柳亭春楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

柳亭 春楽(りゅうてい しゅんらく)は、落語。過去に5人ほど確認されている。

  • 初代 柳亭春楽 - 後の5代目柳亭左楽
  • 柳亭春楽(1890年10月 - 没年不詳) - 1915年『芸人名簿』に名がある。本名は山本直吉。
  • 2代目 柳亭春楽 - 本項にて詳述。本名は鴨田鈴太郎。
  • 3代目 柳亭春楽 - 後の三笑亭笑三
  • 4代目 柳亭春楽 - 本項にて詳述。本名は井口林太郎。

2代目[編集]

2代目 柳亭 春楽りゅうてい しゅんらく
本名 鴨田 鈴太郎
生年月日 1901年3月30日
没年月日 (1948-01-22) 1948年1月22日(46歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 5代目柳亭左楽
名跡 1. 柳亭新楽(? - 1922年)
2. 2代目柳亭春楽(1922年 - 1948年)
活動期間 ? - 1948年

柳亭 春楽1901年3月30日 - 1948年1月22日)は落語家。本名は鴨田 鈴太郎。

5代目柳亭左楽の門下で新楽、1922年に師匠の前名の春楽を名乗る。真打は昇進したかどうか不明。左楽の門下になる前から歌舞伎の声色をやっていた模様でかなりの腕だったという。大正から昭和の終戦ころまでの声色で十分に高座を勤めた人物。

女形の声色で人気者だった山本ひさしと組んで掛合い噺を演じたのが好評になり初代中村吉右衛門2代目市川猿之助2代目實川延若などの声色を得意とした。

大正の末から昭和17年ごろまでに多くの色声のSPレコードを残している。

4代目[編集]

4代目 柳亭 春楽りゅうてい しゅんらく
本名 井口 林太郎
生年月日 1902年8月3日
没年月日 (1977-08-04) 1977年8月4日(75歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 2代目談洲楼燕枝
6代目雷門助六
3代目三遊亭圓遊
8代目桂文治
2代目桂小文治
5代目柳亭左楽
名跡 1. 談洲楼林之助(1921年 - ?)
2. 雷門百助(時期不明)
3. 雷門市松(時期不明)
4. 三遊亭圓七(時期不明)
5. 桂文治郎(? - 1943年)
6. 桂玉治(1943年 - 1952年)
7. 4代目柳亭春楽(1952年 - 1977年)
活動期間 1921年 - 1977年

柳亭 春楽1902年8月3日 - 1977年8月4日)は落語家。本名は井口 林太郎。

1921年2代目談洲楼燕枝の門下で林之助を名乗り、6代目雷門助六の門下で百助、市松、3代目三遊亭圓遊の門下で圓七、8代目桂文治の門下で文治郎、1943年2代目桂小文治の門下で桂玉治。声色を得意としたため、1952年4月に5代目柳亭左楽の門下で4代目春楽と改名する。

昭和30年代から本格的に高座に上がり古老としてオールドファンを楽しませていた。古きよき時代の寄席の情緒を伝える数少ない芸人の一人だった。

出典[編集]

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社ISBN 458212612X
  • ご存じ 古今東西噺家紳士録