なるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なるみ
本名 井上 鳴美 (旧姓 新屋)
ニックネーム なるなる
生年月日 (1972-07-08) 1972年7月8日(44歳)
出身地 大阪府四條畷市
血液型 A型
身長 155cm
方言 大阪弁
最終学歴 大阪府立野崎高等学校
出身 NSC大阪校7期
コンビ名 トゥナイト(解散)
相方 しずか
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1989年 -
同期 雨上がり決死隊たかおみゆきなど
現在の代表番組 なるみ・岡村の過ぎるTV
過去の代表番組 なるトモ!
配偶者  既婚

なるみ1972年7月8日 - )は、日本タレント。本名、井上 鳴美(いのうえ なるみ)旧姓、新屋(しんや)。

大阪府四條畷市出身。吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー)大阪本社所属。血液型はA型。身長155cm。両親は鹿児島県出身。弟がいる。大阪府立野崎高等学校卒業。 

愛称は「なるなる」。

略歴[編集]

1989年に、元相方のしずかと漫才コンビトゥナイトを結成。1999年しずかのアメリカ留学および芸能界引退によりコンビを解散した後は、愛嬌と毒舌を兼ね備えた典型的な大阪のオバハン系タレントとして、主に関西ローカルのテレビラジオ番組で活躍している。

しずか(当時の本名は宇野志津香)とは小学校時代からの同級生で、共通の友達から毎日放送の『4時ですよーだ』のオーディションに誘われ3人で出場する予定だったがその友達がキャンセルし、仕方なく2人で出場、高校在学中にNSCに入学しNSC7期生となる。同期には雨上がり決死隊たかおみゆき矢部美幸(元ちゃんねるず。ナインティナイン矢部浩之の実兄)等。NSC卒業後は一般の高校生に戻るはずだったが、当時女性漫才が少ないという事もありその後も仕事のオファーが途切れず、泣く泣く続けたという。

2001年7月3日に10歳上の男性と結婚。相手は一般人ということで素性は伏せられていたが、2006年11月13日のなるトモ!でカメラマンであることが明かされた。

陣内智則と共にメイン司会を務める、よみうりテレビのローカル生番組『なるトモ!』が、2005年10月3日からよみうりテレビのキー局日テレでもネットされ、本格的な“東京進出”を果たしたが、2006年3月31日で関東地区でのネットは打ち切られてしまった。本人曰く「私の知名度はどうしても米原滋賀県)を越えない」。

2015年8月10日、結婚14年目で待望の第1子妊娠を発表[1]。12月12日、第1子男児を出産[2]

人物[編集]

中学時代は「どヤンキー」であったことがデビュー当時に明かされている。

高校時代は、まるむし商店の磯部公彦の追っかけをしていたことや野崎高校には、なるみとしずかの写真が飾られていると発言していた。(上泉雄一のええなぁ!談)

千原ジュニア曰く、NSC在学時からデビュー当時は、ぽっちゃり色白カワイイ系のなるみ、スラッとモデル美人系のしずかで、「なるみ派」か「しずか派」かと皆が話題にするほど、若手男芸人の間で人気があった。

26歳の頃からあまり容姿が変わっておらず、「今の方が若くみえる」と言われる事がある。本人も「(26歳で)子供3人くらいおりそうな感じやな」と自覚している。

夫がおしゃべりな方で、色々話したいが、なるみが司会経験が長いため、ついついオチを求めてしまったり、自らの話をしだすため夫に「僕の話はまだ終わってない」と言われてしまうという。

「おっさん転がし」と呼ばれる芸風はナイトinナイト『おっちゃんVSギャル』からであり、相性の良い桂ざこばとの共演歴が長い。

出演[編集]

舞台[編集]

テレビ番組[編集]

過去のレギュラー番組(テレビ)[編集]

ラジオ番組[編集]

過去のレギュラー番組(ラジオ)[編集]

ゲストとして出演した全国ネットの番組[編集]

ほか多数

CM[編集]

受賞歴[編集]


脚注[編集]

  1. ^ なるみ、43歳で第1子妊娠「幸せな気持ちでいっぱい」”. ORICON (2015年8月10日). 2015年8月10日閲覧。
  2. ^ “なるみ、43歳で第1子男児出産「感動と喜び」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年12月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2058969/ 2015年12月13日閲覧。 

外部リンク[編集]