この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

梶原雄太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梶原 雄太
本名 梶原 雄太
ニックネーム かじ、梶原
別名義 カジサック
生年月日 (1980-08-07) 1980年8月7日(38歳)
出身地 大阪府大阪市
血液型 B型
身長 163cm
言語 日本語
方言 大阪弁
出身 吉本総合芸能学院 (NSC) 22期生
コンビ名 キングコング
相方 西野亮廣
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
配偶者 園田未来子
親族 長男・長女・次男・次女
カジサック KAJISAC
YouTube
チャンネル
活動期間 2018年10月1日 -
登録者数 790,888人
総再生回数 82,147,510回
チャンネル登録者数、総再生回数は2019年3月17日時点。
テンプレートを表示

梶原 雄太(かじわら ゆうた、1980年8月7日 - )は、大阪市都島区出身のお笑いタレント漫才コンビ・キングコングボケ担当である。相方は西野亮廣

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。太成高等学校(現太成学院大学高等学校)卒業。身長163センチメートル体重48キログラム血液型B型。2018年10月1日からYouTuberカジサック」として活動している[1][2]

プロフィール

  • 2001年『はねるのトびら』のレギュラーに選ばれる。番組内ではボケ役を担当し、相方の西野とともにリーダーシップを取ることが多かった。
  • 2003年2月から5月まで、ストレスによる病気で仕事を休養した。
  • 2003年3月、一般人女性と入籍、同年4月に挙式。
  • 2004年4月、離婚。
  • 2006年3月下旬、蜂窩織炎血管浮腫(世界的に症例が少なく、梶原が日本人で38人目)で入院。
  • 2006年、SEDAなどの読者モデルだった園田未来子と再婚。
  • 2007年、6年ぶりにM-1グランプリの決勝進出(結果は決勝3位)した際、過度のプレッシャーから円形脱毛症になり、後頭部に脱毛ができたことがあった。
  • 2007年10月、長男誕生。
  • 2009年7月、長女誕生。
  • 2012年9月、次男誕生。
  • 2016年5月、次女誕生。
  • 2018年10月1日からYouTuberとしての活動を開始する[1]。芸名はカジサックでYouTubeにチャンネル「カジサックの部屋」を開設し[2]、2019年12月末でチャンネル登録者数が100万人に届かなかった場合は芸能界を引退(同時にキングコングの解散も意味する)すると宣言している[1]
  • 2019年4月5日、YouTuber・カジサックとしての初の冠番組「カジサックのじゃないと!」が放送開始[3]

人物・エピソード

  • 漫才でも小柄な体を活かして動き回る。これは、梶原自身が「動いてないと面白くない」と言うほどである。
  • 運動神経抜群でサッカーボクシングなどの経験がある。
  • ダーツに熱中していた時期があり、芸能人ダーツ大会という企画で優勝するほどの腕前である。
  • ドラムの腕前をテレビ番組や映画『ガキンチョ★ROCK』で披露している。またダンスを得意とし、WEST SIDEではラップを担当した。
  • 難波兄弟」というユニットでCDデビューを果たしたり、『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』(日本テレビ)の企画で彼の母親を題材にしたラップ「おかん」でCDもリリースした。漫才でもラップを題材にしたネタがある。
  • 梶原の母は「おかんのじゃこ入り塩こんぶ」を発売し、ウェブサイトではおかんのおすすめレシピを公開して梶原が子供時代から親しんだ味を紹介している[4]。「おかんのじゃこ入り塩こんぶ」は2010年に『東京ウォーカー』で取り上げられるほどのものであった[4]
  • 大阪出身だが、読売ジャイアンツファンである。

出演

現在の出演作品


過去に出演した番組・作品

テレビ番組

ほか

ドラマ

CD

  • キングコング梶原「おかん」(2005年5月18日)
  • 塚地武雅堤下敦・梶原雄太「言いたいことも言えずに」(『はねるのトびら』のコント「ブサンボマスター」のCD化。2005年8月31日)
  • Variety Various×キングコング梶原「Friends」(2005年11月23日、ヒップホップユニットとのコラボレーション。『松紳』エンディングテーマ曲)
  • キングコング梶原「New Horizon 〜戦え!星の戦士たち〜」(映画『劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち』主題歌。2005年12月7日)

※全てシングルCD

PV出演

脚注

[ヘルプ]

外部リンク