春風亭昇吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

春風亭 昇吉(しゅんぷうてい しょうきち)は、落語家名跡。特に代数は振られていないが、二名名乗っている。

  • 春風亭昇吉 - 後の三遊亭羊之助
  • 春風亭昇吉 - 当代。本項にて記述。

春風亭 昇吉しゅんぷうてい しょうきち
春風亭 昇吉
春風亭昇吉定紋「五瓜に唐花
本名 國枝 明弘(くにえだ あきひろ)
生年月日 (1979-10-29) 1979年10月29日(42歳)
出身地 日本の旗 日本岡山県
師匠 春風亭昇太
名跡 1. 春風亭昇吉(2007年 - )
出囃子 独楽
活動期間 2007年 -
活動内容 落語家
所属 落語芸術協会
ワタナベエンターテインメント
公式サイト 春風亭昇吉オフィシャルサイト
受賞歴
2006年 全日本学生落語選手権優勝
2007年 東京大学総長大賞受賞
2016年 北とぴあ若手落語家競演会北とぴあ大賞
2017年 さがみはら若手落語家選手権優勝

当代春風亭 昇吉(しゅんぷうてい しょうきち、1979年10月29日 - )は、岡山県赤磐市出身の落語家落語芸術協会会員。真打。本名は、國枝 明弘(くにえだ あきひろ)。岡山県立岡山城東高等学校卒業、岡山大学法学部中退[1]東京大学経済学部卒業。東大出身初の落語家[2]ワタナベエンターテインメント所属。173センチ。

略歴[編集]

地元の岡山大学仮面浪人をした後[3]、23歳で東京大学文科二類に合格[4]落語研究会に入部、山本進に師事。漫才やコントなどをやる部員が多い中、一人だけ古典落語志向の部員として山本から応援された[5]

「井の線亭ビリ馬(いのせんてい びりば)」を名乗り、2006年に第3回全日本学生落語選手権・策伝大賞で優勝(演目は「まんじゅうこわい」)[6]

2007年東京大学経済学部経営学科を卒業。落語選手権優勝や落語ボランティア活動などが評価され第1回東京大学総長賞受賞(年間の総長賞受賞者のうち特に優れた業績を挙げた者に贈られる)。卒業直後に春風亭昇太に入門[7]

2011年気象予報士の資格を取得。

2021年5月上席より三遊亭小笑春風亭昇々笑福亭羽光とともに真打昇進[8]。策伝大賞入賞者からプロ入りした落語家からは初の真打昇進者となった。披露パーティーは3月に開催されたが、5月1日からの寄席での披露は、三度目の緊急事態宣言を受け寄席が休業したことを受けて6月11日からに延期。同年の8月18日に東大・安田講堂で「春風亭昇吉 真打昇進披露落語会」を行った[7]

出演[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 経歴 岡山大学について” (日本語). 春風亭昇吉 (2020年8月11日). 2022年2月14日閲覧。
  2. ^ 史上初、東大出身落語家来春誕生=落語芸術協会発表
  3. ^ 初の「東大卒」真打、春風亭昇吉が語る「東大生に最も向かない職業」をなぜ選んだのか” (日本語). デイリー新潮. 2022年2月14日閲覧。
  4. ^ 東大卒二つ目の春風亭昇吉(日刊スポーツ)
  5. ^ 稲田和浩『大人の落語評論』彩流社、2014年4月15日、166-168頁。ISBN 9784779170126
  6. ^ 第三回全日本学生落語選手権・策伝大賞 大会報告
  7. ^ a b 東大卒初の真打昇進 春風亭昇吉「夢がかないました」安田講堂で披露公演 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年8月19日閲覧。
  8. ^ 令和3年5月真打昇進について - 落語芸術協会 2020年6月5日
  9. ^ 西尾アナ&大塚さん確執報道は「事実無根」 フジが完全否定 スポーツニッポン 2013年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]