角野友紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かどの ゆき
角野 友紀
プロフィール
出身地 日本の旗愛知県名古屋市
生年月日 1986年10月23日(28歳)
血液型 O型
最終学歴 名古屋市立大学
所属事務所 ワタナベエンターテインメント九州事業本部
職歴 ABCアナウンサー
2010年4月 - 2015年3月)
フリーアナウンサー
(2015年4月 - )
活動期間 2010年 -
ジャンル スポーツ番組
配偶者 中田賢一
出演番組・活動
現在 エンタメバラエティ THE☆ヒット情報
ナイトシャッフルG
過去 NEWSゆう+
虎バン
おはよう朝日です
雨上がりのやまとナゼ?しこ
パネルクイズ アタック25

角野 友紀(かどの ゆき、1986年10月23日 - )は、日本フリーアナウンサー。元朝日放送(ABC)アナウンサー。夫は福岡ソフトバンクホークス中田賢一

来歴・人物[編集]

愛知県名古屋市出身。名古屋市立大学卒業。大学時代の2007年には「準ミスせともの」に選出された経験がある。

大学卒業後の2010年に、アナウンサーとして朝日放送へ入社。同期入社のアナウンサーは塚本麻里衣。同年7月7日のラジオニュースでデビューした。

特技は、百人一首、趣味は、料理、スポーツ観戦、ゴルフ、尊敬する人は、祖父、両親、好きな言葉は「笑う門には福来る」である。

2010年9月より2011年3月まで、テレビ番組『NEWSゆう+』の天気予報コーナーを、塚本と交代で担当。角野にとって、初めてのレギュラー番組になった。

野球については、実技経験がないにもかかわらず、家族の影響で学生時代から試合のスコアを付けられるとのこと。2011年1月29日からは、テレビ番組『虎バン』の4代目女性ナビゲーターに就任した。

2011年度のプロ野球シーズンからは、阪神タイガースホームゲームのテレビ中継『スーパーベースボール』で、堀から阪神のベンチリポーターを引き継いでいる。同番組の中継でリポーターを担当した同年4月20日の阪神タイガース対読売ジャイアンツ戦(阪神甲子園球場のナイトゲーム)では、『虎バン』のPRを兼ねて、人生初の始球式も経験。ストライクゾーンを大きく外しながらも、ノーバウンド投球を成功させた。

また、2012年6月からは、武田和歌子桂紗綾とともに「ABC女子アナゴルフ部」を結成。ABCテレビが毎年中継を担当するABCチャンピオンシップゴルフトーナメントのPRを兼ねて、朝日放送公式サイト内の特設ページや、YouTubeの同局公式チャンネルを中心に活動していた。

2013年4月からは、加藤明子産前産後休業入りを機に、加藤が出演していた『パネルクイズ アタック25』のアシスタント兼出題担当者および『雨上がりのやまとナゼ?しこ』のアシスタントを引き継ぐ[1]。さらに同年には、『速報!甲子園への道』全国ネットパートのメインキャスターの一人として起用されるなど、全国ネット番組へ相次いで出演[2]9月23日に放送の「『Qさま!!』プレッシャーSTUDY『東京インテリ軍vs大阪インテリ軍 徹底比較!徹底対決!スペシャル』」(テレビ朝日制作全国ネットの特別番組)には、「アタック25」を代表して、浦川泰幸とともに「大阪インテリ軍」のメンバーとして初登場した。

2014年12月23日、かねてより交際していた福岡ソフトバンクホークスの中田賢一と同年12月5日に入籍した旨を明らかにした。また、2015年3月をもって朝日放送を退社し、福岡に移住することを合わせて発表[3]。これにより「アタック25」と「おはよう朝日です」などは降板。なお「アタック25」の出題担当は2015年4月より、前任の加藤が復帰している。一方、プロ野球のリポートや「やまとナゼ?しこ」のアシスタントは、角野の後輩であるヒロド歩美が引き継いだ。 この年をもって、所属アナウンサー業を引退。

2015年4月1日よりワタナベエンターテインメント九州事業本部所属となり、同日より『エンタメバラエティ THE☆ヒット情報』(RKBラジオ)水曜日にレギュラー出演。

出演番組[編集]

フリーアナウンサーとして[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

朝日放送アナウンサー時代[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]