玉巻映美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たままき えいみ
玉巻 映美
プロフィール
愛称 エイミー、たまっきー、オカルトエイミ
出身地 日本の旗 日本 大阪府(出生地はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
生年月日 (1992-09-25) 1992年9月25日(29歳)
身長 165 cm
血液型 B型
最終学歴 早稲田大学
勤務局 毎日放送
部署 アナウンス部
活動期間 2015年 -
ジャンル 情報・バラエティ・スポーツ・オカルト・オカルトアナウンサー
配偶者 あり(2019年 - )
公式サイト MBS公式
担当番組・活動
出演中プレバト!!
よんチャンTV
出演経歴ちちんぷいぷい
せやねん!
メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?
それゆけ!メッセンジャー
Newsミント』(木・金曜日)
次は〜新福島!=第4章・冬将軍=』(水曜日)など
その他 オカルトアナウンサー

玉巻 映美(たままき えいみ、1992年9月25日 - )は、毎日放送(MBS)のアナウンサー

来歴[編集]

かつて商社に勤務していた実父[注 1]の仕事の関係で、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市で出生した後に、23年間で14回もの転居を経験。大阪府東京都および奈良県のほか、ニューヨーク市、マサチューセッツ州ボストン市および中華人民共和国香港特別行政区でも暮らしていた[1]大阪教育大学附属高等学校池田校舎卒業後、早稲田大学国際教養学部[2] に進学。 早稲田大学放送研究会に所属。早稲田大学在学中にも、1年間にわたって単身でアメリカ・ボストン大学へ留学していたため、日本語英語を話せる[3][4]。玉巻自身は、「大阪に住んでいた時期が最も長く、親戚も大阪に住んでいる」「最も愛着がある都市は大阪で、大阪弁も話せる」という理由[1] で、プロフィール上の出身地を大阪府に定めている。

早稲田大学卒業後の2015年に、森本尚太藤林温子と共に、アナウンサーとしてMBSへ入社した。入社直後は、新人研修の一環として、同期入社の社員14人と共に『痛快!明石家電視台』の「MBSアナウンサー大集合2015」を見学。その模様が2015年5月4日放送分のオープニングで紹介されたことから、森本・藤林と共に事実上の「番組デビュー」を果たした[5]

また、2015年7月15日水曜日)には、浴衣姿で森本、藤林と共に『ちちんぷいぷい』へ初出演[4]。同番組で「ちちんぷいぷい2015 話したくなる夏」(期間限定の特別企画シリーズ)を放送していた同年8月には、森本、藤林と交互に、「子どももしかめ選手権」(生中継による小学生向けのけん玉タイムトライアル企画)の進行役などを務めた。

ラジオでは、2015年10月から、『浅越ゴエのニュースターラジオ』の水曜日に出演。浅越ゴエザ・プラン9)のパートナーとして、森本、藤林より先にラジオへのレギュラー出演を果たした。2016年には、当社、ABCラジオおよびラジオ大阪(OBC)の在阪民間中波ラジオ3社が超短波によるFM補完放送(ワイドFM)の本放送を3月19日から開始することに際して、当社代表の「ワイドFM大使」へ任命された。「大使」としては最年少(任命時点では唯一の新人)のアナウンサー[6] ながら、任命を機に、ABCラジオ・OBCのレギュラー番組、3社共同制作の番組、および関連イベントへ随時出演している。

テレビでは、『メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?』でアシスタントを務めるほか、『林先生が驚く初耳学!』にもVTRで随時出演。東大阪市花園ラグビー場で2015年末から2016年始にかけて開かれた第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会の期間中には、ダイジェスト番組で「はじめての”聖地・花園”」(初出場校の取材企画)のリポーターを務めた[7]

2016年には、第88回選抜高等学校野球大会期間中のダイジェスト番組『みんなの甲子園』(MBSテレビ)で、メインキャスター・赤星憲広のアシスタントを藤林と共に2018年まで担当。4月改編からは、『せやねん!』(テレビ)『上泉雄一のええなぁ!』『それゆけ!メッセンジャー』(いずれもラジオ)など、複数の番組にレギュラーで出演している。2017年10月6日から2019年3月21日までは、『ちちんぷいぷい』(MBSテレビ)の金曜日で、アシスタントや「行けばわかるさ 絶景散歩」(ロケ企画)のリポーターを担当していた。

2019年1月からは、『プレバト!!』の第3代アシスタントとして、全国ネット番組に初めてレギュラーで出演。4月改編からは、『ちちんぷいぷい』『せやねん!』に代わって、『ミント!』(いずれもMBSテレビ)木・金曜日の「Newsミント」(関西ローカルニュースパート)で2021年3月までサブキャスターを務めた。

その一方で、2019年の夏に2歳年上の会社員と結婚。同年11月11日に、その旨を初めて公表した。結婚後も、旧姓の「玉巻」を放送上の名義に使用しながら、毎日放送のアナウンサーとして活動している[8]2021年には、「Newsミント!」のサブキャスターを3月26日の最終回まで務めた後に、翌週(4月3日)から『よんチャンTV』(前月で放送を終了した『ちちんぷいぷい』『ミント!』の後継番組)金曜分のアシスタントへ転じている。

なお、「新日本放送」時代の1959年3月1日からテレビ放送事業とラジオ放送事業を兼営してきた毎日放送は、2021年4月1日付でラジオ放送事業を「株式会社MBSラジオ」へ移管。毎日放送は移管を機にテレビ単営局へ移行したが、玉巻はアナウンス職のまま同社の総合編成局(移管を機に新設)へ在籍する一方で、株式会社MBSラジオが制作・放送する番組にも「MBSアナウンサー」として出演している。

人物[編集]

  • 趣味はミュージカルの鑑賞・サキソホンの演奏・ゴルフなどで、学生時代から『世界の中心で、愛をさけぶ』・綾瀬はるかaikoのファンである。
  • 前述したように、実父が世界を股に掛ける仕事に就いていた関係で、幼少期から複数の国や地域で生活していた。香港では現地の日本人学校に通っていたが、大阪府の出身で親族の多い実父からは、「どこにいても大阪弁を忘れるな」と厳命。家庭ではもっぱら大阪弁で会話しているほか、日本以外の国で暮らしていた時期にも、年末年始には大阪で親族と一堂に会していた。玉巻が毎日放送への入社後に述懐したところによれば、アナウンサーを志すようになったのは、年末年始に玉巻から直々に近況を聞いていた叔父から「お喋りが上手なのに、(玉巻一家と離れて暮らしている関係で)年に1回ほどしか会えないから、アナウンサーになって番組でお喋りを聞かせて欲しい」と言われたことがきっかけとされる。もっとも、その叔父は、アナウンサーを目指して就職活動を始める前に永眠したとのことである。
  • さくらんぼテレビ北海道放送(HBC)アナウンサーの世永聖奈立命館大学出身)は、大学生時代に通っていたアナウンススクールの同窓生で、毎日放送と同じJNNJRN加盟局のHBCへ移籍してからも取材などで交流を続けている。
  • 海外生活中に日本へ一時的に帰国した際に食べた天ぷらの味が忘れられないことから、毎日放送への入社後も、週に1回のペースで天ぷらを食べているという[9]。大学生時代には、スターバックスでアルバイトを経験。Instagram上に料理専用のアカウント(たまちゃん食堂)を開設するほど手料理も得意で、結婚後に食育アドバイザーや野菜ソムリエのライセンスを取得している。このように料理が好きなことから、『よんチャンTV』の金曜日では「もったいないレストラン」(食材の意外な調理法を紹介するロケ企画)のリポーターと進行も担当。料理研究家や他の野菜ソムリエなどから調理法を教わりながら、ロケ先の家族に料理を振る舞うシーンが毎回放送されている。
  • の鑑賞も好きで、毎日放送への入社を機に、自宅での栽培も開始[10][11]。その一方で、銀杏金木犀の香りを感じ取れないほど嗅覚が弱いことを明かしている[12]
  • 毎日放送入社後の2016年1月9日には、同局および「年女(24歳)」の代表として、今宮戎神社大阪市浪速区)の宝恵駕籠(ほえかご)行列で藤林と共に宝恵駕籠への搭乗を経験した[13]
  • 毎日放送への入社後最初に開設した公式ブログのタイトルには、名前(映美=えいみ)にちなんだ学生時代からのニックネーム(エイミー)を入れた(#外部リンクを参照)。『浅越ゴエのニュースターラジオ』への出演を始めてからは、苗字にちなんで、共演者、スタッフ、リスナーから「たまっきー」とも呼ばれている。
  • 『それゆけ!メッセンジャー』への出演開始を機に、言葉を噛む(滑らかに言えない)癖が頻繁に出ることを、メッセンジャーやリスナーなどから指摘。沖縄県方言である「海人(うみんちゅ)」にちなんで「噛人(かみんちゅ)」というニックネームを付けられた[14][15] ほか、玉巻自身も「噛人」と称することがある。その一方で、先輩アナウンサーの西村麻子声帯結節による発声障害で番組への出演を見合わせていた期間(2018年5月最終週 - 7月第1週)には、『上泉雄一のええなぁ!』水曜日以外の生放送番組(金曜日:『ちちんぷいぷい』、土曜日:『せやねん!』)へのレギュラー出演を続けながら、『VOICE』(MBSテレビ平日夕方の関西ローカルニュース番組)で西村が担当する曜日[注 2]のキャスターを務めていた。西村復帰後の同年8月からは、『ちちんぷいぷい』で金曜日のアシスタントを続けながら、2019年3月21日まで木曜日に報道系のロケ取材や中継リポートを担当していた[注 3]。2019年4月から、「Newsミント!」(『ミント!』の関西ローカルニュースパート)金曜日のサブキャスターに起用。2020年8月から「MBS NEWS」(毎日放送報道局運営)のYouTube公式チャンネルから配信される「お天気通信」(気象情報部が制作する気象解説動画シリーズ)の進行役、同年12月から2021年3月までは『次は〜新福島!=第4章・冬将軍=』(先輩アナウンサーの福島暢啓がパーソナリティを務めるMBSラジオの生ワイド番組)水曜日のニュースキャスターとしてニュース解説も担当していた。『よんチャンTV』には「4chanニュース」(「Newsミント!」の流れを汲む関西ローカルニュースパート)が組み込まれているため、「スタジオ担当」として出演する金曜日には、「4chanニュース」でサブキャスターに相当する役割を担っている。

出演[編集]

現在[編集]

  • MBSニュース(テレビ・ラジオとも)
    • ラジオの定時ニュースについては、2017年1月から、一部の時間帯[注 4]で流れるタイトルコール・提供クレジットのアナウンス音源に玉巻の声が使われている。
      • 2020年度のナイターオフ期間(2020年12月 - 2021年3月)には、水曜日の19時台(『MBSヨル隊「メッセンジャーあいはらの夜はこれから!」』内)・21時台(『次は〜新福島!=第4章・冬将軍=』内)を定期的に担当。前述したように、「ニュースのジカン。」として放送される『次は〜新福島!』への内包分では、独自の取材などに基づくニュースの解説も任されていた。2021年4月からは、藤林との隔週交代による宿直勤務で、テレビ・ラジオとも火曜深夜~水曜早朝のニュースを担当[注 5]
毎日放送が在阪局でいち早く国際連合の「SDGメディア・コンパクト」へ参加していることを背景に、テレビ・ラジオ兼営局時代の2020年10月からは、国際連合が定める「SDGs17の目標」を啓発するアナウンサー企画にも参加している。
SDGsのススメ」(2020年10月19日から2021年3月1日まで『ちちんぷいぷい』で毎週月曜日に放送されたロケ企画)では、『プレバト!!』や「Newsミント!」などへの出演と並行しながら、13番目の目標(「気候変動に具体的な対策を」)関連の取材を担当。『ちちんぷいぷい』『ミント!』の終了後は、後継番組の『よんチャンTV』内で5秒間放送される「みんなでやろう!SDGs」で、13番目の目標達成に向けた標語紹介のVTRに登場。

テレビ[編集]

  • よんチャンTV(2021年4月2日 - )
    • 「スタジオ担当」という肩書で金曜日のアシスタントを務めるほか、「もったいないレストラン」(前述)のリポーターを担当。スピンオフ番組の『土曜のよんチャンTV』を含めて、一部の企画ではナレーターを務めている。
  • 痛快!明石家電視台 - 2016年から、「MBSアナウンサー大集合スペシャル」を放送する場合に、アナウンサーの1人として出演。
  • ONE NUMBER(2021年3月20日 - 、毎月第2水曜日1:29 - 1:59) - ナレーター
  • よんタメ(2021年4月1日 - ) - 『よんチャンTV』内のエンタテインメント情報コーナーとの連動番組で、ナレーションを担当。
  • TOKIOテラス2021年4月19日から日曜日の深夜に関西ローカルで月1回放送) - アシスタント

以下の番組では、2019年10月まで毎日放送に勤務していた先輩アナウンサー・豊崎由里絵の第1子懐妊・産前産後休暇(同年3月から復帰)を機に、豊崎から進行やアシスタントの役割を継承。

  • プレバト!!(毎日放送の東京支社が制作するTBS系列全国ネット番組)- 2019年1月10日放送分から第3代アシスタントを担当。毎日放送では2019年4月から2021年3月まで前枠に『ミント!』が編成されていたため、放送上2番組連続で登場していた[注 6]
  • 大阪マラソン生中継(2018年 - )
    • MBSテレビ制作分の特別番組で、『ちちんぷいぷい』の総合司会を務める先輩アナウンサー(2018年は河田直也・2019年は山中真)と共にMCを担当[注 7]
  • ならピ!(奈良県文化会館 → やまと郡山城ホールで2013年から年に1回開催中のピアノコンサート)
    • 2018年の第6回公演から担当している先輩アナウンサー・福島暢啓とのコンビで、2019年の第7回公演から、公演の司会やダイジェスト番組の進行を担当。玉巻自身も、奈良県内で生活していた小学生時代に、ピアノの弾き方を習っていたという。

ラジオ[編集]

以下の番組にはいずれも、不定期で出演。

  • ヤングタウン日曜日
    • 本来のアシスタントである福島が休演する場合に、アシスタント代理として出演。福島が出演する場合にも、ゲスト扱いで登場することがある。
  • 松井愛のすこ〜し愛して♥
    • 通常は、シフト勤務の一環で、番組内の『MBSニュース』を随時担当。メインパーソナリティの松井愛が夏季休暇に入っていた2018年8月14日放送分では、『玉巻映美のすこ〜し愛して♥』と改題したうえで、メインパーソナリティ代理を初めて務めた。
  • ・りえ○のトレンドジャンキー(2021年1月から毎週日曜日の深夜に放送)
  • コトノハ
    • 「コトノハ」(言葉)にこだわった毎日放送アナウンサー室制作の事前収録番組で、2021年10月4日から毎週月曜日の21:45 - 22:00に放送。

この他にも、ラジオCMのナレーションを多数担当。一部のCMは、TBSラジオを通じて関東地方にも流れている。

過去[編集]

テレビ[編集]

  • ちちんぷいぷい
    • 「ちちんぷいぷい2015 話したくなる夏」の終了後は、同期入社の藤林・森本尚太が2015年10月改編からレギュラー陣へ加わっているのに対して、玉巻自身は2017年5月19日(金曜日)放送分の「行けばわかるさ 絶景散歩」でリポーターを務めるまで出演の機会がなかった。以降は、「絶景散歩」のリポーターや、「石田ジャーナル」(同年9月まで石田英司が進行と解説を担っていた報道系の特集コーナー)のナレーションなどを不定期で担当。
    • 先輩アナウンサーの前田阿希子が2017年9月30日付で毎日放送を退社したことを受けて、前田が退社の前日(9月29日)まで担当してきた金曜日のアシスタントと、「絶景散歩」のレギュラーリポーターを翌週(10月6日放送分)から引き継いでいる。「絶景散歩」については、他のレギュラー出演者や同僚アナウンサーがロケのリポーターを務める場合にも、スタジオ進行とロケVTRのナレーションを担当。2018年8月からは、木曜日でも報道系企画の取材リポーターを務めている。さらに、同年10月の南アフリカ共和国取材を皮切りに、「リアル世界くん」(海外取材企画)のリポーターを随時担当していた。
    • 『ミント!』の放送開始および、「絶景散歩」の終了に伴って、2019年3月22日放送分でアシスタントを降板した。ただし、降板後も特別企画へ随時出演。2020年6月第1週からニュースコーナーが14時台の後半で復活したことに伴って、「Newsミント!」を担当する木・金曜日に報道フロアから単独でニュースを伝えていた。2021年3月12日で番組自体を終了することを受けて、最後にニュースコーナーが編成された同月5日(いずれも金曜日)放送分まで出演。
  • 全国高校ラグビーハイライト(前述)
  • 吉本陸上競技会(2015年・2017年・2018年)
    • 会場進行と場内アナウンスを担当。2015年の第15回大会では、浅越などと共にリポーターも務めた。
  • 選抜高等学校野球大会(2016年・2018年) - 決勝戦のテレビ中継で、阪神甲子園球場アルプススタンドからの応援リポートを担当。
  • メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?2016年1月14日 - 2018年3月23日) - 番組開始当初からメッセンジャー (お笑いコンビ)と共に司会を務めてきたなるみ産前産後休暇を機に、バラエティ番組では初めて、レギュラーでアシスタントを担当。なるみが芸能活動を再開した2016年5月以降もアシスタントを続けたほか、検証ロケで身体を張ったリポートを披露することもあった。番組初のリニューアルを機に降板。
  • みんなの甲子園 - 2016年から2018年までアシスタントとして出演
  • せやねん!2016年4月2日 - 2019年3月30日) - 第1部ナレーター・第2部パネリスト。
    • 第1部「今週の気になるお金」では、「マネーポリス」と称して、警官風の衣装でVTRリポーターも務めた。『ミント!』ニュースキャスターへの起用を機に、藤林へ交代。
  • ケンゴローサーカス団 → ケンゴロー2016年7月26日 - 2017年3月28日
    • 2016年4月の番組開始当初からレギュラーで出演している藤林と交互に、ロケ企画のアシスタントを担当。出演の際には、浜田雅功ダウンタウン)を初めとする共演者から、苗字(玉巻)にちなんで「玉ちゃん」と呼ばれていた。
  • VOICE (不定期)- 2018年5月から、他のレギュラー番組と重ならない平日に、取材リポートや女性のメインキャスター代理(前述)を担当。西村復帰後は担当を外れていたが、2019年3月29日の『最終回スペシャル』では、最後期のメインキャスターであった西とのコンビで進行役を務めた。
  • 災害列島ニッポン その時、何を信じれば(2018年10月7日) - 山陽放送中国放送あいテレビ(いずれも毎日放送と同じJNN加盟局)との共同制作による4局同時生放送方式の特別番組で、西と共に同番組のスタジオから進行。毎日放送担当分のロケ取材リポーターも兼務した。

以下はいずれも、MBSテレビが制作したTBS系列全国ネット番組。

  • 林先生が驚く初耳学! - 「賢人」と称するメイン出演者・林修の知識を問う目的で出題する「初耳ネタ」のVTRで、随時リポーターを担当。
  • 月曜名作劇場みなと署落とし物係 秘密捜査官 危険な二人[16](2017年3月6日)
    • エコノミストの京極龍園(演:佐野史郎)が謎の死を遂げた講演会場からの中継リポーター役で、テレビドラマに初めて出演。
  • ツウぶってる芸能人はリアル通?芸能界スッカスカ博覧会(2017年9月26日、リポーター)
    • 浜田がMC、藤林がアシスタントを担当した番組で、「京都通芸能人」の1人として出演したかたせ梨乃の京都ロケに同行。

以下はいずれも、TBSテレビ制作の全国ネット番組。

  • あさチャン!
    • 通常は、前述した宿直勤務の一環で、番組内の関西ローカルニュースを担当。
    • 2015年11月24日火曜日)放送分では、毎日放送のサービスエリア・京都市内にある東福寺境内からの全国向け生中継で、「あさチャン!天気」(天気予報コーナー)に登場した[17]
  • リオデジャネイロオリンピック女子マラソン中継(2016年8月14日)
  • 音楽の日(2017年7月15日)
  • サントリー1万人の第九(2017・2018年)
  • 森田さんのニッポンの初日の出(2018年1月1日)
  • ミント!(2019年4月3日 - 2020年3月26日)
    • 「Newsミント!」(2019年3月29日で終了した『VOICE』を引き継ぐ関西ローカルニュースパート)で、木・金曜日[注 9]のサブキャスターを担当。同番組での代役出演中と同じく、先輩アナウンサーの西靖とコンビを組む一方で、「真相R」(木曜日の特集)の進行や「ニュースの数字」(金曜日の特集)の取材リポートを単独で任されていた。月 - 水曜日でも、「ニュースの数字」向けの取材や東京都内での『プレバト!!』の収録などと重ならない場合には、中継リポートを随時担当。
    • おうちにいようよ(→あしたのために) ちちんぷいぷい&ミント!』(新型コロナウイルスへの感染拡大防止策の一環で2020年4月20日から5月29日まで編成)では、「Newsミント!」の水 - 金曜日でサブキャスターを任されているほか、「聞いてよ山中!今日の拡散希望さん」(先輩アナウンサーの山中真がMCを務める月・火曜日の特別企画)で火曜分のVTRナレーションを担当。『あしたのために - 』の放送期間終了・『ミント!』内での放送再開後も、「Newsミント!」での担当曜日を水 - 金曜日に据え置いていた。
    • 「Newsミント!」を除く関西ローカルパートは2021年3月5日で放送を終了したが、「Newsミント!」自体は単独番組として同月26日(いずれも金曜日)まで放送を続けたことに伴って、最終回までサブキャスターを担当。
  • コトノハ図鑑→「へぇ~のコトノハ」(不定期)
    • 所属する毎日放送アナウンサー室の企画で、2018年7月から2020年3月まで『コトノハ図鑑』(事前収録のレギュラー番組)として放送された後に、2020年4月から2021年3月まで「へぇ~のコトノハ」(『ちちんぷいぷい』月・水曜日→水曜日のレギュラーコーナー)へ移行。2018年4月28日に放送された『コトノハ図鑑』のパイロット版では、森本尚太・藤林と共に進行役を任された。
    • 「へぇ~のコトノハ」については、「Newsミント!」のキャスターを担当しない日に放送されていたため、『コトノハ図鑑』に続いて調査ロケやスタジオ報告を随時担当。第1回(2020年3月30日放送分「京都人の会話術」)では、先輩アナウンサー・武川智美とのコンビでロケ取材を担当したほか、取材の模様を単独で報告した。

以下の番組には、「ワイドFM大使」として出演。

ラジオ[編集]

以下はいずれも、「ワイドFM大使」として出演したABC・OBC制作の番組、および両局との共同制作による特別番組。

舞台公演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年2月16日の『メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?』で「100mの滝が凍る?神秘巨大氷爆に挑戦……玉巻アナ涙の訳は成功?断念?」を放送した際に、実父が大手企業の取締役を務めていることが、実父の氏名や企業名を伏せながら家族写真と共に紹介された。
  2. ^ 西村が休演の直前まで担当していた曜日(火 - 木曜日)のうち、玉巻は水曜日と残り1曜日(火曜日または木曜日)で代演。玉巻が出演しない曜日には、月・金曜日担当の上田悦子を西村の代役に立てることで対応した。
  3. ^ 水曜日のアシスタントとの兼務扱いで2018年4月から担当していた豊崎由里絵が、第1子の懐妊などを理由に、同年5月末からロケ取材や生中継のリポートを事実上見合わせていたことによる措置。
  4. ^ 『それゆけ!メッセンジャー』の後枠(土曜日12:55 - 13:00)など。
  5. ^ 2017年9月までは日曜夜間~月曜早朝の宿直勤務を担当。『ちちんぷいぷい』金曜日のアシスタントへ就任した同年10月以降は、「絶景散歩」のロケを月曜日に実施する関係で、宿直勤務から外れていた。2018年8月から『上泉雄一のええなぁ!』出演後の水曜夜間~木曜早朝で宿直勤務を再開していたが、「Newsミント!」への出演開始後は不定期での担当に移行。
  6. ^ 収録番組の『プレバト!!』が19:00スタートであるのに対して、「Newsミント!」は基本として16:30 - 17:10の生放送パートであるため、出演の時間帯が連続するのは、特別編成で「Newsミント!」の放送枠を18:15 - 19:00に移動する場合に限られていた。
  7. ^ 「1万人の第九」の公演日と大阪マラソンの開催日が2019年に初めて(12月1日=日曜日で)重複したことや、河田が同年から「第九アンバサダー」を務めることなどから、前年(2018年)に初めて担当したばかりの「1万人の第九」の司会を河田に交代。
  8. ^ 2018年3月19日から太陽の塔の常時内部公開が始まることや、2025年万国博覧会の大阪招致構想の成否が決まる博覧会国際事務局総会が2018年11月に開かれることにちなんだ演出。
  9. ^ 豊崎は第1子の出産を経て、2019年4月から9月まで『ミント!』の木・金曜日で本編のアシスタントを務めていたが、玉巻が担当する「Newsミント!」には出演していない。
  10. ^ 同時にレギュラー出演を開始した生放送番組の『せやねん!』と放送時間が重なるが、2016年4月改編から、放送前日の金曜日に収録。収録の時間帯と重なる『ちちんぷいぷい』で毎週金曜日にアシスタントを務めることが決まったため降板した。
  11. ^ ただし、水曜日に『VOICE』のメインキャスター代理を務めていた時期には、本来は木曜日担当の松本麻衣子が代演。
  12. ^ 藤林と共に「オヤジ向上委員会」(16時台後半のコーナー)へ出演。
  13. ^ 「知ってええなぁ!ちなみNEWS」と「オヤジ向上委員会」の進行を単独で担当。
  14. ^ 2017年8月14日月曜日)に、月・火曜アシスタント古川圭子の夏季休暇に伴って、アシスタント代理を初めて担当。
  15. ^ 豊崎が当時アシスタントを務めていた『痛快!明石家電視台』の新春スペシャル(2017年内に収録)をMBSテレビが13:50 - 15:25に編成していたことに伴う措置で、当該時間帯の直前に番組内の『MBSニュース』、豊崎が放送上退席した当該時間帯にアシスタントを担当。
  16. ^ 当日(月曜日担当)のアシスタントである乾麻梨子(ABCアナウンサー)が同局の「ワイドFM大使」を務める縁で、OBCの「大使」を務める藤川貴央(同局アナウンサー)と揃って出演。

出典[編集]

  1. ^ a b MBS公式サイトアナウンサーページ内の玉巻の公式ブログ『エイミーのABOUT ME!』最初の記事(2015年9月25日付) を参照
  2. ^ https://twitter.com/whknetnow/status/393897612681568256” (日本語). Twitter. 2021年7月15日閲覧。
  3. ^ MBS新人アナ3人 浴衣&車夫姿で生放送初出演(『東京スポーツ』2015年7月16日付記事)
  4. ^ a b MBS新人アナはリケジョ 溶接が特技(『デイリースポーツ』2015年7月16日付記事)
  5. ^ gooTV『痛快!明石家電視台』2015年5月4日放送回オープニング を参照。
  6. ^ 大阪3局の「ワイドFM大使」がPR、「きれいな音質楽しんで」(『スポーツニッポン』2016年2月29日付記事)
  7. ^ 『エイミーのABOUT ME!』2015年12月25日付記事「全国高校ラグビー」 を参照
  8. ^ "「プレバト!!」MBS玉巻映美アナが結婚 お相手は会社員「一緒にいると自然体でいられます」". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 11 November 2019. 2019年11月11日閲覧
  9. ^ 長身モデル級から芸達者、モンチッチまで “流出”が心配? 今年の在阪TV局新人アナは多士済々(『産経WEST』2015年9月3日付記事)
  10. ^ 『痛快!明石家電視台』2016年9月12日放送分「MBSアナウンサースペシャル第2弾」
  11. ^ 浜田雅功「舞台用の服を買えと怒られた」(『Lmaga.jp』2017年1月22日付記事)
  12. ^ 『ナジャとアナの虹色レインボー』2017年1月27日放送分への出演中に同番組のtwitter公式アカウントから発信されたツイート を参照
  13. ^ 『エイミーのABOUT ME!』2016年1月9日付記事「宝恵駕籠行列」
  14. ^ 『それゆけ!メッセンジャー』公式サイト内写真館2016年6月25日付記事「成長中」
  15. ^ MBSラジオ『かめばかむほど亀井希生です』twitter公式アカウントから2016年7月15日付に発信されたツイート
  16. ^ 玉巻自身による放送前の告知ツイートを参照。福島も、別のシーンでテレビドラマ初出演を果たした。
  17. ^ 『あさチャン!』公式アカウントから当日の放送終了後に発信されたツイートを参照。
  18. ^ 中継開始前の玉巻自身のツイートを参照。
  19. ^ 中継開始前の玉巻自身のツイートを参照。
  20. ^ 本番終了後の玉巻自身の発言を参照。
  21. ^ 大阪ラジオ3局の名物アナが他局電波ジャック ワイドFM1周年で記念番組(『スポーツニッポン』2017年3月8日付記事)
  22. ^ 女子アナ新喜劇~女だらけの新喜劇 第3弾~

外部リンク[編集]