コウメ太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小梅太夫から転送)
コウメ太夫だゆう
(2017年3月11日)
本名 赤井 貴[1](あかい たかし)
生年月日 (1972-04-20) 1972年4月20日(51歳)
出身地 日本の旗 日本東京都杉並区
血液型 O型
身長 176cm
言語 日本語
方言 標準語
最終学歴 旭川大学(現旭川市立大学経済学部中退
出身 梅沢富美男劇団
コンビ名 JUMP‐2000(2000年 - 2004年
貴けんだー(2004年 - 2005年
※共に解散
相方 外山某
阿部健一郎
※共に元相方
芸風 漫談
事務所 SMA NEET Project
活動時期 1995年 -
同期 長谷川雅紀(錦鯉
ブラックマヨネーズ
野性爆弾
スピードワゴン
アンタッチャブルなど
現在の代表番組 全力!脱力タイムズ
水曜日のダウンタウン
オールスター後夜祭
過去の代表番組 エンタの神様など
配偶者 泉美木蘭2007年 - 2009年
親族 深見恵子(母)
公式サイト 公式サイト
受賞歴
2020年 おもしろくないビデオコーナースペシャル 優勝
テンプレートを表示

コウメ太夫(コウメだゆう、本名:赤井 貴〈あかい たかし〉、1972年4月20日 - )は、SMA NEET Projectに所属する日本のピン芸人。33歳まではコンビで活動。東京都杉並区出身、旭川大学(現旭川市立大学経済学部中退。2009年に占い師に「小梅をコウメに変えないとトラックに轢かれるわよ!」と忠告され[2]芸名を小梅太夫からコウメ太夫に改名した。

かつては"一時的な人気芸人"の代表格の1人であったが、近年は芸風が変わり人気が再燃した[3]

略歴[編集]

1972年4月20日東京都で生まれる。父は芸能プロデューサーの本間昭三郎[4]、母は元女優の深見恵子東映ニューフェイス・第1期生)[5]

本人曰く親戚には医者や政治家などがおり、経済的に余裕のある上に教育熱心な家庭で、子供の頃は家庭教師が4人もいた[6]

1995年梅沢富美男劇団へ所属し明治座などの舞台に立った。女形をしていた時期もある[7]1997年、お笑いに転身。本人曰く、子供のころからドリフターズが大好きで元々お笑い好きだったが、最初は「お笑いが一番競争率が低い」と勝手に思い込んで軽い気持ちだったとのこと[8]。芸能プロデューサーだった父親のつてを使って母親がマセキ芸能社の社長に話を付けてネタ見せ会の参加に結び付けるなどサポートを受けていた。しかしそこで他の芸人たちとの歴然とした実力の差の現実を知った[8]2000年から本名の名義で外山某とのコンビ『JUMP‐2000』、阿部健一郎とのコンビ『貴けんだー』として活動。JUMP‐2000時代はボケを担当した。両者共にコンビを解消、その後もコンビ志望で事務所の掲示板に相方募集のメッセージを残すなどしていたが誰一人それに応じる者は無く、「しかたなく」(本人談)ピンでの活動を続け[8]、単独でアマゾネースを名乗っていた。「35歳(2007年)までにお笑いで生活することが出来なかったら芸人は辞める」と母親と約束していたが、その時が近付き追い詰められた状況の中で「白塗り」のキャラクターを思い付く[8]2005年、『エンタの神様』(日本テレビ系)へ初出演後に小梅太夫としてブレイク。

2006年5月10日CD『小梅日記』(CRCP-10138)を日本クラウンから発売、その週のオリコンチャートでは初登場36位を記録した。因みに売り上げ枚数は20,000枚(推定)。CDの内容は曲ではなく『エンタの神様』で行っている「小梅日記」のネタを3トラック分、カラオケバージョンを3トラック、計6トラック分を収録。

自身の「着うた」が30万件ダウンロードとなり、ゴールド配信大賞を獲得。直後に60万件ダウンロードを突破しプラチナ配信大賞を受賞した。その後、80万件ダウンロードも突破している。

2007年6月18日、同年2月に元OL(作家・泉美木蘭)との婚姻が報道され、2007年7月7日、第一子となる男児の出産が報道された。2009年、占い師に「小梅をコウメに変えないとトラックに轢かれるわよ!」と忠告され[2]芸名をコウメ太夫へと改めた。泉美の手記によって同年に離婚が公表された。なお、長男の親権はコウメが持っている。

2012年5月29日放送のテベコンヒーロでは、「コウメ太夫で笑ったら即引退」という企画が放送された。

2013年8月3日神奈川県相模原市で行われた『第1回ムーンウォーク世界大会』のお笑い部門で準優勝[9]

2017年3月11日、リニューアルオープンした荻窪タウンセブンの屋上でライブを開催。これはコウメ自身が荻窪界隈に縁のあることから実現したもので、コウメ曰く「子供の頃にタウンセブン屋上の遊具で遊んでいた」とのこと。

福岡県田川郡川崎町のプロモーションビデオに起用され、2017年9月25日正午にPVが公開された[10]。同町出身で同じ「小梅」の名を持つ民謡歌手・赤坂小梅と芸名・容姿の酷似や、誕生日が同じということから起用されたがコウメ自身はこれを「不思議な偶然」と語っている[11]

『エンタの神様』でのブーム一巡後は「一発屋」とみなされテレビの露出は減少していたが、ネタがシュールに変わったことを藤井健太郎有田哲平[12]などに面白がられるようになった。

2018年頃から他のSMA芸人がブレイクするのに合わせて他芸人らとの共演や単独での出演が徐々に増加。全力!脱力タイムズフジテレビ)やさんまのお笑い向上委員会(フジテレビ)、水曜日のダウンタウンTBS)を中心に出演を増やしている。

2021年、TBS『クイズ☆正解は一年後』の企画の一環として三浦マイルドと即席コンビ『コウメマイルド』を結成し、M-1グランプリへ参戦(ただし参戦時点では、番組内の企画としての挑戦であることは伏せられていた)。三浦が白塗り、コウメは素顔という構成で3回戦まで進出した[13]。その際なぜかコウメタユウという名前で登録された。

人物像[編集]

本人曰く「意外にも頑張り屋で、粘り強い」性格である[14]

現在は母、一人息子との3人暮らし[6][15]

少年時代に見たマイケル・ジャクソンの『スリラー』の映像に感銘を受けてマイケルに憧れ、歌って踊るのが好きだった。当時は専ら邦楽よりも洋楽を好み、14歳で「歌って踊る人生を送るのにはピッタリだ」と思い立ってジャニーズ事務所のオーディションに応募。しかしいくら待てども返事が無かったため直接事務所へ出向き、そこで落選したことを知った。この時は「まさか…」と思ったという[7]

学生時代は勉学の成績が悪く周りからは「バカだバカだ」と言われ続けていた。コウメはそもそも先生が何を言っているのかが分からなかった[16]

ピン芸人になりたての頃、作家へのネタ見せでは全てのネタを酷評された。コウメ太夫は「何言ってんのこの人?」と思っていた。その後の1~2カ月で“チクショー!!”を考えて新しい作家に見せたところ評価されてエンタの神様への出演が決まった[17]。また、コンビを組もうとしても誰も組んでくれなかった[18]

2019年12月31日に日本テレビ系列で放送された、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」の劇中にてマイケルの楽曲「ビリー・ジーン」に合わせ、キレキレのダンスを披露した。

ピーク時の月収は400万円あったが、2009年当時の月収は平均して2万~3万円。『エンタの神様』出演当時は週5本の営業があったが、同番組終了後は月1本まで減少。その後4800万円のアパートを購入し、月35万の家賃収入で生活。アパートを経営しているが利益が出るまでは30年かかるらしい。マネージャーの実家が不動産関係の仕事をしているため、色々アドバイスを受けている[7]。仕事が再び増え始めたことに加え、ドラマ出演もするようになった2023年時点では芸人としての収入が家賃収入を上回るようになってきているが、息子の進学費用も必要なため堅実な生活を続けるという[19]

コウメ本人は、父がコウメ太夫であることから息子がいじめられるのではと危惧していたが、息子自身はむしろ肯定的に受け止めている[15]

親しい芸能人は山路徹AMEMIYAヒロシたかまつなななど。また、2013年10月に交通事故で死去した桜塚やっくんとは特に親しかった。

芸風[編集]

コウメ日記』(こうめにっき)とは、コウメ太夫の一連の漫談スタイル、体験談という体である。着物、白塗り、ゴムかつらという姿で、女声を模した奇矯な裏声で「Aかと思ったらBでした チクショー!!」などと喚き散らすというキャラクタースタイルを基本とする。「わたくし、狂い咲きコウメ太夫と申します。徒然なるままに書き散らした『コウメ日記』、お聴き下され~」の口上で始まる[20]。ネタ冒頭では中村美律子「島田のブンブン」のイントロが使われている[21]

近年は、「"A"から"B"」のBもしくはA・B両方が普通の発想ではたどり着かない突拍子もないものに変化しており、再ブレイクを果たした。しかし、接点の無いような文章を組み合わせるという点を抑えれば、容易に模倣することが可能である。

『エンタの神様』には2008年まで25回出演していた[22]

『エンタの神様』では2006年11月18日の出演から4ヶ月間ほど出演していなかったが、2007年3月10日放送では永島知洋(元お先にどうぞ)・関根和美と共にユニット『小梅太夫 with High! Cheese』として同番組に出演した。ネタは小梅日記と同様の自虐ネタだが歌の調子は変わっており、ほぼすべて同じ音程でラップ調だった。更にネタとネタの間に地声でのトークを挟んでいる。また、2007年7月7日放送でも同じユニットで登場したが、顔が白塗りから黒塗りに変わり髪もモジャモジャになった。ネタは同じくラップ調だが、ダンスの披露を織り交ぜていた[22]

2007年9月22日放送では、宇宙人にさらわれて改造されたという設定で顔全体が銀色に染められていた。また、2008年2月16日の放送では天国に逝った死神という設定として出演、顔の色は白に戻されていた。その後は出演しない期間が続き、これ以降『エンタの神様』へは毎回異なるネタを披露するようになった[22]

「小梅日記」以後は「ロック・コウメ太夫」やマイケルを模した「ジャクソン太夫」、連獅子、お坊さん、「どっきり八兵衛」(「どっきり、どっきり、どっきり八兵衛」「ドッキーン!」などの台詞が特徴)など様々なキャラクターへ扮している。また2012年頃からは、『チクショー一週間」というスケッチブックを用いたネタも行っており、内容は『コウメ日記』のスタイルを踏襲したものである[7]が、構成作家によるネタであった『エンタの神様』全盛期とは違い、ネタの自作比率が上がったためシュールなものに変化しており、2012年5月29日放送の『テベ・コンヒーロ』から藤井健太郎(TBS総合演出)が関与する番組には度々登場するようになっている。

藤本敏史FUJIWARA)は、このネタを含め『テベ・コンヒーロ』でのコウメの出演回を録画したものを自宅で30回見たと『テレビブロス』2012年15号(東京ニュース通信社)にて語っている。なお藤本は『ロンドンハーツ』内の恒例企画「太夫フェス」においてコウメの白塗りメイク状態で、歌やダンスにドラマなどのパロディを披露している。終盤にはコウメ本人が登場するのもお約束である。営業で共演したマヂカルラブリーには「もはや哲学的」「お笑いを超えた何か」と評されている[23]

白塗りをせず素顔のままでの俳優業もしばしば行っている。劇団員出身ということもあり、演技の評価は高い[24][25]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

  • リサイクルショップ「開放倉庫」(北海道ローカル放送)
  • 尾道湯屋つかりゃんせ(広島県ローカル放送)
  • マンモスフリーマーケットZ
  • アサヒビール「クリアアサヒ」『ソリレス、好き!』編
  • My振袖ドットコム「成人式の振袖口コミ情報サイト」
  • ミクシィモンスターストライク」『モンスト5周年_新キャラ登場ヤバババーン』篇(2018年10月) - 小野小町 役[29]
  • LAPIAS万代家具 マジ歌編、ダンス編 ダンス編ではいつもの白塗り姿ではなく、本格的なムーンウォークを披露。カッコいいダンサーのCMかと思いきや(昭和っぽいところがまた渋い)、あれ、コウメ大夫では?!となるカッコいいCMである。地方企業のローカルCMであるがYouTubeでも閲覧可能。

インターネット[編集]

MV[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

映画[編集]

  • 劇場版 忍者じゃじゃ丸くん(2020年8月28日公開、トリプルアップ) - さくらの父親・渡辺 役[39]
  • うかうかと終焉(2023年10月13日公開、マジックアワー) - 酒屋の店主 役[40]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

小梅太夫名義
  1. 『小梅日記』(2006年5月10日発売、日本クラウン
小梅太夫 with High!Cheese名義
  1. 『純情!サクラ吹雪』(2007年3月7日発売、日本クラウン)
  2. 『BLACK and WHITE』(2007年6月20日、EPICレコード
  3. 『帰ってきたヨッパライ』(2007年11月28日、EPICレコード)

アルバム[編集]

  1. 『小梅歳時記』2007年2月7日発売(日本クラウン)

参加楽曲[編集]

DVD[編集]

  • ちょっぴり恥ずかしいけど笑ってほしいから見てほしい ―SMAお笑いカーニバル総集編―(2017年2月17日、ゴマブックス[41]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 小梅太夫 プロフィール”. 日本クラウン株式会社 クラウンレコー ド. 2024年1月15日閲覧。
  2. ^ a b コウメ太夫の「チクショー」、実は高度なネタ? 松竹梅が隠れていた - withnews(ウィズニュース)
  3. ^ コウメ太夫:破天荒な芸風と控えめな人柄が共存する、類まれなる自然体【後編】”. Cocotame. ソニーミュージック (2021年7月30日). 2022年2月17日閲覧。
  4. ^ コウメ太夫 “出来ない”から面白い(前編) | 連載 | 山田ルイ53世(髭男爵)『一発屋芸人列伝』 | Book Bang -ブックバン-”. 山田ルイ53世(髭男爵)『一発屋芸人列伝』 | Book Bang -ブックバン-. 2018年6月14日閲覧。
  5. ^ コウメ太夫:母は東映ニューフェースの元スター女優 「チャカチャンチャン」を考案?”. MANTAN WEB (2015年11月11日). 2015年11月12日閲覧。
  6. ^ a b 「もう息子と離れたくない」シングルファザー・コウメ太夫が語る“アパート経営と子育て”|新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。”. 新R25. 2021年7月28日閲覧。
  7. ^ a b c d 『CIRCUS MAX』2014年8月号(KKベストセラーズ)「プチ鹿島の芸人人生劇場 第11回・コウメ太夫」(57ページ)より。
  8. ^ a b c d コウメ太夫『エンタ』で掴んだ栄光と放送終了後の挫折…再ブレイクのきっかけは有田哲平の一言”. SmartFLASH. 光文社 (2022年5月15日). 2022年5月15日閲覧。
  9. ^ コウメ太夫がムーンウォーク世界大会で準優勝!マイケル大好き芸人の本領発揮。”. エンタがビタミン♪ (2013年8月4日). 2014年7月20日閲覧。
  10. ^ 福岡・川崎町プロモーションビデオ制作プロジェクト - facebook
  11. ^ https://twitter.com/dayukoume/status/912189678089994242
  12. ^ コウメ太夫:破天荒な芸風と控えめな人柄が共存する、類まれなる自然体【後編】”. Cocotame. ソニーミュージック (2021年7月30日). 2022年2月17日閲覧。
  13. ^ コウメマイルド | コンビ情報”. M-1グランプリ 公式サイト. 2022年1月9日閲覧。
  14. ^ コウメ太夫:破天荒な芸風と控えめな人柄が共存する、類まれなる自然体【前編】”. 2024年2月13日閲覧。
  15. ^ a b 「言わないでおこう!」でもバレた“一発屋” ――コウメ太夫、息子が幼稚園でチクショーと叫んだ日”. Yahoo!ニュース. 2021年7月28日閲覧。
  16. ^ コウメ太夫:破天荒な芸風と控えめな人柄が共存する、類まれなる自然体【前編】”. 2024年2月13日閲覧。
  17. ^ コウメ太夫:破天荒な芸風と控えめな人柄が共存する、類まれなる自然体【前編】”. 2024年2月13日閲覧。
  18. ^ コウメ太夫:破天荒な芸風と控えめな人柄が共存する、類まれなる自然体【前編】”. 2024年2月13日閲覧。
  19. ^ コウメ太夫、不動産収入より芸人の収入が多くなる 役者業もあり「これが続くように」”. ORICON NEWS (2023年4月21日). 2023年4月21日閲覧。
  20. ^ 小梅日記 三の巻の歌詞”. オリコン. 2015年5月7日閲覧。
  21. ^ 小梅太夫自虐CDデビュー…素顔明かさぬ戦略”. 夕刊フジ (2006年5月10日). 2015年5月7日閲覧。
  22. ^ a b c エンタリスト『小梅太夫』”. 『エンタの神様』番組公式サイト. 2014年7月20日閲覧。
  23. ^ あのエンタ芸人のネタがもはや哲学的と話題 よしログ(GYAO!オリジナル)-動画[無料|GYAO!|バラエティ・スポーツ], https://gyao.yahoo.co.jp/player/00309/v09888/v0987100000000569181/ 2018年4月5日閲覧。 
  24. ^ 梅沢富美男、俳優業が好評のコウメ太夫を激励 劇団員時代の印象も明かす”. Sirabee (2022年7月4日). 2022年8月8日閲覧。
  25. ^ コウメ太夫が俳優として“狂い咲き”間近! ドラマ&映画関係者が熱視線|日刊ゲンダイDIGITAL”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2022年8月8日閲覧。
  26. ^ TBS. “オールスター後夜祭”. TBSテレビ. 2018年10月7日閲覧。
  27. ^ Inc, Natasha. “有吉MC「オールスター後夜祭'19春」あかつ、コウメ、ジョイマン、ザコシ集結”. お笑いナタリー. 2019年4月10日閲覧。
  28. ^ 【オールスター後夜祭】フジモンの代役はコウメ太夫? 前日オファーで急きょ出演 有吉「ガヤ飛ばしてください(笑)」”. Yahoo!ニュース (2023年10月15日). 2023年10月15日閲覧。
  29. ^ モンスト5周年_新キャラ登場ヤバババーン篇」【モンスターストライク(モンスト)TVCM | XFLAG公式】
  30. ^ コウメ太夫、ハニートラップにかけられた? 逆ナン美女と焼肉屋に行ったいきさつ - トレンドニュース”. trendnews.yahoo.co.jp. 2018年9月30日閲覧。
  31. ^ “コウメ太夫がドラマ仕立てのMV主演、閉店するスナックのママ役”. お笑いナタリー. (2016年12月6日). https://natalie.mu/owarai/news/212104 2016年12月7日閲覧。 
  32. ^ “オメでたい頭でなにより”. 激ロック. (2017年3月3日). http://gekirock.com/interview/2017/03/omedeta.php 2017年6月16日閲覧。 
  33. ^ “コウメ太夫がMVでキレキレダンス、「ムーンウォーク世界大会」準優勝の実力”. お笑いナタリー. (2017年8月30日). https://natalie.mu/owarai/news/246679 2019年6月1日閲覧。 
  34. ^ ユニコーンのMVにハリウッドザコシショウ、コウメ太夫、アキラ100%、錦鯉出演”. BARKS (2021年8月7日). 2021年8月17日閲覧。
  35. ^ “コウメ太夫「ルパンの娘」にノーメークで出演!深田恭子とのアクションシーンも”. ザテレビジョン. (2020年10月23日). https://thetv.jp/news/detail/246732/ 2020年10月23日閲覧。 
  36. ^ "『星新一の不思議な不思議な短編ドラマ』放送決定 水原希子、永山瑛太、高良健吾、北山宏光ら出演". ORICON NEWS. oricon ME. 18 February 2022. 2022年2月18日閲覧
  37. ^ “コウメ太夫、素顔で登場 なにわ男子・大西流星&Sexy Zone松島聡の父親役に決定<紅さすライフ>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2023年6月20日). https://mdpr.jp/drama/detail/3807771 2023年6月20日閲覧。 
  38. ^ “ドラマ「社畜OLちえ丸日記」で玉城ティナが主演、望月歩や佐藤玲も参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年1月16日). https://natalie.mu/eiga/news/508936 2023年1月16日閲覧。 
  39. ^ “コウメ太夫「劇場版 忍者じゃじゃ丸くん」に素顔で出演”. お笑いナタリー. (2014年12月10日). https://natalie.mu/owarai/news/133469 2020年10月23日閲覧。 
  40. ^ “西岡星汰&渡辺佑太朗、W主演映画『うかうかと終焉』追加キャストと場面写真”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年6月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2284348/full/ 2023年6月24日閲覧。 
  41. ^ バイきんぐ等人気芸人のレア映像を収録! DVD『ちょっぴり恥ずかしいけど笑ってほしいから見てほしい ―SMAお笑いカーニバル総集編―』が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!”. ゴマブックス ポータルサイト (2017年2月1日). 2017年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]