2025年国際博覧会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
EXPO 大阪市 2025
概要
BIE区分 国際博覧会
会場
日本の旗日本
都市 大阪市
会場 夢洲(大阪市此花区
座標 北緯34度39分12.7秒 東経135度23分11.1秒 / 北緯34.653528度 東経135.386417度 / 34.653528; 135.386417座標: 北緯34度39分12.7秒 東経135度23分11.1秒 / 北緯34.653528度 東経135.386417度 / 34.653528; 135.386417
経緯
立候補 2017年4月22日
選出 2018年11月23日
初日 2025年5月3日
最終日 2025年11月3日
国際博覧会
前回 ドバイ国際博覧会ドバイ
次回 2030年国際博覧会
テーマ型博覧会
前回 ブエノスアイレス国際博覧会ブエノスアイレス
インターネット
ウェブサイト www.bie-paris.org/site/en/world-expo-2025

2025年国際博覧会 (Expo 2025) は2025年日本大阪府大阪市で開催される予定の国際博覧会登録博覧会(登録博)に区分されており、総合的なテーマを扱う、大規模博覧会として実施される予定である。

立候補[編集]

テーマ: 「人という資本」[1]
テーマ: 「変化する世界、包括的な技術革新-子供と将来の世代へ」[2]
テーマ: 「いのち輝く未来社会のデザイン」

2018年11月23日にフランスのパリで開かれたBIE総会で投票が行われた。最終プレゼンテーションはバクー、大阪、エカテリンブルグの順で、30分間に渡って意見を提示し、その後の投票はコンピューターの無記名投票によって開催地を決定した。総数の3分の2以上を得た都市が開催権を獲得され、達しない場合は最下位の都市が脱落。2都市に絞り込んだ場合は過半数を得た都市が開催権を獲得することになっていた。最終プレゼンテーション後に行われた初回の投票で、大阪は85票を獲得し、48票のエカテリンブルクと23票のバクーを上回ったが、投票総数の3分の2には達せずエカテリンブルクとの決選投票となった。2回目の投票で大阪が92票を獲得、エカテリンブルクは61票だった。これにより、2025年国際博覧会の開催地が大阪に決定された[3][4]。日本での国際博覧会開催は2005年日本国際博覧会(愛・地球博)以来20年ぶりで、大阪で開催されるのは登録博(旧一般博)としては1970年日本万国博覧会以来55年ぶり2回目、特別博も含めると1990年国際花と緑の博覧会以来35年ぶり3回目である。

投票結果
都市 第1回 第2回
日本の旗 大阪 85 92
ロシアの旗 エカテリンブルク 48 61
アゼルバイジャンの旗 バクー 23

立候補取り下げ[編集]

テーマ: 「共有すべき知見、守るべき地球」[6]。2018年1月に立候補を断念[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Baku bids for World Expo 2025” (英語). azernews.az. 2017年5月23日閲覧。
  2. ^ World Expo 2025” (英語). www.bie-paris.org. 2017年3月18日閲覧。
  3. ^ https://mainichi.jp/articles/20181124/k00/00m/040/142000c
  4. ^ https://r.nikkei.com/articleDGXMZO38137170U8A121C1SHA000
  5. ^ World Expo 2025” (英語). www.bie-paris.org. 2017年3月18日閲覧。
  6. ^ 2025, EXPOFRANCE. “Application idea” (英語). www.expofrance2025.com. 2017年3月18日閲覧。
  7. ^ “France drops bid to host 2025 World Expo”. ロイター. (2018年1月21日). https://www.reuters.com/article/us-france-expo/france-drops-bid-to-host-2025-world-expo-idUSKBN1FA10U?il=0 

国際博覧会[編集]

外部リンク[編集]


前大会:
ドバイ国際博覧会
登録博
日本大阪市
次大会:
2030年国際博覧会