八田竹男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八田 竹男(はった たけお、1914年9月15日 - 1991年8月6日[1])は、吉本興業社長。興行師、芸能プロモーター

来歴・人物[編集]

大阪府の生まれ。旧制北野中学校早稲田第一高等学院卒業、早稲田大学法学部中退[2]。俳優の森繁久彌とは中学時代からの同級生で同い年であり、早稲田時代には一緒に演劇に熱中した。

戦前の1937年、吉本興業に入社。戦後は事業部、制作部の部長などを歴任。戦後は映画館経営に専念していた吉本興業に演芸部門を復活させ、うめだ花月京都花月なんば花月など演芸場を次々と開設し、今日の「笑いのヨシモト」を築き上げた。1977年には橋本鐵彦の後を継いで社長に就任。1986年、健康を理由に社長業を勇退。

演じた人物[編集]

関係項目・人物[編集]

その他
劇場関係

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『朝日新聞』1991年8月7日夕刊、第1面「八田竹男氏死去」より
  2. ^ 『日経産業新聞』1982年5月28日、第28面「吉本興業――辻阪昌一専務、林英之常務(スポットライト)」
先代:
橋本鐵彦
吉本興業
社長
第6代:1977年 - 1986年
次代:
林正之助