荻原次晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荻原次晴
名前
カタカナ オギワラ ツギハル
ラテン文字 Ogiwara Tsugiharu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 ノルディック複合
生年月日 1969年12月20日(46歳)
生誕地 群馬県吾妻郡草津町
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1993-1994シーズン
引退年 1998
最高成績 2位
 
獲得メダル
ノルディックスキー世界選手権
1995 サンダーベイ 団体

荻原 次晴(おぎわら つぎはる、1969年12月20日 - 群馬県吾妻郡草津町出身)は、スキーノルディック複合元選手。現スポーツキャスター・、スポーツビズ所属。1995年ノルディックスキー世界選手権団体戦金メダリスト。1998年長野オリンピック日本代表。

1992年アルベールビル1994年リレハンメル冬季五輪・ノルディック複合団体2大会連続金メダリストの荻原健司は、双子の実兄である。既婚、子3人。

人物・来歴[ソースを編集]

草津町で、双子の弟として生れる。姉3人。実家は金物屋。

現役時代[ソースを編集]

幼少時代は双子の兄・健司とともに体操教室で器械体操を習っていた[1]。小学5年生から草津スポーツ少年団でスキージャンプを始め、翌シーズンは兄・健司もスキージャンプを始める[1]。草津町立草津中学校時代には全日本中学選手権に出場。群馬県立長野原高等学校時代に全国高校総体(インターハイ)に出場。その後、早稲田大学人間科学部時代に全日本強化指定選手となる。大学時代は兄・健司がライバルだった河野孝典と切磋琢磨しナショナルチーム入りしたのに対し、次晴はそれほど練習熱心ではなかったこともあり伸び悩む。大学卒業後は北野建設に入社。

1994年、全日本選手権で3位入賞し[2]、その後ノルディック複合・ワールドカップに初出場。翌1994-1995年シーズンのワールドカップチェコリベレツ大会(1995年1月14日)とノルウェーオスロ大会(1995年2月9日)では準優勝を果たした。いずれも優勝は健司で、兄弟のワンツーフィニッシュとなった。特にリベレツでのレースは健司と最後まで優勝争いを演じており、次晴にとって最も印象に残る試合となっている。さらに3月にサンダーベイで行われた世界選手権の団体戦(阿部雅司、荻原次晴、荻原健司、河野孝典)ではオリンピック・世界選手権を通じての日本チーム4連覇に貢献。
1998年長野オリンピックに出場。個人6位、団体(荻原次晴、森敏富井彦、荻原健司)5位入賞。オリンピック後のワールドカップにも出場した後、この年限りで現役を引退した。

現役引退後[ソースを編集]

引退後はタレントに転身し、スポーツコメンテーターとしての活動を開始。またウィンタースポーツの普及活動を行うとともに、テレビのスポーツ番組のキャスターなども担当している。現役時代はキング・オブ・スキーの名をほしいままにしていた兄の健司に間違えられてばかりだったが、長野五輪で有名になりスポーツキャスターとしてメディアへの登場回数が増えたこと、加えて健司をはじめとした日本複合勢が低迷するようになったことで、逆に健司が次晴に間違われることが増えたらしい。「トヨタ自動車こども店長」の「窓から登場(スキー)編 」(2009年9月21日から放映)で初めてコマーシャルに出演し、またCG作品『スキージャンプ・ペア』の最高技術責任者(CTO)の肩書を持ち、実際に同作品の第2作ではDVDに司会者として出演も果たしている。

兄の健司とは大変仲が良いが、仕事ではライバル心を隠さず厳しい姿勢を持っている。健司が現役を引退して、スポーツキャスターへ転向するような話が出た際、「兄は不器用でキャスターには向いていない。他の道に進むべき」と述べている。

2008年11月1日に14歳年下の会社員の女性(当時24歳)と結婚したことを同年11月3日放送のズームイン!!SUPERにて自ら報告。

2014年2月、テレビ東京ソチオリンピックメインキャスターを務めた。なお、ノルディック複合の個人種目(グンダーセン・ノーマルヒル)において渡部暁斗が、1994年・リレハンメル五輪以来(団体戦・金、個人戦・河野孝典・銀)、日本代表選手としては20年ぶりとなる銀メダルを獲得。次晴は現地のスタジオ生放送中に喜び、「日本の皆さん、応援有難う御座いました!」と感謝しつつ「本当にこの20年間、ノルディック複合はですね、皆さんにあの、期待して頂きながら…メダル獲れなかったんです。ほんとに苦しかったんです…ノルディック複合は!」と感極まって人目憚らず男泣き、「あきと、ホントに良かったよ!!」と号泣・嗚咽したシーンは、大きな話題ともなった[3][4][5]。その後次晴は渡部と対面した際「僕のメダルより話題になってるじゃないすか!」と突っ込まれたという[6]

主な競技歴[ソースを編集]

オリンピック[ソースを編集]

世界選手権[ソースを編集]

ワールドカップ[ソースを編集]

  • 初出場 1994年3月19日 カナダの旗 カナダ・サンダーベイ大会 - 12位
  • 最終出場 1998年3月18日 ノルウェーの旗 ノルウェー・オスロ大会 - 12位
  • 個人総合最高成績 1994-1995年シーズン - 4位
ワールドカップ個人表彰台
シーズン 開催日 開催地 種目 成績
1994/95 1995年1月14日 チェコの旗 リベレツ LH/15.0Km 準優勝
1995年2月9日 ノルウェーの旗 オスロ LH/15.0Km 準優勝

国内[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

受賞[ソースを編集]

主な出演番組[ソースを編集]

テレビ番組[ソースを編集]

琵琶湖を航行するボートからのリポートを主に担当。前述のように、番組企画の一環でコンテストに出場したこともある。
※SG及びプレミアムG1開催時のみ

ラジオ[ソースを編集]

  • サンデースポーツパラダイス〜てっぺん!〜(2005年 - 2006年、文化放送
  • リオデジャネイロ 民放ラジオ101局統一番組(2016年8月6日 - 8月22日[7]文化放送) - 番組キャスター [8]
    • リオデジャネイロオリンピック リポート(平日12~14時の間に10分間、土・日12~22時の間に5分間)
    • リオデジャネイロオリンピック ハイライト(平日15~17時の間に10分間、土・日15~22時の間に5分間)
    • VIVA!リオデジャネイロオリンピック(17~19時の間に90秒間)

著書[ソースを編集]

  • 『次に晴れればそれでいい』 TOKYO FM出版 (1998年12月)
  • 『荻原健司-栄光と苦悩』 文春ネスコ出版 (2002年7月)

主な役職[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b 萩原次晴さんが語る兄との秘話 “おまけの扱い”覆した競技人生の集大成”. THE ANSWER. Creative2, メディア・ヴァーグ (2016年7月17日). 2016年8月22日閲覧。
  2. ^ 社団法人全日本スキー連盟「連載45 記録に見る日本のスキー競技史」
  3. ^ 荻原次晴キャスター号泣シーンは視聴率9・7%…感激でしばらく沈黙デイリースポーツ、2014年2月13日
  4. ^ ノルディック複合生放送中に荻原次晴号泣 - ネット上でも「もらい泣き」マイナビニュース、2014年2月13日
  5. ^ やったぜ!銀メダル!次春「登山部」、2014年2月12日
  6. ^ みなさん、ありがとう次春「登山部」、2014年2月14日
  7. ^ 8月15日は他のレギュラー番組出演に伴い不在のため、脊山麻里子(フリーアナウンサー)が代行
  8. ^ “脊山麻理子、リオ五輪・民放ラジオの“顔”就任「憧れだった」”. ORICON STYLE. (2016年6月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2074282/full/ 2016年6月30日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]