柳亭楽輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳亭りゅうてい 楽輔らくすけ
本名 笹本 邦雄
生年月日 (1953-01-25) 1953年1月25日(66歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県静岡市
師匠 4代目柳亭痴楽
三笑亭夢楽
出囃子
活動期間 1972年 -
家族 笹本れいか(長女)
所属 日本芸術協会→落語芸術協会
備考
落語芸術協会理事

柳亭 楽輔(りゅうてい らくすけ、1953年昭和28年〉1月25日 - )は、静岡県静岡市出身の落語家落語芸術協会所属。同協会理事。本名、笹本 邦雄(ささもと くにお)。出囃子は『砧』。

人物[編集]

古典落語を中心に演じる。主な演目には『明烏』『幾代餅』『死神』『寝床』『風呂敷』などがある。

趣味は映画鑑賞、プロ野球観戦(阪神タイガースファン)、ゴルフ宝塚歌劇観劇。

女優笹本れいかは、楽輔の長女である。

略歴[編集]

弟子[編集]

  • 3代目柳亭小痴楽 - 兄弟子5代目柳亭痴楽の次男。桂平治(現:11代目桂文治)の内弟子として、桂ち太郎の名で前座修行していたが、寝坊癖を理由に破門されたため、痴楽の元で、桂改メ柳亭ち太郎。5代目痴楽病没と本人の二ツ目昇進に伴い、父の前名の小痴楽を襲名させ、楽輔の内弟子となった。
  • 柳亭明楽
  • 柳亭信楽
  • 柳亭楽ぼう

主な出演作品[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]