吉本せい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉本せい
吉本せい.jpg
生誕 1889年12月5日
兵庫県明石市
死没 1950年3月14日(60歳)
職業 吉本興業創業者、芸能プロモーター
配偶者 吉本吉兵衛

吉本 せい(よしもと せい、1889年12月5日 - 1950年3月14日)は、吉本興業創業者、芸能プロモーター

人物[編集]

  • 1889年12月5日、兵庫県明石市で米穀商の三女(第4子)として出生。
  • 1910年4月の20歳の時に、大阪市東区(現・中央区)内本町橋詰町の「箸吉(はしよし)」の息子吉本吉兵衛(通称:吉本泰三)と結婚(実際には1907年12月の18歳のころから結婚生活であった)。「箸吉」は、高級料亭にを納める老舗荒物問屋であった。
  • 1912年明治45年)4月1日、夫婦で天満八軒[注釈 1]の一つ「第二文芸館」を買収し、寄席経営をはじめる。
  • 1913年大正2年)1月、大阪市南区笠屋町(現・大阪市中央区東心斎橋)に「吉本興行部」を設立。
1948年、創業者の吉本せい
  • 1932年昭和7年)3月1日に吉本興行部を改組する形で「吉本興業合名会社」を発足。
  • 1948年1月7日、吉本興業合名会社から「吉本興業株式会社」に改組。会長に就任。
  • 1950年3月14日、肺結核で死去。享年60。

親族ほか[編集]

  • 実弟は林正之助東京吉本社長も務めた林弘高がいた。
  • 夫・吉兵衛とは1924年に死別。吉兵衛との間には吉本穎右ら2男6女を儲けているが、穎右(1947年、24歳没)ほか多くは早世している。
  • 穎右は笠置シヅ子と交際していた。ただしせいが当初反対したことや、穎右自身の早世により結婚には至らなかった。両者の間には、せいの孫にあたる女児(亀井エイ子)が生まれている。

家族一覧[編集]

  • 長女:吉本喜代子 明治43年(1910年)11月6日 - 大正9年(1920年)/大正10年(1921年)
  • 次女:吉本千代子 明治44年(1911年)11月17日 - 明治44年(1911年)11月27日
  • 三女:吉本峰子 大正3年(1914年)1月14日 - ?
  • 四女:吉本吉子 大正5年(1915年)4月12日 - 大正6年(1916年)年
  • 五女:吉本幸子 大正9年(1920年)9月3日 - ?
  • 六女:吉本邦子 大正11年(1922年)7月6日 - ?
  • 長男:吉本泰之助 大正6年(1916年)12月1日 - 大正8年(1918年)
  • 次男:吉本泰典 大正12年(1923年)10月26日 - 昭和22年(1947年)5月19日

登場作品[編集]

以下は、せいをモデルとしたフィクション上の人物も含む。

小説[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

歴史ドキュメンタリー[編集]

  • BS-TBSにっぽん!歴史鑑定』2017年11月6日放送#134「吉本興業創業者・吉本せいの真実」吉本せいの生涯を特集した歴史番組 

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 天満八軒は昔、飲食店や土産物屋が立ち並ぶ8軒の寄席が集まったことから、大阪の人々はそう呼んでいた。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:

(前身:吉本興業部 吉本吉兵衛)
吉本興業
社長
初代:1932年 - 1948年
次代:
林正之助