古川圭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふるかわ けいこ
古川 圭子
プロフィール
本名 亀井 圭子
出身地 日本の旗 日本 大阪府豊中市
生年月日 (1967-01-30) 1967年1月30日(51歳)[1]
最終学歴 神戸女学院大学文学部英文学科卒業
勤務局 毎日放送
活動期間 1993年 -
ジャンル 情報ニュース番組
配偶者 亀井希生
家族 長男、長女
出演番組・活動
現在
  • 本文参照
過去
  • 本文参照
  • 古川 圭子(ふるかわ けいこ、1967年1月30日 - [1])は、毎日放送(MBS)所属のアナウンサー。同局では、アナウンス部の副部長 → マネジャーや用語委員も務めている。豊中市教育委員会委員(2008年5月27日から)。

    来歴・人物[編集]

    大阪府豊中市の出身で、夫は同僚アナウンサーの亀井希生。家庭では2児(1男1女)の母でもある。

    豊中市立第五中学校から大阪府立豊中高等学校を経て神戸女学院大学文学部英文学科へ進学。高校時代には、学内のラグビー部で初代のマネジャーを務めた。大学時代には、大阪・今宮戎神社の「福娘コンテスト」で、50人の代表の中からただ1人“ミス福娘”に選出(現在では3人を選出)。毎日放送の同僚アナウンサーである高井美紀は、学部・学科の1年後輩に当たる。

    実家が大阪国際空港に近いことや、近所に住んでいた日本航空CAと親しかったことを背景に、学生時代からCAを志望。当時の国内3大航空会社のCA試験を受けたところ、日本エアシステムの試験に最終選考まで残ったが、結局は日本航空グランドスタッフとして採用。大学からの卒業後に、同空港で1年間勤務した[2]

    日本航空を退社してからは、国際花と緑の博覧会1990年)会場でのコンパニオンを経て、『ニューススクランブル』(読売テレビ)でリポーターを務めた[2]

    1993年4月1日付で、アナウンサーとして毎日放送へ入社[2][1]。上記の経歴を背景に、入社直後からMBSラジオで『古川圭子のサンデーパレット』という冠番組を半年間担当した。その後は、『あどりぶランド』(アナウンサー総出演のテレビ番組)などへ出演するかたわら、JNN系列の全国ネット番組『おはようクジラ』(TBS制作)で関西地方担当の中継リポーターを務めた。後に2年先輩(年齢は1歳下)の亀井と結婚したが、放送では旧姓の「古川」を引き続き使用。長男・長女の出産に伴う2度の育児休暇をはさみながら、『ちちんぷいぷい』(MBSテレビ)や『特集1179』(MBSラジオのナイターオフ番組)をはじめ、報道番組のキャスターや情報・ワイド番組のアシスタントとしても活動している。

    MBSラジオでは、2006年10月から当時の新人アナウンサー・前田阿希子がアシスタントを務めてきた『勝谷誠彦の志ジャーナル』で、2007年4月から2008年9月の番組終了まで第2代のアシスタントを担当。2009年度から2012年度までのプロ野球オフシーズンには、『MBSたびぐみ とっておき旅ラジオ』のパーソナリティを務めた(2009年度は木曜日、2010年度は金曜日、2011年度は土曜日)。2011年4月からは、『子守康範 朝からてんコモリ!』のアシスタントとして、毎日放送出身のフリーアナウンサー子守康範と共演(2013年度まで金曜日、2014年度から月・火曜日)。2013年10月からは、『ヤマヒロのぴかいちラジオ』で、ラジオパーソナリティ初挑戦の山本浩之関西テレビ出身のフリーアナウンサー)のパートナーを務めている[3]

    ちなみに、2014年度からは、当時古川がアシスタントを担当していた『ちちんぷいぷい』木曜日の総合司会に山本が加入。『ヤマヒロのぴかいちラジオ』も放送時間を変更したうえで金曜日の夜間に放送を続けているため、『ちちんぷいぷい』のアシスタントを勇退する2017年9月までは、毎週木・金曜日に2日続けて生放送番組で山本と共演していた。また、夫の亀井とも、テレビ・ラジオの番組やラジオCMでたびたび共演。同局では2016年度から、『てんコモリ!』を放送しない土曜日の早朝6・7時台に、夫の亀井がパーソナリティを務める生ワイド番組『かめばかむほど亀井希生です!』を編成している。

    趣味は、宝塚歌劇団(主に星組)の舞台公演鑑賞や、遊園地動物園水族館巡り。遊園地の絶叫マシンが好きで、木製のジェットコースターを特に気に入っているという[2]

    現在の出演番組[編集]

    テレビ[編集]

    • MBS NEWS(不定期)
      • 土曜日の18:50 - 19:00に独立番組として編成されていた時期には、当該枠を毎週担当していた。
    • ちちんぷいぷい(木曜日アシスタント → 火曜日アシスタント → 木曜日アシスタント → 月・火曜日コーナーナレーターおよび隔週金曜日コーナーリポーター→ 隔週金曜日コーナーリポーター)
      • 担当曜日では、全編のアシスタントを務めるかたわら、VTR取材・スタジオ報告も随時担当。2017年6月に金曜日の特別企画で結成された「ぷいぷいラグビー部」[4]では、前述した高校時代の経験を買われて、マネジャーに起用された。
      • 第1回放送(1999年10月)から、2度の産前産後休暇をはさんでレギュラーで出演。「ぷいぷいラグビー部」のような特別企画への参加や、他曜日のアシスタントが休演した場合のアシスタント代理などを通じて、全ての放送曜日(月 - 金曜日)への出演を経験した。
      • 2017年9月28日(木曜日)放送分でアシスタントを勇退。同年10月からは、北海道放送南日本放送宮崎放送との同時ネットゾーンで15時台に放送されるVTRロケ企画(月曜日「全国酒場紀行 わかっちゃいるけどやめられない!」・火曜日「大畑大介の全国大きいもん」)のナレーターに転じている。2018年3月からは、金曜日で放送を開始した「笑い飯哲夫の明るく楽しいお寺ツアー」で、ロケVTR限定ながら出演を再開。同コーナー以外の企画でも、リポーターを務めることがある。
    • 医のココロ(毎週土曜日5:35 - 5:45) - 高井美紀・武川智美松川浩子と交互にアシスタントを担当
    • 痛快!明石家電視台
      • 2014年から年に1回のペースで「MBSアナウンサー(大集合)スペシャル」を収録する際に、亀井と共にアナウンサーとしてゲストで出演。
    • コトノハ図鑑(不定期)

    ラジオ[編集]

    • 子守康範 朝からてんコモリ! 金曜日 → 月・火曜日アシスタント(2011年4月 - )
    • ヤマヒロのぴかいちラジオ パートナー(2013年10月 - )
      • 2014年4月4日から放送枠を金曜日の夜間に移した関係で、『朝からてんコモリ!』の出演曜日も変更。
    • あどりぶラヂオ
      • 通常は、事前収録による告知アナウンスを担当。生放送である本編でも、毎日放送の現役女性アナウンサーでは初めて、2018年11月9日放送分でパーソナリティを務めた。
    • 上泉雄一のええなぁ!(不定期)
      • 平日10:30 - 12:30の放送枠で編成されていた2009年4月から2015年3月まで、「先週のHowmuch?ニュース」(月曜日の『特集ええなぁ!』で放送されていたたむらけんじのメイン企画)で進行役を担当。2014年3月31日以降は、前述の『朝からてんコモリ』に続いて出演していた。また、2010年1月1日に放送の特別番組『上泉雄一のええなぁ!お正月スペシャル 元旦からええ話を聞きタイガー!!』(10:30 - 22:30)には、前夜の『MBSたびぐみ×うたぐみ ゆく年くる年』に続いて生出演。オープニングから番組の途中(16:30頃)まで、アシスタントを務めた。
      • 2010年4月以降は、全曜日のオープニングで放送していた『きょうのええワード』のナレーターも兼務(事前収録)。2015年の4月改編で、(『ちちんぷいぷい』の後半と重なる)平日夕方への放送枠移動や大幅なリニューアルを実施したことを機に、レギュラー出演を終了した。
      • レギュラー出演期間中から、上泉が夏季休暇で休演する場合には、他のアナウンサーと交互にメインパーソナリティ代理として全編へ出演。その場合には、番組内のタイトルコールを『古川圭子のええなぁ!』に変更する。
      • 2017年度以降のナイターオフ期間には、本編に続いて17:45 - 18:00に放送される『上泉雄一 今日のウワ言』で、オープニングやジングルのナレーターを務める。
    • MBSニュース(不定期)

    過去の出演番組[編集]

    テレビ[編集]

    ラジオ[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ a b c http://www.mbs.jp/announcer/blog/21/
    2. ^ a b c d 子守康範 朝からてんコモリ! 古川圭子プロフィールより。
    3. ^ ヤマヒロ 念願のラジオレギュラー「リビングで話してるみたいな番組に」(『スポーツニッポン2013年9月10日付記事)
    4. ^ 『ちちんぷいぷい』金曜パネラーの大畑大介が監督、後輩アナウンサーの河田直也(いずれもラグビー経験者)がキャプテンを務めた35歳以上の男性社会人によるラグビーチーム。
    5. ^ 当日は金曜日で、本来は同曜日のパートナーである月亭方正と共同でパーソナリティ代理と扱われたため、『月亭方正のすこ〜し愛して♥』というタイトルで放送。

    外部リンク[編集]