五味一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五味 一男(ごみ かずお、1956年8月10日 - )は日テレアックスオン取締役副社長、日本テレビ前上席執行役員・編成局および制作局エグゼクティブ・ディレクター・プロデューサー。長野県出身。早稲田大学中退後に日本大学藝術学部放送学科卒。財団法人読売日本交響楽団評議員。作家。

略歴[編集]

  • 小学校入学前にIQ150以上と判定された[1]
  • 学生時代は「前衛劇団」を主宰していた。
  • また「君塚良一」「家田荘子」らとともに映画製作集団で自主制作映画を作っていた。
  • 映画監督・CM監督の市川準に師事しCMディレクターとして活躍していたが、1987年2000倍の競争率の中、日本テレビに合格。入社。
  • 入社1年目で『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』を手がけ、以後『マジカル頭脳パワー!!』、『投稿!特ホウ王国』、『速報!歌の大辞テン!!』『エンタの神様』などを企画・演出しいずれも高視聴率の人気番組に育て上げた。こうして次々とヒット番組を産み出すことからテレビ業界では「視聴率男」、「生涯打率 NO.1」と呼ばれ注目される存在である。「マジカルバナナ」や「何を作っているのでしょうか?」などの考案者でもある。「番組放送中のクライマックスシーンの所でCMを挿入する」手法を取り入れたり、スーパーを多用したり等の今のテレビ番組では当たり前の様になった手法を最初に取りいれた人物として知られる[2]。その手法は現在のバラエティー番組・ドキュメント番組等に多大な影響を与えた。また、フライングスタートを導入したことでも知られる。さらに、番組をコンセプトから創りあげる「五味理論」はテレビ業界を超えて認知されている。   
  • 1992年に担当した『24時間テレビ 15』ではメイン司会にダウンタウンを起用、初の24時間マラソンも開始したことで話題を集め高視聴率を獲得した。その後、1997年まで担当し、2006年から2011年まで監修を務めた。また、『SMAPシークレットX'masパーティー』など局を挙げた大型特番の総合演出を何本も担当。いずれも高視聴率を記録した。
  • その後編成部企画部長に就任し、『ごくせん』の企画などを現場に指示しヒットにつなげた後、『エンタの神様』で現場復帰し企画・総合演出・プロデュースを担当。青木さやか陣内智則波田陽区サンドウィッチマン摩邪小梅太夫桜塚やっくんヒライケンジにしおかすみこノンスタイルエド・はるみ、などの芸人を次々と輩出し若手お笑いブームの牽引車的番組にする。
  • ヒットを生むための「五味理論」はテレビ業界だけにとどまらず、「リクルート」「アサヒビール」「Yahoo」「バンダイ」「セブンイレブン」「ソフトバンクモバイル」など一般の企業からの講演も殺到している。また「大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール」にてメガヒット企画発想講座の講師も担当する。
  • 数々の番組の成功と国際的にも『マジカル』や『SHOW by ショーバイ!!』などの番組フォーマット権を世界15カ国に販売した実績で2007年6月28日付で、日本テレビ史上最年少で執行役員に就任[3]
  • 朝日新聞」「読売新聞」「毎日新聞」「産経新聞」などの新聞や雑誌でコラムやエッセイを連載した経験があり、作家としても定評がある。
  • 2008年6月27日付で上席執行役員(企画・演出指導・育成担当)に就任し、2012年5月21日退任。2012年6月から日テレアックスオン取締役副社長に就任。

特徴[編集]

  • 『エンタの神様』はネタ番組の中では高視聴率を維持し、一般人を対象としたQレイト(番組質)調査において民放の番組の中でトップクラスにいる。ただしネタの長短が極端に異なる、テロップを表示する、芸人のネタを自ら作るなどの大胆な演出のため一部では否定的な声もある。それでも吉本興業プロダクション人力舎を初めとするほとんどの芸能事務所が五味の言うことを聞き入れるのは、五味がプロデュースすると営業他の単価が飛躍的にアップするからである[4]
  • 2013年3月放送の朝日放送『漫才歴史ミステリー 笑いのジョブズ』でカンニング竹山が「エンタ出演当時は五味さんの言われた通りにやっていた。そうしたら視聴率が上がっていった」と告白し、東野幸治は「賛否両論はあるにせよ、五味さんのテレビにおける功績は偉大だ」と語った。
  • 2013年10月8日付の「スポーツ報知」で他界した「桜塚やっくん」の名付け親として紹介され、やっくんに対して「ご冥福をお祈りします、だけで締めくくりたくない。もう一度、チャンスをあげたい。『生まれ変わって芸人になったら、天下を取れよ』と言ってあげたい」とコメントしている。
  • かつての人気クイズ番組『マジカル頭脳パワー!!』で「マジカルバナナ」や「伝言バトル」などのコーナーを考案しており、作家性の強い演出家であることも業界では知られている[5]
  • 全国高等学校クイズ選手権』の総監修を2008年から2012年の5年間担当。「知の甲子園」を前面に打ち出すなど大きな方針転換を行った。

その他の番組[編集]

作詞・作曲[編集]

  • 『マジカルバナナ』(作詞、作曲)
  • 『小梅日記』(作詞)
  • 『愛の革命戦士』(作詞)

書籍[編集]

著書[編集]

関連書籍[編集]

  • 『マジカル頭脳パワー!!』I〜IV(1996年〜1998年、日本テレビ出版)
  • 『手力王・栗間太澄』(1995年、日本テレビ出版)
  • 『「視聴率」50の物語』(2013年、ビデオリサーチ小学館)テレビの歴史を創った50人の1人として紹介されている。

漫画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゲーテ2008年10月号
  2. ^ しかしながら大橋巨泉は「バラエティは生放送じゃなきゃダメ。今の番組はすぐにスタッフの意向でハサミを入れる(カットする)から、出演者の面白さが全部切り取られている」と否定的なコメントを述べている。
  3. ^ 「放送界」2008年10月号
  4. ^ 週刊ポスト2006年9月22日号、「日経エンタテインメント!」2006年12月号
  5. ^ 「日経エンタテインメント!」、「ギャラック」、「創」

外部リンク[編集]