三代澤康司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みよさわ やすし
三代澤 康司
プロフィール
愛称 みよちゃん
出身地 日本の旗大阪府枚方市
生年月日 (1960-04-14) 1960年4月14日(58歳)
最終学歴 大阪市立大学商学部
勤務局 朝日放送テレビ
部署 編成局アナウンス部
職歴 課長→次長→担当部長→ゼネラルアナウンサー→エグゼクティブアナウンサー
活動期間 1984年 -
ジャンル 情報バラエティ番組ラジオパーソナリティ
公式サイト アナウンサープロフィール・三代澤康司
出演番組・活動
現在 ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です
過去 ワイドABCDE〜す
ラジオわろうてい
備考
ABCラジオの地デジキャプテン(2010.7- )

三代澤 康司(みよさわ やすし、1960年4月14日 - )は、朝日放送テレビ[1]のエグゼクティブアナウンサー[2]。愛称は「みよちゃん」。

人物・略歴[編集]

大阪府枚方市の生まれで、3歳から12歳までは、大阪府羽曳野市内の団地に居住。中学入学時に奈良県生駒郡平群町へ引っ越した。ちなみに、朝日放送テレビの公式サイト内のプロフィールでは、自身の出身地を「奈良県」と記載。現在は、同じ郡内の三郷町に住んでいることを公表している。

奈良県立奈良高等学校から大阪市立大学商学部へ進学。大学在学中は、落語研究会の一員として、「市大亭黄恋児」(しだいていおれんじ)の芸名で活動していた。その一方で、システムエンジニアになることを志望。卒業時にCSKへの入社が内定していたが、後に朝日放送のアナウンサー試験にも合格したことから、進路をアナウンサーに変更した。

大学卒業後の1984年に、アナウンサーとして朝日放送へ入社。同期入社組に、板井昭浩(元・プロデューサー、現・総合 ビジネス局イベント事業部長)や松原宏樹(元アナウンサー)がいる。

朝日放送への入社2年目に、ABCテレビで当時夕方に生放送されていた帯番組『YOUごはんまだ?』の木曜日と、土曜日の音楽番組『ABCヤングプラザ』へレギュラー出演。1988年より早朝の生放送番組『おはよう朝日です・土曜日です』(現在の『おはよう朝日土曜日です』)の司会を担当した。

1994年から2004年まで、平日夕方の情報番組『ワイドABCDE〜す』(後に『ワイドABCで〜す みよ缶』→『わいど!ABC』)の総合司会を10年務めた。この間、テレビの生出演と並行して、平日昼間のラジオの生放送(こころ晴天スラスラ水曜日)にも週1日掛け持ちで出演していた。

2004年10月より、土曜日早朝のラジオの生ワイド番組『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』(略称『ドキハキ』)を担当。以降、ラジオパーソナリティの活動が中心となっている。『ドキハキ』は2006年10月より、平日朝の帯番組へと放送時間が変更された。

2006年7月~9月には道上洋三の入院と療養を受けて、ABCラジオおはようパーソナリティ道上洋三です』でパーソナリティ代理(月曜日~木曜日)を担当した。

2009年頃からは、バラエティ番組『ごきげん!ブランニュ』(略称『ごきブラ』)にたびたび登場し、「ごきブラ特命係長」の肩書で身体を張ったロケ(総距離約80kmの鯖街道踏破挑戦企画など)にしばしば参加。2010年6月27日には、マラソン未経験だったにもかかわらず、『ごきブラ』の企画でサロマ湖100キロウルトラマラソンに挑戦する羽目になった(60km地点で制限時間を約3分経過したためリタイア)。その一方で、2014年には髄膜炎を発症したため、6月30日から7月15日まで『ドキハキ』のスタジオ出演やイベントへの登場を見合わせていた。

朝日放送への入社以来スポーツ実況とは無縁であったが、2017年6月15日には、『ドキハキ』の特別企画「ドキハキ史上最大の作戦 三代澤康司57歳 野球実況に挑戦!」で同番組向けにBASEBALL FIRST LEAGUE兵庫ブルーサンダーズ06BULLS戦(アメニスキッピースタジアム)の実況を担当[3]。1年後輩で現役のスポーツアナウンサーでもある中邨雄二[4]伊藤史隆[5]や、かつて高校野球中継の実況を経験していた後輩アナウンサーの柴田博から指導を受けた[6]ほか、実況には湯舟敏郎(朝日放送野球解説者)が同席した[3]

趣味・エピソード[編集]

趣味は落語や中国語の学習。プロの噺家に混じって、自ら「ちりとてちん」や「崇徳院」を高座にかけたことがある。また落語の趣味・知識を活かし、落語会の司会や、落語家との対談番組・座談会に登場することも多い。2013年10月からは、ABCラジオの演芸アーカイブ番組『ラジオわろうてい』で「席亭」(進行役)を務めた。また伊藤史隆神戸大学落語研究会出身)、戸谷公一(7年後輩のラジオプロデューサー。関西学院大学文化総部甲山落語研究会出身)と交代で、関西の演芸専門フリーペーパー「よせぴっ。」にリレーコラムを執筆している。

朝日放送入社後の1988年に、『おはよう朝日です』のアシスタントだった辰巳理香と結婚した。

森たけし読売テレビ)、柏木宏之毎日放送)、上泉雄一(毎日放送)、原田年晴ラジオ大阪)など、在阪他局に在籍する同年代のアナウンサーと盛んに交流。お互いの出演番組で、交流の模様を語ることも多い。フリーアナウンサー山本浩之とも関西テレビのアナウンサー時代から親しく、2013年6月1日には、大阪市淀川区シアターセブンで、山本のフリーアナウンサー転身を記念した有料のトークイベント「三代澤康司 × 山本浩之 × 森たけしLIVE『二ヶ月贈(おく)れの卒業式』」を開催した。

大学時代からライブを追いかけるほど、シンガーソングライター南こうせつのファン。朝日放送への入社後は、『わいど!ABC』のオープニング・テーマ(後に『ドキハキ』のエンディング・テーマ)として楽曲「LOVE&PEACE」を提供されるほど、南との交流を深めている。

また、山田雅人桂む雀とも親しく交流。む雀が『桂む雀の夕刊探検隊』(ABCラジオ)の収録中に脳出血を発症した2005年3月には、「隊長」(メインパーソナリティ)のむ雀に代わって、同番組の「隊長代行」を急遽務めた。山田は、自身の講談イベントの告知・チケット先行予約を兼ねて、『ドキハキ』へ頻繁にゲストで出演。三代澤も、む雀の療養生活やハーモニカ奏者としての活動を折に触れて『ドキハキ』で紹介したり、番組主催のイベントで2人と共演したりしている。さらに、2017年10月3日からは、山田を『ドキハキ』の火曜パートナーに迎えている。

現在の出演[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

過去の出演[編集]

テレビ[編集]

  • YOUごはんまだ?(木曜レギュラー 1985年 - 1986年1月)
  • ABCヤングプラザ(1985年)
  • おはよう朝日です・土曜日です(1988年4月 - 1994年3月)
  • ワイドABCDE〜すシリーズ
    • ワイドABCDE〜す(リポーター 1994年4月 - 1995年9月、総合司会 1995年10月 - 2003年3月)
    • ワイド630(1999年10月4日 - 2000年9月29日)
    • ワイドABCで〜す みよ缶(2003年4月 - 2004年3月26日)
    • わいど!ABC(2004年4月 - 2004年9月)
  • ス・テ・キの扉(2007年10月6日 - 2008年9月27日)
  • 探偵!ナイトスクープ
    • 2008年2月15日のレギュラー放送で、「麺をすすれない女子アナ(当時の新人アナウンサー・堀友理子)」というテーマの「依頼者」としてVTR出演。三代澤は堀など2007年度新人アナの教育研修を担当していたことから、グルメリポートに支障が出ることを懸念しての依頼だった。
    • 番組の放送20周年を記念した同年の特別番組『探偵!ナイトスクープ リターンズ』では、堀と共にナビゲーターを務めた。
  • おはよう朝日です(2000年代後半頃、VTRコーナーの『無知との遭遇』へ「お茶のミヨ博士」として出演)
  • ごきげん!ブランニュ(「ごきブラ特命部長」という肩書で不定期出演)
  • 土曜ワイド劇場京都殺人案内32・京友禅に染めこむ殺意の紅!』
  • ABC NEWS(不定期)

ラジオ[編集]

  • こころ晴天シリーズ
    • 上沼恵美子のこころ晴天(水・木曜パートナー、1993年4月 - 1995年9月)→ 木曜パートナー(1995年10月 - 2000年3月)
    • 三代澤・宮根のこころ晴天(1995年10月 - 1997年)
    • 三代澤・宮根・桜井のこころ晴天(1997年 - 2000年3月)
    • 三代澤康司のこころ晴天(年末年始の特別番組)
    • 北村真平のこころ晴天(2013年12月30日)
  • スラスラ水曜日シリーズ
    • 三代澤・宮根・桜井のスラスラ水曜日(2000年4月 - 2006年8月)
    • 三代澤・桜井のスラスラ水曜日(2006年8月 - 2006年9月)
    • 三代澤・桜井・やすとものスラスラ水曜日(2006年10月 - 2009年7月1日)
  • 三代澤康司のドカーンと5時間一発勝負(日曜 12:00 - 17:00)
  • ラジオわろうてい(席亭、2013年10月6日 - 2017年3月26日)
  • 三代澤康司の温かいって幸せ(2016年1月8日 - 3月25日、毎週金曜日17:10 - 17:15)
  • もうすぐ夜明けABCフォーエバー(2018年1月7日)
  • ABC NEWS(不定期)
  • ホークス花の応援団RKBラジオ、2014年2月12日)
    • 『ドキハキ』で2012年から実施しているびっくりドンキーとの期間限定コラボレーション企画の福岡版として、「白星ハッスル!!ベジバーグ」を開発したことから、『ドキハキ』の本番終了後にゲスト出演。
  • サントリーウエルネス presents くにまる健康相談室文化放送、2018年6月[7]
    • 文化放送では毎週木曜日(『くにまるジャパン 極』内)、ABCラジオでは3日遅れの毎週日曜日に放送。ちなみに同年9月より朝日放送グループホールディングスなどの東京支社が、文化放送にほど近い日本生命浜松町クレアタワーに移転予定。

以下の番組には、メインパーソナリティ代理として出演。

CM[編集]

  • ABCハウジング(2012年 - 2015年、新聞広告にも登場)
    • 基本として単独(2013年10月から一時道上とのコンビ)で登場。『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』では、CM・広告への登場を開始する前から2016年3月まで、毎週木曜日の11時台に同社単独提供のコーナー「住まいのABC」を放送していた。

脚注[編集]

  1. ^ 2018年4月1日に旧・朝日放送(朝日放送グループホールディングス)の認定放送持株会社化に伴い、アナウンサーは全員、朝日放送テレビ所属となった。
  2. ^ ABC三代澤康司アナが草野球で実況の特訓? その理由とは2017年6月18日 THEPAGE大阪
  3. ^ a b 『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』公式サイト「ドキハキ日記」2017年6月16日付記事「ドキハキ史上最大の作戦 三代澤康司57歳 野球実況に挑戦!~感動の最終回~
  4. ^ 『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』公式サイト「ドキハキ日記」2017年6月12日付記事「ドキハキ史上最大の作戦 三代澤康司57歳 野球実況に挑戦!」~中邨 雄二アナウンサー~」
  5. ^ 『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』公式サイト「ドキハキ日記」2017年6月15日付記事「ドキハキ史上最大の作戦 三代澤康司57歳 野球実況に挑戦!」~伊藤 史隆アナウンサー~」
  6. ^ 『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』公式サイト「ドキハキ日記」2017年6月13日付記事「ドキハキ史上最大の作戦 三代澤康司57歳 野球実況に挑戦!」~1人で街へ~」
  7. ^ ABCラジオでの出演回最終放送日は7月1日。

外部リンク[編集]