吉本興業グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉本興業グループ (よしもとこうぎょうグループ)は、吉本興業を中心とした企業グループ。

概要[編集]

吉本家によって設立された吉本興業(但し現在は創業者・吉本せいの実家・林家が吉本興業のオーナーとなっている)や、吉本興業が再度子会社化したが、一時は所属アーティスト小室哲哉がオーナーを務めていたR&CJapan(現よしもとアール・アンド・シー)を中心に、幅広い範囲でグループ活動を行っている。また、 女優池脇千鶴の所属事務所「エス・エス・エム」も「よしもとクリエイティブエージェンシー」に合併される前から吉本興業の子会社であり、吉本興業グループの一員である。従って小室や池脇は吉本系のタレントでは珍しくお笑い芸人ではないといえる。

2000年代に入ってから、新たなメディアに対応し、株式会社ファンダンゴ、株式会社キャスティ、株式会社ベルロックメディアを設立し、精鋭を送り込んでいる。また2007年10月1日に持株会社制に移行、グループを統括する吉本興業の直下に、吉本興業から分社した3事業会社と完全子会社化したよしもとファンダンゴ、よしもとアール・アンド・シーなどを置く体制になっている。

グループ各社[編集]

現在のグループ企業[編集]

  • 吉本興業(持株会社、グループ統括会社)
  • よしもとクリエイティブ・エージェンシー(タレントマネジメント・エージェント業務、各種番組・演劇の制作・配給・興業)
    • よしもとアール・アンド・シー(CD・DVDの制作・販売、吉本色はやや薄かったが、2004年にロジャム本社をファンダンゴと共に買収して子会社化、2007年より完全子会社)
    • よしもとエンタテインメント沖縄(沖縄でのタレントマネジメント・番組制作)
  • よしもとデベロップメンツ(不動産事業、新規事業開発、アミューズメント施設の運営)
  • よしもとアドミニストレーション(経理・人事・庶務に関する業務受託)
  • よしもとブロードエンタテインメント(旧トラッシュ/旧よしもとビジョン)
  • 吉本音楽出版(CD・カセットテープ・ビデオテープの企画・制作・書籍の出版、タレントの育成)
  • カワイイアン・ティービー(アイドル番組の企画・制作)
  • Showtitle(女性タレントの募集・選考・管理・育成等)
  • KATSU-do(映画の制作・配信・宣伝)
  • ゾフィープロダクツ(毎日放送との合弁会社・現在は吉本のセグメント子会社)
  • よしもとロボット研究所(ロボット等に搭載するアプリケーションの開発・販売)
  • ガイノイド(音声合成ソフトウェアの企画制作)
  • ムービズ(ネットネイティブとの合弁会社、映像コンテンツ制作)
  • YDクリエイション(電通デジタル・ホールディングスとの合弁、映像・デジタルコンテンツの企画制作)
  • Bellrock Media (フェイス・Fandango・インテルらの出資)
    • ベルロックメディア(デジタルコンテンツの企画・制作)
  • Y-link(アスリートマネジメント業務)
  • よしもとプロダクツエンタテインメント(タレント商品・コンテンツの企画開発販売)
  • よしもとスタッフ・マネジメント(スタッフ派遣業務)
  • よしもとラフ&ピース(映画祭・上映会イベントの企画運営)
  • きょうのよしもと(映画祭・アート・イベントの企画、開催、運営)
  • MCIPホールディングス(アジア地域におけるコンテンツ企画制作)
  • YOSHOMOTO ENTERTAINMENT TAIPEI.CO.,LTD(台湾現地法人)
  • YOSHIMOTO ENTERTAINMENT (Thailand) CO., LTD.(タイ現地法人)
  • YOSHIMOTO ENTERTAINMENT USA.,INC.(北米現地法人)
  • KYORAKU吉本.ホールディングス京楽産業.との合弁、テレビ番組の企画制作・タレントマネジメント)

過去のグループ企業[編集]

「よしもとクリエイティブエージェンシー」に吸収合併[編集]

その他[編集]

外縁企業[編集]

外部リンク[編集]