びっくりドンキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社アレフ
Aleph Inc.
種類 株式会社
略称 アレフ
本社所在地 日本の旗 日本
003-0806
北海道札幌市白石区菊水6条3丁目1番26号
設立 1968年12月
1976年7月創業・1987年5月現商号に変更)
業種 食料品
事業内容

レストラン事業

  • ハンバーグ限定のファミリーレストラン「びっくりドンキー」
  • スペシャリティディナーレストラン「ハーフダイム」
  • イタリアンレストラン「ぺぺサーレ」
  • ブルワリーパブ「小樽倉庫NO.1」
  • ガーデンショップ「花の牧場」他
代表者 代表取締役社長 庄司大
資本金 442,615,500円(2012年3月)
売上高 349億円(2012年3月期)
従業員数 社員 651名 パート 2,722名(2012年3月)
支店舗数 326店(直営139店 FC187店)(2012年9月)
主要株主 庄司大 株式会社サイプレス
主要子会社 有限会社みつる日本の旗 日本
株式会社蔚珍ロハスコリア韓国の旗 韓国
関係する人物 庄司昭夫[1]
「創業者 初代代表取締役社長」
株式会社アレフ 取締役 庄司開作
「代表取締役社長 庄司大の弟」
外部リンク 下部「外部リンク」参照
特記事項:加工場:9ヶ所(2012年9月)
テンプレートを表示

びっくりドンキーは、株式会社アレフが日本全国に展開するハンバーグレストランである。1968年(昭和43年)12月創業、1976年(昭和51年)7月設立である。

沿革[編集]

1968年12月、「ハンバーガーサラダの店・ベル」を「カウベル・カンパニー」が岩手県盛岡市大通に開業[2]し、びっくりドンキーの前身となる。

  • ドアを開いた店舗入口内に、7人の小人を装飾として設置していたが盗難にあった。1人減った時点で「○○はお花を摘みに出掛けました」(○○は「ねぼすけ」などの名前)、その後「○○は××をさがしにゆきました」等の看板で対応し、家庭的な雰囲気や細やかな心遣いと夢のある対応で評判を得る。

1971年マクドナルド日本進出の噂を聞いた庄司昭夫社長は、ハワイのマクドナルドを視察して最先端のハンバーガーショップに敵わないと実感する。帰国後、メニュー構成をハンバーガーから日本人を意識したハンバーグ定食へ転換し、ハンバーグ、パン、野菜で一体のハンバーガーに対してハンバーグ、ごはん、サラダを一つに盛り付けるディッシュメニューの原型を発想する。

1981年、本社を北海道札幌市に移転し、1983年、『びっくりドンキー』へ屋号を変更する。

1985年頃から北海道地区と近畿地方を中心にフランチャイズ展開し、ローストビーフ専門店の金鉱スタイルレストラン「ハーフダイム」などもオープンする。

1987年、「アレフ」に社名変更して全国展開[5][6]する。

2011年3月からショッピングセンター内フードコート店舗も展開する。

主要商品[編集]

ハンバーグを中心に近年はサイドとドリンクメニューの充実が図られ、デザート系商品を中心に特徴的なネーミングが多い。

レギュラーバーグディッシュ
ハンバーグ
他店では多くの場合ナイフとフォークで食すが、肉質がやわらかく箸でも食せることが特徴[7]である。
大皿1枚にハンバーグ、ライス、サラダを盛り付けるディッシュと、パレット型ステーキ皿にハンバーグ、フライドポテト、コーンガロニを盛り付けるステーキがあり、各々チーズ・エッグなどの各種トッピングが選択できる。
びっくりコーラ
トロフィーのような巨大グラスで提供される500mlのコーラである。カップルで楽しむ客が多く目玉商品の一つであったが、庄司昭夫社長の「糖分が多すぎお客様の健康に良くない」という配慮から隠れメニューとなり、後に廃止される。
メリーゴーランド
手頃な値段で人気が高いパフェである。大部分を占めるソフトクリームの下に白玉[8]が入っており、ポッキーチョコチップクッキーがトッピングとしてデコレーションされ、ブルーベリーマンゴーイチゴ3種類のソースが選択できる。「メリゴ」や「メリー」などとも俗称される。
シーハーハーサラダ
レタスミックスにベルギーチコリ、カニカマ、アスパラガスなどを載せたサラダである。ベーコンビッツと黒胡椒にソイドレッシングがトッピングされている。

びっくりドンキー関連商品[編集]

びっくりドンキーカレー200g (レトルト)
持ち帰り需要へ向け市販用途に調整した商品である。厳選したオリジナルスパイス(30種類以上)を使用したスパイシーなカレーで契約農家の厳選した牛肉の粗挽きを使用しコクがあり深い味わいが特徴である。
びっくりドンキーハヤシ180g(レトルト)
持ち帰り需要へ向け市販用途に調整した商品である。契約農家の牛肉を赤ワインでじっくり煮込み、マイルドでくせのない深みのある味わいが特徴である。
びっくりドンキーマヨネーズタイプ300g
ハンバーグデイッシュの大根サラダに使用しているマヨネーズである。
びっくりドンキーソイドレッシング200ml
シーハーハーサラダに使用しているドレッシングである。
びっくりドンキー白菜キムチ300g
「びっくりドンキーThe Uljin」として販売する商品である。キムチの特徴である辛味・甘味・酸味・塩味・苦味の五味を有し韓国の味を再現している。

事業[編集]

2012年9月1日現在、直営店139、フランチャイズ店187、計326店舗[9]を展開する。

北海道伊達市に専属契約牧場があり、小樽市では地ビールの醸造と販売をはじめ関連グループ企業により他事業の経営も行っている。近年は環境事業にも力を入れ日本政策投資銀行より外食業界で全国初の環境格付最上位ランクの指定を受け、北海道工場は2008年6月に北海道省エネルギー新エネルギー促進大賞で「省エネルギー大賞」を受賞する。

アレフが直営する店舗・事業[編集]

  • ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」
  • 「ベル」、同社発祥店でびっくりドンキーと同一メニューで営業している。
  • ステーキハウス「43°」
  • イタリアンレストラン「ペペサーレ」
  • ビアパブ「小樽倉庫No.1」「Leibspeise」「BEER HORN」
  • 小樽ビールの製造販売
  • 画廊喫茶「うみ・かぜ・未来」

グループ企業による店舗・事業[編集]

株式会社元廣  京都府を中心に展開。毛糸販売

株式会社アレフwebsite参照。

過去の店舗・事業[編集]

工場[編集]

所属したスポーツ選手[編集]

過去に2選手が所属した。

コーチ・監督・マネージャーなど選手をサポートする専任スタッフが不在で総務部が問合せ窓口業務を担当する程度だったことから、積極的な情報公開も行わず外部にも応援活動等をしないと公言し広報も行っていなかった。しかし2006年のトリノオリンピック開幕と同時に急遽PDF形式にて自社ホームページ内にて情報公開を開始[12]し、これを機に「スケート部」が発足する。

その後も社内報に選手情報は出すが、トリノオリンピックでの成績、大会出場(予定含む)スケジュールや成績を掲載せず、他のオリンピック出場選手所属企業のように選手を宣伝媒体とせず、国内大会では参加選手所属企業や大会スポンサー同様に「びっくりドンキー」名義の看板をコース沿いに掲出している。

2010年6月30日、突如「スケート部」を廃止する。及川は同年9月に大和ハウス工業へ移籍し、今野は引退して競輪選手へ転身を公表した。

雑記[編集]

株式会社アレフは宗教団体アレフ(旧・オウム真理教、その後アーレフに改名)とは一切関係ない[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年3月23日に札幌市内の病院で脳梗塞のため68歳で死去。
  2. ^ オープン記念にハンバーガー無料の広告を出稿し、店頭に行列と交通渋滞が発生する。
  3. ^ ロゴは庄司昭夫の独自デザインで、直営店にはミニ看板や照明器具など店内装飾品にも自主制作物が数多い。ドラム演奏を趣味とする庄司の自宅ガレージにはドラムセットがあり、店内装飾品の工房になっている。
  4. ^ 庄司 昭夫 アレフ社長<中>
  5. ^ 2015年8月現在、鳥取県島根県徳島県の3県に未出店である。
  6. ^ 他社の閉鎖店舗を利用して出来る限り手を掛けずに出店するローコストオペレーションにより、一風変わった店舗外観は他のファミリーレストランに一線を画している。
  7. ^ その旨、サービス時に従業員から言葉が添えられるが、北海道や富山県の店舗ではなされない。
  8. ^ 白玉に替わりコーヒーゼリーも選択可能な時期もあった。
  9. ^ 「銀河庭園」含まず。
  10. ^ 元祖ハンバーグ丼 どんぶりドンキー(2010年3月17日時点のアーカイブ
  11. ^ 株式会社オリエントジオサービス|びっくりドンキーのアレフグループ(2010年2月23日時点のアーカイブ
  12. ^ 後にHTML形式に変更。
  13. ^ 株式会社アレフ 公式ホームページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]