スマラジW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スマラジW
ジャンル レーベル枠
放送方式 生放送
放送期間 2016年10月4日 - 2017年3月30日
放送時間 火曜・水曜:19:30 - 22:00
木曜:19:30 - 21:45
金曜:19:30 - 21:00
放送局 MBSラジオ
特記事項:
水曜分については2016年10月 - 12月は21:45まで、木曜分については同年10月・12月は22:00まで、11月は21:49までの放送。
テンプレートを表示

スマラジW』(スマラジワイド)は、MBSラジオが2016年度ナイターオフ期間(2016年10月4日 - 2017年3月下旬)の毎週火曜日 - 金曜日夜間に編成していた自社制作・生放送番組のレーベル枠。正式なレーベル表記は『スマラジw』で、放送上の呼称は「スマラジ」。全曜日19:30スタートだが、放送時間は曜日ごとに異なっていた(詳細後述)。

当ページでは、2017年度からプロ野球期間(2017年4月 - 9月)に月1回のペースでおおむね土曜日の夜間に放送される関連番組『ナジャ・グランディーバのレツゴーサタデー』シリーズについても述べる。

概要[編集]

2015年度のナイターオフ期間限定で放送していた『ニュースターラジオ』の放送枠を受け継ぎながら、新しいラジオのレーベル枠として再出発。MBSラジオがナイターオフ期間の平日夜間に自社制作番組のレーベル枠を設けるのは、2013年度・2014年度に編成していた『茶屋町プレミアムナイト』の終了(2015年3月)以来2シーズン振りである。

レーベル名のスマラジは、『スマートでラジカル』という意味を込めるとともに、『スマートフォンで話題をシェアし、ラジコで楽しむ』という聴き方を想定。曜日ごとに異なる生放送番組を編成したうえで、日替わりで出演するパーソナリティにとって「今一番やりたい企画」を放送する[1]。ただし、『茶屋町プレミアムナイト』2014年度版のような2部構成ではなく、2013年度版と同じく1曜日につき1番組で構成。その一方で、『茶屋町プレミアムナイト』時代と同様に、「MBSニュース」「お天気のお知らせ」を内包する。

2017年3月30日木曜日)の『笑い飯哲夫の明るく楽しいニュースシャワー』で、レーベル枠としての放送を終了。2017年度のナイターイン編成では、当レーベル金曜枠の『ナジャとアナの虹色レインボー』のみ、『ナジャ・グランディーバのレツゴーサタデー』という単独番組として土曜日の夜間に月1回のペースで放送していた。

なお、MBSラジオでは2017年度のナイターオフ編成で、火 - 金曜日18:00 - 20:00の生放送番組を対象に『MBSヨル隊』というレーベルを新設。『スマラジw』としては1シーズンで終了したが、『ナジャ・グランディーバのレツゴーサタデー』を金曜枠で事実上継続させた。さらに、当レーベル火曜枠の『メッセンジャーあいはらの夜はこれから!』を水曜枠で、当レーベル木曜枠の『笑い飯哲夫の明るく楽しいニュースシャワー』を『笑い飯哲夫の明るく元気なニュースシャワー』として木曜枠で復活させた。当レーベル水曜枠の『マイコー・ミュージック』については、パーソナリティの松本麻衣子(毎日放送アナウンサー)が放送終了後の2017年4月から産前産後休暇に入っている関係で継続せず、『ヨル隊』の火曜枠に新番組『金村義明のええかげんにせぇ〜!』が編成された。

放送時間[編集]

全曜日とも、20:30頃に「MBSニュース」を内包[6]。金曜以外の曜日には、20時台「MBSニュース」の直後に「お天気のお知らせ(天気予報)」[7]、21:20頃に最終版の「MBSニュース」を放送する[8]

備考[編集]

番組タイトル・出演者[編集]

火曜日[編集]

『メッセンジャーあいはらの夜はこれから!』[編集]

水曜日[編集]

『マイコー・ミュージック』[編集]

木曜日[編集]

『笑い飯哲夫の明るく楽しいニュースシャワー』[編集]

  • パーソナリティ:笑い飯哲夫
  • パートナー:斉藤雪乃[15]
    • 哲夫が休演する場合には、後輩の漫才コンビのメンバーから1名がパーソナリティ代理を務めることから、下記のように番組タイトルを「(パーソナリティ代理のコンビ名・名前)の明るく楽しいニュースシャワー」に変更。また、大吉洋平(MBSアナウンサー)がパートナーに加わっていた[16]
    • 当番組2016年度版のコーナー「週末おでかけ寺社仏閣」で大念佛寺大阪市平野区)での公開収録を実施したことから、2016年度版終了後の2017年5月1日にも、同寺の境内で『笑い飯哲夫の明るく楽しい大念佛寺』(哲夫や山本量子などの出演による特別番組)を公開収録。MBSラジオでは、その模様を1週間後(8日)の『MBSマンデースペシャル』内で放送した。

金曜日[編集]

『ナジャとアナの虹色レインボー[編集]

プロ野球シーズン中に放送する関連番組[編集]

2017年度[編集]

2017年度のプロ野球シーズンには、4月15日から月に1回のペースで、NPBナイトゲームの開催を最初から予定していない土曜日の基本として18:00 - 21:00[31]に『ナジャ・グランディーバのレツゴーサタデー』を生放送。ナジャ・グランディーバとチキチキジョニーがレギュラーを務めるほか、『ナジャとアナの虹色レインボー』で放送した企画の一部を引き継ぐ。また、同番組に続いて、毎日放送のアナウンサーも月替わりで一部のコーナーへ交互に出演する。

MBSラジオでは、2017年の6月から8月まで、全ての週の土曜日の夜間に阪神戦を含むNPBのナイトゲーム中継を編成。当番組については、以下のように放送曜日・時間やタイトルを変更しつつも、月1回の生放送を続けていた。

  • 2017年6月:阪神戦がデーゲーム[32]であった25日日曜日)の20:00 - 21:00に、『ナジャ・グランディーバのレツゴーサンデー』として放送。
  • 2017年7月:22日(土曜日・海の日)の11:30から「神戸港開港150周年海フェスタ神戸・笑かスノー夏祭り」(公開生放送・収録と連動したMBSラジオの主催イベント)関連の特別編成を組んだことに伴って、15:45 - 17:43に放送(実はこの回のみ「生」放送の体で臨んだ録音放送であった事が、翌月の放送内で明らかにしている)。このため、当該時間帯のレギュラー番組『桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト』を休止した。
  • 2017年8月:『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』のパーソナリティである近藤光史が11日(金曜日・山の日)から14日(月曜日)まで夏季休暇へ入っていたため、11日に同番組の放送枠(12:30 - 15:30[33])で『ナジャ・グランディーバのレツゴーホリデー』として放送した。

2017年度ナイターイン編成最終月である9月には、阪神戦のデーゲームが予定されていた16日(雨天中止)以外の土曜日に阪神のナイトゲーム中継を編成している関係で、16日に上記の時間帯で『レツゴーサタデー』として放送した[34]

前述したように、MBSラジオでは、2017年度のナイターオフ編成で『MBSヨル隊』を新設。当番組は、『ナジャ・グランディーバのレツゴーフライデー』というタイトルで金曜枠での週1回放送へ移行するとともに、ナジャとチキチキジョニーが続投した。

2018年度[編集]

前年に続いて、『ナジャ・グランディーバのレツゴーサタデー』を月に1回のペースで放送。前年度と同じ内容で、NPBナイトゲームの開催を最初から予定していない土曜日の夜間(基本として19:00 - 21:00)を中心に放送枠を設定する。

2019年度[編集]

前年に続いて、『ナジャ・グランディーバのレツゴーサタデー』を月に1回のペースで放送。同年度からの土曜日は、阪神の試合がデーゲームであった場合、同日の他球団同士のナイトゲームの中継は原則として実施しないため、該当する土曜日の夜間(基本として19:00 - 21:00)に放送枠を設定する(当番組を放送しない週も、単発の特別番組を編成する)。

MBSアナウンサーの出演履歴[編集]

基本として、『虹色レインボー』時代から続くニュース関連のテーマトークコーナーにのみ、進行役で出演。

2017年「ナジャジャ・ジャーナル」[編集]

2018年「ナジャジャ・ジャーナル・エクストラ」[編集]

  • 4月7日:藤林温子[39]
  • 5月19日:千葉猛
  • 6月16日:松井愛
  • 7月15日:近藤亨
    • 当日が日曜日であったため、『ナジャ・グランディーバのレツゴーサンデー』というタイトルで、19:30 - 21:00に生放送。
    • 8月には、毎週土・日曜日の夜間にNPBのナイトゲーム中継を編成したことなどから、当番組を休止。
  • 9月15日西村麻子[40]

脚注[編集]

  1. ^ MBSラジオ2016年秋改編 (PDF)”. MBSラジオ (2016年9月27日). 2016年9月27日閲覧。
  2. ^ 21:45より『内山信二のまんま茶番劇!』(2016年4 - 6月に放送された前田の冠番組『日本盛プレゼンツ 居酒屋阿希子』再開に伴い、土曜17:45 - 17:59から移動。12月28日放送分で番組終了)を編成したため。
  3. ^ 当該期間中の21:49 - 22:00に『glicoプッチンプリン presents プッチンやってまーす!』(『アッパレやってまーす!』木曜レギュラーのバイきんぐ小峠英二河北麻友子の出演による期間限定番組)を編成したため。
  4. ^ 21:45 - 22:00に『ラジオ65人のなかま』(上泉がナビゲーターを務める毎日放送開局65周年記念特別番組)を編成するため。同番組は同年4月2日からは日曜9:15 - 9:30へ移動。
  5. ^ 通年放送の『ヤマヒロのぴかいちラジオ』を、21:00から編成するため。
  6. ^ 金曜日には、土曜早朝までの宿直勤務の一環で、後述する最終版を含めて主に藤林が担当。
  7. ^ 『茶屋町プレミアムナイト』時代に続いて、ニュース担当のMBSアナウンサーが天気予報も伝える。
  8. ^ 金曜日には、『ヤマヒロのぴかいちラジオ』終了後(22:25 - 22:30)に、最終版の「MBSニュース」を「お天気のお知らせ」とのセットで独立番組として放送するため。
  9. ^ 10月12日には井上雅雄豊永真琴、13日には金山泉市川いずみが出演(井上・金山はMBSのスポーツアナウンサー)。
  10. ^ 12日のみ、広島対DeNA戦が終了してから、予備カードである日本ハム対ソフトバンク戦の中継(HBCラジオ制作分)を試合終了まで放送。その後で、MBSラジオのスタジオパートを21:50まで挿入した。
  11. ^ 2016年11月8日放送分では、イタリアでのイベント出演などで休演したため、玉巻が代演。玉巻は、前日(7日月曜日)に放送の『上泉雄一のええなぁ!』でも、本来前田が進行を担当するコーナーで前田の代役を務めていた。
  12. ^ 放送終了後の結婚を機に、2017年9月30日付で退社。
  13. ^ MBSラジオの番組では、第1子の出産を伴った産前産後休暇からの職場復帰(2016年4月)後、『マイコー・ミュージック』で唯一のレギュラーパーソナリティを担当(2017年4月から2018年3月まで第2子の出産に伴い2度目の産休)。
  14. ^ 放送日には『上泉雄一のええなぁ!』17時台でコーナーレギュラーを務めてから、当番組に出演。
  15. ^ 隔週木曜日には、19:00まで『キャスト』(ABCテレビの報道・情報番組)でコーナーレギュラー兼コメンテーターを務めてから、当番組に出演。
  16. ^ 『上泉雄一のええなぁ!』へコーナーレギュラーとして出演する週に登場。
  17. ^ wt1179のツイート(806810325366386688)
  18. ^ gakutenokudaのツイート(806770796119003136)
  19. ^ 2017年3月2日・3月30日放送分にも「ザ・業界ニュース」コーナーにゲスト出演(gakutenokudaのツイート(837253174071185410)gakutenokudaのツイート(847396905583747072))。
  20. ^ 武田和歌子のぴたっと。』(ABCラジオ)の曜日レギュラー(2016年9月までは月曜日のコーナーレギュラー、同年10月から12月は火曜日のコーナーレギュラー、2017年1月10日から火曜日のアシスタント)で、MBSラジオでは『虹色レインボー』で初めてレギュラーを務める。また、当番組の放送開始を機に、金曜日の本番前に「キッチンぷいぷい」(MBSテレビ平日午後の情報番組『ちちんぷいぷい』内の料理コーナー)へゲストとして随時出演。『ちちんぷいぷい』では、パネラーとして初めて全編に出演した2016年12月22日(木曜日)放送分で、同曜日アシスタントの古川・コーナー担当の河田と再び共演した。
  21. ^ a b 放送を終えてから、1分間のスポットCM・21時の時報をはさんで、レギュラーでアシスタントを務める『ヤマヒロのぴかいちラジオ』にも出演。
  22. ^ a b c 金曜日のレギュラー(河田が総合司会、前田がアシスタント、福島がコーナー担当)を務める『ちちんぷいぷい』の本番を終えてから、当番組に出演。パートナー担当日の同番組では、ナジャが「キッチンぷいぷい」にゲスト出演せず、当番組を宣伝する機会もなかった。
  23. ^ 金曜日のレギュラーを務める『みんなでホームイン!』に続いて出演。同番組からステブレレスでオープニングに入るため、オープニングのタイトルコールを事前に収録したうえで、収録音源を流している間にスタジオを移動した。
  24. ^ 河田、前田、浅越と3週続けて同学出身者が出演することに。
  25. ^ 金曜日には『ちちんぷいぷい』か『VOICE(MBSテレビ平日夕方のニュース番組)』内で生中継のリポートを担当する機会が多いが、パートナー担当日には両番組とも生中継を編成しなかったため、当番組にのみ出演。
  26. ^ 当日の『MBSニュース』については、藤林と同期入社の玉巻が担当。
  27. ^ 金曜日のコーナーレギュラーを務める『上泉雄一のええなぁ!』の本番を終えてから、当番組に出演。
  28. ^ スポーツアナウンサーの先輩として、(出演時点で毎日放送への入社2年目であった)森本尚太の教育係を務める関係で2度目の登場。最初の登場回と違って、近藤が『みんなでホームイン!』のスタジオから移動するまでの間を、ナジャと森本のトークでつないだ。
  29. ^ 近藤の冠番組『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』水曜日アシスタント。
  30. ^ 当日は、『ちちんぷいぷい』16時台のスタジオ出演を経て当番組に登場。
  31. ^ デーゲームのみ開催する日にデーゲーム中継を17:40以降まで延長した場合は、中継終了後に『地震防災メモ』『日本盛プレゼンツ 居酒屋阿希子』をはさんで当番組を放送。ただし、延長の状況に応じて放送時間を短縮する。
  32. ^ MBSラジオでは、編成上の事情で日曜日のデーゲームを原則として中継できないため、当該カードも放送しなかった。
  33. ^ 放送時間の大半(13:55以降)が『ちちんぷいぷい』の第1部と重複。
  34. ^ 同日はナイトゲームとして読売ジャイアンツ対DeNA戦(東京ドーム)が組まれていたが、ニッポン放送が制作する中継の放送権を返上したうえで、当番組の放送枠を確保。
  35. ^ 当日は『せやねん!』(レギュラーを務めるMBSテレビの生放送番組)に続いて出演。
  36. ^ 『マイコー・ミュージック』では、毎日放送の社内から電子メールで送信したメッセージを、部下でもある松本が放送中に紹介することが恒例と化していた。
  37. ^ a b 放送当日の午後にテレビ・ラジオの『MBSニュース』を担当してから出演。
  38. ^ 本来は当該時間帯に放送される「コンちゃん今週の反省会」(『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』金曜日内のコーナー)の進行役で、ナジャが他のスケジュールとの兼ね合いで15:00までしか出演できなかったことに伴う代演。
  39. ^ 放送当日の夕方に『報道特集』(TBSテレビ制作)内のローカルニュース・気象情報を担当してから出演。
  40. ^ 当日は『サタデープラス』(レギュラーを務めるMBSテレビ発全国ネットの生放送番組)に続いて出演。

外部リンク[編集]

いずれも公式サイト