吉本百年物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
吉本百年物語
Namba Grand Kagetsu (2014.02.16) 2.jpg
会場のなんばグランド花月
登場人物 本文参照
初演日 2012年4月7日 (2012-04-07)
初演場所 大阪府大阪市
なんばグランド花月
オリジナル言語 日本語
ジャンル 歴史コメディ
舞台設定 明治時代末期 - 現代
公式サイト

吉本百年物語』(よしもとひゃくねんものがたり)は、吉本興業創業100周年を記念し、2012年4月13日から2013年4月7日までなんばグランド花月で上演された舞台。1年をかけ、100年の吉本興業の歴史を振返るストーリーであった。

概要・出演者[編集]

公演 公演名 主な出演者 公演日
4月 大将と御寮ンさん・二人の夢 2012年4月13日 - 5月6日
(休演日:4月21日・25日、5月1日・5日)
5月 キミとボクから始まった 2012年5月14日 - 6月6日
(休演日:5月17日・19日・31日、6月2日)
6月 舶来上等、どうでっか? 2012年6月12日 - 7月1日
(休演日:6月16日・17日・19日・24日)
7月 笑う門には大大阪 2012年7月8日 - 8月2日
(休演日:7月11日・14日・16日・18日・23日・25日・28日・29日、8月1日)
8月 わらわし隊、大陸へ行く 2012年8月11日 - 9月2日
(休演日:8月13日・14日・25日・26日・27日)
9月 焼け跡、青春手帖 2012年9月9日 - 9月30日
(休演日:9月12日・13日・17日・19日・21日・23日)
10月 これで誕生! 吉本新喜劇[2] 2012年10月7日 - 10月31日
(休演日:10月11日・12日・13日・18日・19日・23日・25日・26日)
11月 深夜のキラ星〜スター誕生〜[3] 2012年11月7日 - 11月30日
(休演日:11月12日・15日・17日・18日・19日・26日)
12月 日本全国、テレビで遊ぼ[4] 2012年12月7日 - 12月29日
(休演日:12月10日・14日・17日・22日・24日)
1月 爆笑! MANZAIが止まらない 2013年1月9日 - 1月29日
(休演日:1月14日・19日・20日・27日)
2月 アンチ吉本・お笑いレボリューション 2013年2月5日 - 3月2日
(休演日:2月6日・8日・13日・16日・18日・20日・25日・27日)
3月 百年感謝 これからもよろしく 2013年3月20日 - 4月7日
(休演日:3月25日、4月1日)

スタッフ[編集]

  • 脚本:長川千佳子
  • 演出:湊裕美子(4 - 6、9 - 3月公演)、森上“Tomato”英樹(6月公演)、佐藤幹夫(7 - 8月公演)

テーマソング[編集]

「MY HOMETOWN」(7月公演 -)
作曲:葉加瀬太郎、編曲:鳥山雄司

関連番組[編集]

『大阪100年まち物語』(毎日放送)(2012年4月 - 2013年3月、日曜日の深夜に月1回放送)教授:浅越ゴエ、助手:福島暢啓
千日前編(3月):吉竹史道頓堀編(2月):福本晋悟、クイズで大阪を勉強編(1月):川崎亜沙美中崎町編(12月):吉竹史、アメリカ村編(11月):松井愛日本橋編(10月)、鶴橋編(9月):松井愛、御堂筋編(8月)、新世界浜寺公園編(7月)、ほか
『漫才歴史 ミステリー 笑いのジョブズ』(朝日放送)(2013年3月24日放送)
漫才のルーツを辿っていく番組 漫才ブームNSC誕生、M-1グランプリリンゴ事件など
司会:東野幸治喜多ゆかり
パネラー:水道橋博士竹山隆範メッセンジャーダイノジ笑い飯パンクブーブー銀シャリ
VTR出演:島田洋七国分健二佐藤義和五味一男澤田隆治、ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小籔が『知りたがり!』(フジテレビ系列)に水曜日の知りたがりすと(ゲストコメンテーター)として出演している為、水曜日の公演は行わない事になっている。また、『ちちんぷいぷい』(毎日放送)の出演者が多い為、平日・土曜日・祝日は19時開演、日曜日は16時開演にしている。
  2. ^ 当初のタイトルは「花月ふたたび」だった。チケット先行発売時にタイトルが変更された。
  3. ^ 当時落語家がラジオの深夜番組を担当するのは画期的な事だった。仁鶴はABCヤングリクエストの1コーナー、文枝はMBSヤングタウンを担当。(現在でも明石家さんま笑福亭鶴瓶がMBSヤングタウンの司会を担当。)
  4. ^ 公開前演目名『日本人ならテレビで遊ぼ』
  5. ^ 当時、『ヤングおー!おー!』を立ち上げた中邨秀雄をモデルにしている。本公演では『パンチDEデート』を再現した。
  6. ^ 石田が『かんさい情報ネットten!』(読売テレビ)に月曜コメンテーターとして出演している為、月曜日の公演は行わない。
  7. ^ 漫才ブーム当時の新人マネージャー。ザ・ぼんち(演・プラスマイナス)など多くの芸人の殺人的スケジュールをまとめていた。
  8. ^ 吉本総合芸能学院(NSC)開校時の担当社員で、現在の吉本興業社長大﨑洋をモデルにしている(吉本百年物語 特別インタビュー (2013年2月6日). “吉本百年物語2月公演☆月亭方正(太田 役)インタビュー”. 2013年2月7日閲覧。)。
  9. ^ ダウンタウンと同期だった元芸人で、現在は放送作家前田政二をモデルにしている。後述の出典のインタビューでは実名を出していないが、2013年2月7日放送の『プリプリ』(毎日放送)に梶原がゲスト出演した際、前田がモデルであることを明かしている(吉本百年物語 特別インタビュー (2013年2月6日). “吉本百年物語2月公演☆梶原雄太(前原リュウ 役)インタビュー”. 2013年2月7日閲覧。)。
  10. ^ 梶原がレギュラー出演している『熱血!人情派コメディ しゃかりき駐在さん』(ABCテレビ)の収録が毎週木曜日に行われている為、木曜日の公演は行わない事になっている。

外部リンク[編集]