全日本学生落語選手権・策伝大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全日本学生落語選手権・策伝大賞(ぜんにほんがくせいらくごせんしゅけん・さくでんたいしょう)とは、岐阜県岐阜市で行われている落語の全国大会である。策伝大賞の「策伝」は落語の祖・安楽庵策伝から。

岐阜市は安楽庵策伝の出身地であり、「岐阜市笑いと感動のまちづくり事業」の一環として「野球に甲子園があるように、落語に全国大会があっても良いじゃないか」という桂三枝(現・六代桂文枝)の提案により2004年から開催されている。

全国の落語研究会に所属する学生達によって頂点の「策伝大賞」を獲得するための落語が約1,500人の聴衆を前に披露される。予選会・決勝大会ともに観覧は無料。ただし決勝大会の観覧は事前申込みによる抽選制。予選会は開催時間中の好きな時間に行って好きな会場(部屋)で見ればよい。当日は会場の長良川国際会議場内を着物姿の出場者が多く行き交い独特な雰囲気となる。

大会形式[編集]

1日目の予選と2日目の決勝で行われる。円滑な予選会運営のため、第11回から事前ビデオ審査が行われている。

  • 予選:出場者を4会場[1]に分け、各会場で2名の決勝進出者を審査員にて決定する。
  • 決勝:予選を通過した8名[2]によって観衆の前にて落語を披露し、審査員によって策伝大賞など受賞者を決定する。策伝大賞については該当者なしの場合もある。

結果[編集]


(参加者数)
策伝大賞 審査員特別賞 奨励賞・優秀賞など
第1回(2004年2月21~22日)
(29大学76名)
愚歌等落生
(山城伸伍(琉球大学))
珍々亭伸二ュ
(柴田史郎(筑波大学))
銀杏亭駒綱[3]
(本田隆裕(大阪大学))
第2回(2005年2月26~27日)
(28大学92名)
爪田家風凛
(村田卓優(関西大学))
大阪亭打借
辻大介(大阪大学)
珍々亭伸二ュ[4]
(柴田史郎(筑波大学))
第3回(2006年2月18~19日)
(36大学114名)
井の線亭ビリ馬
(国枝明弘(東京大学))
筑波亭酔兎
(矢作明子(筑波大学))
第4回(2007年2月24~25日)
(29大学123名)
浪漫亭不良雲
(島井謙太郎(関西大学))
いだけ家大志
(成田芳(北海道大学))
第5回(2008年3月1~2日)
(37大学148名)
香車亭梅春
(羽鳥広平(筑波大学))
中央亭可愛
(須藤みなみ(中央大学))
第6回(2009年2月21~22日)
(37大学163名)
浪漫亭刃矢手
(清水啓記(関西大学))
駿河炎誌
(小田中裕士(明治大学))
第7回(2010年2月27~28日)
(44大学・大学院193名)
銀杏亭魚折
(青山知弘(大阪大学))
桜ん坊恋歌
(雨甲斐加奈子(慶應義塾大学
我楽亭ハリト[5]
(ムズラックル ハリト(大阪大学大学院))
第8回(2011年2月26~27日)
(50大学・大学院228名)
三流亭今壱
(高木陽輔(岐阜大学))
浪漫亭芭圧
(沖守翔(関西大学))
決勝進出者6名[6]
第9回(2012年2月27~28日)
(51大学・大学院250名)
道楽亭海人
(中島慶一郎(京都大学))
おもち家ぶりき
(滝口彩香(青山学院大学))
銀杏亭駒潮[7]
(長原耕太郎(大阪大学))
第10回(2013年2月23~24日)[8]
(55大学・大学院280名)
花の家なごみ
(今井智子(関西大学))
頭下位亭黒麿 [9]
(栗林宜徳(東海大学
回転寿し好き助[10]
(入江晃弘(青山学院大学))
第11回(2014年2月22~23日)
(51大学・大学院320名)
鵜飼家みるく
(田中久留美(岐阜大学))
車家化狐。
(清水賢二郎(岡山大学))
浪漫亭鞍弓[11]
(山田大詞(関西大学))
第12回(2015年2月21~22日)
(52大学・大学院288名)
銀杏亭福豆
(寿山安紀(大阪大学))
可愛家書ん坊
(鳥居杏平(南山大学))
外楼一拝[12]
竹内一希日本大学))
第13回(2016年2月27~28日)
(45大学・大学院256名)
四笑亭笑ん太
(松山直樹(関西学院大学))
可愛家ばれる
(宮本日奈美(神戸大学))
外楼一拝[13]
(竹内一希(日本大学))
古閑亭菊之門[14]
(田中爽太(筑波大学大学院))
第14回(2017年2月25~26日)
(45大学・大学院311名)
藤乃家海瑠来
(小幡七海(京都女子大学))
可愛家ばれる
(宮本日奈美(神戸大学))
永福亭灰松[15]
(日野公純(東京大学大学院))
鵜飼家つきみ[16]
(林美希(岐阜大学大学院))
第15回(2018年2月17~18日)
(51大学・大学院244名)
糖蜜庵ちまき
(牧野玖美(日本大学))
風流亭甘鶏母
(大森菜々子(岡山大学))
大阪亭都灯[17]
(杉山武郎(大阪大学))
  1. ^ 第4回までは3会場
  2. ^ 第2回~第4回は6名、第5回・第6回は7名
  3. ^ 奨励賞
  4. ^ 優秀賞
  5. ^ 岐阜市制120周年記念賞
  6. ^ 奨励賞
  7. ^ 岐阜市長賞・ミナモ賞
  8. ^ 女性初の策伝大賞、花の家なごみさん(関西大)輝く
  9. ^ 大学8年生で、受賞者としては最年長。
  10. ^ 岐阜市長賞
  11. ^ 岐阜市長賞
  12. ^ 岐阜市長賞
  13. ^ 岐阜市長賞
  14. ^ 実行委員会会長賞
  15. ^ 岐阜市長賞
  16. ^ 信長公450特別賞
  17. ^ 岐阜市長賞

※会場は長良川国際会議場。決勝は、そのメインホールの「さらさ~ら」。

運営[編集]

主催
共催
  • 安楽庵策伝顕彰会
  • トリニティぎふ(長良川国際会議場指定管理者)
後援
事務局

岐阜市笑いと感動のまちづくり実行委員会事務局(岐阜市商工観光部観光コンベンション課内)

  • 住所:〒500-8720 岐阜県岐阜市神田町1-11

関連項目[編集]

  • てんしき杯 - 毎年8月に、岐阜市で開催されている、学生落語の全国大会。

外部リンク[編集]