快傑えみちゃんねる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
快傑えみちゃんねる
ジャンル トーク番組 / バラエティ番組
出演者 上沼恵美子
大平サブロー
ほか
ナレーター 前塚あつし
製作
プロデューサー 梅田一路(関西テレビ)
今橋叔子(クラッチ.
制作 関西テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
番組開始から2008年度まで
放送期間 1995年7月10日 - 2009年3月23日
放送時間 月曜日 19:00 - 19:55
放送分 55分
2009年度から2018年度まで
放送期間 2009年4月3日 - 2019年3月29日
放送時間 金曜日 19:00 - 19:57
放送分 57分
2019年度から
放送期間 2019年4月5日 -
放送時間 金曜日 19:00 - 20:00
放送分 60分
回数 番組開始から通算で1000回
公式サイト

特記事項:
放送回数は番組開始からの通算であるが、2019年3月1日時点のもの。
テンプレートを表示

快傑えみちゃんねる』(かいけつえみちゃんねる)は、関西テレビ(カンテレ)で放送されているトークバラエティ番組で、上沼恵美子冠番組1995年7月10日放送開始。開始当初は関西ローカルで放送されていたが、FNSの一部系列局および関東地方・東海地方の独立局でも放送されている[1]

関西テレビでの放送時間は番組開始から2009年3月までは毎週月曜日 19:00 - 19:55、2009年4月から2019年3月までは毎週金曜日 19:00 - 19:57、2019年4月からは毎週金曜日 19:00 - 20:00(JST)。ハイビジョン製作・ステレオ放送で、FNS系列局[2]では文字多重放送による字幕放送を行っている。

2019年3月で放送1000回を迎えた[3]。2018年に関西テレビ開局60周年を記念して実施された「関西人1万人が選ぶカンテレ人気番組ベスト20」でも第1位に輝いている[4]

概要[編集]

司会は上沼恵美子と大平サブロー。毎回数名のゲストと共にテーマ別のトークを行うバラエティ番組である。

最高視聴率は21.3%(ビデオリサーチ調べ、関西地区・世帯・リアルタイム)[5]

当初は上沼とゲストが一対一でトークを行う内容であったが、2000年代以降は複数のゲストを呼んでトークを行う形式に変更された。番組セットは正面から見て左側に司会、ゲストは右側に座る配置で『アメトーーク!』とほぼ同じ配置となっている。

出演するゲストは多岐に及び、普段バラエティ番組に出演しない俳優がたびたび登場している。若手芸人については上沼が『M-1グランプリ』の審査員を務めている関係から、同大会のファイナリストが出演することが多い[6]

例年元日(2009年は2日)は2時間の「正月スペシャル」を放送している(ただし生放送ではなく年末に収録が行われているため、放送日は地方により異なる)。

2010年6月25日に番組初の生放送で90分SPを放送した。

本番組のネット状況の概況[編集]

本番組は過去(月曜時代)に制作局と同時ネットとしたことのある遅れネット局もあるが、金曜に枠移動後、本番組の差し替えとなっているフジテレビの同時間帯の番組の同時ネットを離脱し、通常編成時には本番組の同時ネットに切り替える系列局が出ている(本番組は2回目の枠拡大後直後の時点で2局同時ネット)。

関東広域圏での放映権は系列キー局のフジテレビが本番組開始から長らく有していなかったため、同広域圏では圏内の県域独立局の一部を通じて放送されており、直近では2014年4月5日 - 2019年2月2日にテレビ埼玉とTOKYO MX(ただし、MX2〈SD画質・092ch→093ch〉)にてネットしていた。2019年2月7日 - 22日に関東広域圏全域で系列キー局のフジテレビを通じて、『メディアミックスα』枠(月 - 金曜日15時50分 - 16時50分)にて遅れ集中ネットを実施[7]。なお、フジテレビでのネット開始に伴う関東広域圏の放映権の関係から、フジテレビがネット期間中には関東広域圏内の独立局2局でのネットが不可となるが、フジテレビでのネット一旦終了後の同月23日にはテレビ埼玉・TOKYO MX(ただし、MX2〈SD画質・093ch〉)でのネットを打ち切り前と同じ放送日時にて再開[8][9]

また、東海広域圏では在名系列局の東海テレビで放送されていた時期があるも、現在では同局が本番組の放映権を有しておらず、同圏内の県域独立局全2局での放送となっている(愛知県には在名基幹局であるテレビ愛知が県域局として置局があるも、テレビ東京系列局であって、県域独立局の置局がないため、愛知県では現在放送されていない)。

出演者[編集]

MC[編集]

レギュラー[編集]

ナレーション[編集]

過去のレギュラー[編集]

エンディング曲[編集]

  • 『笑顔を咲かせましょう』 唄:上沼恵美子、作詞・作曲:つんく(月曜時代に次番組であるHEY!HEY!HEY!でゲストで出演したとき司会であるダウンタウンとのトークバトルを展開していた)
  • 『コスモス揺れて』 唄:上沼恵美子、作詞:かず翼、作曲:円広志
  • 『泡盛心中』 唄:上沼恵美子、作詞:宮城常雄、作曲:宮城衛

主なスタッフ[編集]

2019年11月8日時点
  • 構成:二宮一泰、山下由香里、東江和佳子、根宜利彰、ゆじぇーろ
  • TD:横山和明(カンテレ、以前はCAM)
  • VE:松岡泰助(カンテレ)
  • CAM:西村武純(カンテレ)
  • MIX:赤澤和伸(カンテレ、以前はMA)
  • MA:野村理恵(カンテレ)
  • LD:中村貴志(カンテレ)
  • 音響・照明:大阪共立
  • 編集:清水慎恭(カンテレ)、阿部竜也
  • 美術制作:岡崎忠司(カンテレ)
  • デザイン:萩原英伸
  • 美術進行:磯本則和
  • 装置:つむら工芸
  • 装飾:萬浪隆史
  • 電飾:増本正寿
  • 衣装:田中由紀
  • メイク:パウダー
  • 効果:西原長治
  • タイトル:三波和子
  • スタイリスト:井谷祐子(シェル)
  • 編成:前洋平(カンテレ)
  • 宣伝:長谷川由紀(カンテレ)
  • CG:谷信之
  • イラスト:榎本よしたか、ひろぽん
  • 協力:FULL HOUSEStep
  • 制作協力:クラッチ.
  • AD:小林潤也、西田墨、酒井椋平(カンテレ)、戸田千遥、平本拓也、片岡実優、水島陸
  • AP:清水美希(クラッチ.)
  • ディレクター:重信好輝(クラッチ.)、宮内宏輔(キューマン)、稲子太輔(キューマン)、近藤匡・森本真史・吉岡治郎(カンテレ)(近藤・稲子・森本→以前はAD)
  • プロデューサー:梅田一路(カンテレ、以前はディレクター)、今橋叔子(クラッチ.)
  • 制作著作:関西テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:純子ポッキー
  • TD:片山勝・朝倉康博(関西テレビ)
  • CAM:有本龍介・菊池幸雄・鈴木智雄・芳山貴勇(関西テレビ)、中山秀一(カンテレ)
  • VE:大須賀朋尚・山本倫久・松井勝正・帆足聡一郎・松浦洋輔(関西テレビ)、中島知晶(カンテレ)
  • MIX・MA:坂田常夫・長谷川周作・小野浩一・宮島雅俊(関西テレビ)
  • MIX:井田憲吾(関西テレビ)、寺島(嶋)紀雄(カンテレ、以前はMA)
  • LD:中島啓・大西祐輔(関西テレビ)、金子宗央(カンテレ)
  • 編集:岩佐周悟・伊部勇作・川合尉嗣・堀田秀治・沖野裕之・岡部真理子(関西テレビ)
  • MA:中島貴志(カンテレ)
  • 素材MA:衛藤恒明
  • 効果:芝原重來、三浦智子
  • 美術制作:古江薫・西川夏子・杉山茂光(関西テレビ)
  • 美術進行:喜多謙治、青木繁、吉田哲也
  • 装置:小橋健司
  • 装飾:秋丸弘美、中森正啓
  • 衣装:岡本忠治
  • 装花:山本幸一、山藤園芸
  • タイトル:西村厚、新開融、兵頭和也、広田真吾
  • スチル:安村のぞみ、テレビフォト工房
  • アシスタント:川端貴美子
  • 技術協力:テレプロ・カム、マウス、D&Lくまもと、Express、rebirth、D-mind、東通インフィニティーイングス戯音工房
  • 制作協力:スタッフ21(初回から2005年3月まで)、x1エックスワン、オンタイム。
  • 編成:中村道郎(関西テレビ)
  • 宣伝:川上翔子(関西テレビ)
  • AD:河西秀幸(関西テレビ)、奥村泰弘、吉川亮太(関西テレビ)、三浦未来、奥村奈美、吉田一世、江嶋ちほみ
  • ディレクター:安藤和久・中澤健吾・乾充貴・泉雄介・植原脩(関西テレビ)、友岡伸介(カンテレ)、永峰修治・牧野直行(スタッフ21)、片平諭(オンタイム。)
  • プロデューサー:喜多隆・旗啓祝・小川悦司・加藤雅也(関西テレビ)、水野伸宏(D-クラッチ.)、長谷川豊(エックスワン)
  • チーフプロデューサー:矢野浩之・堀切八郎(関西テレビ)

ネット局[編集]

  • あくまでローカルセールス枠での放送のため、制作局であっても、同時間帯のフジテレビの番組を同時ネットするためや、自社制作のプロ野球阪神戦中継放送のための休止がある。さらに、各ネット局の都合で臨時非ネットとすることがある。プロ野球中継が休止になった時は臨時で坂上どうぶつ王国を同時ネット配信にする事がある。
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット状況 備考
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) フジテレビ系列 金曜 19:00 - 20:00 制作局
愛媛県 テレビ愛媛(EBC) 原則同時ネット [10]
北海道 北海道文化放送(uhb) フジテレビ系列 土曜 13:00 - 13:58 遅れネット [11]
石川県 石川テレビ(ITC) 日曜 12:00 - 13:00 [12]
島根県・鳥取県 山陰中央テレビ(TSK) 土曜 14:00 - 15:00 [13]
岡山県・香川県 岡山放送(OHK) 土曜 16:00 - 17:00 [14]
広島県 テレビ新広島(tss) 土曜 16:00 - 16:55 [15]
高知県 高知さんさんテレビ(KSS) 土曜 13:00 - 14:00 [16]
福岡県 テレビ西日本(TNC) 日曜 13:00 - 13:57 [17]
長崎県 テレビ長崎(KTN) 土曜 16:25 - 17:25 [18]
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
水曜 09:50 - 10:50 [19]
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
火曜 10:45 - 11:45
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列 土曜 15:45 - 16:45 [20]
埼玉県 テレビ埼玉(TVS) 独立局[21] 土曜 16:00 - 17:00 [22]
東京都 TOKYO MX(MX) 土曜 15:00 - 15:55 [23][24]
岐阜県 岐阜放送(GBS) 水曜 20:00 - 20:57 [25]
三重県 三重テレビ(MTV) 木曜 20:54 - 21:50 [26]
日本全国 日本映画専門チャンネル CS放送 土曜未明(金曜深夜) [27]

過去のネット局(不定期放送局も含む)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一部の地域の新聞のテレビ欄などでは、番組名を「えみちゃんねる」などと省略して書かれているケースもある。
  2. ^ トリプルネットのテレビ宮崎も含む。
  3. ^ 上沼恵美子の「えみちゃんねる」放送1000回、頂上から見える景色楽しみたい お笑いナタリー 2019年2月28日
  4. ^ 関西人1万人が選ぶカンテレ人気番組ベスト20 1位は快傑えみちゃんねる デイリースポーツ 2018年11月17日
  5. ^ 関西テレビ放送開局50周年記念番組「感謝!感激!カンテーレ!50年だよおかげさまスペシャル」内のVTRより。
  6. ^ M-1決勝の中継では、上沼が無名の漫才師を絶賛した際、司会の今田耕司から「えみちゃんねる出演決まったで~」とやり取りをするのが定番となっている。
  7. ^ フジ夕方枠で関西の人気バラエティー「快傑えみちゃんねる」初放送!異色の編成に注目 Sponici Annex 2019年2月5日発行、同日閲覧。
  8. ^ 週間番組表 テレビ埼玉 2019年2月11日閲覧。
  9. ^ TIME TABLE 2019.2 東京メトロポリタンテレビジョン 2019年1月31日閲覧。
  10. ^ 以前はスポットで不定期に放送されていたが、後にレギュラー放送となった。2009年3月19日の放送をもって打ち切られ、2010年10月に金曜15:05 - 15:59にてネット再開。2011年4月に土曜14:00 - 15:00に移動したが同年8月から放送されなくなった。2017年2月5日から2018年4月1日までは日曜 12:00 - 13:00に放送されていた。2018年4月27日からは原則同時ネットに変更。ただし、フジ同時ネット等で休止した場合は、調整のため臨時で録画放送の場合もあり。
  11. ^ 2018年4月7日から放送再開。1999年11月から2001年3月までにも遅れネットで放送していた時期がある。
  12. ^ 何度も枠移動を繰り返しているが、2013年9月22日からはこの日時で放送している(参考:イチオシ番組 石川テレビ 2013年9月14日閲覧)。北信越エリアで唯一のネット局。
  13. ^ 過去に2006年1月から同年3月まで放送有り。2017年10月7日より放送再開。正午の番組によって開始時間が多少前後する場合がある。
  14. ^ 2015年3月までは土曜 12:00 - 13:00。ただし、2018年3月16日放送分は同時ネットで放送。
  15. ^ 2017年3月までは土曜 16:00 - 16:57に放送されていた。また、平日夕方の枠で放送される場合もある。
  16. ^ 過去に関西テレビと同時ネットしていた時期や日曜15:05 - 16:00に放送していた時期があった。2010年9月までは土曜 12:55 - 13:55に放送されていた。
  17. ^ まれに編成の都合上、13:00 - 14:00に設定される場合もある。
  18. ^ 以前は土曜 10:25 - 11:25に放送されていた。
  19. ^ 2000年4月4日から長年続いた『発掘!あるある大事典II』の遅れネットを放送していたが、番組が打ち切られたことにより、つなぎの番組として2007年1月23日 - 4月10日に火曜14:05 - 15:00に放送した。2010年9月までは金曜9:55 - 10:50に不定期で放送され、2010年10月5日からは木曜 9:50 - 10:50で放送再開された。2016年4月15日より2019年3月まで制作局と同時ネットで放送。2019年4月から再度遅れネットに移行。
  20. ^ かつて毎週金曜日に放送していた時期があったが(開始時期不明-2007年頃まで)、2015年10月から再開。
  21. ^ 日本民間放送連盟 放送関連データテレビネットワーク
  22. ^ 2019年2月23日にネット再開。2014年4月5日 - 2019年2月2日にも再開後と同曜日・時刻にて放送していた。2014年3月以前での同時間帯は『たかじん胸いっぱい』を放送していた。再開までの期間(2回)は週ごとに自主編成を実施。
  23. ^ 2019年2月23日にネット再開し、MX2(093ch、サブチャンネル)での放送(打ち切り前と同じ曜日・時刻・チャンネルで放送)。2014年4月5日 - 2019年2月2日にも放送していた。MX2(092ch→093ch、サブチャンネル)での放送。再開までの期間は関西テレビ制作『やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です』を放送。
  24. ^ 打ち切り前は土曜 14:00 - 14:56→土曜 7:00 - 7:55→土曜15:00 - 15:55に移動しながら放送していた。
  25. ^ 2013年7月 - 12月の間も放送していた。2014年4月7日より月曜 20:00 - 20:54で放送再開。2017年4月5日より現在の時刻で放送。
  26. ^ 2016年3月まで土曜 21:00 - 21:56に放送。2016年4月14日より現在の時刻で放送。
  27. ^ 2018年7月8日(7日深夜)放送開始。「ご当地 高視聴率バラエティ"イッキミ"」の1枠として放送。

外部リンク[編集]

関西テレビ 月曜19:00 - 19:55
前番組 番組名 次番組
快傑えみちゃんねる
(1995年7月10日 - 2009年3月23日)
関西テレビ 金曜19:00 - 19:57
さんまのまんま
※19:00 - 19:29
【土曜13:56 - 14:25枠に移動して継続】
ムハハnoたかじん
※19:29 - 19:57
快傑えみちゃんねる
(2009年4月3日 - )
-
関西テレビ 金曜19:57 - 20:00
金曜プレミアム
(通常時はフジテレビ制作)
※19:57 - 21:49
【3分繰り下げ・短縮して継続】
快傑えみちゃんねる
(2019年4月5日 - )
-