ザ・プラン9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザ・プラン9
メンバー お〜い!久馬
浅越ゴエ
ヤナギブソン
コヴァンサン
きょうくん
爆ノ介
<元メンバー>
鈴木つかさ
なだぎ武
結成年 2001年
事務所 吉本興業
活動時期 トリオ
2001年4月 - 2002年4月
五人組
2002年4月 - 2008年2月
四人組
2008年3月 - 2015年5月
トリオ
2015年5月 - 2020年10月
六人組
2020年10月 -
出身 NSC大阪校10期(久馬)
NSC大阪校16期(浅越)
NSC大阪校17期(ヤナギブソン)
松竹芸能タレントスクール(コヴァンサン、きょうくん)
NSC大阪校30期(爆ノ介)
旧コンビ名 シェイクダウン
(久馬)
イン☆パルス
(浅越)
デモしかし
(浅越)
君と僕
(ヤナギブソン)
チョップリン
(コヴァンサン・きょうくん)
カバと爆ノ介
(爆ノ介)
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント漫才
現在の代表番組 六人組での出演はなし
同期 久馬
メッセンジャー
ジャリズム
浅越
中岡創一ロッチ
高山和也
ヤナギブソン
バイきんぐ
青空
コヴァンサン・きょうくん
オジンオズボーン
キングコング
爆之介
令和喜多みな実
尼神インター
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2005年 BGO上方笑演芸大賞 審査員特別賞
テンプレートを表示

ザ・プラン9(ザ・プランナイン)は、6人組お笑いグループ吉本興業大阪本社所属。2001年4月結成。M-1グランプリ2006ファイナリスト。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

その他メンバー[編集]

来歴[編集]

  • 2001年4月、それぞれコンビなどで活動・解散した久馬・鈴木・浅越の3人により結成。baseよしもとの主力メンバーとなる。
  • 2002年4月、なだぎ・ヤナギブソンが加入し5人組体制になる。
  • 2003年7月、baseよしもと卒業。同年8月よりうめだ花月を中心に活躍。
  • 2004年、第34回NHK上方漫才コンテストにて優秀賞受賞。
  • 2006年、『M-1グランプリ2006』の決勝戦に進出。尚、2人組以外のユニットで決勝進出を果たしたのはザ・プラン9のみ。また、メンバーの1人であるなだぎ武の決勝進出当時の芸歴「17年目」という記録も当時は最長であり、2017年に村田秀亮(とろサーモン)が芸歴19年で決勝に進出するまで破られることがなかった[4]。ネタ披露後、審査員の南原清隆に「設定自体は“天使と悪魔”で非常にオーソドックスなんですけども、5人がやると全然違うように見えるんで、それが見ていて面白かったですね。もうちょっと5人ならではの(方向性)が見えてくると、もっとすごくなるような可能性があります」と5人でのスタイルが高く評価されたが、順位は7位(597点)だった。翌年も準決勝まで進出するが準決勝直前に浅越が急性肝炎で入院したため準決勝は棄権した(敗者復活戦前には退院していたが、大事をとり敗者復活戦も棄権)。2007年を最後にM-1グランプリには出場していなかったが、ラストイヤーだった2016年に久々に出場。結果は準々決勝敗退。なお、『キングオブコント』には2008年からずっと出場している。
  • 2008年2月 他メンバーとの方向性の違いを理由に、鈴木が脱退。
  • 2015年5月 なだぎが脱退し、3人になる。
  • 2016年3月 結成15周年を記念して、メンバー増員計画を発表[5]
  • 2020年10月23日、大阪なんばグランド花月にて開催の単独ライブ『3543』公演中に新メンバーをお披露目。お笑いコンビチョップリン」のコヴァンサン、きょうくん、ピン芸人の爆ノ介の加入が発表され、ザ・プラン9史上初の6人組となった[6]

特徴[編集]

  • 演劇のようなコントが持ち味。“本公演”と呼ばれるライブは芝居を主体とした2時間公演である。本公演の他に各メンバーがプロデュースする『THE PLANET9』という、コントが主体となった単独ライブも行っている。
  • テレビ・舞台でメンバー全員での漫才も披露する。漫才はヤナギブソン以外の全員が一体となって行うボケや、次々に畳み掛けるボケに対して、ヤナギブソン1人がツッコむというスタイル。
  • オリジナルメンバー全員がピン芸人としてのスキルも持っており、浅越となだぎに関してはピン芸人の頂点を決める『R-1ぐらんぷり』にて優勝及び『S-1バトル』月間チャンピオン獲得を果たしている。

主な出演番組[編集]

個人の出演番組については、お〜い!久馬浅越ゴエヤナギブソンチョップリン爆ノ介を参照。

DVD[編集]

単独DVD[編集]

  • 「サークルS」(2004年2月25日)収録日:2003年12月12日
  • 「西暦二〇〇X年四月一日、禁洒法ヲ施行スル。」(2004年8月11日)収録日:2004年4月
  • 「The Ten-Show」(2005年1月26日)収録日:2004年8月28日
  • 「弁斗とジェッ太〜大阪ブレインドレイン〜」(2005年5月18日)収録日:2004年12月
  • 「THE PLANET9 Earth 見晴らしのええマンション〜コントstyle〜」(2005年6月22日)収録日:2003年2月
  • 「こわがり」(2005年10月26日)
  • 「アオいアオいアオい空」(2006年1月25日)収録日:2005年8月
    • 客演:竹中絵里、土平ドンペイ
  • 「編集者 竹一平の苦悩」(2006年5月24日)収録日:2005年
    • 客演:竹中絵里
  • 「7-8X4月」(2006年8月30日)収録日:2006年3月
  • 「足痛いのにがんばった〜コントStyle〜」(2006年10月25日)収録日:2006年5月28日
  • 「なゐ震る」(2007年3月28日)
  • 「銀行ノススメ」(2007年8月8日)収録日:2006年12月
    • 客演:平田敦子、武内由紀子、竹中絵里、チェリーキューピット
  • 「功夫ジョン 完全版」(2007年12月5日)収録日:2007年5月
  • 「THE PLANET9 Earth〜コントStyle〜 鍛えるぞ!鍛えるぞ!」(2008年5月21日)収録日:2007年8月19日
  • 「仇男」(2008年9月24日)収録日:2008年2月8日ワッハホール
    • 脚本:演出:久馬 歩
    • VTR出演:アジアン隅田美保
  • 「室内の人々(お誕生日壊/a room)」(2009年1月28日)収録日:2008年4月27日ワッハホール
    • お誕生日壊:脚本:ヤナギブソン 演出:覚王山
    • a room:脚本:演出:久馬 歩
  • 「THE PLAN9 ウルグアイから来た男〜ネタツアー〜」(2009年6月24日)収録日:2008年8月27日なんばグランド花月
  • 「SLIDE AWAY,SLIDE DOWN.」(2009年6月24日)収録日:2008年11月ABCホール
    • 脚本:演出:覚王山
    • 「ウルグアイ〜」「SLIDE AWAY,〜」はユニット初となる初回限定DVDBOXとして2枚組セット発売もされた。
  • 「何かが正解です!」(2010年2月10日)収録日:2009年4月 - 5月
    • 脚本:鈴木おさむ:演出:鈴木おさむ:ザ・プラン9
    • 客演:アジアン
    • ユニット初となる、外部の作家による作品。
  • 「ジンジャーエールはない!〜ネタツアー〜」(2010年8月25日) 収録日:2009年8月23日なんばグランド花月
    • 客演:Mr.オクレ

その他[編集]

スペシャルコンテンツ[編集]

  • 三菱・デリカD:5の販売店店頭用コンテンツに登場している。ただしなだぎはディランで登場。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ お笑いタイフーン vol.6(エンターブレイン)より
  2. ^ なだぎ武、ザ・プラン9脱退でピン芸人に「前に進むため」”. ORICON (2015年5月17日). 2015年5月18日閲覧。
  3. ^ 番組紹介&出演者プロフィール | THE PLAN9のお〜きなアナ [リンク切れ]
  4. ^ その後2018年に毛利大亮(ギャロップ)が芸歴20年目で決勝に進出していて、現在の最長は2020年の長谷川雅紀(錦鯉)の芸歴26年目。
  5. ^ 「ザ・プラン9」メンバー増員を発表 友近に熱烈オファー?”. スポニチアネックス (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  6. ^ 【速報】ザ・プラン9に新メンバー加入! 爆ノ介ら迎え3人改め6人グループへ”. ラフ&ピースニュースマガジン (2020年10月23日). 2020年10月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]