (日本語). GODZILLA STORE Osaka. 2022年9月17日閲覧。
  44. ^ ゴジラを追って京都市内を巡るイベントが4/16より開催!” (日本語). 電撃オンライン. 2022年9月17日閲覧。
  45. ^ 【グラニフ】スタジオ地図10周年を記念した、5ヶ月連続コラボレーション企画!第2弾は「サマーウォーズ×中村佑介」”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年9月25日閲覧。
  46. ^ 『デュエマ』新弾豪華コラボ 東村アキコ、中村佑介、三輪士郎らがデザイン” (日本語). KAI-YOU.net | POP is Here .. 2022年9月24日閲覧。
  47. ^ 逆転裁判シリーズ 20周年サイト | CAPCOM” (日本語). www.ace-attorney.com. 2022年9月22日閲覧。
  48. ^ “大阪国際女子マラソン 中村佑介さんのメインビジュアル発表”. 産経ニュース (産経新聞社). (2021年12月22日). https://www.sankei.com/article/20211222-J4PA6UIQG5L5FMPHMKTOITBLBI/ 2022年1月26日閲覧。 
  49. ^ https://cyber-craft.co.jp.+“大会テーマ | 大阪国際女子マラソン - Osaka Women's Marathon” (日本語). www.osaka-marathon.jp. 2023年1月13日閲覧。
  50. ^ 中村佑介|グラニフ公式オンラインストア” (日本語). グラニフ公式オンラインストア. 2022年9月23日閲覧。
  51. ^ kazekissa. “僕と2丁目” (日本語). 中村佑介の黄色い日記. 2022年9月22日閲覧。
  52. ^ a b Sōtokushū nakamura yūsuke : irozuku otome no yūtopia.. Tōkyō: Seidosha. (2010). ISBN 978-4-7917-0205-3. OCLC 505162325. https://www.worldcat.org/oclc/505162325 
  53. ^ kazekissa. “中村佑介の黄色い日記” (日本語). 中村佑介の黄色い日記. 2022年9月23日閲覧。
  54. ^ (日本語) 【生配信】映画「四畳半タイムマシンブルース」公開中! 中村佑介さんと上田で積もる話をする夜, https://www.youtube.com/watch?v=emAlWHkZUJE 2022年10月17日閲覧。 

外部リンク[編集]