片岡飛鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かたおか あすか
片岡飛鳥
生誕 (1964-10-24) 1964年10月24日(58歳)
日本の旗 日本
国籍日本の旗 日本
別名業界の帝王
出身校早稲田大学
職業とぶとりっぷ合同会社代表[1]
活動期間1988年 -
著名な実績めちゃイケ

片岡 飛鳥(かたおか あすか、男性、1964年10月24日 - )は、日本テレビプロデューサーディレクター。とぶとりっぷ合同会社代表[1]

1988年から2022年までフジテレビジョンに勤務しており、退社時は編成局制作センター第2制作室チーフゼネラルプロデューサーに就いていた。東京都新宿区出身、血液型B型。

めちゃ²イケてるッ!』の番組立ち上げ・企画・制作統括に携わったほか、『はねるのトびら』を作る片岡班(吉田正樹班から分班)を率いた。ニックネームは「業界の帝王」。

来歴[編集]

オレたちひょうきん族』に憧れ、筑波大学附属駒場高等学校を経て早稲田大学卒業後、1988年にフジテレビ入社(同期は杉尾敦弘青嶋達也八木亜希子河野景子有賀さつき笹栗実根など)。他局の同期である日本テレビアナウンサー村山喜彦や元大王製紙代表取締役社長の井川意高は高校の同級生である。フジテレビ入社後は念願叶い、横澤彪率いるひょうきん族スタッフ組に配属され、ADとして活動をスタートさせる。

ADとして、明石家さんまウッチャンナンチャンダウンタウンなどの番組に関わった後、『新しい波』でナインティナインよゐこ極楽とんぼオアシズと出会い、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』が出演者の死亡事故で打ち切り後、『とぶくすり』→『めちゃ²モテたいッ!』→『めちゃ²イケてるッ!』と着実にステップアップ。『めちゃイケ』はメンバーの不祥事で放送自体が危ぶまれたものの、2006年10月7日の放送で満10周年を迎え、『ひょうきん族』を上回った。さらに2016年10月8日には満20周年を迎え、土曜8時時間帯では『8時だョ!全員集合』の16年の記録を抜き大きく上回った。(なお同年7月30日には、10年間謹慎していた山本圭壱が『ゴクラク少年愚連隊』で番組に出演を果たした。番組は、22年で幕を閉じた)[2]

はねるのトびら』では、『めちゃイケ』の監督格に相当する業務(演出・プロデュース)を部下である近藤真広に一任し、片岡自身は監修(2004年3月末までは、総指揮)という立場で番組に携わっている(が、2006年12月20日放送分と2007年1月3日のスペシャルはスタッフロールから消えていた)。

『めちゃイケ』での肩書・監督は番組内で演出だけでなく、いろいろな仕事に携わっている(演出プロデュース以外に、編集、ナレーション原稿作成、テロップ構成・デザイン作成等々)ことに由来。小西康弘プロデューサー異動後はプロデューサー業も兼務の総監督に。通常ならば「総合演出兼チーフプロデューサー」などのように表記されそうなところを、敢えて「総監督」と言った肩書きを使用しているところに、前述のような片岡の仕事に対するこだわりが垣間見られる。なお、他の番組においても、前述のように特番を除いて「プロデューサー」や「ディレクター」といった横文字の肩書きは原則として使用しておらず、「企画」、「監修」(スーパーバイザー)、「総指揮」(チーフプロデューサー)などを使用している。番組の編集作業には非常にストイックで、テロップを出すタイミングなど納得がいかない場合は寝食を忘れて何度もやり直しをする。数日の徹夜作業の後、番組放送直前まで編集作業をしていたこともあった。

上司だった三宅恵介の影響で、出演者やスタッフからの質問には、すべてについて合理的な説明(なぜこれを使うのか、なぜこれをやらなければいけないか等)ができるように番組作りをしており、それができないとテレビ番組は作ってはいけないという信念を持っている。[3]

2009年10月、人事異動による企画担当部長への昇進に伴い、『めちゃイケ』総監督の担当のうち演出業務を切り離して後進の戸渡和孝ディレクターに引き継ぎ、自らは企画統括(≒ゼネラルプロデューサー)に就任した。

2012年6月28日付で総合メディア開発コンテンツ事業局コンテンツ映像センター室長。

2014年6月27日付で編成制作局バラエティー制作センターチーフゼネラルプロデューサー。

2016年6月28日付で制作局第2制作センターチーフゼネラルプロデューサーを兼務。

2018年4月30日付でコンテンツ事業局コンテンツ映像センター室長を解かれ、第2制作室チーフゼネラルプロデューサー専任となる。

小西の異動以降、『めちゃイケ』では中嶋優一がプロデューサーに昇格するまでの約6年間、スタッフロール上ではプロデューサーが不在の状態が続いた。テレビ番組の製作現場においてプロデューサーが不在となる例は極めて珍しい(他に類似例として読売テレビで放送されていた『芸恋リアル』の制作担当者が、総合演出兼チーフプロデューサー1名と複数名のAPのみの、事実上プロデューサー不在の体制で制作されていたことがある程度である)。ただし、雑誌でのインタビュー記事や番組で起こした不祥事に対する謝罪文においては、「プロデューサー・片岡飛鳥」との肩書きを使用していたこともある。

2018年11月18日、「片岡飛鳥」を名乗るTwitterアカウントが「12月22日にめちゃイケが復活する」 旨のツイートを投稿し、広く拡散された。ところが、番組の構成を担当していた伊藤正宏が当該アカウントが偽物でありツイート内容も虚偽である事をツイートしたほか、フジテレビの企業広報室も取材に対して同様の否定をした。その後、当該のアカウントは削除された[4]

2022年、50歳以上を対象とした早期退職制度に応募していたことが分かった[5]。その際、フジテレビを退社して制作プロダクションを立ち上げることが同年2月にスポーツニッポンによって報じられた[6]週刊文春は同年3月末をもって退職したと報じており、片岡本人もコメントで退職を認めている[7]

2022年6月10日 「とぶとりっぷ合同会社」を設立。

担当番組[編集]

過去[編集]

27時間テレビにおいては、2005年以後(2007年を除く)も監修として関与し、2008年は本部プロデューサーを担当。2015年には総監督(≒総合演出兼ゼネラルプロデューサー)を担当した。

舞台[編集]

元・片岡飛鳥班[編集]

  • 戸渡和孝
    2022年現在は編成制作局バラエティ制作センター室長。『めちゃ²モテたいッ!』→ 『めちゃ²イケてるッ!』のディレクターを担当。2009年10月からは総合演出を務めた。2021年6月までは部長。2022年6月までは編成制作局制作センター第2制作室局次長職・ゼネラルプロデューサー。
  • 明松功
    2020年頃には営業局首都圏営業センターローカル営業部企画担当部長。『めちゃ²イケてるッ!』ではAD→ディレクター→チーフプロデューサーを歴任した。 2022年のフジテレビ早期退職制度を片岡飛鳥同様利用して、2022年4月、電通の中尾孝年と組んで合同会社KAZA2NAを設立した。
  • 中嶋優一
    2022年現在は編成制作局バラエティ制作センター部長。『めちゃ²イケてるッ!』ではAD→AP→プロデューサーを歴任した。2022年6月までは編成制作局第2制作室企画担当部長・チーフプロデューサー。
  • 近藤真広
    2020年現在は編成制作局制作センター第二制作室チーフプロデューサー。『めちゃ²イケてるッ!』では番組開始初期から終了までディレクターを担当。『はねるのトびら』では総合演出を務めた。
  • 松本泰治(フリーディレクター、元アズバーズ所属、現LINGUS代表者)
  • 北村要(フリーディレクター)
  • 遠藤達也(STAYTUNED所属)
    『めちゃ²イケてるッ!』『はねるのトびら』でディレクターを担当。
  • 宮崎孝幸(STAYTUNED所属)
  • 大平智恵(スクラッチ所属)
  • 谷口大二
    吉田正樹→三宅恵介班所属。『めちゃ²イケてるッ!』でディレクターを担当した後、2009年にネットワーク局に異動、その後BSフジ編成部員を経て、2022年4月フジテレビに帰属。現在は『ネタパレ』のプロデューサーを担当。
  • 北沢建一
    佐藤義和→吉田正樹班所属。『ダウンタウンのごっつええ感じ』『笑う犬の生活』のディレクターを担当していたが、演出を務めていた『感じるジャッカル』の終了後に片岡班に移籍。『めちゃ²イケてるッ!』のディレクターを担当した。
  • 当麻晋三
    ふくらむスクラム!!』→ 『1ばんスクラム!!』演出。2022年現在は『ジャンクSPORTS』ほかを担当。
  • 福山晋司
    ピカルの定理』演出。その後営業局営業推進センター営業推進部を経て、2022年現在は編成部所属。
  • 日置祐貴
    『ピカルの定理』ディレクター、『バチバチエレキテる』演出などを経て、2022年現在は『呼び出し先生タナカ』『IPPONグランプリ』ほかを担当。
  • 北山拓
    2022年現在は『ENGEIグランドスラム』、『ツギクル芸人グランプリ』を担当。
  • 山田賢太郎
    『はねるのトびら』末期のディレクター。『恋愛総選挙』『指原カイワイズ』などを経て、2022年現在は『VS魂グラデーション』ほかを担当。
  • 冨田直伸
    『めちゃ²イケてるッ!』末期のディレクター。『新しい波24』→『AI-TV』などを経て、2022年現在は『トークィーンズ』ほかを担当。
  • 飯村徹郎
    E村Pのモデル。現在はデジタルマーケティング推進部所属。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b とぶとりっぷ(2022年10月26日閲覧)
  2. ^ 最終回から1年 『めちゃイケ』片岡飛鳥の告白「山本圭壱との再会は最後の宿題だった」”. 文春オンライン(文藝春秋). p. 5 (2019年3月30日). 2019年4月10日閲覧。
  3. ^ 御影屋HP(高須光聖と片岡飛鳥の対談)より。オレたちひょうきん族のコント設定で鍛えられてきた。
  4. ^ めちゃイケ「年末に復活」噂がネット拡散 「岡村がU.S.A.踊る」...フジテレビに確認した”. J-CASTニュース (2018年11月19日). 2019年5月29日閲覧。
  5. ^ フジテレビ 早期退職に元アナウンサー野島卓氏、境鶴丸氏、「ガリタ食堂」の明松功氏ら約60人応募”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2022年2月18日). 2022年2月18日閲覧。
  6. ^ 「めちゃイケ」生みの親 フジ早期退職、名物プロデューサー・片岡飛鳥氏 制作会社設立へ”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2022年2月18日). 2022年2月18日閲覧。
  7. ^ フジテレビ「めちゃイケ」“パクリ問題”に加藤浩次が「衝撃の一言」”. 文春オンライン (2022年6月11日). 2022年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]