黒木和雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
くろき かずお
黒木 和雄
生年月日 (1930-11-10) 1930年11月10日
没年月日 (2006-04-12) 2006年4月12日(75歳没)
出生地 三重県松阪市
死没地 東京都板橋区
高島平中央総合病院[1]
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 映画監督
ジャンル 日本映画
活動期間 1958年 - 2006年
配偶者 あり
 
受賞
芸術選奨文部大臣賞
「TOMORROW 明日」(1988年)
テンプレートを表示

黒木 和雄(くろき かずお、1930年11月10日 - 2006年4月12日 )は、日本映画監督宮崎県立小林中学校(旧制)、宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校同志社大学法学部卒業。

経歴[編集]

母親の実家・三重県松阪市生まれ[2]兵庫県神戸市宮崎県飯野町(現えびの市)を経て、5歳のときに父の仕事先満州に家族と渡り、少年時代は満州で育つ[2]。1942年日本に戻り、中学から祖父母の住む宮崎県えびの市で育った[2]。高校時代の恩師の勧めで同志社大学に進学。卒業後、岩波映画製作所へ入社。1958年の『東芝の電気車輛』で監督デビュー。その後も主にPR映画を監督するが、火力発電所の宣伝映画でありながら前衛的な表現に訴えた『海壁』(1959年)や『ルポルタージュ 炎』(1960年)、アラン・レネ監督の影響を受けた北海道のPR映画『わが愛 北海道』が異色のドキュメンタリーとして注目される。土本典昭小川紳介たち岩波映画製作所周辺の若手映画人たちと交遊し、そのリーダー格であった。

1962年に退社してフリーとなり、1964年東京オリンピック前の君原健二を追った『あるマラソンランナーの記録』(1964年)を監督するが、製作の東京シネマ首脳部と対立してPR映画という枠組み自体に限界を感じたため、以降は当初からの望みであった劇映画の世界を目指す。1966年の初の劇映画『とべない沈黙』は、東宝で制作したが、その前衛的な作風のため公開中止となり、ATGの配給で公開された。同作は川喜多かしこの尽力で海外でも上映され、マルク・アレグレピエール・ブロンベルジェから高く評価された。ブロンベルジェからは渡仏しての映画製作をオファーされるものの、意思疎通の不備もあって実現しなかった[2]。しかし同作はアメリカ映画が上映禁止だったキューバでも上映されて大好評を博し、これがきっかけとなって1969年には日本とキューバの初の合作映画となる『キューバの恋人』を監督。プロデュースは土本典昭が担った[2]

1970年にはATGとの提携で高橋和巳の同名小説を大胆に脚色した『日本の悪霊』を発表。プロデュースは創造社から独立した中島正幸が担い、製作費の半額は漫画家の福地泡介が提供した。その後もATGを製作基盤として精力的に作品を発表し、1970年代半ばの『竜馬暗殺』や『祭りの準備』は迸る青春群像を描き、熱狂的なファンを生んだ。なお『竜馬暗殺』の製作過程については同作のプロデューサーの一人である夏文彦(本名・富田幹雄)の「『竜馬暗殺』製作日誌」(初出は『映画評論』1974年9〜11月号。その後、夏の著書『映画・挑発と遊撃』[3]に収録)に詳しい。黒木によれば、同作の製作は新宿ゴールデン街のバー「まえだ」の飲み仲間だった夏が黒木に「あんたの映画をプロデュースしたい」と持ちかけたことに端を発しており、製作費も夏ともう一人のプロデューサーである黒田征太郎の人脈を頼って集められた。その経緯を綴ったのが同日誌であり、黒木は「本の中からはときに製作実務にふりまわされる悲鳴とうめきが聞こえてくるが、彼はよくそれに耐えぬいた」とその献身を讃えている[4]。その後も両者の交流は続き、1992年に夏が48歳の若さで亡くなると黒木は「トミイの遺作を刊行する会」の発起人として夏の遺作『ロング・グッドバイ』の刊行に尽力、夏の友情に応えている[5]

1976年、芸術選奨新人賞受賞。1984年より文化庁新進芸術家在外研修員として海外留学。その後1988年に原爆を主題とした力作『TOMORROW 明日』を発表し芸術選奨文部大臣賞を受賞するものの、1990年代は作品が撮れない時期が続いた。しかし21世紀に入って『美しい夏キリシマ』『父と暮せば』など大型の傑作を連打、日本映画を代表する巨匠と目されるようになった。『TOMORROW 明日』『美しい夏キリシマ』『父と暮せば』は戦争レクイエム三部作と呼ばれる。

2006年4月12日、脳梗塞のため死去。享年75[6]。同年8月12日に商業公開を控えた『紙屋悦子の青春』が遺作となった。戦前の名監督、山中貞雄を描く映画を長年にわたって構想していたが、ついに実現しなかった。

主な監督作品[編集]

公開年 作品名 制作(配給) 脚本 主な出演者 上映時間ほか
1966年 とべない沈黙 日本映画新社(東宝ATG 松川八洲夫、岩佐壽弥、黒木和雄 加賀まりこ小沢昭一長門裕之蜷川幸雄田中邦衛 100分/白黒/
1969年 キューバの恋人 黒木プロ=ICAIC 長谷川四郎、阿部博久、加藤一郎、黒木和雄 津川雅彦グロリア・リージュリー・プランセンシア 98分/白黒/
1970年 日本の悪霊 中島正幸プロ=日本ATG(ATG) 福田善之 佐藤慶観世栄夫榎本陽介土方巽渡辺文雄 98分/白黒/
1974年 竜馬暗殺 映画同人社=ATG(ATG) 清水邦夫、田辺泰志 原田芳雄石橋蓮司中川梨絵松田優作桃井かおり 118分/白黒/
1975年 祭りの準備 綜映社=映画同人社=ATG(ATG) 中島丈博 江藤潤馬渕晴子ハナ肇竹下景子原田芳雄 117分/カラー/
1978年 原子力戦争 Lost Love 文化映画プロモーション=ATG(ATG) 鴨井達比古 原田芳雄山口小夜子風吹ジュン佐藤慶岡田英次 106分/カラー/
1980年 夕暮まで アートセンター(東宝) 浜地一郎、田辺泰志 桃井かおり伊丹十三加賀まりこ馬淵晴子風間杜夫山口美也子 110分/カラー/
1983年 泪橋 アートセンター(東宝) 村松友視唐十郎 佳村萠渡瀬恒彦原田芳雄瀬川新蔵殿山泰司 117分/カラー/
1988年 TOMORROW 明日 ライトヴィジョン=沢井プロダクション=創映新社(ヘラルド・エース日本ヘラルド映画 井上光晴(原作)、黒木和雄、井上正子竹内銃一郎 桃井かおり南果歩黒田アーサー佐野史郎仙道敦子 105分/カラー/
1990年 浪人街 山田洋行ライトヴィジョン=松竹日本テレビ放送網(松竹) 笠原和夫 原田芳雄樋口可南子石橋蓮司杉田かおる伊佐山ひろ子 117分/カラー/
2000年 スリ アートポート=衛星劇場(アートポート) 真辺克彦堤泰之、黒木和雄 原田芳雄風吹ジュン真野きりな柏原収史石橋蓮司 112分/カラー/
2002年 美しい夏キリシマ キリシマ1945(パンドラ 松田正隆、黒木和雄 柄本佑小田エリカ石田えり左時枝原田芳雄 118分/カラー/
2004年 父と暮せば 衛星劇場=バンダイビジュアル=日本スカイウェイ=テレビ東京メディアネット葵プロモーションパル企画(パル企画) 黒木和雄、池田眞也 宮沢りえ原田芳雄浅野忠信 100分/カラー/
2006年 紙屋悦子の青春 バンダイビジュアル=アドギア=テレビ朝日=ワコー=パル企画 黒木和雄・山田秀樹 原田知世永瀬正敏松岡俊介小林薫本上まなみ 111分/カラー/遺作

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「紙屋悦子の青春」公式サイト. “黒木和雄監督”. パル企画. 2012年12月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e 日本のドキュメンタリー作家インタビュー No. 16 黒木和雄”. 山形国際ドキュメンタリー映画祭. 2022年2月8日閲覧。
  3. ^ 夏文彦 『映画・挑発と遊撃』白川書院、1978年2月、8-34頁。 
  4. ^ 黒木和雄「夏文彦追悼 薔薇のトミイここに遊ぶ」『映画芸術』第42巻第1号、1993年4月、 180-181頁。
  5. ^ 夏文彦 『ロング・グッドバイ』早稲田書房、1993年9月、友のかたみに(編集後記にかえて)。 
  6. ^ “黒木和雄さんが死去 戦争3部作映画など監督”. 47NEWS. (2006年4月12日). http://www.47news.jp/CN/200604/CN2006041201003993.html 2011年11月14日閲覧。 

関連文献[編集]

外部リンク[編集]