よしもとドラマ部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

よしもとドラマ部(よしもとドラマぶ)は、吉本興業グループよしもとクリエイティブ・エージェンシー芸能事務所)に所属し、テレビドラマ好きを公言しているお笑い芸人の宮地謙典(ニブンノゴ!)・福田恵悟(LLR)・村上健志(フルーツポンチ)を指す総称である。「ドラマ部」とも呼ばれる[1]

概要[編集]

よしもとドラマ部の発起人は、前述の3名と同じく吉本興業系列所属の多田健二(COWCOW)とされる[2]部活動と同様の意味合いで、単に3名を指して「ドラマ部」とも表現され[2]、テレビドラマについて談話する興行(トークライブ)が2009年6月[3]からおおよそ毎月1回、開催されている。

そのトークライブはフライヤー等で、『吉本興業presents「ドラマ部」』と表記される場合がある。オンタイムで放送されているテレビドラマの話題のほか、語りのテーマとして毎月「課題ドラマ」を設けている[4]。課題ドラマは観客から募ったアンケートを参考に決定しているが、主に過去作品を扱う都合上、映像ソフト化された作品やテレビ局のインターネット配信放送作品など、その時点で視聴困難でないテレビドラマが採用される。決定した課題ドラマについては各々が個別に視聴をして、次回開催時にその感想を述べ合う仕組みとなっている。歴代の課題ドラマについては、下記の「#課題ドラマ一覧」を参照のこと[5]

新宿ネイキッド・ロフト(東京都新宿区)で開催されているほか、よしもとプリンスシアター(東京都品川区)など別の会場において、「課外活動」という名のもと開催されたこともある[6]。過去におけるトーク以外の主な企画では、出演者それぞれが脚本・監督を務めて映像化したミニドラマの上映や、テレビドラマのシーンを舞台上で再現する公演、物語の舞台となった場所を散策した模様の上映[7]などがある。また、2013年4月には「ラブストーリー」をテーマに、3名が各々脚本を仕上げ演出した3本立ての舞台公演「神保町ドラマストーリー[8][9]」が神保町花月(東京都千代田区)で開催された。2015年には、Ustream動画共有サービス)にて「ドラマ部 校内放送」が配信された。

テレビ情報雑誌週刊ザテレビジョン』(2013年No.33号)では、2013年7月から9月にかけて放送された一部のテレビドラマの最終回予想を3名で行い、同年9月から2015年7月までコラムが連載されていた[10]。同誌上連載「ザトリビジョン」の企画として、2013年12月19日に初放送されたテレビ朝日系のテレビドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』最終話に3名で出演した。

課題ドラマ一覧[編集]

過去の主なゲスト[編集]

関連楽曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ドラマをこよなく愛する「よしもとドラマ部」 - 2013年8月3日閲覧
  2. ^ a b BS日テレ『BS吉テレ デジ魂』(2013年7月2日・9日放送分)参考。
  3. ^ 吉本興業presents「ドラマ部」2009/6/6(土) - 2014年4月26日閲覧
  4. ^ 周年記念の回などで別企画がある場合、課題ドラマが設定されないこともある。5周年記念のドラマ部第60話(2014年6月開催)など。
  5. ^ ひとりの脚本家や俳優にスポットを当てた進行をする事がある。
  6. ^ 「ドラマ部課外活動in品川」終わりました〜! - 2013年8月3日閲覧
  7. ^ ドラマ部第51話(2013年9月開催)にて、『最高の離婚』のロケーション場所である目黒川沿いを3名で散策した映像が公開された。
  8. ^ 2013年4月9日から同月14日まで、神保町花月で開催された。各物語のタイトルは福田恵悟が「LOVE ANOTHER MIND」、宮地謙典が「代理宣告屋」、村上健志が「発表します。好きです。」。
  9. ^ 『神保町ドラマストーリー』楽屋裏ブログ - 2013年8月3日閲覧
  10. ^ 2013年No.33号から2015年No.31号まで。「よしもとドラマ部 芸人的ドラマ批評」を基礎に、コラム名は毎度変わる形式。連載終了後は不定期で雑誌上の企画に参加している。
  11. ^ 新宿ネイキッド・ロフトでのトークライブや、課外活動公演のエンディング曲など、よしもとドラマ部の象徴的な楽曲として度々使用されている。
  12. ^ a b 「CHAGE&ASKA」は、CDシングル発売当時の表記。2001年以降の表記は「CHAGE and ASKA」である。