脊山麻理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
せやま まりこ
脊山 麻理子
プロフィール
愛称 黄色、セヤマリ、脊山ちゃん
出身地 日本の旗 日本東京都文京区
生年月日 1980年4月8日(35歳)
血液型 B型
最終学歴 慶應義塾大学環境情報学部卒業
所属事務所 ホリプロ
職歴 日本テレビ放送網アナウンサー(2004年 - 2009年
活動期間 2004年 - (アナウンサーとして)
ジャンル 情報番組、バラエティ番組
公式サイト 脊山麻理子
出演番組・活動
過去 Oha!4 NEWS LIVE』など
せやままりこ
脊山麻理子
プロフィール
愛称 脊山ちゃん
セヤマリ
マリンバ
黄色
まりこりん
マリコリー
生年月日 1980年4月8日
現年齢 35歳
出身地 日本の旗 日本・東京都文京区
血液型 B型
公称サイズ(プレイボーイ掲載(1999年)時点)
身長 / 体重 164 cm / kg
スリーサイズ 84 - 57 - 84 cm
活動
デビュー 1997年、1999年(グラビア)
ジャンル 一般
モデル内容 一般、グラビア、ファッション
他の活動 日本テレビアナウンサー(2004年 - 2009年)
写真家 / フリーアナウンサー(2010年 - )
モデル: テンプレート - カテゴリ

脊山 麻理子せやま まりこ1980年4月8日 - )は、東京都出身のフリーアナウンサー写真家。元日本テレビアナウンサー、元ファッションモデル。所属事務所はホリプロ

略歴[編集]

  • お茶の水女子大学附属幼稚園小学校中学校高等学校卒業。
  • 1996年、高校在学中にアメリカ・オハイオ州へ1年間留学。ほかに、11カ国への渡航歴がある。
  • 1997年、「渋谷109広告モデルコンテスト」グランプリ。109のキャンペーンガールに。
  • 1999年1月、週刊プレイボーイグラビアアイドルとして掲載。大学受験のため一旦芸能活動を休止。
  • 2000年4月、慶應義塾大学環境情報学部入学。建築デザインを学ぶ。
  • 2002年8月、メキシコに1ヶ月の短期留学。
  • 2004年3月、大学卒業。同4月、日本テレビ入社。同期入社には鳥羽博剛中野謙吾両アナがいるが、女性アナウンサーの同期はいない。
  • 2004年10月 - 2005年9月、『エンパラナイト』に出演。番組内では黄色い服を着た天然キャラとして人気を集めた。ちなみに共演した鈴江奈々森麻季上重聡は1年先輩。
  • 2005年10月 - 2006年9月28日、ミニ番組の第2日本テレビの暫定専属女子アナから決定アシスタントとなり、司会兼ネットストリーミングのカメラマン兼福引所の猫を務める。
  • 2006年2007年度向け慶應義塾大学の入学案内資料に卒塾生であり社会で活躍している先輩としてインタビューが掲載されている。
  • 2007年6月、グループ展「著名人60人写真展 -私が撮ったこの1枚-」FUJIFILM SQUARE ギャラリー「PHOTO IS」
  • 2009年7月29日、新橋駅にて痴漢被害に遭い、犯人を取り押さえたことをアサヒ芸能が報じた。犯人の冤罪の可能性が浮上している。
  • 2009年12月30日、結婚。
  • 2010年2月9日、日本テレビを退社。
  • 2010年5月24日、アーキテクトと契約しフリーアナウンサーに転身。
  • 2013年6月10日、アーキテクトからホリプロに移籍した事をブログで報告した。
  • 2014年末から自身の不倫がきっかけで離婚調停中と報じられた。2015年時点では離婚成立かは不明。

人物・エピソード[編集]

  • 医師東京大学医学部名誉教授お茶の水女子大学名誉教授の脊山洋右。母は、英語教師通訳をしていた。
  • 得意な外国語は英語スペイン語。所持資格は英検2級・普通自動車免許。
  • 趣味は、クラシックカメラで写真を撮る事であり、中判カメラのマミヤなども愛用している[1]。サーフィン(ボディーボード・ロングボード)、スノーボード、テニス、ダーツ、料理、演劇鑑賞(映画・舞台・歌舞伎)、スポーツ観戦、旅行、美術館めぐり、音楽鑑賞(邦楽・洋楽・クラシック)、ピアノ、手品・マジックなど。
  • クラシックカメラは、同じく写真撮影を趣味としていた祖父の影響と、カメラマンの中山慶太に使い方を教えてもらってから[2]
  • 愛称は、脊山ちゃんセヤマリ。『Oha!4 NEWS LIVE』では中田有紀からマリンバと命名され(その後中田のブログ内ではマリコリーと呼ばれている)、『エンパラナイト』担当時は日本テレビの上層部が名前を思い出せずに「あの黄色い服を着た子」と呼んだことから黄色と呼ぶファンも多いが、脊山本人はまりこりんと呼ばれたいとのこと。
  • 中田有紀いわく、口癖は「ニャニャニャー」(の鳴きまね)であるとのこと。2008年4月8日の『Oha!4』では、この日の誕生日の人物として脊山が紹介されたが、職業欄に「ニャニャー」と書かれた。
  • 以前番組でやっていた脊山独特のイエイポーズ(手を後ろに傾ける)はズームイン30周年記念で羽鳥慎一がゲスト出演した際には散々やって本人は照れていた[3]
  • ナレーションを担当していた「食は知恵なり」ダイアリーで、2009年12月30日に結婚すると報告している[4]
  • フリーに転身後は「ウザキャラ」「KYキャラ」「お嬢様育ちキャラ」を売りで活動。 あまりのひどさにロンブー田村淳から「二度と番組に呼ばれないよ」や有吉弘行からは酒癖の悪さで「ひでぇな、ブス。」「こういう女が一番嫌い」と言われている。また、アンジャッシュ渡部建が番組中に脊山の失礼な発言に激怒。おのののかがフォローするも、脊山が反論したため、あまりの態度の悪さにTwitterが炎上した。

日本テレビ時代の担当番組[編集]

フリー転向後の出演番組[編集]

ドラマ[編集]

  • 匿名探偵 第6話(2014年8月15日、テレビ朝日) - 原川みのり 役

その他[編集]

映画[編集]

  • 天然少女萬(1996年、ケイエスエス)

CM[編集]

雑誌[編集]

  • 週刊プレイボーイ(1999年1月、2012年7月、2014年1月27日号) - 3度目の掲載時は水着グラビア
  • Oggi(2009年8月号) - 「知りたい!“夏ヘア美人”の最新スタイル&テクニック」掲載。同年6月28日発売

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]