塚本麻里衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つかもと まりえ
塚本 麻里衣
プロフィール
本名 秋山 麻里衣
出身地 日本の旗 日本兵庫県宝塚市
生年月日 (1987-09-28) 1987年9月28日(33歳)
最終学歴 同志社大学社会学部
勤務局 朝日放送テレビ
活動期間 2010年 -
ジャンル 報道情報番組
配偶者 秋山賢太(アキナ
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演経歴 NEWSゆう+
キャスト
よなよな…

塚本 麻里衣(つかもと まりえ、1987年9月28日[1] - )は、朝日放送テレビ[2](ABC)所属のアナウンサー2020年には、同局を含むANN加盟局の優秀なアナウンサーを表彰するANNアナウンサー賞で、第19回の大賞を受賞している[3]

身長は163cmで、夫はアキナの秋山賢太[4]

来歴・人物[編集]

兵庫県宝塚市の出身で[1]兵庫県立宝塚西高等学校を経て、同志社大学社会学部メディア学科へ進学。大学生時代には、第56代(2008年)の今宮戎神社福娘や、第39期サンテレビ・ガールズを務めていた。

中学生時代からアナウンサーになることを志望。高校の先輩には、毎日放送アナウンサーの上泉雄一がいる。サンテレビ・ガールズのプロフィールにも、「将来の夢はアナウンサー」と記載していた。

大学卒業後の2010年に、アナウンサーとして朝日放送へ入社。同期入社のアナウンサーは角野友紀。2010年7月7日の『ABC朝日ニュース』(当時のラジオニュース)[5]で、朝日放送アナウンサーとしての「初鳴き」(番組デビュー)を果たした。

2010年9月から、『NEWSゆう+』(当時平日の夕方に関西ローカルで放送されていた報道・情報番組)の気象キャスターとして、テレビラジオを通じて初めてレギュラー出演。2011年3月から同年9月の番組終了までは、スポーツキャスターを兼務していた。後継番組『キャスト』では、2011年10月の放送開始から2017年12月までサブキャスター、2018年1月から3月まで古川昌希と共にメインキャスターを担当。先輩アナウンサーの上田剛彦が単独でメインキャスターを務める2018年4月以降の放送でも、古川とのコンビで、サブキャスターとして上田を支えた。結局、平日の夕方に関西ローカルで放送される報道番組へ、10年間にわたってレギュラーで出演した。

ラジオ番組では、2017年元日から放送を開始した『日曜は三喬日和』[6]に、朝日放送への入社後初めてレギュラーで出演。同年10月2日からは、産前産後休暇に入った乾麻梨子から、『よなよな…』の月曜パートナーを引き継いでいる(2018年4月から火曜パートナーへ異動)。その一方で、2018年2月9日から15日までは、朝日放送代表のリポーターとして平昌オリンピック前半の取材を担当。『キャスト』をはじめ、テレビ・ラジオの生放送番組向けに、開催地の平昌からリポートを送った(後半には川添佳穂が派遣された)。

2019年2月9日に、秋山との婚姻届を提出した。秋山は、2016年8月22日から2018年12月24日まで、当時『キャスト』の月曜日で放送されていた冠ロケコーナー(「アキナの2日目のアレいただきます。」→「月曜日のアキナたち ここよりおいしいアレいただきます」)のリポーター(「アキナ」の相方・山名文和と共に担当)として塚本と共演していた[4]

2019年6月12日の『よなよな…』火曜日にて遅い冬休み休暇と称し極秘裏に、ハワイの某邸宅の庭で身内と親しい友人のみ(総勢20名弱)で挙式したことを報告した。父親とバージンロードを歩く際に突然のスコールで一旦退避し、2度バージンロードを歩くことになった。同年7月14日に大阪市内のホテルで、山名・古川の司会による結婚披露宴を開催。

その一方で、2019年には「笑顔の村」(朝日放送テレビが『日本のチカラ』向けに制作したドキュメンタリー作品)でナレーションを担当。翌2020年の第19回ANNアナウンサー賞で、ナレーション部門の優秀賞に加えて、「大賞」(表彰対象の全部門における最優秀賞)を受賞した[3]。ちなみに、前年の第18回では、古川が『キャスト』での事件現場中継リポートによって大賞に選ばれている。

2020年10月2日に『キャスト』のサブキャスターを勇退。同年12月1日(火曜日)の『よなよな…』オープニングで、第一子を懐妊していることを公表した[7]。『よなよな…』火曜日を2021年1月26日放送分で降板したうえで、同年2月1日から産前産後休暇を取し、3月23日に夫の秋山から塚本が長女を出産したことが公表された[8]

特技は高校野球のうぐいす嬢のモノマネ。趣味はお酒を飲むこと、芸術鑑賞、ラーメンの食べ歩き、祖父母の畑仕事を手伝うこと。尊敬する人は両親。好きな言葉は、the only way to do great works is to love what you do(素晴らしい仕事をしたいなら進むべき道はただ一つ、自分のする仕事が大好きであること)である。

担当番組[編集]

現在[編集]

  • 育休中の為無し。

過去[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • ABCニュース(不定期)
    • 『キャスト』のキャスター担当期間中は、金曜深夜からの宿直勤務の一環として、後述する『サクサク土曜日 中邨雄二です』内で担当する程度にとどめていた。キャスターを退いた2020年10月改編から、産前産後休暇に入る前月(2021年1月)までは、平日や日曜日の午前~夕方帯を随時担当。
  • 矢野燿大の「アスリートの舞台裏」(2011年5月 - 、月1回ペースで放送。岩本計介とともに矢野のパートナーを担当)
  • 日曜は松喬日和(2017年1月1日 - 2019年9月29日、初代パートナー)
    • ラジオでは初めてのレギュラー番組で、七代目笑福亭松喬が「笑福亭三喬」と名乗っていた時期から出演。出演期間中に秋山と結婚した後に、2019年10月からパートナーを後輩アナウンサーの斎藤真美に交代した。ちなみに、斎藤も番組が終了する2020年9月末に結婚している。
  • よなよな…(月曜パートナー:2017年10月2日 - 2018年3月26日→火曜パートナー[12]:2018年4月3日 - 2021年1月26日)
  • 桑原征平粋も甘いも(2018年2月28日)
    • 「征平の1時の一字」コーナーにゲスト出演(平昌オリンピックの報告が主目的)。同コーナーが放送される水曜日には、『日曜は松喬日和』を朝日放送本社内のラジオスタジオで隔週に収録しているため、塚本が同番組のパートナーを務めていた時期には、『粋も甘いも』本番前の桑原征平と顔を合わせた模様を、桑原が放送中に語ることもあった。
  • 塚本・西森のゆかいな金曜日!(2020年1月24日)
    • 本来のパーソナリティの1人である喜多ゆかり産前産後休暇入りに伴って、2019年11月から喜多の代役を務めている柴田博(いずれも先輩アナウンサー)がインフルエンザに感染したため、「代役の代役」として『キャスト』の本番前に出演。
  • サクサク土曜日 中邨雄二です(不定期)
    • 2016年2月20日放送分で、林智美に代わってアシスタントを務めた。以降の放送でも、番組内の『ABCニュース』や平昌オリンピックのリポートなどで随時出演しているため、放送上は「サクサクファミリー」の一員とみなされている。
    • 産前産後休暇の2日前(2021年1月30日)には、「雄ちゃんの朝の朗読カフェ」(朝日放送テレビのアナウンサーが朗読を披露する企画)を担当。『たけくらべ』(松浦理英子による現代語訳の一節)を事前に朗読した音源が放送された後に、電話で生放送に出演した。

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝日放送テレビ|アナアナ|塚本 麻里衣”. 朝日放送テレビ. 2019年5月24日閲覧。
  2. ^ 2018年4月1日に旧・朝日放送(朝日放送グループホールディングス)の認定放送持株会社化に伴い、アナウンサーは全員、朝日放送テレビ所属となった。
  3. ^ a b 朝日放送テレビ 塚本麻里衣アナウンサーがANN アナウンサー賞で「大賞」を受賞”. 朝日放送テレビ. 2020年12月22日閲覧。
  4. ^ a b アキナ秋山賢太とABC塚本麻里衣アナが結婚(『日刊スポーツ2019年2月14日付記事)
  5. ^ 2013年3月31日までのタイトル。
  6. ^ 笑福亭三喬の七代目笑福亭松喬襲名に伴って、同年10月8日以降の放送では『日曜は松喬日和』に改称。
  7. ^ "アキナ秋山の妻、ABC塚本アナが妊娠 ラジオでナマ報告". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 1 December 2020. 2020年12月2日閲覧
  8. ^ "アキナ・秋山賢太に第1子女児が誕生「ほんとうに感謝してます!」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 24 March 2021. 2021年3月24日閲覧
  9. ^ 『キャスト』のキャスター担当期間中は、放送日が祝日と重なっていて18時台にのみ編成される場合に、正午前のローカルニュース(『ANNニュース』への内包分)を担当することがあった。
  10. ^ 上田剛彦をメインキャスターへ起用することに伴って、古川と共にサブキャスターへ復帰。
  11. ^ 前任者の加藤明子が第1子妊娠の進行に伴って前年末で降板したことから、後任に古川が着任するまでの暫定措置として担当。
  12. ^ 毎週水曜日に『ten.』(『キャスト』と同じ時間帯に読売テレビで放送される報道・情報番組)へ出演している増田英彦ますだおかだ)とコンビを組んでいる関係で、双方の番組にちなんだトークをたびたび展開。2019年9月までは、双方の番組のタイトルを冠したコーナー「ラジオキャスト ニュースten.」をレギュラーで放送していた。

外部リンク[編集]