クイズ!家族でGO!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クイズ!家族でGO!!
ジャンル クイズ番組
放送時間 水曜 18:55 - 19:54(59分)
放送期間 2004年10月13日 - 2004年12月15日(7回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
製作総指揮 中野伸二(チーフプロデューサー)
演出 金原伸介
北野弘(総合演出)
プロデューサー 徳山竜一
松葉直彦
春名康好
出演者 三宅裕司
八木早希
加山雄三
萬田久子
ベッキー
佐津川愛美
キングコング
ナレーター 滝口順平
音声 モノラル放送(モノステレオ放送)
テンプレートを表示

クイズ!家族でGO!!』(クイズ かぞくでゴー)は、2004年10月13日から同年12月15日までTBS系列局で放送されていた毎日放送制作のクイズ番組である。全7回。放送時間は毎週水曜 18:55 - 19:54 (日本標準時)。

概要[編集]

番組は11月3日・10日・17日の特別番組編成をはさんだ後、11月24日放送分(第4回)で一度はリニューアルした。しかし、同年12月15日放送分(第7回)をもって番組は3カ月で終了した。クイズは実質6回。最終回(第7回)は、参加できなかった家族へのプレゼント企画だった。

出演者[編集]

MC[編集]

アシスタント[編集]

ナレーター[編集]

「加山家」チーム[編集]

10月13日(第1回) - 10月27日(第3回)の番組内容[編集]

一般視聴者の家族2組と、加山雄三率いる「加山家」チームが個人戦・団体戦クイズで得点を競う。各コーナーでトップの成績を取ったチームは、数種類の賞品から一つを選び、商品獲得ゲーム「パパキャッチャー」フィールドにその賞品カプセルを投入することができる。

最終的に3組の中で一番総合得点の高かったチームが「パパキャッチャー」に挑戦できる。

各コーナーの説明[編集]

クイズ!親の偏差値
連続で出題される筆記クイズ。お父さんとお母さんがそれぞれ5問ずつ挑戦する。
クイズ!今どきのオトナ
世の中のお父さんお母さん1万人のインターネットアンケートから出題される多数派当て2択クイズ。子供たちが5問挑戦する。
クイズ!家族におまかせ
各家族の解答者3人のうち、誰が正解しているかを「指名者」が予想するクイズ。「指名者」は第1回ではお母さんに固定されていたが、第2、3回で交代制となった。
イメージポーカー
あるお題に対するイメージを家族で答える。全員の答えをポーカーゲームに見立てて、一致すればするほど高得点を獲得できる一発逆転クイズ。

11月24日(第4回)からの番組内容[編集]

一般視聴者家族と「加山家」チームが一対一の対決。勝利したチームが「パパキャッチャー」に挑戦する。1週で加山家に挑戦できる一般家族は最大2組。

各コーナーの説明[編集]

おみやげクイズ
一般家族から加山家へのおみやげを賭けたパーソナルクイズ。加山家が正解した場合にはおみやげを獲得する。第4回放送ではこのクイズにポイントが懸かっていたが、その後の放送ではおみやげだけとなっている。
ファミリーファイト
家族全員参加による早押しクイズ。時々解答者が指名されることがあった。5問先取で勝ち。
ファイナルステージ
9種類用意されたクイズからルーレットで選び出されたクイズを使って最終決戦を行う。12月1日放送分(第5回)で使用されたクイズは以下の通り。
家族のホンネ100!
あるアンケートの結果から出題されたクイズをぴったし カン・カン形式で答える。ただし、最終問題のみ全員による筆記クイズ。
イメージポーカー
基本的にリニューアル前と一緒だが、1問目は父親に合わせる。2問目は母親に合わせる。そして最終問題は家族全員で合わせる。

パパキャッチャー[編集]

前期(第1回 - 第3回)には3組の中から総合得点が高かった家族が、後期(第4回 - 第7回)には勝利した家族が挑戦。天井から吊り下げられたお父さん(大きなスポンジ製の手袋と靴を着用)を、UFOキャッチャーの要領で家族がコントロールして賞品の入ってるカプセルを取る。賞品のカプセルには音楽ギフト券、最新電化製品のほか、トヨタ・プリウス(を貰える権利)、近畿日本ツーリスト協賛のハワイ旅行(を貰える権利)、賞金100万円などが入っていた。特に狙ってくる確率が高いプリウス、ハワイ旅行、100万円などは掴みにくい特大のカプセルに入れられていた。

前期にはチャンスが2回あり、1回目に失敗した場合のみ2回目に挑戦することができた。しかし、後期に入るとチャンスが1回だけに減らされた。「加山家」が勝利してパパキャッチャーに挑戦した場合、獲得した賞品は視聴者プレゼントとなる。

スタッフ[編集]

  • 構成:都築浩村上卓史たむらようこ、稲原誠、松井尚、木崎徹
  • クイズ制作:矢野了平、田中利明、藤本裕
  • スタジオ技術
    • TP:深谷高史
    • TD:小川利行
    • CAM:宮崎健司
    • VE:宮本学
    • AUD:本間祥吾
    • LD:藤井梅雄
  • 音響効果:井田栄司、阿部宰
  • TK:浜川久美
  • 編集:波江野剛
  • MA:坂井真一
  • 協力:ニユーテレスFLTサウンズアートオムニバス・ジャパン砧スタジオ
  • 美術
    • 美術プロデュース:杉川廣明
    • デザイン:きくちまさと
    • 美術進行:小山千香子
    • 大道具製作:葛西剛太
    • 大道具操作:三谷陽介
    • アートフレーム:菅沼和海
    • システム装置:日下信二
    • アクリル装飾:村元あけみ
    • 電飾:谷口雅彦
    • フラワーオブジェ:根本由美子
    • マルチ:丸山明道
    • 装飾:TMS
    • メイク:瀬下由紀、福島久美子
  • 美術協力:フジアール
  • ブロードキャストデザイン:ケネックジャパン
  • イラスト:グレートインターナショナル
  • ホームページ:横山孝文、菊地崇、加々本裕樹
  • スタイリスト:梅原ひさ江、黒田匡彦、末高陽子、ミニーコーポレーション
  • リサーチ:スコープ
  • 制作進行:永田修一
  • 制作デスク:山崎文菜
  • 演出補:小野哲司、海徳俊治、前田亜紀、小林充、山崎雄次郎、佐藤由梨
  • フロアディレクター:黒田源治、中谷徳秀、岡田純一
  • ディレクター:長尾政彦(毎日放送)、袰川斉、卯目速人、平野隼人、金原伸介、谷口欽也、牧田潤也、野溝友也、山崎敦基、斎藤充崇、高城秀彦、逸見忠利
  • 総合演出:北野弘(毎日放送)
  • プロデューサー:徳山竜一(東北新社)、松葉直彦(テレビマンユニオン)、春名康好(ザ・ワークス)
  • チーフプロデューサー:中野伸二(毎日放送)
  • 制作協力:東北新社テレビマンユニオンTHE WORKS
  • 製作著作:毎日放送

外部リンク[編集]

毎日放送製作・TBS系列 水曜18:55枠
前番組 番組名 次番組
あったか生活!秘伝!カテイの魔法
(2003年4月16日 - 2004年9月8日)
クイズ!家族でGO!!
(2004年10月13日 - 2004年12月15日)
絶景の楽園
(2005年1月12日 - 2005年1月26日)