稲田和浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

稲田和浩(いなだ かずひろ、1960年-)は、日本の演芸作家落語評論家。日本脚本家連盟、社団法人日本放送作家協会所属。民族芸能を守る会相談役。作者部屋同人。

来歴[編集]

東京都出身。日本大学芸術学部演劇学科卒業。タウン誌記者、コピーライターなど、1986年頃より作家活動。大西信行門下。演芸(落語、講談浪曲漫才)の台本邦楽長唄新内琵琶など)の作詞演劇脚本演出など。

著書[編集]

  • 『食べる落語 いろはうまいもんづくし』教育評論社、2006
  • 『恋する落語 男と女のいろはづくし』教育評論社、2008
  • 『はたらく落語 江戸の商売いろはづくし』教育評論社、2009
  • 『落語が教えてくれる生活の知恵30』明治書院、2009 学びやぶっく
  • 『浪曲論』 彩流社 2013年 ISBN 978-4779119088

共編著[編集]

  • 『5人の落語家が語るザ・前座修業』守田梢路共著 日本放送出版協会、生活人新書 2010
  • 『落語長屋噺の処方箋』編 木下真之、小出美河子、佐藤友美、田谷悠紀共著 アールズ出版、2010
  • 『落語の黄金時代』山本進、大友浩、中川桂共著 三省堂、2010