銀座7丁目劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

銀座7丁目劇場(ぎんざななちょうめげきじょう)は、かつて東京都中央区銀座七丁目にあった、吉本興業が運営していた劇場。ロンドンブーツ1号2号ペナルティDonDokoDon品川庄司を輩出した。

概要[編集]

東芝銀座セブンビル内に1994年3月27日開場。開館以前は、東芝のショールームやラジオ番組などの公開録音、晩年はアイドルイベントなどの会場としても使われていた『東芝銀座セブン』(1993年閉場)であり、その跡に設けられた。略称は「銀7」。

オープン前のチラシデザインは漫画家の赤塚不二夫が担当した。小さな東京タワーを抱えたイメージキャラ「スリスリおじさん」と「本当は東京、好きなんですわ」というキャッチコピーが描かれた物だった。

開館当初は大阪で爆発的人気を得ていた吉本印天然素材やその弟分グループフルーツ大統領心斎橋筋2丁目劇場のメンバーが出演、1994年にテレビ東京で放送されていた『銀BURA天国』も、この劇場から平日の毎日生放送され[1]、また、当時ニッポン放送では、この劇場名に因んだタイトルの『ラジオ7丁目劇場』が『オールナイトニッポン』内などで放送されていた。その後、徐々に極楽とんぼココリコなどの東京勢に比重が置かれるようになっていった。1995年以降は東京NSC出身者も加わり、徐々に人気が出てきた。

大阪で礼儀作法を十分に学んできた「天然素材メンバー」や「2丁目メンバー」が初期のうちに抜け、東京組が劇場を取り仕切るようになった時を回顧して、加藤浩次は「無法地帯」、田村淳は「学校みたいだった」と当時を振り返っている。

同年にテレビ静岡がオープンしたメディアシティ静岡内の「百人劇場」に「吉本・伝馬町劇場」[2]として銀座7丁目劇場の一部メンバー(チュパチャップス、ココリコ、DonDokoDonなど)が出張していたほか、『吉本・伝馬町劇場 生だ! SHIZUOKA金ゴロー』が生放送されていた。これをきっかけにDonDokoDonやペナルティがテレビ静岡で番組レギュラーを持った。

1999年閉館。この翌年の2000年に東芝銀座セブンビルは建て替えられ、現在はZARAの店舗などが入るビルとなっている。

銀座7丁目劇場と渋谷公園通り劇場が相次いで閉館になった事で、2001年のルミネtheよしもとの開館までの間東京吉本の若手芸人たちはホームグラウンドといえる舞台を失う事となり、先行して売れた芸人は番組出演やビルの会議室を借りてのイベントでネタ披露を行い、そんな金がない超若手芸人は路上でライブを行うなど苦難の日々を送った。スピードワゴンのようにこの時期に吉本に見切りをつけ、他の事務所に移った者もいる。

ロンドンブーツ1号2号やペナルティなど7丁目劇場出身者からは思い入れの強い劇場である。その反面雨上がり決死隊ナインティナインなどの天然素材メンバーからは天然素材ブームからの強制的な東京進出と強引な劇場出演により、後にナインティナインからは「失敗した劇場」と揶揄されており、それぞれの7丁目劇場の印象は180度違うものとなっている。

2012年4月8日に行われるリニューアルしたなんばグランド花月「吉本興業創業100周年特別公演」にて、加藤浩次、ココリコ、ロンドンブーツ1号2号、ペナルティ、品川庄司の「銀7メンバー」が集結、出演している。

お笑い虎の穴TOKYO[編集]

銀座7丁目劇場には、看板芸人の発掘を目的としたbaseよしもと5upよしもとのシステムに近い所属芸人のピラミッド構造のランク分けシステムが存在した。これを「お笑い虎の穴TOKYO」と呼び、トップに位置する「GOVERMENT ISSUE」とその予備軍候補の、ネタを披露できる時間が異なる「1分組」「2分組」「3分組」とネタ時間5分の「私服組」にランク分けされていた。いずれも毎週行われるオーディション形式のライブでの観客と審査員による投票でランクが決められるようになっており、1人あたり0〜3点の点数をつける(観客と審査員計150人の場合は450点満点となる)。1〜3分組は公平のために衣装は黒一色のみと規定され、「黒服組」と総称されていた。ランク上位への昇格条件は以下の通りである。

  • 1分組:150点以上獲得で上位へ
  • 2分組:225点以上獲得で上位へ
  • 3分組:188点以上を3ヶ月間(10回)キープで上位へ

なお、劇場開設当時のGOVERMENT ISSUEのメンバーは極楽とんぼ、夏生、ロンドンブーツ1号2号、ペナルティ、桧・友野、はりけ~んず、インパクト、ツインカム、ココリコ、DonDokoDon、チョコチップの11組であった。

過去に出演していた代表的な芸人[編集]

他多数。

脚注[編集]

  1. ^ 生放送されていたのは1994年の4月から9月まで。それ以降1995年3月までは別企画で収録の番組となっていた。
  2. ^ 静岡県内における常設の劇場としては沼津ラクーンよしもと劇場が初となる。

関連項目[編集]