東リクイズ・イエス・ノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東リクイズ・イエス・ノー
ジャンル クイズ番組
出演者 児玉清
佐藤良子
製作
放送分 25分
制作 毎日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1974年4月7日 - 1975年3月30日
放送時間 日曜 14:00 - 14:25

特記事項:
1974年10月6日放送分からは『5人抜きQ(クイズ)・イエス・ノー』と題して放送。


東リクイズ・イエス・ノー』(とうリクイズ・イエス・ノー)は、1974年4月7日から1975年3月30日までNETテレビ(現・テレビ朝日)系列局で放送された毎日放送(MBS)製作の視聴者参加型クイズ番組。東洋リノリユーム(現・東リ)の一社提供。放送時間は毎週日曜 14:00 - 14:25 (JST) 。

放送枠は、前年度まで放送されていた同じく毎日放送製作の『ダイビングクイズ』を引き継いでいた。

概要[編集]

番組開始当初はチャンピオンが負けるまでか、チャンピオンが30人勝ち抜いて賞金100万円になるまで勝ち抜けることができた。しかし30人勝ち抜きという厳しいルールから、100万円がなかなか出なかったことから、テコ入れとして半年後「5人勝ち抜き」に緩和された(これと同時に、タイトルも『5人抜きQ(クイズ)・イエス・ノー』と改題)、それを達成すれば、10万円の賞金とタヒチ旅行が獲得となる(4人抜きの場合でも東リ製品が贈呈された。なお賞金は、1人勝ち抜くごとに2万円)。

毎回あるテーマに沿ったクイズが出題され、それについての5つに質問に○×の2者択一形式で答える。これを3問行い、合計得点の多い人が勝ち抜け。

1975年1月5日放送の「新春大会」では、男性・女性(双方ともに一般人)4人ずつの団体戦が行われた。クイズルールは通常ルールと同じで、勝者の多いチームが優勝となり、全員にハワイ旅行がプレゼントされた。

当番組終了後、東洋リノリユーム一社提供枠はネットチェンジにより新たにNETテレビ(テレビ朝日)系列となった朝日放送(ABC)に引き継がれ、『東リ・パネルクイズ アタック25』が放送開始した。

出演者[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 当時の系列 放送日時(最終回時点) 備考
近畿広域圏 毎日放送 (MBS) NETテレビ系列 日曜 14:00 - 14:25 制作局
関東広域圏 日本教育テレビ (NET) 同時ネット
静岡県 テレビ静岡 (SUT) フジテレビ系列 [1]
広島県 中国放送 (RCC) TBS系列 日曜 11:30 - 11:55 先行放送 [2]

備考[編集]

  • 毎日新聞東京版 1974年10月6日付・11面に、この番組の宣伝広告が掲載された。同広告には、司会の児玉と出題の佐藤、そして回答者席の写真が載っていた。
  • 2011年2月19日日刊スポーツ大阪版において、児玉が『パネルクイズ アタック25』朝日放送(ABC)、1975年4月 - )への思いを語った際、この『イエス・ノー』に関しては「正直なところ成功したとは言えなかった。解答者をいじることが不得手な司会の私に問題があるとも言われてました」と懐古した[3]。『イエス・ノー』での児玉の司会ぶりを評価していた朝日放送が腸捻転解消により、新番組『アタック25』を制作するにあたり児玉に司会を要請した際、児玉は当初「前の番組(イエス・ノー)で成果をあげていないのに、またというのは失礼ですから」[4]と、要請を何度も断るが、再度粘り強く説得された末に承諾し[3]、2011年4月10日放送分まで36年間、この番組も含めて37年間にわたって司会を務めるまでになった。
  • 児玉は2011年5月16日のため77歳で逝去。同年5月22日に朝日放送・テレビ朝日系列で放送された『さようなら児玉清さん 〜パネルクイズ アタック25特別番組〜』[5]において、この番組の白黒スチール写真が紹介された。

脚注[編集]

  1. ^ 実質上の後番組である『パネルクイズ アタック25』もこの放送枠にて静岡けんみんテレビ(SKT、現:静岡朝日テレビ (SATV))が開局するまでの間、VTRネットで放送されていた。
  2. ^ 当時すでにNETテレビ系列局として広島ホームテレビ(HOME・当時UHT)が開局していたが、同局はANN単独加盟ながら、当時日本テレビ系列・フジテレビ系列のクロスネット局だった広島テレビ (HTV) の編成から外れた両系列の番組を編成していた関係で、この時間帯に以前から遅れネットまたは再放送番組を放送していた(本番組当時は再放送を編成)。このことから、当時は系列外だった中国放送が放送した(同じくRCCで放送されていた前番組の『ダイビングクイズ』は、2局時代の1970年6月で打ち切っていた)。
  3. ^ a b “【復刻】児玉さん「アタック25」への想い”. 日刊スポーツ. (2011年5月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110517-777166.html 2011年5月17日閲覧。 
  4. ^ 「パネルクイズ アタック25 公式ファンブック」(講談社2014年)p.91
  5. ^ 通常の『パネルクイズ アタック25』としての放送を休止し、緊急追悼番組として放送された。

関連項目[編集]

毎日放送(本番組までNET系列 日曜14:00 - 14:30枠
前番組 番組名 次番組
東リクイズ・イエス・ノー

5人抜きQ(クイズ)・イエス・ノー
(1974年4月 - 1975年3月)
家族そろって歌合戦
TBSほかJNN系列共同製作)
※13:15 - 14:25
ここからTBS系列にネットチェンジ
朝日放送から番組および共同製作移行)
NET系列 日曜14:00 - 14:30枠
ダイビングクイズ
東リクイズ・イエス・ノー

5人抜きQ(クイズ)・イエス・ノー
(1974年4月 - 1975年3月)
ビッグスポーツ
※13:45 - 14:55