上泉雄一のええなぁ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上泉雄一のええなぁ!
ジャンル 情報・バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2009年4月6日 -
放送時間 月曜15:30 - 17:43
火 - 金曜15:30 - 17:54
(いずれも2016年度上半期以降)
放送局 MBSラジオ
パーソナリティ 上泉雄一
出演 金村義明
坪田信貴
奥野史子
谷口真由美 他
プロデューサー 藤原大輔
提供 日本直販
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

上泉雄一のええなぁ!』(うわいずみゆういちのええなぁ!)は、MBSラジオ2009年4月6日から放送開始した生ワイド番組。毎日放送アナウンサー・上泉雄一冠番組でもある。2010年には、日本全国のテレビ・ラジオ番組を対象にしたギャラクシー賞(第47回・ラジオ部門)の優秀賞を受けた[1]

番組開始から2015年3月27日まで(以下「第1期」と略記)の放送時間は、毎週月曜から金曜日の10:30 - 12:30。同年3月30日以降(以下「第2期」と略記)は、全曜日の放送開始時間を15:30に移動したうえで、放送曜日・期間に応じて放送時間を変更している(詳細後述)。

なお、本ページでは、2015年4月4日から毎週土曜日の13:00 - 13:30に放送する関連番組『上泉雄一の週末もええなぁ!』(うわいずみゆういちのしゅうまつもええなぁ!)についても述べる。

概要[編集]

第1期(2009 - 2014年度)[編集]

MBSラジオのナイターオフ限定・平日夜間の生ワイド番組(2006・2007年度は『上泉雄一の発信!UWAらじお』、2008年度は『上泉雄一のFANFANレディオ』)に続いて、上泉をメインパーソナリティに起用。前番組の『さてはトコトン菊水丸』(2009年3月27日放送終了)から、放送枠や一部のコーナー・企画を引き継いだ。

初代のプロデューサーには、『上泉雄一のFANFANレディオ』に続いて、上泉と同期入社の新堂裕彦(当時は毎日放送ラジオ局に所属)が就任。2009年3月30日(月曜日)から同年4月3日(金曜日)までは、プレスタート番組として『上泉雄一の来週からいよいよええなぁ!』を放送していた。

本放送の開始を機に、留守番電話専用の回線を開設。メールやFAXに加えて、毎日24時間対応で、リスナーからのメッセージを受け付けた[2]。また、緊急時・特別編成時を除いて、エンディングでは『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』(後枠の生ワイド番組)との間で出演者同士のクロストークを展開していた。

放送1年目の2009年には、第47回ギャラクシー賞上期・ラジオ生ワイド部門で入賞。奥野史子が日替わりパートナーとして出演した6月2日火曜日)放送分の内容が高く評価された[3]。 さらに、上期・下期を通じた2009年度の年間表彰(第47回ギャラクシー賞)でも、同じ内容でラジオ部門の優秀賞を受賞した[1]

2010年1月1日には、当番組の特別版として、『上泉雄一のええなぁ!お正月スペシャル 元旦からええ話を聞きタイガー!!』を放送。前年度(2009年1月2日放送の『上泉雄一のMOWMOWレディオ お正月からもぅ~ちょっと聞いてよ!うわちゃんスペシャル』)に続いて、上泉が11時間半に及ぶ正月特別番組のパーソナリティを務めた。2013年2月20日には、レギュラーでの通算放送回数が1000回に達している[4]

2014年には、4月4日の11時7分9秒から毎日放送本社新館の運用を本格的に開始したことから、当番組の放送枠で特別番組『MBSグランドオープンスペシャル 上泉雄一のええなぁ!公開生放送』を編成。9月1日には、MBSラジオの番組で最も早く、11時台から「radiko」プレミアムを通じて日本全国への同時配信を開始した[5]

第2期(2015年度以降)[編集]

「聞くだけで今日がビビビとわかる情報バラエティ」と銘打って、2015年3月30日から、全曜日の放送開始時間を15:30に変更。月曜日には18:00(2015年10月26日以降は17:54)、火曜日から金曜日までは基本として17:43まで本編を放送するようになった。この時の番組改編では、前年度に毎週金曜日の16:00 - 17:46で通年放送を実施していた『松井愛のすこ〜し愛して♥』(第1期の水曜レギュラー・松井愛がパーソナリティを務める生ワイド番組)を、平日の帯番組にリニューアル。当番組と放送枠を交換する格好で、放送時間を毎週月 - 金曜日の10:30 - 12:30に変更している。

当番組では、同年3月9日からFacebook上に公式アカウントを開設するとともに、第1期で使用してきた番組のロゴをマイナーチェンジ(書体はそのままで背景や配色を変更)。また、放送当日(金曜日は放送週全般)のニュースを振り返る情報コーナー「知ってええなぁ! ちなみNEWS」を15時台、日替わりの特集コーナーを16時台と17時台に組み込んだ。その一方で、第1期に使用していた留守番電話を廃止したほか、特集の内容を第1期から一新している(詳細後述)。

また、金村義明坪田信貴(坪田塾塾長・「ビリギャル」の著者)を新たな曜日パートナーに起用。第1期の曜日パートナーについても、出演曜日を変更したり、第1期に続いて週替わりパートナー制を採用する金曜日へ交互に出演させたりしている。

なお、2015年11月3日長居公園で開かれた「MBSラジオ秋まつり2015」では、番組グッズの製作費増額を賭けた(『子守康範 朝からてんコモリ!』『ありがとう浜村淳です』を含む)平日生ワイド5番組の対抗企画に優勝[6]。この結果を基に、「数量限定の番組グッズ」として、新たにネックウォーマーを製作している[7]

2017年1月16日(月曜日)に、第1期本放送開始からの通算放送回数が2,000回に到達[8]同月10日(火曜日)の本番前に大阪市内で開かれた今宮戎神社(同市浪速区)の宝恵駕籠(ほえかご)行列では、MBSラジオの番組出演者を代表して、「MBSラジオ ええなぁ!祝2000回」と記された提灯付きの宝恵駕籠に上泉が搭乗した[9]

『まだまだええなぁ! もうすぐベースボールパーク』(2015年度以降のナイターイン編成)[編集]

2015年度以降のプロ野球シーズン(4月から9月)の火曜日から金曜日には、17時43分で本編を終了した後に、『地震防災メモ』(または『気象一口メモ』)をはさんで『まだまだええなぁ! もうすぐベースボールパーク』(後枠番組『MBSベースボールパーク』の前座コーナー)を17:45から17:54まで放送。『MBSベースボールパーク』で阪神タイガースオリックス・バファローズのナイトゲームを中継する場合には、中継先の球場から毎日放送のアナウンサー(実況またはベンチリポート担当)や解説者が出演する。

『いっしょええなぁ みんなでホームイン!』(2015年度・2016年度ナイターオフ編成)[編集]

2015年度プロ野球オフシーズン(10月から2016年3月)の火曜日から金曜日には、期間限定の生ワイド番組『with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!』を18:00 - 19:30に編成する関係で、『地震防災メモ』(または『気象一口メモ』)をはさんで前座コーナーの『いっしょええなぁ みんなでホームイン!』を17:45から18:00まで放送。上泉も、17:53まで出演する。

関連番組『上泉雄一の週末もええなぁ!』[編集]

「週末のダラダラをワクワクに変える総合エンタメ情報番組」と銘打った上泉単独出演の事前収録番組で、2015年4月4日から毎週土曜日の13時台に放送。放送上は、上泉が土曜日の午前中に『せやねん!』へ出演した後に、当番組へ登場する。ただし、プロ野球シーズン中に『MBSベースボールパーク』として13:00開始のデーゲームを中継する場合や、特別番組を編成する場合には当番組を休止。また、公式のメールアドレスtwitterやFacebook上の公式アカウント[10]、公式サイトを『ええなぁ!』と共用している。

この番組では、新刊本や新作映画などから、上泉が感銘を受けた複数の作品を紹介。また、新刊本の作者、新作映画の出演者、放送日の直後に関西地方で催されるライブ・イベント・舞台公演への出演を予定しているアーティストや俳優に向けた(事前収録かスタジオからの電話による)上泉のインタビューを随時放送している。インタビューが事前収録の場合には、放送前日までの『ええなぁ!』でダイジェスト音源を流した後に、この番組で全編を放送。『ええなぁ!』のパートナー(嘉門タツオ香西かおりなど)をアーティストゲストとして迎えることもあれば、谷口真由美のように、当番組へのゲスト出演をきっかけに『ええなぁ!』にも定期的に登場するようになった人物もいる。

なお、「MARUZEN & ジュンク堂書店梅田店」(売場面積で日本最大級の規模を擁する毎日放送本社付近の書店)では、この番組の放送開始を機に「上泉雄一のええ棚!」を1階フロアに常設。この番組や『ええなぁ!』の本編で紹介した書籍を販売している[11]

2015年9月26日までの放送時間は13:00 - 13:30だったが、後枠で放送していた『1179 いい話 泣く話』(13:30 - 13:45)が同日で終了したことを受けて、翌週(10月3日)以降は放送時間を13:00 - 13:45に拡大。「週末にゆっくり聴きたい1曲」というテーマで、リスナーから楽曲のリクエストを受け付けるとともに、寄せられたリクエストから毎回1曲を放送している[12]

2016年1月9日からは、13:30 - 13:45に『シルクのべっぴん塾』を編成する関係で、当番組の放送時間を13:00 - 13:30に戻した。2017年7月1日からは、13:15 - 13:30に『買って!?ちょ~だい!』(ラジオショッピング番組)を編成する関係で、当番組の放送時間を13:00 - 13:15に短縮している。

なお、番組開始から2017年3月25日放送分までは、番組の中盤(または後半)にはラジオショッピングコーナーを内包。上泉がインタビューの感想を述べてから、フリートーク風にコーナーを始めていた。同年4月1日放送分からは、ラジオショッピングコーナーを内包せずに、全編をインタビューで構成することが多い。

放送時間[編集]

第1期[編集]

放送日が選抜高等学校野球大会の準決勝・決勝と重なる場合には、ラジオ中継の放送開始時間に応じて、当番組の放送時間を短縮。後枠番組『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』の時間帯(13:00以降)に中央競馬の中継を編成する場合には、同番組を休止する代わりに、当番組の放送時間を12:50まで延長していた。

第2期[編集]

オープニング直後(15:40 - 15:47頃)に『ドライバーズ・リクエスト』(TBSラジオ制作)[13]、17:30頃に『ネットワークTODAY[14]、17:43 - 17:45に『地震防災メモ・気象一口メモ[14]を内包。当番組の放送日に『MBSベースボールパーク』としてデーゲーム中継を実施する場合には、『ドライバーズ・リクエスト』を独立番組として中継の前に放送するとともに、試合の展開に応じて本編の放送時間短縮[15]・休止を実施することがある。また、祝日の午後に『GOGO競馬ホリデー!』として中央競馬のレースを中継する場合にも、放送時間の短縮で対応する[16]

  • 2015年4月6日 - 9月25日 毎週月曜日 15:30 - 18:00、毎週火曜日 - 金曜日 15:30 - 17:54
  • 2015年9月28日 - 10月23日、2015年12月28日 - 2016年3月25日 毎週月曜日 - 金曜日 15:30 - 18:00
  • 2015年10月26日 - 12月21日、毎週月曜日 15:30 - 17:54、毎週火曜日 - 金曜日 15:30 - 18:00
    • 月曜日のみ、『やずやのうれし〜おいし〜ヘルシ〜』(大月勇と青柳万美の出演によるやずや製品のラジオショッピング番組)を17:54 - 18:00に編成した関係で、放送時間を一時的に短縮。
  • 2016年4月4日 - 毎週月曜日 15:30 - 17:43、毎週火曜日 - 金曜日 15:30 - 17:54
    • 月曜日のみ、『Wマコトの笑コミュ!』を17:45 - 18:00に編成する関係で放送時間を短縮。

第2期の通常編成では、オープニングから『ドライバーズ・リクエスト』までの時間帯(15:35 - 15:40)を、ラジオショッピングコーナーインフォマーシャルに充てている。ただし、2015年11月23日(月曜日)から同月30日(月曜日・年金の日)までの6日間は、大沢悠里の出演による『みんなで考えよう年金のこと』(TBSラジオが制作した日本年金機構の広報番組)の時差ネットを実施[17]2016年8月リオデジャネイロオリンピック期間中には、『リオオリンピックリポート』(荻原次晴脊山麻理子がキャスターを務める民放ラジオ統一番組)を、16:50 - 17:00に内包している。

出演者[編集]

  • 上泉が夏期休暇や他番組の取材で当番組を休む期間には、当該曜日のレギュラー出演者(主にコーナー担当のアナウンサー)が、日替わりでパーソナリティ代理を担当。この場合には、番組タイトルを『○○のええなぁ!(○○にはパーソナリティ代理のフルネームが入る)』に改める[18][19][20]ほか、CM前後のジングルの大半もパーソナリティ代理の声によるスペシャルバージョンに変わる[21]
  • 第1期を開始した2009年からは、当時横浜DeNAベイスターズ投手だった三浦大輔奈良県出身)が、日本プロ野球のオフシーズン(主に11月下旬~12月上旬)に必ず1回ゲストで出演[22]。現役を引退した2017年以降も、随時登場している[23]
  • 勢翔太大阪府交野市出身の力士)も、十両上位の頃から、毎年3月に開かれる大相撲大阪場所の直前などを中心に折に触れてゲストで登場[24]幕内に昇進した2012年2月には、スタジオへ出演した際に、本場所で使う番組オリジナルの座布団[25]を本人へ贈呈した[26]
  • コーナーレギュラーを務める毎日放送のアナウンサーは、コーナーを担当しない日にも、シフト勤務の一環で番組内の「MBSニュース」や『ネットワークTODAY』へ出演することがある。

第1期[編集]

最終年度(2014年度)を基準に記載
◎:出演時点で毎日放送のアナウンサー

メインパーソナリティ
  • 上泉雄一
    • 当番組の開始から2016年3月26日までは、テレビ(土曜日午前の『せやねん!』)を含めて、日曜以外の全曜日に毎日放送制作の生放送番組へレギュラーで出演[27]。2012年10月から2013年3月までは、当番組の本番直前(10時台前半)に、『プリプリ』(MBSテレビで毎週月 - 金曜日の9:55 - 10:50に編成していた生放送の情報番組)冒頭のコーナー「朝刊!記事からぼたもち」でナビゲーターを務めた。また、当番組の開始から2011年までは、「MBSラジオ スペシャルウィーク」の期間中のみ「ありがとうファミリー劇場」(当時の前枠番組『ありがとう浜村淳です』内のラジオドラマ)にも登場していた。
気象キャスター
  • 今出東二(月~金曜)
    • 基本として『今出さんのお天気ええなぁ』にのみ出演。2014年度で毎日放送の気象キャスターを勇退する[28]ことを機に、第1期の最終放送日(2015年3月27日)をもって、MBSラジオの番組へのレギュラー出演を終了した。
その他のレギュラー出演者
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
パートナー(金曜のみ週替わりゲスト:月に1回のペースで出演)
  • 奥野史子
    (2011年7月~11月に産休で一時降板)
日替わりコーナー(月・木・金曜)グルメコーナー(水・木曜)のみ進行役で出演
  • 高橋泰松(たいしょう)[34]
リポーター
  • 木曜日の放送へなるみが出演できない場合には、未知やすえ武川智美◎が代演していた。
  • 2014年4月25日には、板東英二が「スペシャルパートナー」として全編に登場。以降の放送では、板東に加えて、嘉門達夫も「スペシャルパートナー」として毎月(または隔月)1回のペースで金曜日に出演していた。
    • 2010年7月19日(月曜日)から23日(金曜日)までの5日間は、上泉が毎日放送60周年記念番組の海外取材に出た関係で、番組開始以来初めて上泉不在の生放送を実施。古川(19・22日)と松井(20~21日、23日)が交互にパーソナリティ代理を務めた。
  • 2012年10月から2013年3月までの『プリプリ』には、前述の上泉に加えて、奥野が月曜日、あいはらが火曜日、たむら・桂三度が水曜日にレギュラーで出演していた。

過去(2013年度以前)[編集]

  • 松井昭憲(元・MBSアナウンサー、月~木曜12時台ニュースキャスター、~2009年7月30日)[37]
  • 間寛平(月曜、『世界の国からアメマ』に電話で出演)
  • 赤松悠実(金曜コーナー進行、~2009年9月)[38]
  • 堀ちえみ(木曜パートナー、~2010年3月25日)
  • 大月勇◎(木曜コーナー進行、~2010年6月)
    • 上泉雄一のFANFANレディオ』火曜から続けて出演。営業部への人事異動でアナウンサー職を離れたため、2010年6月24日の放送で降板。異動後も、「毎日放送営業部の大月勇(または愛称の“ビッグムーン大月”)」名義で、自身が担当するスポンサーの生インフォマーシャルに登場することがあった。
  • 井上智栄子(金曜リポーター、~2011年6月24日)
  • 武川智美◎(月・金曜コーナー進行、火曜パートナー代理)
    • 番組開始から2009年8月までは『世界の国からアメマ』と『特集ええなぁ!』(月曜「先週のHowmuch?ニュース」金曜「週刊ええなぁフライデー」)に出演。第2子の出産準備に伴う産休のため降板した後に、2010年9月に職場復帰を果たした。復帰後は、不定期で火曜日のパートナー代理を数回務めてから、奥野の産休中(2011年6月21日~同年11月29日)に火曜日のパートナーを務めていた。
    • 2012年1月から、『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』水曜日のアシスタントに起用。この起用を機に、第1期の水曜日には、同番組の出演者として当番組エンディングのクロストークに参加していた。

第2期[編集]

2017年8月時点を基準に記載
◎:出演時点で毎日放送のアナウンサー

メインパーソナリティ
  • 上泉雄一◎
    • 火 - 金曜日には、プロ野球シーズンに『まだまだええなぁ! もうすぐベースボールパーク』、オフシーズンに『いっしょにええなぁ みんなでホームイン!』へ出演。いずれも、本編(ラジオβスタジオ)の隣のスタジオ(αスタジオ)から放送するため、事前収録番組である『気象一口メモ・地震防災メモ』の放送中にスタジオを移動する。
パートナー

月曜日にプロ野球のナイトゲームを中継しない場合を除いて、17:43まで出演。ただし、放送日に『MBSベースボールパーク』としてデーゲームの中継を予定している場合(主に祝日)や、他のスケジュールを優先する場合には休演する。

  • 月曜日:金村義明(MBSラジオ・フジテレビ野球解説者スポーツ報知野球評論家
    • 月曜日が敬老の日と重なった2015年9月21日には、『MBSベースボールパーク ええなぁ!デーゲーム中継』(当番組と『MBSベースボールパーク』のコラボレーションによる中継)として放送された阪神対東京ヤクルトスワローズ戦中継(阪神甲子園球場)にゲスト解説者として出演[39]2016年からは、ラジオ中継に限って、MBSラジオとの間で解説者としての専属契約を結んだ[40]
    • 毎年2月には、野球解説者として日本プロ野球全12球団の春季国内キャンプを取材しながら、レギュラー番組へ出演。当番組では、取材先から放送のたびに帰阪するか、キャンプ地からの全編生中継で対応している[41]
  • 火曜日:坪田信貴教育者
    • 「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(通称「ビリギャル」)の著者で、ラジオ番組には初めてのレギュラー出演。上泉が夏季休暇で休演した2015年8月25日には、上泉の代理ながら、『坪田信貴のええなぁ!』というタイトルでラジオ番組のパーソナリティを初めて務めた[19]
    • 当番組では、「(名古屋市内で経営する学習塾の)坪田塾塾長」という肩書を用いるほか、17時台の日替わり企画のタイトルに「ビリギャル先生」という異名を冠している。
    • 坪田が出演できない場合には、金子達仁[42]スポーツライター)や津村記久子(大阪市在住の芥川賞作家[43]などをスペシャルパートナーに迎える。
  • 水曜日:奥野史子(第1期の火曜パートナーから異動)
    • 奥野が夏季休暇などで出演できない場合には、プロボクサー時代から『週末もええなぁ!』へ随時出演している長谷川穂積[44]などをスペシャルパートナーに迎える。
  • 木曜日
    • 谷口真由美大阪国際大学准教授2016年10月6日 - )
      • MBSラジオ制作の番組でレギュラーを務めるのは、当番組が初めて。レギュラーに起用される前にも、著書のPRを兼ねて、『週末もええなぁ!』にゲストで出演したことがあった。当番組では、月に1回程度のペースで休演する。
    • 濱家隆一(かまいたち、2016年10月6日 - )
      • 基本として、谷口とのコンビで全編にわたって出演。谷口が休演する週にも登場する。
    • ガダルカナル・タカ(月に1回のペースで出演、第1期・金曜の週替わりパートナーから異動)
      • 第1期から、木曜日の午後に『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)への生出演で来阪。同番組の生放送が15:49で終了するため、第2期への移行後は、月に1回のペースで「知ってええなぁ!ちなみNEWS」から登場する[45]。谷口がパートナーに加わってからは、谷口が休演する週を中心に出演。ただし、谷口・濱家とのトリオでパートナーを務めることもある。
      • 第2期で谷口・濱家がパートナーに加わるまでは、タイトルコールからタカが到着するまで、上泉が1人で生放送を進めていた。2016年10月以降は、濱家がオープニングから登場するため、タカが到着するまで上泉と濱家で進行している。
  • 金曜日:なるみ、香西かおり、桂三度、嘉門タツオ[46]、メッセンジャーあいはら、たむらけんじ[47]などが週替わりで出演(いずれも第1期のパートナーから続投)。
    • 第2期最初の金曜日(2015年4月3日放送分)に三船美佳を招くなど、放送週によっては、上記以外のタレント・お笑い芸人が「スペシャルゲストパートナー」として登場することもある。
    • 第1期の2年目(2010年度)から木曜パートナーを務めていたなるみは、第2期への移行後も木曜日で続投したが、第1子の産前産後休暇に伴って2015年11月26日放送分から[45]2016年5月5日放送分まで休演。休演期間中は、『プリプリ』や『せやねん!』で上泉との共演を経験している宇都宮まき[48]、第1期の金曜週替わりパートナーだったトミーズ[49]、第2期の金曜日(同年10月9日放送分)にスペシャルパートナーとして出演したスマイル[50]などが交互にパートナー代理を務めた。
    • なるみは2016年5月12日放送分から、木曜パートナーに復帰。2015年12月に出産した第1子をスタジオに連れての出演であった。育児との両立を図るべく、復帰後は同年9月29日まで、タカ、健、宇都宮、スマイルと交互に登場。同年10月から、金曜日の週替わりパートナーへ異動した。
コーナーレギュラー
  • 月曜日:前田阿希子◎(2017年10月の結婚を機にドバイへ移住するため、毎日放送退社直前の同年9月末まで出演する予定)
  • 火曜日:上田悦子◎(第2期の放送枠での前番組『ノムラでノムラだ♪』シリーズの火曜アシスタントから続投)、ビタミンSお兄ちゃん(第1期の月曜レギュラーから異動)
  • 水曜日:玉巻映美◎・藤林温子[51]のいずれか1名(玉巻・藤林とも2016年4月から出演)[52]ヤナギブソンザ・プラン9
  • 木曜日:大吉洋平◎[53](第1期の金曜レギュラーから異動)・福島暢啓[54]のいずれか1名
  • 金曜日:玉巻映美◎(2017年4月14日放送分から出演)・藤林温子◎(2017年4月7日放送分から出演)のいずれか1名、かみじょうたけし
    • 前述の事情で本来のパートナーが出演できない場合には、当日のレギュラー出演者のうち1名(主にアナウンサー)が、全編にわたってパートナー代理を務める。
    • 月・木曜日以外のアナウンサーは、「知ってええなぁ!ちなみNEWS」にのみ出演。月曜日の前田は「オヤジ向上委員会」、木曜日担当のアナウンサーは「発令!テンション下がる注意報」(いずれも16時台)でも進行役を務める。また、上記以外のアナウンサー(武川[55]豊崎由里絵金山泉[56]など)が、不定期で「ちなみNEWS」のみ担当することがある。なお、アナウンサー以外のレギュラー出演者は、16時台の日替わり企画からエンディングまで登場。
    • 上泉の夏季休暇期間には、レギュラーアナウンサーやパートナーが、日替わりでパーソナリティ代理を担当。第1期に続いて、本編のタイトルを『○○のええなぁ!』(○○はパーソナリティ代理の氏名)に変更する。火 - 金曜日に『MBSベースボールパーク』で阪神のナイトゲームを中継する場合には、通常は上泉が「ネットワークTODAY」の直前(17:25頃)に発表する中継カードのスターティングメンバーを、『まだまだええなぁ!もうすぐベースボールパーク』内で中継先の実況担当アナウンサーから伝える。
      • 2015年の夏季休暇期間(8月24日 - 28日)には、前田[18][57](24日)、坪田[19][58](25日)、福島[20][59](26日・27日)、古川[60](28日)がパーソナリティ代理を担当。『まだまだええなぁ! もうすぐベースボールパーク』では、山田スタジアム(25日・27日)、馬野雅行◎(26日)、仙田和吉◎(28日)が進行を担当した。
      • 2016年の夏季休暇期間(8月22日 - 26日)には、前田(22日)[61]、上田(23日)[62]、大吉(24日)[63]、福島(25日)[64]松本麻衣子◎(26日)[65]がパーソナリティ代理を担当。『まだまだええなぁ! もうすぐベースボールパーク』では、森本栄浩◎(23日)、金山(24日)、馬野(25日)、井上雅雄◎(26日)が進行役を代演した。
『まだまだええなぁ! もうすぐベースボールパーク』進行アシスタント

いずれも、『MBSベースボールパーク』のスタジオ担当を兼務。

  • 火 - 木曜日:豊永真琴(『いっしょにええなぁ みんなでホームイン!』では火・木曜日に出演)
  • 金曜日:市川いずみ(『いっしょにええなぁ みんなでホームイン!』では水・金曜日に出演)

上泉・豊永・市川以外の『いっしょにええなぁ みんなでホームイン!』出演者は、

過去(2015年度以降)[編集]

  • 鈴木健太◎(第1期の火曜レギュラーから異動)
    • 2015年度のみ、福島・大吉と交互に、木曜日のコーナーレギュラーとして出演。2017年7月の人事異動でアナウンス職を離れた。
  • 福本晋悟◎(2015年度は金曜日、2016年度は水曜日の「知ってええなぁ!ちなみNEWS」を担当)
  • 河本光正◎(2015年度に金曜日の「知ってええなぁ!ちなみNEWS」を福本と交互に担当)
  • 松本麻衣子◎(1度目の産前産後休暇から職場へ復帰した2016年度のみ、金曜日の「知ってええなぁ!ちなみNEWS」を担当[66]

以下の人物は、なるみが産前産後休暇で休演してから、2016年9月まで木曜日のパートナーを週替わりで担当。

  • トミーズ健(第1期金曜の週替わりパートナーから、休演期間をはさんで復帰)
  • 宇都宮まき
  • スマイル(瀬戸洋佑・ウーイェイよしたか共に出演)

以下のお笑いコンビはいずれも、2015年度から2016年9月29日まで、木曜日のコーナーレギュラーとして週替わりで出演。MBSラジオでは、2016年10月16日(日曜日)の深夜に、生放送による卒業記念番組を放送した(詳細後述)。

主な企画・コーナー[編集]

第2期[編集]

16時台前半に「お天気のお知らせ」、16:40頃に「MBSニュース」、16時台・17時台に「MBS交通情報」とラジオショッピングコーナー[67]を1回ずつ放送。「MBSニュース」を担当するアナウンサーは、原則として『ネットワークTODAY』でもニュースを伝える。

現在(2017年7月以降)[編集]

2017年には、2月から毎月最終金曜日が「プレミアムフライデー」に充てられることにちなんで、3月31日から毎月最終金曜日に「(『通常の放送より高価・高級』という意味で)プレミアム」なプレゼントを抽選でリスナーに進呈。4月3日(月曜日)放送分からは、オープニングトークが一段落した後に、当日の放送予定をコーナー単位で上泉が紹介している。

共通コーナー[編集]
  • 「知ってええなぁ! ちなみNEWS」(15:50頃 - 16時台前半)
    • 『ドライバーズ・リクエスト』の直後(15:50頃)から、16時の時報をはさんで放送。上泉の後輩アナウンサー(前述)が、放送当日の主なニュースを、補足情報(予備知識や当事者・専門家からのコメント)とともに詳しく伝える。
    • 取り上げるニュースのジャンルは、時事問題、事件、芸能、スポーツ、各種調査の結果など多岐にわたる。ニュースによっては、当事者・有識者(福本容子[68]富坂聡品田英雄玉木正之など)と電話をつないだり、芸能人・作家・アスリートをゲストに迎えたりすることがある。
      • 2016年9月25日(金曜日)放送分までは、進行担当のアナウンサーが、ニュースの項目ごとに「ちなみに」という枕詞を付けながら補足情報を紹介していた。同月28日(月曜日)放送分から構成を一新。コーナーの冒頭にヘッドライン形式で「ちなみにトピックス」(主なニュース数項目)を手短に伝えたうえで、当事者・有識者による(電話またはスタジオでの)解説などを交えながら、番組側が特に注目したトピック1項目を掘り下げるようになった(補足情報紹介も継続)。
    • 嘉門が金曜日のパートナーを務める場合には、休演期間中に報じられた主な話題・事件・スキャンダルを基に替え歌を作ったうえで、当番組で初めて披露する。初年度(2015年度)には本編のオープニング直後に歌っていたが、2016年度からは当コーナーの冒頭で披露することが多い。
  • 「ええなぁ! マメッチクイズ」(16時台『MBSニュース』の前後)
    • 2017年度最初の放送(4月3日)から開始したリスナー参加型クイズで、(過去を含む)放送日の出来事にちなんだ豆知識をテーマに作成した問題を、上泉が毎日1問ずつ出題。『ネットワークTODAY』の直前までリスナーから電子メールやFAXで回答を受け付けた後に、エンディングで正解を発表する。正解者には、番組グッズのクオカードを、毎日抽選で3名に進呈。放送週によっては、食品などのプレゼントが加わることもある。
    • 「MBSラジオ スペシャルウィーク」期間中の放送では、毎日3回抜き打ち方式で実施するとともに、放送の内容にちなんだキーワードと賞金を設定。参加を希望するリスナーをあらかじめ募るとともに、1回につき1名のリスナーにスタジオから電話を掛けたうえで、キーワードを答えられたリスナーにクイズの解答権を与える。
      • クイズ自体は、通常と違って二者択一形式で出題。応募済みのリスナーが指定されたコール数以内に電話へ出なかった場合や、電話に出たリスナーがキーワードを答えられなかった場合や、電話でキーワードに答えられたリスナーがクイズに正解できなかった場合には、当該回で用意していた賞金をキャリーオーバー形式で次回以降の賞金に上乗せする。
日替わり特集[編集]
16時台[編集]
  • 月曜日:「オヤジ向上委員会」
    • 30代の前田が進行を担当。40代の上泉・50代の金村に向けて、実際の年齢より若々しく見られたり、前田以下の世代の女性に好感を持たれ(または敬遠され)たりする行動・言動や、体力・スタミナの増進に役立つ習慣・飲食物などの情報を紹介する。ただし実際には、金村が自身(または同年代以上の知人)の私生活における豪快なエピソードを披露することで、コーナーの大半を費やすことが多い。
    • 前田の夏季休暇中だった2015年9月14日放送分では、同年に毎日放送へ入社した後輩アナウンサーの玉巻・藤林が進行を担当[69]。玉巻・藤林とも、2016年4月以降の放送では、「知ってええなぁ!ちなみNEWS」の進行役を週替わりで務めている。藤林は2017年4月10日放送分[70]でも、休暇中の前田に代わって、単独で当コーナーを進行した。
  • 火曜日:「ええなぁ! 子供ギモン相談室」
    • 2017年7月4日から始まったコーナーで、小学生程度の子どもを持つリスナーから当番組に寄せられた子どもならではの疑問(ジャンケンの手の出し方など)をお兄ちゃんが数本紹介。坪田による正確な解説を交えながら、子どもにもよく分かるような解決策を導き出す。お兄ちゃんは基本として、このコーナーからエンディングまで登場。
  • 水曜日:「魔が差しましたね? あなた」
    • 2016年4月6日放送分から始まったコーナーで、リスナーから、自身や知人の魔が差した出来事に関するメッセージを募集。その一部を上泉が紹介したうえで、奥野と共に、「魔」という単位で「魔が差した度」を評価する。放送上は、上泉・奥野が持つ評価点を最高でそれぞれ「5魔」、2人による最高の評価点を「10魔」に設定。評価点が「8魔」以上のリスナーには番組特製のクオカードを1枚、「10魔」のリスナーには2枚を進呈する。昭和歌謡が好きな福島の独唱によるタイトルコール[71]の収録音源を、オープニングとエンディングで流すことが特徴。
  • 木曜日:「発令!テンション下がる注意報」
    • 「テンションが下がる出来事」への注意喚起を兼ねたリスナー投稿企画。該当する出来事に関するメッセージを募集したうえで、当日の「知ってええなぁ!ちなみNEWS」を担当したアナウンサーが、その一部を紹介する。
    • コーナーのテーマソングには、『お・ま・えローテンションガール』(グループ魂柴咲コウ)を使用。エンディングでは、出演者やスタッフなどがテンションを上げるために聴く楽曲(テンションアゲアゲソング)の一節を、週替わりで流している。
  • 金曜日:「街角ええとこ調査隊!ホンマにココ行ってほしいんや~」
    • かみじょうによる事前取材企画で、2017年4月7日から放送。当番組からリスナーにお勧めしたい飲食店をかみじょうが取材したうえで、その店舗の看板メニューをスタジオで上泉や週替わりパートナーと試食しながら、取材の模様を報告する。かみじょうは基本として、このコーナーからエンディングまで出演。
17時台[編集]
  • 月曜日:「週刊カネスポ」
    • 野球解説者の金村と、スポーツ実況の経験を持つ上泉が、放送前週のスポーツ(主に阪神タイガースオリックス・バファローズ)の話題を自由に語り合う[72]。テーマソングは『スポーツ行進曲』(日本テレビスポーツテーマ)のカントリーアレンジバージョン[73]
    • 当コーナーで収まり切れなかった話題については、リスナーからのメッセージを交えながら、『ネットワークTODAY』の直後からエンディングまでの間に紹介。著名なプロ野球OBが、現役選手時代にレコードで発表した楽曲を流すこともある。
  • 火曜日:「ビリギャル先生が教える学問のオススメ」
    • 坪田が「坪田塾」で導入している入塾テストから、受験生以外の世代にも応用できる心理テストを、週替わりで上泉・お兄ちゃんに出題。2人が解答した後に、テストの背景や、テストから分かる心理・行動傾向を坪田が解説する。
    • 月に1回は、受験に関して坪田に相談したいことを受験生・保護者から募集。当コーナーで、坪田が相談の一部に答える。大学受験のシーズン(1月中旬 - 2月)には、数週にわたって相談に応じることがある。
  • 水曜日:「ヤナギブソンのこだわりますター☆」
    • 2017年3月22日から放送。リスナーがこだわっていることに関するメッセージを募集したうえで、その一部を紹介する。最後に、紹介したメッセージの投稿者に向けて、ヤナギブソンが自作の「こだわりラップ」に乗せてさまざまなアイデアを披露する。
  • 木曜日:「今週のしゃべりたいんやトピックス!」
    • 谷口・濱家のレギュラー起用を機に、2016年10月6日から放送。放送週の主なニュースから、谷口・濱家が生放送で喋りたいトピックスを選んだうえで、歯に衣着せぬトークを展開する。
  • 金曜日には、パートナーの関心やキャラクターに沿った特集企画を、週替わりで放送している。
    • 2017年7月21日からは、他曜日と同じく「今日のニュースのまとめ」(毎日放送の自社制作によるストレートニュース)で構成していた『ネットワークTODAY』を、「今日の注目ニュース」として刷新。放送当日のニュースから注目度が特に高い1件のトピックスをテーマに、毎日放送ラジオ報道部のデスクが、上泉や週替わりパートナーを相手に解説する構成に変わった。このため金曜日には、非常時・緊急時などを除いて、16時台の『MBSニュース』でのみストレートニュースを放送する。
月1回放送の対談企画「月刊うわトーク」[編集]
  • 上泉自身が「じっくり話したい」と思うゲストを相手にトークを展開する企画。第1期時代の2011年7月20日から、当時水曜日の11時台に放送していた週替わり特集枠で、「ええなぁ!プレミアムトーク THE対談」として放送を開始した。2012年4月から6月まで中断していたが、同年7月から放送を再開。2014年4月の改編で週替わり特集枠が金曜日へ移動したことを機に、同年6月6日からは「月刊うわトーク」として放送している。
    • 「ええなぁ!プレミアムトーク THE対談」は、基本として事前に収録。当番組第1期の公式サイトでは、月1回ペースの不定期更新ながら、対談とスタジオトークの音源を公開していた。
    • 「月刊うわトーク」では、旬の話題やニュースの背景など、月替わりのテーマを設定。基本として生放送で、テーマに見合った専門家をゲストに迎える。金曜日に放送されていた第1期には、大吉が進行役を務めるとともに、上泉を初めとする他の出演者とゲストによる質疑応答をはさんでいた。第2期では、上泉の進行で、主に16時台後半の日替わり特集枠で生放送。公式サイトでは、バックナンバーのページでスタジオの画像と対談の概要を公開している。
    • 冨坂や品田など、当企画への出演をきっかけに、「知ってええなぁ!ちなみNEWS」やスタジオゲストで登場する著名人・有識者も少なくない。2016年5月放送分からは、第1期で東日本大震災の発生直前まで「記念日ええなぁ」(後述)のスポンサーに付いていた関西電力が、当企画の単独スポンサーとして復帰している。

過去[編集]

  • 「どっちのMan&Woman」(水曜16時台、第2期開始 - 2015年5月13日
    • 男と女の悩みに関するリスナーからのメッセージに対して、上泉が男性、奥野が女性の立場から意見を披露。さらに、双方の意見に共感するリスナーからメッセージを募集したうえで、メッセージ件数の比率を基に意見の共感度を競い合った。放送上は、コーナータイトルの由来になった『Man & Woman』(MY LITTLE LOVERのデビュー曲)をテーマソングに使用。本編のエンディングでは、意見ごとのメッセージの比率を紹介したうえで、比率の高かった意見を「ベストアンサー」に認定していた。
  • 「密告!ヒミツの○○ちゃん!」(木曜17時台、第2期開始 - 2015年5月14日
    • リスナーだけが知る家族・知人・隣人・同僚などの秘密や、リスナー自身の隠し事などに関するメッセージを匿名で募集したうえで、その一部を紹介した。
  • 「みんなのbest3」(水曜16時台、2015年5月20日 - 2015年12月23日
    • 週替わりで設けたテーマ(「無人島に持っていきたいものbest3」など)について、上泉と奥野が自分なりの「best3」を、3位から順に発表していた。リスナーからも、「best1」に選んだ理由を明記することを条件に、「自身にとってのbest3」に関するメッセージを放送日の16:30まで募集。放送では、上泉・奥野の「best3」を発表した後に、メッセージの一部を紹介した[74]
  • 「ビバ!ええなぁ遺産☆」(水曜17時台、第2期開始 - 2017年3月15日
    • 40代である上泉・奥野の幼い頃に身近にあったグッズの中から、最近はあまり見掛けないにもかかわらず、現在でも世間に出回っているグッズや作品を「ええなぁ遺産」と定義。ヤナギブソンが、上泉・奥野への三者択一クイズをはさみながら、毎回1種類の「ええなぁ遺産」について現状や秘話を紹介していた。
    • 開始当初は、ヤナギブソンからの紹介内容を基に、上泉・奥野が「ええなぁ遺産」への認定の是非を判断していた。現在は、ヤナギブソンが紹介するグッズや作品を、すべて「ええなぁ遺産」とみなした。
    • コーナーの最後には、翌週に取り上げる「ええなぁ遺産」を発表したうえで、関連するエピソードをリスナーから募集。翌週の放送では、上泉・奥野自身の思い出話を交えながら、エピソードの一部を紹介している。
  • 「今週、調べてきました」(木曜16時台、2015年5月21日[75] - 2016年9月29日
    • よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属するお笑いコンビ(なるみの後輩)が週替わりで担当する調査企画。週替わりで設けられるテーマについて、頭脳と肉体を駆使しながら、放送日までの1週間にわたって調査した結果をスタジオで報告した。調査を担当する芸人に対して、番組側から1件につき5,000円の調査費が支給されることが特徴。
  • 「ええなぁ酒場」(月曜16時台、2015年10月5日 - 2015年12月21日
    • 日本盛の単独提供コーナーとして、「オヤジ向上委員会」に続いて放送。「ええなぁ酒場」という架空の酒場を舞台に、唎き酒師の資格を有する前田が「若女将」に扮して、「常連客」役の上泉・金村と日本酒にまつわるトークを展開した。放送週によっては、前田が日本酒に合うつまみを作ったうえで、上泉・金村に振る舞うことがあった[76]
    • 2016年4月2日から6月25日まで、および同年10月1日から、当コーナーから派生した単独番組『日本盛プレゼンツ 居酒屋阿希子』を毎週土曜日の17:45 - 17:59に放送。当番組から前田のみ出演している。
  • 「ザッツ!ええなぁSONG」(水曜16時台、2016年1月6日 - 2016年3月30日
    • 上泉と奥野にとっての「テンションの上がる曲」を交互に1曲ずつ流しながら、曲にまつわるエピソードを語り合ったコーナー。最終日の放送では、奥野が全編にわたって休演したため、本来は17時台にのみ出演するヤナギブソンが上泉のパートナーを務めた。
  • 「あめちゃん舐めて癒されたい 私の周りの塩対応」(火曜16:55頃 - 17:00、2016年9月5日 - 2016年11月1日
    • 「あめちゃんでつながろう!プロジェクト」(MBSラジオの本放送開始65周年を記念した味覚糖とのコラボレーションによる期間・地域限定プロジェクト)との連動企画として、上泉が同プロジェクトで「塩の花」(味覚糖の飴製品)のPRを任されたことにちなんで、リスナーから塩対応(他人から受けた冷たい対応)にまつわるエピソードを募集するとともに、その一部を紹介した。エピソードを採用されたリスナーに、「塩の花」3袋とクオカードを進呈。
  • 「街角ヴォイス! 関西人の腹のうち!」(金曜16時台、第2期開始 - 2017年3月31日
    • かみじょうによる事前収録のインタビュー企画で、関西圏で話題のスポットを舞台に、通行人や利用客に対してインタビューを敢行。その音源や、かみじょうからのスタジオ報告を通じて、関西出身・在住者の本音に迫った。
  • 「赤丸急上昇!売れてる理由を当てまショー!」(火曜16時台、第2期開始 - 2017年6月20日
    • ビタミンSのお兄ちゃんが、放送日の直近時点で売れ行きの良いグッズや、ヒットの予感が漂うグッズをスタジオに持参。そのグッズの使い道に関するクイズを上泉・坪田に出題したうえで、質疑応答を通じて、グッズが売れている理由を解き明した。お兄ちゃんは基本として、このコーナーからエンディングまで出演。

第1期[編集]

いずれも、第2期では放送されていない。

最終年度(2014年度)[編集]

「今日のええワード」[編集]
  • 本放送2年目に入った2010年4月5日放送分から開始。放送日を「ええ一日(良い一日)」にしてくれそうな「ええワード」(歴史上の偉人・現代の著名人などが残した「名言」やリスナーから寄せられた日常生活での「小言」)を紹介した後に、その言葉にちなんだ上泉からの一言とタイトルコールをはさんで、テーマソングを流す。基本として、古川が事前収録で「ええワード」の読み上げを担当。公式サイトでは、過去に放送で取り上げた「ええワード」を掲載していた。
  • 放送週によっては、1週間共通のテーマを設定したうえで、そのテーマに沿った「ええワード」を紹介。2012年までは、上泉が休暇や取材で当番組のスタジオに出演しない期間の放送に限って、上泉本人が事前収録で「ええワード」のナレーションを担当していた。
「記念日ええなぁ」[編集]
  • 『上泉雄一のFANFANレディオ』から、タイトルを変更したうえで継続。リスナーから事前に送られたメッセージを基に、放送日の前後に誕生日や記念日を迎える(迎えた)人を全員紹介していた。
  • 2011年3月上旬までは、当コーナーの冒頭で、放送日にまつわる意外な記念日や、放送日に誕生日を迎えた著名人も紹介していた。しかし、東日本大震災(同月17日)発生後の放送では、コーナーのタイトルコールを省略。オープニングトークに続いて、リスナーの誕生日や記念日だけを紹介している。
「頑張れ!オリックス」[編集]
  • オリックス・バファローズの選手と親交が深く、同球団のファンであることを公言している月曜パートナー・たむらの強い意向[77][78]で、2014年2月から月曜日の「セカンドオープニング」後半に通年で放送[79]。放送前週の試合のダイジェスト(プロ野球シーズンのみ)、選手からたむら宛てに寄せられたチーム内のエピソード、同球団主催試合・イベントに関する情報などを伝えてい。
  • 当コーナーの放送が縁で、2014年9月25日(木曜日)の当番組終了後には、京セラドーム大阪のオリックス主催ナイトゲーム(対埼玉西武ライオンズ戦)でたむらが自身初の始球式に登板[80]。試合中には、上泉・たむら・藤本敦士(出演時点ではMBSラジオ野球解説者)の出演による応援番組『オリックスってええなぁ!』を、ドーム内FM(78.5khz)限定で放送した[81]
  • なお、たむらが金曜日の週替わりパートナーへ異動した第2期では、月曜日の「週刊カネスポ」でオリックス関連の話題を扱う。
「うわちゃん聞いて!留守電ええなぁ」[編集]
  • 番組専用の留守番電話に吹き込まれたメッセージの一部を、放送中(主に「セカンドオープニング」の後半)に再生。その内容に応じて、上泉や日替わりパートナー(金曜は週替わりゲスト)がトークを展開していた。
  • 番組開始から2014年3月までは、後述する『特集ええなぁ』内の月1回企画(毎月第1週または最終週)として、『留守電ええなぁ!月間留守電大賞』を放送。過去1ヶ月間のメッセージ受付・放送件数を発表するとともに、番組スタッフが「惜しい留守電」「留守電大賞」に選んだメッセージ(各1件)を紹介していた。
  • 水曜日(2012年から木曜日)の『特集ええなぁ!』では、毎年の最終放送において、留守番電話に寄せられた1年分のメッセージから「留守番電話・オブ・ザ・イヤー」を選出していた。しかし、2014年度には表彰制度を廃止。金曜日に移動した『特集ええなぁ!』で、「留守番電話を聴いてみよう」という企画を月に1回放送していた(大吉が進行を担当)。
「特集ええなぁ」[編集]
  • 月曜:『先週のHowmuch?ニュース』
    • たむらけんじが、上泉とともに、放送前週に起こったお金に関するニュースや話題(毎週3本程度)でトークを展開。コーナーの最後には、たむらの身辺で起こったお金関係の出来事を、「たむらけんじのおもしろHowmuch?ニュース」(2012年4月以降は「社長のHowmuch?ニュース」)として1本紹介していた。
  • 火曜:『ええなぁ知恵袋』→『ええなぁ知恵袋デラックス』(2012年4月 - 2014年3月25日)→ 『ええなぁ知恵袋スーパーデラックス』(2014年4月1日 - 2015年3月24日)
    • 『ええなぁ知恵袋デラックス』までは、リスナーから寄せられた身の回りの悩みを、リスナーの知恵で解決する趣旨で放送。上泉が紹介する数々の知恵から、奥野(武川)が最も納得した知恵をベストアンサー”に認定していた。また、コーナーの最後には、次週の放送に向けたお題として、リスナーからの悩みを紹介。次回の放送直前まで、1週間にわたって、リスナーからお題に見合った知恵を募っていた。
    • 『ええなぁ知恵袋デラックス』からは、鈴木が進行役を担当。リスナーからの悩みや知恵を紹介するとともに、補足情報やMBS社員からの意見を伝えるスタイルに移行した。『ええなぁ知恵袋スーパーデラックス』では、日常生活にまつわる疑問をリスナーから募ったうえで、寄せられた疑問を基に鈴木が調査した内容を報告。奥野がベストアンサーを認定する代わりに、鈴木が調査結果への感想を述べることでコーナーを締めくくっていた。
  • 水曜:『のぞき見 女のマガジン』
    • 2012年4月から放送。同年3月まで金曜日に出演していた松井愛の進行で、直近に発売された女性誌の記事をテーマに、上泉・あいはらと男女の本音を語り合った。
    • 第1期の放送枠を引き継いだ『松井愛のすこ〜し愛して♥』では、松井がパーソナリティを務めることから、放送曜日・時間帯を変えずに『のぞき見! 男と女のマガジン』として放送している。
  • 木曜:『お気軽☆ちょいレジャー♪』
    • 2014年4月3日から放送を開始した企画で、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の若手芸人(守谷日和トットアキナ祇園矢野号など)を週替わりでリポーターに起用。週末に日帰りで楽しめるレジャースポットを紹介した。
    • 毎回のエンディングでは、次に紹介するレジャーを告知するとともに、リスナーからそのレジャーにまつわる思い出話を募集。翌週の放送では、メールの一部を上泉が読み上げる。なお、第1期の公式サイトでは、過去の放送内容と今後募集する「思い出レジャーメール」のテーマを掲載。若手芸人が週替わりで登場する企画は、芸人の顔触れを変えながらも、第2期・木曜日の『今週、調べてきました』で再び実現している。
  • 金曜
    • 週替わり特集
      • 番組開始から2012年3月までは水曜日、同年4月から2014年3月27日までは木曜日に月3回のペースで放送。開始当初は『上泉雄一責任取材』とのタイトルで、上泉による取材報告を中心に放送していた。その後は、週替わりの内容で、リスナーからの投稿企画や最新映画の紹介などに充てている。
        • 当コーナーで『責任取材』を放送していた時期には、前週に上泉が当番組の生放送を終えてから取材先へ直行。取材の対象は、話題の施設・サービス・現象の体験から、日常生活と関わりの深いテーマ(最近の墓地事情など)にまで及んでいた。また、毎年最初の放送では、前身番組『上泉雄一のFANFANレディオ』に続いて「オールザッツ漫才」を編成。吉本興業所属の若手漫才師3組が持ちネタとトークを披露していた。
        • 上泉による最新映画や新刊本の紹介企画は、第2期への移行を機に、『週末もええなぁ!』へ引き継がれている。
      • 2011年8月30日には、上泉と親交の深い森たけしが、スペシャルパートナーとして当番組の全編に出演。この出演をきっかけに、『朝生ワイド す・またん!』に出演する同局のアナウンサーをゲストに迎えての特別企画「す・またんラジオ」を、年に1回のペースで放送していた[82]
      • 2014年4月11日の放送から金曜日へ移動するとともに、大吉が進行を担当。板東をゲストに迎えた同月25日には、板東自身の不祥事に関する謝罪の意味を込めて、リスナーが謝っておきたいことを紹介する「ホンマすんまへん大賞」を放送した。
「今出さんのお天気ええなぁ」[編集]
  • 今出による最新の気象概況の解説と、気象に関するミニコーナーで構成。2014年度限りで毎日放送の気象キャスターを勇退した今出にとっては、MBSラジオの番組で最後にレギュラーを務めたコーナーでもある。
  • 後半のミニコーナーでは、2011年5月27日の放送まで、今出が自ら「お天気ゆる川柳」や「お天気ゆるポエム」披露していた。しかし、今出からの申し入れによって、同年5月30日の放送からは「今出さんのお天気あるある」に一新。リスナーからの投稿による「気象あるある」について、毎回1つずつ今出が紹介・解説したうえで、番組スタッフが2種類の効果音で「あるある度」を評価するようになった。
日替わり企画(11時台後半)[編集]
  • 月曜:『ビタミンSお兄ちゃんのクイズ渡り鳥』
    • ビタミンSお兄ちゃんによる中継コーナー(月曜分)の後継企画として、2010年4月5日から放送。当番組の放送開始以来初めて、お兄ちゃんがスタジオにレギュラーで登場する。コーナータイトルの「渡り鳥」は、お兄ちゃんがモノマネの十八番にしている小林旭の代表作『渡り鳥』シリーズ(日活映画)にちなむ。タイトルコールの『クイズ渡り鳥』や、オープニングの挨拶でも、お兄ちゃんが毎回小林の声真似を披露していた。
    • 「プライベートでライブや演劇を鑑賞することが多い」というお兄ちゃんが、実際に鑑賞したライブや演劇の情景や感想を紹介。お兄ちゃんの近況や趣味の競馬予想に関するトークを交えた後に、鑑賞した作品の内容に関するクイズを、上泉・たむらへ1問出題した。
    • お兄ちゃんが火曜日に出演する第2期でも、坪田に代わってお兄ちゃんが全編のパートナーを務める場合に、「ビリギャル先生が教える学問のオススメ」の代替企画として17時台前半で復活させることがある。
  • 火曜:『奥野史子のぶぶ漬け放談』
    • 2012年4月3日から放送。奥野が、日常生活で感じたことなどを気ままに語っていた。ちなみに、タイトルの「ぶぶ漬け」とは、京都弁で「茶漬け」を意味する。
    • 鈴木が全編にわたってパートナーを代演する場合には、鈴木の出身地茨城県の名産品である納豆にちなんで、『鈴木健太のねばねば放談』という鈴木メインのコーナーとして放送していた。
  • 水曜:『シャンプーハットてつじの料理のてつじん』
    • 関西を中心に「つけ麺王子」の異名を取るてつじが、毎週1つのメニューをテーマに、プライベートで感銘を受けた飲食店やメニューの魅力を熱弁。コーナーの最後に、その店にまつわる独自の格言を披露していた。
    • 番組開始当初は、「つけ麺」をテーマに、数週にわたってつけ麺専門店を取り上げていた。以降は、毎週異なるテーマを掲げている関係で、紹介する店舗も多彩である。
    • コーナーの最後には、リスナーが勧める飲食店を紹介。その内容に応じて、てつじが評価を与えていた。
    • 後継番組『松井愛のすこ〜し愛して♥』では、放送曜日・時間帯を変えずに、『てつじのグルメ愛から手帖』にマイナーチェンジ。てつじの後輩芸人・吉田結衣(シンクロック)を、コーナーレギュラーに加えている。
  • 木曜:『プロが教えます。お料理ひと工夫』(正式名称は「ええなあ料理人」、2012年3月29日まで)→『泰松流 お料理ワンポイント』(2012年4月5日から)
    • ちちんぷいぷい』(上泉が長年にわたってレギュラーで出演していたMBSテレビ平日午後の情報番組)の料理コーナー「キッチンぷいぷい」などで知られる高橋が、当コーナーにのみ出演。当番組の開始当初から2009年9月30日までは木曜日、同年10月8日から2010年6月22日までは火曜日に編成していた。ただし、2014年5月1日から6月28日までは、コーナーを休止していた。
    • 『お料理ひと工夫』時代には、リスナーからのリクエストに自身のアイデアを盛り込んだメニューを、放送とは別のスタジオで調理。上泉と出演曜日の女性パートナーが、放送中に試食していた。
    • 2012年4月5日の放送から、『泰松流 お料理ワンポイント』にリニューアル。料理に関するリスナーからの質問に応じて、高橋が料理のコツを紹介するスタイルに変わった。上泉・なるみは、そのコツによって調理を済ませた料理を試食する。
  • 金曜:フリーゾーン
    • 12時の時報直前まで、リスナーからのメッセージ紹介、上泉とパートナーによるフリートーク、上泉による新作映画紹介などを放送。このゾーンにゲストを迎えることもあった。なお、第2期では、主に『週末もええなぁ!』で新作映画を紹介している。
「アカペラおのど自慢」[編集]
  • リスナー参加のカラオケコーナーで、12時の時報明けに放送。事前の公募によって選ばれたリスナー(毎日1名)が、BGMのない状態で、電話を通じて歌を披露していた。歌を披露するリスナーの年代や、披露される歌のジャンルは多彩で、出演したリスナーには賞品と番組グッズを進呈。ただし、2010年頃からの春休み・夏休み期間には、「アカペラおのどキッズ」と称して出場者を小学生以下に限っていた。
  • 2009年の途中までは、3段階の鐘の音で判定を出す趣向になっていた。その後は、歌の出来にかかわらず、参加者がワンフレーズを歌い切った時点で同じ鐘の音を流している。
  • 当コーナーから派生した特別企画として、カラオケスタジオからの中継による『おのど自慢スカウトキャラバン』や、2名1組で参加できる『デュエットおのど自慢』などが放送されたことがある[83]
  • 2011年3月14日から同年4月1日までの放送では、『今出さんのお天気ええなぁ!』における「お天気ゆるポエム」(前述)と同じく当コーナーを休止。radiko経由で当番組を聴取できる東日本大震災の被災者に向けて、出演者やリスナーからのメッセージを添えながら、リクエスト曲を毎回1曲放送していた。なお、4月1日にradikoの配信エリア制限が復活したことを機に、4月4日の放送からは当コーナーを再開している。
  • 第1期の最終週(2015年3月23日 - 26日)には、過去の出場者から特に強い印象を残した「おのど自慢レジェンド」が、スタジオで連日アカペラを披露。最終放送日(同月27日)には、「お天気ええなぁ!」を終えたばかりの今出が特別に出演した。
  • 長居公園で毎年開かれる「MBSラジオまつり」では、当コーナーの放送開始を機に、番組側で推薦した「おのど自慢レジェンド」による『アカペラおのど自慢 グランドチャンピオン大会』をステージ企画として実施。生ワイド番組のパーソナリティ・レギュラー出演者が一堂に会するMBSラジオの特別番組でも、当コーナーから派生した番組対抗のカラオケ企画を放送するようになった。第2期の移行を機に当コーナーを終了してからも、このような企画を継続している。
中継コーナー(金曜)[編集]
  • 井上智栄子(2011年7月1日から彩羽真矢)が、週末にお勧めのスポットからの生中継で出演したコーナー。
    • 彩羽が出演を始めてからは、『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』の水曜日に放送されていた「街角ステーション」(トヨタ自動車単独提供・NRN加盟局の企画ネットによる同社販売店からの生中継コーナー)を、当番組の中継コーナーとして内包。「今週のオスカル様」(かつて宝塚歌劇団の女優として活動していた彩羽が、中継先のお勧め情報を「ベルサイユのばら」のオスカル風に紹介するコーナー)で中継を締めくくっていた。第2期への移行後も、当コーナーは放送曜日・時間・内容やリポーターを変えずに、『松井愛のすこ~し愛して♥』内で継続。
  • 番組開始から2009年9月までは水~金曜日、2010年3月までは月・木・金曜日、2010年6月までは木・金曜日にそれぞれ放送。リポーターを日替わりで登場させていた。ちなみに井上は、開始当初から金曜日の中継を担当している。
    • 月曜日:ビタミンSお兄ちゃんが施設・イベントを中心に、中継リポート(2009年9月までは水曜、以降は月曜)を担当。また、『おのど自慢スカウトキャラバン』の中継リポーターも兼務。その場合には、中継先のカラオケスタジオから12時前後に登場していた。『お兄ちゃんのクイズ渡り鳥』(前述)の開始を機に、2010年3月末でコーナー終了。
    • 木曜日:大吉がオープンしたばかりのお店や女性向けのサービスなどをリポート。中継の最後には、「大吉(だいきち)チャンス」と称して、取材先の担当者からリスナー向けのプレゼントや特典を提供される趣向になっていた。『大吉洋平のザッツ ワールドトレンド!!』(後述)の開始を機に、2010年7月1日の放送でコーナー終了。
不定期企画[編集]
『大吉洋平のザッツ ワールドトレンド!』(「特集ええなぁ!」木曜日 → 金曜日)
  • 2010年7月1日から2012年3月29日まではレギュラーで放送。2010年6月まで当番組の中継リポーターを務めた大吉をスタジオ進行役に、世界各国で流行するグッズや、話題のスポットなどを取り上げる。
  • 放送上のタイトルは、『大吉洋平のザッツ ワールドトレンド! How Cool?』。海外留学・取材の経験が豊富な大吉は、英語で「ええなぁ!」を意味する"How Cool?"を流ちょうな発音で紹介するほか、コーナーの随所で海外での経験談を披露する。レギュラー放送時代の中期からは、日本国外のトピックスに加えて、自身と同じ20代に流行している言葉・現象・ブランドも「日本発のトレンド(From Japan)」として紹介・解説していた。
  • レギュラー放送時代には、大吉が『ちちんぷいぷい』の海外取材で出演できない週に、当コーナーを上泉・なるみによる女性リスナー限定の投稿企画「私の秘密」を差し替えたことがあった。
  • 大吉の出演日を金曜日に変更した2012年4月以降も、「特集ええなぁ!」木曜日では、当コーナーを年に数回のペースで放送。第2期への移行後も、大吉が木曜日の「知ってええなぁ!ちなみNEWS」を担当する場合には、当コーナーで扱うような世界各国の話題を取り上げている。

2013年度以前[編集]

『世界の国からアメマ』(月曜)
  • 2009年7月23日から放送開始。当時アースマラソンに挑戦していた間寛平が、大西洋上を航行中のヨットや、滞在先から衛星電話で生出演。スタジオの上泉、たむら、武川とつなぎながら、近況を報告した[84]。間の滞在先との時差の関係で、2009年8月31日以降は、『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』月曜日で放送。
『ええなぁ米 成長日記』(「特集ええなぁ!」水曜日)
  • 「上泉雄一責任取材」と西日本高速道路サービスによる共同企画として、2010年5月から9月まで、おおむね月1回のペースで放送。上泉と番組スタッフが同年5月23日に兵庫県丹波市の水田へ苗を植えたコシヒカリについて、水田の管理・運営を担当する株式会社マイファーム(農園運営会社)の現地スタッフからの報告を交えながら、生育状況を紹介していた[85]
『大月勇のトレンドトレンド』(「特集ええなぁ!」木曜日)
  • 上泉雄一のFANFANレディオ』火曜日で大月が担当していた「新品さんいらっしゃい」からの派生企画として、当番組の開始当初から2010年6月24日まで放送。「(大月の特徴である)大きな鼻で流行をクンクンかぎ取る」を合言葉に、世間で流行している現象・言葉・エンターテインメントや、面白グッズなどを紹介していた。
  • 話題によっては、大月が自ら取材の結果を報告することもあった。2010年に入ってからは、放送前日までの1週間におけるgooの検索ワード急上昇ランキングベスト5の紹介を中心に構成。該当する言葉に関連する商品を、上泉とパートナーが試用・試食・試飲する趣向になっていた。

以下の企画はいずれも、火曜日の11時台後半に放送。

『WE LOVE KYOTO』(2010年6月29日~2011年6月14日)
  • グルメコーナーの放送曜日変更を機に放送開始。京都生まれ・京都在住の奥野にちなんで、「私だけが知っている京都」をテーマに、奥野やリスナーからの取っておき情報を週替わりで紹介していた。奥野の産休を機に終了。
大阪マラソンへの道』(2011年8月2日~10月25日)
  • 上泉が第1回大阪マラソンで人生初のフルマラソンに挑むことにちなんで、『WE LOVE KYOTO』の休止を機に放送を開始した。ちなみに上泉は、第1回のマラソンを4時間30分13秒で完走すると、第2回以降も完走を続けている。
『ええなぁ ケータイ for LIFE』(2011年10月4日~2012年3月27日)
  • NTTドコモの1社提供コーナーで、最初の1ヶ月間のみ、12時台の交通情報の後に放送。同社が毎年開催する「iのあるメール大賞」との連動企画として、過去の受賞作品を朗読していた。
  • 放送枠を移動した2011年11月からは、携帯電話にまつわるリスナーのエピソードや、NTTドコモが提供する携帯電話向けの新しいサービスなどを紹介。同社の担当者をスタジオに招いたり、同社との連動イベントを大阪市内で開催したりすることもあった。
『週刊ええなぁフライデー』→ 『ええなぁフライデーハイパーーーーー!!』(2009年4月10日~2014年3月28日)
  • 放送前日までに入ってきた芸能・社会・スポーツ関連のニュースから、軽めの話題を3本程度紹介。その話題について、出演者でフリートークを展開した。
  • 『週刊ええなぁフライデー』時代の正式名称は、「芸能ニュース ええなぁフライデー」。コーナー開始から2009年8月末までは武川、同年9月から2012年3月まで松井愛が進行役を務めていた。
  • 2012年4月のリニューアルで、コーナータイトルを『ええなぁフライデーハイパーーーーー!!』に改めた。また、番組開始から同年3月まで木曜日に出演していた大吉が、水曜日に異動した松井愛の後任で進行を担当。自身が注目したニュースを「ハイパーチョイス」として紹介したほか、『大吉洋平のザッツ ワールドトレンド』の流れを汲むトレンド情報「大吉(だいきち)チョイス ハイパーニュース」をコーナーの最後に組み込んでいた。

以下は、第1期の序盤に放送されていたグルメ企画。

  • 月曜:『音で味わうグルグルグルメ』
  • 火曜:『行かずに食べる 日本列島グルめぐり!』
    • 正式名称は「行かずに食べる 47都道府県全県グルめぐり!」。毎回1都道府県1品のペースで、全国各地から取り寄せた名産品を紹介。上泉と奥野がスタジオで試食していた。
  • 金曜:『スイーツ う~んおいティー』(正式名称は「素敵なティータイム う~んおいティー」)
    • 出演時点で現役の大学生だった赤松が推奨するスイーツと、そのスイーツに合うお茶を紹介。上泉と週替わりゲストが試食・試飲しながら、当時の女子大生事情などをテーマに、トークを繰り広げていた。

テーマソング[編集]

  • ワライナキ「Color」(番組開始 - 2013年2月19日
    • 当番組の開始に合わせて、ジングルとともに書き下ろした楽曲。放送開始後(2009年7月5日)にリリースのミニアルバム「Harmonying」にも収録されている[86]。また、ワライナキがゲストで出演した2011年3月7日(月曜日)の放送からは、同年4月リリースの新曲「きみだけの物語」を、2週間限定でエンディングに流していた。
  • スムルース「アイとアイ」(2013年2月20日 - 、第2期でも使用)
    • 当番組の放送1000回到達(2013年2月20日)と、スムルースの結成15周年を記念して書き下ろした楽曲。同年3月6日リリースの結成15周年記念ベストアルバム「スムルースSUPER BEST 2004 - 2013」にも収録されている[87]
    • MBSラジオが本放送65周年を迎えた2015年9月からは、つんく♂の作詞・作曲による「Thank you! Happy today!~MBSラジオのうた~」(上泉と松井愛がリードボーカルを務めたMBSラジオ65周年記念ステーションソング)を、エンディングに流している。

特別番組・企画[編集]

公開生放送[編集]

  • ごめんやす馬場章夫です』から続く企画として、2009年から2011年まで、毎年10月の最終金曜日に国華園和泉本店の「日本菊花全国大会」会場から公開生放送を実施。「アカペラおのど自慢」では、放送前日までの応募者から選ばれたリスナーが、会場でBGM抜きの歌を披露していた。
    • 2009年には、10月30日に同店で番組初の公開生放送を実施。当番組から上泉・松井・健・世界のナベアツ(当時)・井上が出演した。なお、2010年10月29日には上泉・松井・ナベアツ・井上、2011年11月11日には上泉・松井・香西・彩羽の出演で公開生放送をそれぞれ実施した。
    • 2012年にも、上泉・大吉・香西・彩羽の出演で11月30日に国華園で公開生放送。主な放送内容は変わらないものの、会場を和泉本店から二色の浜店に変更した。2013年は11月22日、2014年は11月14日に同じ会場・出演者で公開生放送を実施した。
    • 当番組の放送枠が移動した2015年以降は、第1期の放送枠を引き継いだ『松井愛のすこ〜し愛して♥』ではなく、日曜昼の生ワイド番組が企画を引き継いでいる(会場は和泉本店に戻り、2015年10月25日は『今日は日曜♪野村啓司のラジオなひととき』、2016年10月23日は『サンデーライブ ゴエでSHOW!』が公開生放送。なお当番組での香西的存在として、浜村淳のゲスト出演が恒例となっている)。
  • 2011年5月3日には、『WE LOVE KYOTO』(前述)の特別編として、大覚寺の境内から全編公開生放送を実施。通常は一般に公開されていない庭湖館からの放送のため、リスナーから抽選で20名を招待という特別編成で放送した。
  • 2011年10月10日には、「ちゃやまちハッピーアワー祭~はじめまし展 2011年秋~」の一環で、同局本社1階の特設ステージから公開生放送。当番組から上泉・たむら・古川・ビタミンSお兄ちゃんが出演している。また、本番中に『ごぶごぶ』の出演者が登場した。
  • 2012年8月10日には、桂三度の地元・滋賀県にあるビバシティ彦根から、「グリコカロリーコントロールアイスPresents 上泉雄一のええなぁ!公開生放送inビバシティ彦根」を実施。上泉・三度・大吉・彩羽のレギュラー陣に加えて、同県在住のファミリーレストランがゲストで出演した。2013年8月9日にも、上泉・クワオハ・大吉・彩羽の出演で、アル・プラザつかしんから「グリコカロリーコントロールアイスPresents 上泉雄一のええなぁ!公開生放送inアル・プラザつかしん」を放送している。
  • 2014年4月4日には、当番組のスタジオがある毎日放送本社屋の新館(通称「B館」)が、MBSテレビのチャンネルID(4)とMBSラジオの周波数(1179)に合わせて11時7分9秒から本格的に運用を開始した。当番組では、運用開始の時間帯が当時(第1期)の放送枠と重なることから、B館の運用開始を記念した特別番組『MBSグランドオープンスペシャル 上泉雄一のええなぁ!公開生放送』を編成[88]。上泉・松井愛による進行の下で、M館1階の「ちゃやまちプラザ Live Space」から公開生放送を実施した。金曜日の週替わりパートナーからはガダルカナル・タカ、MBSラジオの他番組からは浜村・近藤が出演。さらに、嘉門とあげぽよガールズをゲストに迎えた[89]
    • オープニングでは、毎日放送の歴史にちなんだ音源に、上泉のナレーションを添えた特別な音源を放送した。また、放送中の11時5分から11時7分9秒にかけて、出演者と参加者によるカウントダウンを実施。なお、カウントダウンの後には、嘉門によるスペシャルライブ[89]や「カラオケおのど自慢レジェンド プレミアムステージ」を開催している。

リスナーとの交歓企画[編集]

『MBSベースボールパーク』との合同特別番組[編集]

第2期に移行後の2016年からは、『MBSベースボールパーク』シリーズの前座コーナーを通年で内包することを背景に、同番組とのコラボレーションによる特別番組を随時放送している。

  • 2016年のプロ野球開幕直前(3月20日日曜日)には、『MBSベースボールパーク みんなでホームイン!』との合同企画として、「ちゃやまちプラザ Live Space」で『上泉雄一のええなぁ! プロ野球開幕スペシャル with Tigers』を公開収録。当日の『MBSサンデースペシャル』(20:00 - 21:00)枠で、ダイジェストを放送した。当番組からは上泉・金村、『みんなでホームイン!』からは市川・井上雅雄・山田スタジアムが出演。ゲストに松村邦洋を迎えた。
  • 2016年6月19日父の日・日曜日)には、『MBSベースボールパーク番外編』(プロ野球シーズン中でプロ野球のナイトゲームが最初から組まれていない日に放送する特別番組)内の合同企画として、『ええなぁ!ベースボールパーク おっちゃんだらけのプロ野球サミット』を17:59 - 21:00に生放送。当番組から上泉・金村・かみじょう、『みんなでホームイン!』から井上雅雄が出演するとともに、ゲストに松村とちゃらんぽらん冨好を迎えた。スタジオへの出演者は男性だけだったが、放送中には、両番組の女性レギュラー陣(豊永・市川・前田)による事前収録のジングルやコメントも順次流した。
  • 2016年7月18日海の日・月曜日)には、『MBSベースボールパーク』で放送する阪神対読売ジャイアンツ(巨人)のナイトゲーム(甲子園球場)関西ローカル向け中継に金村が解説、上泉がゲストとして出演することから、当番組を同球場放送席と毎日放送本社ラジオスタジオとの二元中継形式で放送。同球場から上泉と金村、スタジオから市川が出演した。なお、前田が休演したことから、「知ってええなぁ!ちなみNEWS」では上泉・金村がプロ野球関連の話題を紹介。本来は前田が進行する「オヤジ向上委員会」を、市川・金村のクロストークによる「2016年プロ野球前半戦 神ってる? ダメってる?大賞」に差し替えたほか、「週刊カネスポ」にはスポーツアナウンサーの近藤亨(当該中継で阪神側のベンチリポートを担当)も出演した。
  • 2016年9月19日敬老の日・月曜日)には、『MBSベースボールパーク』として放送された阪神対巨人のデーゲーム(甲子園球場)関西ローカル向け中継に金村が解説、上泉がゲストとして出演。中継終了後の16:55から、実況担当の井上雅雄を交えながら、同球場の放送席から「週刊カネスポ」を中心に放送した。毎日放送本社のラジオスタジオでは、当日の午後にラジオで『MBSニュース』を担当した前田に代わって、市川がコーナー紹介のアナウンスを担当した。

特別番組[編集]

  • 2011年1月10日には、当番組の放送枠を10:30 - 12:00に短縮したうえで、12:00 - 13:00に企画ネット形式の特別番組『McDonald's Big America2 Presents 大きなMの字の下で』を放送。当番組に続いて上泉とたむらが出演したほか、ビタミンSお兄ちゃんがマクドナルド店内からの中継リポートを担当した。
  • 第2期移行後の2016年には、アインシュタイン・デルマパンゲ・セルライトスパ・ヒガシ逢ウサカの4組が9月末で木曜日のコーナーレギュラーを卒業したことから、10月16日(日曜日)の深夜25:00 - 28:48(翌17日の1:00 - 4:48)に卒業記念の特別番組『アインシュタイン デルマパンゲ セルライトスパ ヒガシ逢ウサカ 俺たちだけで朝までええなぁ!』を生放送。4組から上泉への生電話企画などを実施した。
  • 2016年12月18日(日曜日)の深夜27:00 - 28:00(翌19日の3:00 - 4:00)には、「知ってええなぁ!ちなみNEWS」を発展させた特別番組『ええなぁ!番外編 上泉雄一のそうなん?~山中真大統領選挙取材記~』を、事前収録形式で放送。当番組から上泉と坪田[91]が出演するとともに、上泉の後輩アナウンサーである山中が「リアル世界くん」(『ちちんぷいぷい』の海外取材企画)で取材を担当した2016年アメリカ合衆国大統領選挙について、同番組で伝え切れなかった取材の秘話や選挙運動の実情などを紹介した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 放送批評懇談会第47回ギャラクシー賞受賞作品
  2. ^ 第1期公式サイトの「留守電メッセージ募集!」を参照
  3. ^ 放送批評懇談会第47回ギャラクシー賞上期受賞作品
  4. ^ 「ええなぁ!」の放送1000回を迎えました(『上泉雄一のえええなぁ!』2013年2月20日付「スタッフからのお知らせ」)
  5. ^ 番組公式twitterアカウント2014年9月1日付けツイートを参照。
  6. ^ 「MBSラジオ秋まつり2015」の終了直後にtwitter上の番組公式アカウントから発信されたツイートを参照
  7. ^ 2015年11月27日付でFacebook上の番組公式アカウントへ投稿された記事を参照
  8. ^ MBSラジオ「上泉雄一のええなぁ!」放送2000回に到達(『スポーツニッポン2017年1月17日付記事)
  9. ^ 【写真特集】大阪で宝恵駕行列・桂文枝、三倉茉奈、福娘、上泉雄一ら登場(『THE PAGE』2017年1月10日付記事)
  10. ^ twitter上の番組公式アカウントから2015年8月21日に発信されたツイートを参照
  11. ^ 第2期公式サイト内の埋め込みバナー「MARUZEN & ジュンク堂書店梅田店『上泉雄一のええ棚!』置いてます」に詳述
  12. ^ 放送枠拡大の初日(2015年10月3日)にFacebook上の番組公式アカウントへ投稿された告知記事を参照。
  13. ^ 2015年3月27日までは、当該時間帯で放送していた『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』に内包。
  14. ^ a b 2015年4月改編までは、月 - 木曜分を『ノムラでノムラだ♪』、金曜分を『松井愛のすこ〜し愛して♥』で放送。
  15. ^ セントラル・リーグ クライマックスシリーズ ファーストシリーズ第3戦(巨人対阪神のデーゲーム)中継の影響で短縮放送を実施した2015年10月12日に、Facebook上の番組公式アカウントへ当日の放送終了後に投稿された記事を参照。
  16. ^ 短縮放送を実施した2015年11月23日(月曜日・勤労感謝の日)にtwitter上の番組公式アカウントから発信されたツイートを参照。
  17. ^ TBSラジオでは、『大沢悠里のゆうゆうワイド』で12:30頃に内包。
  18. ^ a b 2015年8月24日放送分『前田阿希子のええなぁ!』
  19. ^ a b c 2015年8月25日放送分『坪田信貴のええなぁ!』
  20. ^ a b 2015年8月26日放送分『福島暢啓のええなぁ!』
  21. ^ 2015年4月改編以降の『松井愛のすこ~し愛して♥』でも、松井の休暇期間中の放送では、同様のパターンでタイトルを変更している。
  22. ^ 上泉雄一のええなぁ!ゲスト写真館(2010年3月放送分以降)および当番組へ初めて出演した2009年12月7日放送分のゲスト写真館(同年3月放送分以前)を参照。
  23. ^ 現役引退後の初登場は、2017年6月27日(火曜日)放送分の「月刊うわトーク」。
  24. ^ 勢翔太オフィシャルブログ2010年2月27日付記事2013年3月4日付記事2013年11月25日付記事2014年3月6日付記事などを参照
  25. ^ 入幕すると自前の座布団を土俵下で使えるようになる。
  26. ^ 上泉雄一のええなぁ!ゲスト写真館 2012年2月27日(月)ゲスト:甲山親方&勢関。なお甲山親方(元幕内・大碇)は、同郷で同志社大学の同期にもあたる奥野史子と交流がある。
  27. ^ 2009・2010年度のプロ野球のオフシーズン(10月~翌年3月)には、当番組の生放送を終えてから、MBSラジオで平日夜間に放送の生ワイド番組でもメインパーソナリティを務めていた(2009年度は『MBSたびぐみ とっておき旅ラジオ』の金曜日、2010年度は火曜日の『MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!?』のメインパーソナリティを担当。
  28. ^ MBS「お天気おじさん」今出東二氏勇退 “晴れて”旅行へ!?(『スポーツニッポン2015年3月10日付記事)
  29. ^ 落語家としての師匠である桂文枝 (6代目)から「桂三度」という高座名を付けられるまでは、「世界のナベアツ」名義で出演。
  30. ^ 2012年4月から、金曜日にパートナー代理として不定期で出演していた。第2期への移行を機に、小原のみ『松井愛のすこ~し愛して♥』の隔週月曜パートナーへ異動。
  31. ^ 放送開始当初は、「週刊ええなぁフライデー」などに不定期で出演。武川が降板した2009年9月頃から、レギュラーで出演するようになった。2010年4月からは、全曜日で「今日のええワード」のナレーションも担当。
  32. ^ 実父がナカノモードエンタープライズの社長を務めているため、年末の出演日に「板前魂」(同社が運営するおせち料理通信販売事業)のインフィマーシャルを放送する場合には、「ナカノモードエンタープライズの中野将幸(本名)」としてインフォマーシャルでおせち料理のプレゼンター(紹介役)も務める。
  33. ^ 2012年3月まで、金曜日の「週刊ええなぁフライデー」を担当。
  34. ^ 大阪市内にある飲食店の店主で、当番組開始時からの週1回レギュラー、出演曜日が木曜日(番組開始~2009年9月)→火曜日(2009年10月~2010年6月)→木曜日(2010年7月~)と変わっている。2014年4月までは『ちちんぷいぷい』の料理コーナー「キッチンぷいぷい」に出演していた。自身の体調不良で自然降板。
  35. ^ 入社2年目で木曜日の中継リポーターに抜擢。2010年7月から「特集ええなぁ」木曜日の進行役。
  36. ^ 第2期への移行後も、不定期で16時台の後半に放送される生中継コーナーでリポーターを担当。
  37. ^ 『さてはトコトン菊水丸』からの続投扱いで、毎日放送の専属パーソナリティ契約期間を満了するまで、12時台の『MBSニュース』を担当。
  38. ^ 『スイーツ う~んおいティー』に出演。出演期間中は、現役の大学生だった。
  39. ^ 上泉が自身のtwitter公式アカウントから中継開始の直前に発信した告知ツイートを参照
  40. ^ 金村義明オフィシャルブログ2015年12月8日付記事「ウェスティン大阪ホテル」を参照
  41. ^ 2016年2月15日には、上泉・金村とも阪神の春季沖縄一軍キャンプを取材していた関係で、滞在先の特設スタジオからの全編生中継を初めて実施(参照)。月曜アシスタントの前田が、大阪スタジオでの進行を1人で担当した(参照)。2017年も、2月20日(月曜日)に同じ態勢・出演者で二元生放送を実施。
  42. ^ 2015年度まで月曜日の後枠で放送されていた『亀山つとむのかめ友 Sports Man Day』に「かめ友」(週替わりのレギュラーゲスト)の1人として出演していたことや、首都圏在住ながらradikoプレミアム経由で当番組月・火曜分の放送を聴取していることや、スポーツライターでありながら熱烈な阪神タイガースファンであることが縁で2017年3月28日放送分に初登場。
  43. ^ 「ちなみNEWS」や『週末もええなぁ!』へのゲスト出演を経て、坪田が休演した2017年8月15日放送分で初めて全編のパートナーを担当。
  44. ^ 現役引退後の2017年8月9日放送分に初登場。
  45. ^ a b Facebook上の番組公式アカウントへ当日の放送終了後に投稿された記事を参照
  46. ^ 2017年3月24日放送分にて、翌日(嘉門58歳の誕生日)より「嘉門達夫」から「嘉門タツオ」へ改名することを発表した。『週末もええなぁ!』にも、2017年2月4日放送分にて「ギタリストのゲスト」として初出演。
  47. ^ 出演機会は、前出5人と比べると非常に少ない。
  48. ^ 初めてパートナー代理を務めた2015年12月3日の放送前にtwitter上の番組公式アカウントから発信されたツイートを参照。『プリプリ』では、当時上泉の部下(毎日放送アナウンサー)だった吉竹史と共に司会を務めていた。
  49. ^ 第1期から、雅と健が揃って出演する場合と、健だけが出演する場合がある(参照)。
  50. ^ twitter上の番組公式アカウントから当日の放送中に発信されたツイートを参照
  51. ^ 2016年度には、木曜日も大吉・福島と交互に担当。
  52. ^ 2015年度のナイターオフ期間には、「知ってええなぁ!ちなみNEWS」の担当者(福島・福本・大吉)が、『浅越ゴエニュースターラジオ』(期間限定生ワイド番組)内の「MBSニュース」を週替わりで担当。
  53. ^ 2015年度には、水曜日も福本・福島と交互に担当。
  54. ^ 2015年度には、水曜日も福本・大吉と交互に担当。2016年6月2日(木曜日)放送分では、当初パートナーとして出演する予定だった宇都宮の代理として、全編にわたって出演した。
  55. ^ 武川が代演した2015年7月28日の放送前にFacebook上の番組公式アカウントへ投稿された記事を参照
  56. ^ 現役のスポーツアナウンサーであるため、通常は『MBSベースボールパーク』のナイトゲーム中継で実況・ベンチリポーターを担当する場合に、『まだまだええなぁ!』へ出演。プロ野球シーズンにも、シフト勤務の一環で、『MBSニュース』『ネットワークTODAY』へ出演することもある。
  57. ^ 「知ってええなぁ! ちなみNEWS」と「週刊カネスポ」では、井上雅雄が進行役を担当。
  58. ^ パーソナリティを初めて経験するため、上田がパートナーとして全編に出演。本来は上田が進行する「知ってええなぁ! ちなみNEWS」では、ビタミンSお兄ちゃんが特別に出演した。
  59. ^ 「知ってええなぁ! ちなみNEWS」も兼任(27日はゲストの石井竜也が共演)。
  60. ^ 第2期移行後の初出演で、パートナーは嘉門達夫。「知ってええなぁ!ちなみNEWS」では、福本が進行を担当した。
  61. ^ 「週刊カネスポ」と、本来前田が出演する「知ってええなぁ!ちなみNEWS」「オヤジ向上委員会」では、金山が進行を担当。
  62. ^ 前年とは逆に、坪田がパートナーとして出演したため、『上田悦子のええなぁ!』というタイトルで放送。
  63. ^ パートナーの奥野も夏季休暇で休演のため、ヤナギブソンがパートナー代理として全編に出演。
  64. ^ パートナーはなるみで、本来は福島が担当する「知ってええなぁ!ちなみNEWS」「発令!テンション下がる注意報」の進行を大吉が担当。
  65. ^ 松本が当時「知ってええなぁ!ちなみNEWS」金曜日の進行を担当していたことによる起用で、パートナーは桂三度。
  66. ^ 出演期間中に第2子を懐妊したため、2017年3月31日放送分で降板。同年4月から2度目の産前産後休暇に入っている。
  67. ^ 16時台は「はぴねすくらぶラジオショッピング」、17時台は「日本直販ええなぁラジオショッピング」。
  68. ^ 毎日放送が本社で制作する生放送番組では、当番組第2期の開始前から、『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』や『ちちんぷいぷい』のスタジオへ随時出演。坪田が休演した2016年5月31日火曜日)放送分では、当コーナーでのニュース解説にとどまらず、全編でパートナー代理を務めた(参考)。
  69. ^ twitter上の番組公式アカウントから当日の放送中に発信されたツイートを参照。なお、当日の「知ってええなぁ!ちなみにNEWS」では、火曜日担当の上田が前田の代役を務めた。
  70. ^ 2015年10月から毎週月曜日の『ちちんぷいぷい』17時台のコーナーにレギュラーで登場しているが、担当コーナーの企画変更で当日は同番組へ出演しなかったことから、当コーナーおよび「知ってええなぁ!ちなみNEWS」での代演が実現した。
  71. ^ “ヘーコキ”ましたね』(MEN'S 5)の一節を用いた替え歌。
  72. ^ 金村は、2015年3月26日まで出演していた『スーパーニュースアンカー』(同月27日で終了した関西テレビ平日夕方のローカルニュース番組)の木曜日でも、当コーナーに似た趣旨のコーナー「金村のスゴイで!プロ野球」を担当していた。
  73. ^ 同局系ドラマ『戦力外捜査官』サウンドトラック盤より。
  74. ^ Facebook上の番組公式アカウントへ2015年11月10日付で投稿されたコーナー告知の記事を参照
  75. ^ twitter上の番組公式アカウントから当日の放送中に発信されたツイートを参照。
  76. ^ Facebook上の番組公式アカウントへ2015年10月25日付で投稿された記事を参照。
  77. ^ たむけん オリックス本拠で人生初の始球式“小さな運動実った” (『スポーツニッポン2014年9月2日付記事)
  78. ^ “浪速のオリ応援隊長”たむけんが仰天V公約「ギャグあげます」(『東京スポーツ2015年2月15日付記事)
  79. ^ オリックス・バファローズの熊谷広報が出演した2014年6月2日放送分の「ゲスト写真館」などを参照。
  80. ^ たむけん 人生初始球式!気合の獅子舞グラブでストライク投球 (『スポーツニッポン2014年9月26日付記事)
  81. ^ 9/25埼玉西武戦の特別始球式に、たむらけんじさん登板!(オリックスバファローズ公式サイト2014年9月22日付記事)
  82. ^ 上泉雄一のええなぁ!ゲスト写真館 2011年8月放送分および上泉雄一のええなぁ!木曜特集 2012年6月放送分
  83. ^ 『デュエットおのど自慢』は、2009年6月10日の放送(「特集ええなぁ!」内)で、キダ・タローを特別審査員に迎えて実施。
  84. ^ 武川は、『痛快!明石家電視台』(MBSテレビ、間が上記のマラソン出発直前までレギュラー出演)で、長らくアシスタントを務めていた。
  85. ^ 上泉雄一のええなぁ!水曜特集 2010年6月分を参照。
  86. ^ ワライナキ4thミニアルバム『Harmonying』
  87. ^ 『上泉雄一のええなぁ!』ゲスト写真館 2013年2月11日放送分ゲスト:スムルースより
  88. ^ MBSグランドオープンスペシャル 上泉雄一のええなぁ公開生放送(『上泉雄一のええなぁ!』第1期公式サイト2014年4月4日付「スタッフからのお知らせ」)
  89. ^ a b twitter上のMBSラジオ公式アカウントから2014年4月2日付で発信された告知ツイートを参照
  90. ^ 『吉本百年物語』のゲストコーナーに毎日放送 上泉雄一アナウンサーと近藤夏子さんが出演!よしもとニュースセンター2012年12月26日付配信記事)
  91. ^ 大学生時代の1990年代中盤にロサンゼルスへ4年間留学していた縁で出演。

外部リンク[編集]

MBSラジオ 平日10:30 - 12:30枠
前番組 番組名 次番組
上泉雄一のええなぁ!
MBSラジオ 平日夕方ワイド番組枠(2015年4月 - )
ノムラでノムラだ♪
※月 - 木曜日
松井愛のすこ〜し愛して♥
※金曜日
上泉雄一のええなぁ!
-
MBSラジオ 土曜13時台前半
上泉雄一の週末もええなぁ!
-