矢野・兵動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢野・兵動
メンバー 矢野勝也
兵動大樹
結成年 1990年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1990年 -
出身 NSC大阪校9期
現在の活動状況 テレビ・劇場
芸種 漫才
同期 ナインティナイン
宮川大輔
星田英利
日村勇紀
よゐこ
天野ひろゆきほか
受賞歴
テンプレートを表示

矢野・兵動(やのひょうどう)は、日本漫才コンビ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属[1]1990年コンビ結成[2]。共にNSC大阪校9期生[3]

メンバー[編集]

略歴[編集]

矢野、兵動ともに1990年にNSC大阪校(9期生)に入学[4]。同期にはナインティナイン宮川大輔星田英利へびいちご川畑泰史らがいる[4]

ダウンタウンに憧れて、子供の頃から芸人になることを夢見ていた兵動は、素人時代からへびいちごの島川とコンビを組み、島川と共に入学した[4]。実力のある同期生たちを目の当たりにした兵動は、「自分は芸人としてやっていけるのか‥」と不安でいっぱいだったという[4]。その後、島川とのコンビを解散し、構成作家を志望するも、NSCに途中入学してきた矢野と出会うことになる[注 1][4]

1994年、ナインティナインが東京で活躍し始める中、同年の上方お笑い大賞で銀賞を受賞[4]。その一方で仕事は激減し、営業が月に1回だけという時代が続く[注 2][4]。その頃、矢野は歌好きであったため、自分の好きなことを伸ばそうとボイストレーニングに通い始める[注 3][4]

2000年以降も仕事が少ない状況は変わらず、十年近く不遇の時代が続く中で、細々と漫才ライブを続けていた[4]。2004年に兵動が結婚し、2006年には子供が誕生する[4]。その頃、大木こだまの助言により発奮した兵動は1人で月1回のトークライブ『兵動大樹のおしゃべり大好き。』を始める事にする[4][5]

2007年の夏、東京で活躍していた同期の宮川大輔からのオファーで同年9月放送の『人志松本のすべらない話』(フジテレビ)のスピンオフ企画『大輔宮川のすべらない話』に兵動が出演[6][2]。その後『人志松本のすべらない話』本編にも出演するようになり[5]、2014年2月現在までにMVS[注 4]を計4回獲得[2]。『人志松本のすべらない話』に出演したことによって生活がガラッと変わったと述べている[5]

2009年5月、矢野がエンターテインメント集団「劇団YANOZAILE」を立ち上げる[7]

2010年には結成20周年を迎え、「結成20周年特別興行 漫才病 矢野・兵動祭〜矢野さんおおいに歌う! 〜」を5月29日になんばグランド花月、6月26日にルミネtheよしもとにて開催[8]。同年10月13日には兵動に第2子が誕生した[9]

2016年11月、矢野が劇団「PUNK」を立ち上げ、12月に旗揚げ公演『霧の中の星屑たち』を上演し、自身は原案・演出を担当[10]

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

矢野

ラジオ[編集]

矢野

CM[編集]

  • イマジン・ジャパン
  • アジヨシ焼肉店
  • ホカロン(ロッテ
矢野

舞台[編集]

  • 京橋花月よる芝居・CROSS CONNECTION〜クロス コネクション〜(2009年1月9日 - 18日、京橋花月
矢野
  • 「吉本百年物語 日本人ならテレビで遊ぼ」(2012年12月、NGK)

掲載雑誌[編集]

  • Look at STAR! Vol.8

映像作品[編集]

  • うめだ花月2周年記念永久保存版
  • 新ファンキー・モンキー・ティーチャー どつかれたるねん
  • はビデ NEOお笑いクールウエイブ
  • 板の上〜これが、矢野・兵動だ!〜(※2009年の「漫才病」を収録)
  • よ〜いドンPresents 矢野・兵動の懐かしいモノ見学 1、2

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ コンビ結成年は1990年となっているが、後に兵動は「コンビを組んだ覚えはない。気がついたら矢野が勝手に横にいた」、矢野は「事実婚と同じ。5年以上横におったら法律的にもコンビや」と述べている。
  2. ^ 当時心斎橋筋2丁目劇場で人気のあった陣内智則も「楽屋でどう声をかけていいのかわからなかった」と振り返っている。
  3. ^ この頃の矢野について陣内智則は、「本当にやばかった。空気が読めず、周囲から“イタい”といわれていた」と述べた。
  4. ^ 「MVP」にあたる賞[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c 矢野・兵動の記事まとめ”. お笑いナタリー. 株式会社ナターシャ. 2015年11月12日閲覧。
  2. ^ a b c 中西正男 (2014年2月9日). “<私の恩人>兵動大樹 「すべらない話」常連の兵動、同期2人に救われた!”. THE PAGE. ワードリーフ株式会社. p. 3. 2015年11月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 矢野・兵動”. 芸人プロフィール. 吉本興業. 2015年11月12日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 矢野・兵動”. 八方・陣内・方正の黄金列伝. 讀賣テレビ放送 (2013年5月5日). 2015年11月14日閲覧。
  5. ^ a b c 中西正男 (2014年2月9日). “<私の恩人>兵動大樹 「すべらない話」常連の兵動、同期2人に救われた!”. THE PAGE. ワードリーフ株式会社. p. 2. 2015年11月14日閲覧。
  6. ^ a b 中西正男 (2014年2月9日). “<私の恩人>兵動大樹 「すべらない話」常連の兵動、同期2人に救われた!”. THE PAGE. ワードリーフ株式会社. p. 1. 2015年11月14日閲覧。
  7. ^ 劇団YANOZILE分裂の危機、パイセンの隠された過去とは”. お笑いナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年3月19日). 2015年11月14日閲覧。
  8. ^ 漫才病重症、矢野・兵動結成20周年記念ライブ東西で開催”. お笑いナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年3月20日). 2015年11月14日閲覧。
  9. ^ 兵動に第2子となる女の子が誕生”. お笑いナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年10月14日). 2015年11月14日閲覧。
  10. ^ “パイセン矢野、劇団PUNK旗揚げ「若者たちに熱きメッセージを」”. お笑いナタリー. (2016年11月9日). http://natalie.mu/owarai/news/208618 2016年11月9日閲覧。 

外部リンク[編集]