矢野誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢野 誠一(やの せいいち、1935年3月18日 - )は、日本の芸能評論家、エッセイスト。東京市代々木八幡出身[1]。歌舞伎学会、日本文芸家協会会員[2]都民劇場理事、早川清文学振興財団理事[3]

麻布中学校[4]麻布高等学校卒業。中学時代から「映画研究部」に所属し、先輩に山際永三福田善之和泉二朗佐藤重臣らがいた[5]。1956年、文化学院卒業。

劇団三期会(のちの東京演劇アンサンブル)の演出部に所属。1962年、8代目桂文楽6代目三遊亭圓生5代目柳家小さんなど、戦後屈指の名人を一堂に集めた「精選落語会」(イイノホール)をプロデュース(~1968年)[6]。1967年「上方寄席’67」「東西交流落語会」の制作・企画で芸術祭奨励賞[7]

落語を中心として評論活動を行なっている。1969年から東京やなぎ句会に参加し、俳号は「徳三郎」。

5代目春風亭柳朝7代目(自称5代目)立川談志3代目古今亭志ん朝5代目三遊亭圓楽を「若手四天王」と命名した[8]

作家の夏堀正元は従兄弟[9]

受賞[編集]

著書[編集]

  • 「落語遊歩道」協同企画出版部 1967 
    • 「落語と歩く 鑑賞三十一話」河出文庫 
  • 「落語」三一新書 1970
  • 「落語 長屋の四季」読売新聞社 1972
  • 「芸能歳時記」三一書房 1973
  • 「私の信条」現代創造社 1978
  • 「にっぽん芸人気質」レオ企画 1979 
    • 「にっぽん藝人伝」河出文庫 
  • 「古典落語」駸々堂ユニコンカラー双書 1979
  • 志ん生のいる風景」青蛙房 1983(のち文春文庫)
  • 「芸能語典」青蛙房 1984
  • 「さらば、愛しき芸人たち」文藝春秋 1985 のち文庫 
  • 「落語長屋の知恵」青蛙房 1986
  • 「フルイコの酒場」大陸書房 1986
  • 「女興行師吉本せい 浪花演芸史譚」中央公論社 1987 のち文庫、ちくま文庫
  • 「落語手帖」駸々堂出版 1988(のち講談社+α文庫 1994、加筆・訂正して 講談社 2009)
  • 「落語読本 精選三百三席」文春文庫 1989
  • 「門番氏の手紙」三一書房 1990
  • 「落語は物語を捨てられるか」新しい芸能研究室 1991
    • 「志ん生の右手」河出文庫
  • 「落語食譜」青蛙房 1992
  • 「落語長屋の四季の味」文春文庫
  • 円生とパンダが死んだ日」 青蛙房 1993
    • 「酒場の藝人たち 林家正蔵の告白」文春文庫
  • 「酒と博奕と喝采の日日 さらば、愛しき芸人たち2」文藝春秋 1995 のち文庫 
  • 「落語商売往来」白水社 1995
    • 「落語長屋の商売往来」文春文庫
  • 「芝居歳時記」青蛙房 1995
  • 戸板康二の歳月」文藝春秋 1996 のちちくま文庫 - 尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞を受賞
  • 「落語家の居場所 わが愛する芸人たち」日本経済新聞社1997 のち文春文庫
  • 「文人たちの寄席」白水社 1997 (のち文春文庫)
  • 「大正百話」 文春文庫 1998
  • 三遊亭圓朝の明治』文春新書 1999 のち朝日文庫 
  • 「藝人という生き方そして、死に方」日本経済新聞社 1999
    • 「藝人という生き方」文春文庫
  • 「衣食遊住がらくた館」青蛙房 2001
  • エノケンロッパの時代」岩波新書 2001
  • 荷風の誤植」青蛙房 2002
  • 「東都芝居風土記 江戸を歩く」向陽書房 2002
  • 「二枚目の疵 長谷川一夫の春夏秋冬」文藝春秋 2004
  • 「笑わせる側の人生」青蛙房 2005
  • 森の石松に会う」青蛙房 2007
  • 「人生読本 落語版」岩波新書 2008
  • 『舞台人走馬燈』早川書房 2009
  • 『落語のこと少し』岩波書店、2009 
  • 『昭和の藝人 千夜一夜』文春新書、2011
  • 『昭和食道楽』白水社 2011
  • 『昭和の東京記憶のかげから』日本経済新聞出版社 2012
  • 『さようなら昭和の名優名人たち』日経プレミアシリーズ、2013
  • 『昭和の演藝 二〇講』岩波書店、2014 
  • 『舞台の記憶 忘れがたき昭和の名演名人藝』岩波書店、2015年 
  • 『ぜんぶ落語の話』白水社 2016年

共編著[編集]

  • 「古典落語体系全8巻」責任編集・ 江國滋/大西信行/永井啓夫/矢野誠一/三田純一、三一書房、1969 のち三一新書 のち静山社文庫
  • 「古典落語・長屋ばなし」講談社、1974
  • 「けっさく笑いばなし集」集英社モンキー文庫 1978
  • 「話がご馳走」(編著)広済堂出版 1985
  • 「深川江戸散歩」藤沢周平,‎ 大笹吉雄,‎ 水谷類,‎枝川公一共著 新潮社(とんぼの本) 1990
  • 「都新聞芸能資料集成 大正編」白水社 1991
  • 「まるまる一冊マルセ太郎」マルセ太郎,‎ 山田洋次,‎ 永六輔 他共著 早川書房 2001
  • 「都新聞藝能資料集成 昭和編 上」 白水社 2003
  • 「寄席芸・大道芸 (物語で学ぶ日本の伝統芸能)」矢野誠一+小沢昭一(監修),‎ くもん出版 2004
  • 「落語CD & DVD名盤案内」 草柳俊一共著 大和書房(だいわ文庫) 2006
  • 「志ん生讃江」(編)河出書房新社 2007

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 朝日新聞人物データベース
  4. ^ 『戸板康二の歳月』(ちくま文庫)P.187
  5. ^ 『戸板康二の歳月』(ちくま文庫)P.191
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  7. ^ 『舞台人走馬燈』著者紹介
  8. ^ 吉川潮『戦後落語史』新潮新書、24ページ)
  9. ^ 矢野誠一『荷風の誤植』(青蛙房)P.171