辻沙穗里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つじ さおり
辻 沙穗里
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1994-05-17) 1994年5月17日(24歳)
最終学歴 慶應義塾大学商学部
勤務局 毎日放送
活動期間 2018年 -
担当番組・活動

辻 沙穗里(つじ・さおり、Saori Tsuji, 1994年5月17日[1] - )は、毎日放送(MBS)アナウンサー

人物[編集]

東京都出身。東京学芸大学附属高等学校から慶應義塾大学商学部卒業。

小学校入学前から父親の影響で囲碁を始め、小学校・中学校時代はプロ囲碁棋士の対局譜を一局丸々と記憶する作業を毎朝登校前にやっていたという[1][2]。小学生時代には緑星囲碁学園に入門して囲碁を学んでいたこともあり[3]、小学生にしてアマチュア六段を授与されたという[2]。その為、辻自身もプロの囲碁棋士を目指していたこともあった。

東京学芸大学附属高等学校在学中も囲碁部に入部し、3年時には主将(部長)を務め、2011年の第35回文部科学大臣全国高等学校囲碁選手権大会女子団体戦で優勝を果たしている[4][2]

その一方では小学校時代はサッカー体操、中学校時代は陸上競技部に入って短距離を走り、高校・大学とダンスサークルに入ってヒップホップ系ダンスをやっていたという体育会系の顔も持っている[5]

慶應義塾大学商学部在学時にもうひとつの憧れの道であったアナウンサー目指してテレビ朝日アスクへ通う一方[6]、フジテレビアナトレにも通い、BSフジ第30期女子大学生キャスターとして2016年5月から11月までスポットニュースに出演するなどの場数を踏んでいる[1]

大学卒業後の2018年4月1日付で、三ツ廣政輝と共に、アナウンサーとして毎日放送へ入社。同局によるアナウンサーの採用は2015年の玉巻映美藤林温子森本尚太以来4年振りで、衛星放送の学生キャスター経験者から初めて同局に採用されたアナウンサーでもある。また、同局と同じJNN系列・北陸放送アナウンサーの赤間有華[7]北海道文化放送アナウンサーの千須和侑里子[8](辻と同じ慶応義塾大学出身)とは生年月日が2日違いである。

テレビ(MBSテレビ)では、2018年7月26日(火曜日)に放送された特別番組『ちちんぷいぷい×VOICE みんなでとびだせっ!夏の5時間ぶち抜きスペシャル』で、三ツ廣と揃って番組デビュー[9]。同年8月15日からは、母体番組の『ちちんぷいぷい』で、水曜日パネラーの未知やすえと共に「ぷいぷいデパ地下部」(隔週水曜日に期間限定で放送されたロケコーナー)のリポーターを担当していた[10]。同年11月12日から、『痛快!明石家電視台』の第7代アシスタントに起用[11]。同月26日には、『ちちんぷいぷい』金曜日の企画で、毎日放送を代表して第8回大阪マラソンフルマラソンデビューを予定している[12]

出演番組[編集]

毎日放送への入社後[編集]

テレビ[編集]

  • ちちんぷいぷい2018年8月15日 - )
    • 2018年10月10日までは、隔週水曜日に「ぷいぷいデパ地下部」(4回シリーズの期間限定コーナー)でリポートを担当。中断期間をはさんで、同年11月14日からは、シャンプーハットてつじ(水曜パネラー)とのコンビで「わざわざグルメ調査隊」(隔週水曜日に放送されるグルメロケ企画)の「調査員」(リポーター)を務める。
    • 2018年11月9日から30日までは、第8回大阪マラソンとの連動企画で、毎週金曜日に出演。番組から3年振りに同大会へ参加するランナーとして、高尾憲司千葉真子の指導を受けている。
  • 痛快!明石家電視台(第7代アシスタント、2018年11月12日 - )
    • 第6代アシスタントで先輩アナウンサーの豊崎由里絵が、第1子の懐妊を機に2018年末から産前産後休暇へ入ることを機に、番組史上初めて毎日放送の新人アナウンサーからアシスタントへ抜擢。放送上は、2018年10月29日11月5日の「実際どうなん!?MBSアナウンサー」から、アナウンサーの1人として出演している。
  • コトノハ図鑑(不定期)
    • 2018年7月からのレギュラー化を機に、同年8月31日放送分から、三ツ廣と揃って登場[13]

2018年10月からは、放送予定のテレビ番組を紹介するスポットCMのオープニング映像に、三ツ廣と並んで顔写真のみで登場。新人アナウンサーとしてのPRを兼ねた関西ローカル向けの映像で、自身および三ツ廣の氏名を振り仮名(ひらがな)付きで表示するとともに、「らいよんチャン」(毎日放送のステーションキャラクター)の声による大阪弁で「新人アナやでぇ~」という台詞を添えている。

ラジオ[編集]

毎日放送への入社前[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 第30期女子大学生キャスター 辻沙穂里 BSフジ
  2. ^ a b c 人模様 囲碁で培った「力」で挑戦 辻沙穂里さん 毎日新聞 2016年7月23日
  3. ^ 女子大学生アナウンサーが囲碁を! 永代塾囲碁サロン 2016年9月16日
  4. ^ 第35回 文部科学大臣杯 全国高校囲碁選手権女子団体決勝トーナメント 日本棋院
  5. ^ MBS辻沙穂里アナ 実は“体育会系”? 「豊崎さんを超えたいと思います!」 スポーツニッポン 2018年10月11日
  6. ^ 合格者一覧 2018年度実績 テレビ朝日アスク
  7. ^ 赤間が勤務している北陸放送では後述の痛快!明石家電視台が現在未放送だが、出身地(辻の先輩アナウンサーである千葉猛と同じ宮城県仙台市出身)の東北放送では放送されている。(金曜深夜)
  8. ^ 北海道放送(千須和が勤務している北海道文化放送と同じ在札局のJNN系列)でも後述の痛快!明石家電視台が放送されている。(火曜深夜)
  9. ^ 辻沙穂里&三ツ廣政輝アナ、MBS「ぷいぷい」でドキドキ初TV! サンケイスポーツ 2018年7月27日
  10. ^ MBSの新人、辻沙穂里アナ ちちんぷいぷい新企画でデパ地下“初体験”スポーツニッポン 2018年8月6日
  11. ^ MBS豊崎アナ、明石家電視台卒業 Digital ASAHI Shimbun 2018年10月19日
  12. ^ MBS新人・辻沙穂里アナ、大阪マラソンに初挑戦、豊崎アナのタイムを超える目標にデイリースポーツ 2018年10月13日
  13. ^ MBS新人・三ツ廣政輝&辻沙穂里の両アナ…「伝え方が9割」の著者から講義(『デイリースポーツ2018年8月29日付記事)

外部リンク[編集]