Oha!4 NEWS LIVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Oha!4 NEWS LIVE
ジャンル 帯番組 / 報道情報番組
企画 日本テレビ報道局
出演者 佐藤真知子
林田美学
忽滑谷こころ
石川みなみ
河出奈都美(以上、日本テレビアナウンサー
米澤かおり
日替わり男性キャスター5名
(詳細は#日替わり男性キャスターを参照。)
大久保沙織
中西希
オープニング ケツメイシ
『One step』
(2022年4月4日 - )
エンディング 同上
製作
プロデューサー 小倉宏[1]→作本俊彦→大野伸→有田泰紀
制作 日本テレビ
日テレNEWS24(CS)
放送
放送局日本テレビ系列
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
第1シリーズ(番組開始から2011年3月31日まで)
放送期間2006年4月3日 - 2011年3月31日
放送時間平日 4:00 - 5:20
放送枠日本テレビ系列早朝の情報番組枠
放送分80分
第2シリーズ(2011年4月1日から2021年3月26日まで)
放送期間2011年4月1日 - 2021年3月26日
放送時間平日 4:00 - 5:50
放送枠日本テレビ系列早朝の情報番組枠
放送分110分
第3シリーズ(2021年3月29日から)
放送期間2021年3月29日 -
放送時間平日 4:30 - 5:50
放送枠日本テレビ系列早朝の情報番組枠
放送分80分

特記事項:
一部地域は5:00または5:20飛び乗り・飛び降り。
第2部の正式な放送開始時刻は5:21.30。
日本テレビ他一部ネット局でも全編フルネット。
日テレNEWS24では2011年3月31日までは5:20 - 7:00に、同年4月1日から2016年3月31日までは5:50 - 7:00に、それぞれ再放送も本放送とは別に放送していた。
テンプレートを表示

Oha!4 NEWS LIVE』(おはよん ニュースライブ)は、日本テレビ系のニュース専門チャンネル日テレNEWS24と日本テレビの共同制作[2]により、日本テレビをはじめとする同局系列地上波(一部地域除く)でも放送されている早朝のニュース・情報番組

Oha!4』(もしくは『おはよん』・『おは4』)と略して呼ばれることもある。番組メッセージは、「つながるOha!4[3]

概要[編集]

2006年4月3日から、『ニュース朝いち430』をリニューアルし、放送開始時刻を繰り上げる形で始まった、日テレNEWS24・日本テレビの早朝の顔とも言える番組の一つ。30代から40代の男性視聴者を、早くからしっかりしたニュースでつかまえたいという日本テレビの意向があり、当番組が立ち上げられた[4]

当初は日テレNEWS24・日本テレビ・BS日テレ(2K、以下略)と一部の日本テレビ系列地上波局でのネットであったが、BS日テレと日本テレビ以外の地上波局では日テレNEWS24の再送信(CS再送信)によるネットであった。

2011年4月1日には放送時間の30分拡大に伴う2部制移行と共に、地上波ではNNS全局にネット局が拡大された。これにより、地上波では番組の一部もしくは全編が放送されるようになった[注釈 1]。第2部はCS再送信ではなく正規ネットである。

2017年4月18日より、本番組の制作局である日テレNEWS24がCS放送のインターネットでの同時配信を開始した影響で、日本テレビ以外の同系列地上波局での第1部のCS再送信ネットによるネット局では、それ以降日テレNEWS24のフィラーをCS再送信版からインターネット配信版に切り替えが順次行われ、そのタイミングで第1部を全面打ち切り、もしくは第1部5時台のみのネットに縮小(第1部5時台について、CS再送信ネットから、これまでの第2部と同様となる、通常回線による正規の番販ネットへの移行)した。2019年3月29日をもって全局でこの移行措置が完了するため、28日をもって日本テレビ以外の同系列地上波局並びにBS日テレでの第1部全編もしくは第1部4時台の打ち切りが完了し、29日からの第1部4時台は制作局並びに関東地上波日本テレビのみの正規ネットとなり、第1部5時台と第2部はいずれも制作局と日本テレビをはじめとする同系列地上波(一部除く)での正規ネットに集約された。2020年4月6日から2023年9月1日までは静岡第一テレビ、2021年4月1日からは熊本県民テレビが第1部(4時台)のネットを再開、日本テレビと同じ正規ネットに移行している。

2019年からは、日テレNEWS24と日本テレビの共同制作となった為、番組のエンディングには「制作著作 日テレ」と表示されて番組が終了している。

現在の天気予報については、第1部5時台・第2部は第1部4時台に比べて一回あたりの放送時間が短い。これは朝の支度をするのに合わせて「ながら見」をするのに適したコンパクトな内容にする為であり、代わりに天気予報の回数自体は4時台より多い[5]。当番組の天気予報は全国の天気・関東地方[注釈 2]の天気両方放送されているが、後続の「ZIP!」とは異なり差し替えは一切無く、ネット局全てで関東地方・静岡県の天気予報が放送されている[注釈 3]

2019年8月以降、これまでの年末年始以外に、祝日の一部に番組自体を休止する日が存在する[注釈 4]。2020年8月10日 - 14日、9月21日 - 25日は、1週間通しで番組を休止。休止時は、日テレNEWS24では前後の番組[注釈 5]を枠拡大で対応するほか、地上波では、日テレNEWS24のサイマル放送や、ドラマ・特番・映画などの事前番組などを放送。

2021年3月29日より開始時間が4:30に繰り下げとなり、丸15年振りに前番組「ニュース朝いち430」と同じ放送開始時間となる。全体の放送時間としては丸10年ぶりに番組開始時の80分に戻る[6]

放送時間[編集]

  • 第1部…月曜 - 金曜 4:30 - 5:20(50分)(2021年3月29日 - 現在)
    • 4:00 - 5:20(80分)(2006年4月3日 - 2021年3月26日、2011年3月31日までは番組全体であった) 
  • 第2部…月曜 - 金曜 5:20 - 5:50(30分)、2011年4月1日開始。
    • 制作局の日テレNEWS24では本放送終了後、2017年3月31日まで5:50 - 7:00(2011年3月31日までは5:20 - 7:00)に再放送を行っていた。これにより、同年4月3日からは制作局(日テレNEWS24)・日本テレビでの放送時間がそろうことになる(後者の途中飛び降りが解消)

番組の歴史[編集]

出演者の変遷については#出演者#歴代の出演者も参照。

番組開始から2011年3月まで[編集]

2006年4月の放送開始当時の出演者は、脊山麻理子を除いて『朝いち430』よりそのまま引き継いだ。特に、サブキャスターの中田有紀と気象キャスターだった藤森涼子中嶋美年子の3人は、『朝いち430』の初期より参加していた。また、アシスタントとしてアナウンサーを志す女子大生が「Oha!4 JD」として日替わりで1名が出演し、番組内のミニコーナーやリポーターを担当していた。

タイムテーブルやコーナーも前身の番組をほぼ引き継いでおり、オープニングと挨拶は4時の番組開始のほか、前身番組の開始時刻である4時30分にも設けられていた。また、5時台の開始が4時58分に繰り上げられており、この時間にもオープニングと挨拶を流していたため計3回オープニングと挨拶があった。同年8月より、4時台後半の開始が4時25分に繰り上げるとともに挨拶を廃止、新コーナーも設けられるなどマイナーチェンジを実施。10月には、気象キャスターが藤森と中嶋から松岡洋子へ交代。4時58分のオープニングは挨拶が廃止されたため、挨拶は4時の番組開始時のみとなった。

従来の『朝いち430』では、日本テレビの若手女性アナウンサーが務めていたため、ベテランのサブキャスターと気象キャスターが支えるような配役構成だったのに対し、『Oha!4』では番組スタート時から若手アシスタント「Oha!4 JD」が加わり、さらに2006年10月からは当時のメインキャスターの山本舞衣子より年下である気象キャスターの松岡洋子が出演することになったことで、「ベテランでメインを支える」キャスティングから「メインを中心にベテラン、若手がアシストする」キャスティングに変化していった。

2008年4月より気象担当が松岡洋子から掛貝梨紗へ交代。また、脊山が2009年10月に降板したことにより、中田が唯一、2015年の降板まで番組開始以来連続で出演することとなる。

2010年4月の改編では上田まりえ宮崎宣子がメインキャスターとなったが、宮崎は夏ごろから出演を見合わせたため、日本テレビの女性アナウンサーが週交代で代役を務めた。その後、同年11月をもって体調不良のため正式に降板、日テレNEWS24キャスターの坂木萌子が宮崎の後任となった。あわせて、テロップ類が変更され、一部コーナーでは当番組のスタジオセットと隣接している『news every.』のスタジオセットを使用するようになった。

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う特別体制では、全編報道フロアからの放送となり、メインキャスターと中田が専門家とともに震災関連のニュースを伝えた。コーナーも気象コーナー以外は休止となった。

2011年4月から2015年12月まで[編集]

2011年4月1日より、新番組『ZIP!』開始に伴う改編を実施。『ZIP!』の開始時刻が5時50分となることから、5時50分までの放送に拡大し、第2部(5時20分-5時50分)を新設。放送拡大に合わせて、スポーツとエンタメ情報を伝えるコーナー「スポタメ」が設けられ、鷲尾春果と日本テレビの男性アナウンサーが同コーナー担当として加入した。多くの系列局が第2部をネットすることから、第2部開始時刻にもオープニングと挨拶を行うようになった。

同年10月には、上田と坂木が卒業、長らくサブキャスター(ニュース担当)を務めていた中田有紀がメインキャスターへ昇格。「スポタメ」コーナーには元スポーツ選手の廣田遥青木愛が加入したことから、鷲尾がニュース担当へ異動し、男性アナウンサーも5時台の一部でニュースを担当するようになった。また、エンディング前の気象コーナーのみ気象予報士の平井史夫杉江勇次が出演し掛貝と共に担当、「Oha!4 JD」の名称がアシスタントへ変更、第2部のオープニングを出演者全員で挨拶を行う形に変更、テロップ類を変更するなどのリニューアルを行った。また、前身番組からの流れで4時台の一部ニュースを報道フロアから伝えていたが、全編スタジオからの放送となった。

2012年10月1日には、番組開始以来初めて番組ロゴ、オープニングCG、テーマ曲を変更し、テロップ類も一新。キャスター人事では、廣田と青木が卒業し、再び鷲尾がスポタメ担当となり、新たに加入した内田敦子がニュース担当になった。

さらに、2013年4月1日にも大幅なリニューアルが行われ、主婦層などの視聴者が多い第1部5時台および第2部では、第1部4時台で使用しているものとは異なるオープニングCG、BGM、テロップ類が新たに用いられ、朝の生活をイメージしたアイキャッチを随所に挿入し、番組構成も見直された[7][8][9][10]。長らく4時58分開始だった5時台の開始時刻が5時丁度となり、4時25分頃と5時にも挨拶を行うようになった。一方、第2部開始時のオープニングと挨拶が廃止された。

人事面では、日本テレビアナウンサーの藤田大介が1年ぶりに当番組レギュラー出演復帰し、男性キャスターは5名、曜日ごとに日替わりでの登場となり、5時台のニュース担当に変更された。また、気象担当として気象予報士酒井千佳、スポタメ担当として新井恵理那加藤多佳子が加入し、掛貝、平井、杉江、鷲尾の4名が同年3月で卒業[11]、アシスタントが廃止された。

2014年1月6日より、新井恵理那が本番組への出演を当面見合わせ(その後、正式なアナウンスがないまま番組を降板)。これに伴い、内田がスポタメ担当へ変更、同年3月までは男性アナウンサーが4時台のニュースも担当していた。同年3月31日からは、吉竹史が月・火曜日のニュースキャスターとして[12]千北英倫子が水・木・金曜日のニュースキャスターとして[13][14][15]、それぞれ就任。

2015年3月30日からは再度リニューアルを実施し、特に第1部5時台・第2部の内容・編成・BGMを大幅に変更した。また第1部5時台・第2部は中田がニュース読みから外れ、各コーナーの進行及びスポーツとエンタメの相槌のみを担当するようになった。キャスター人事では千北のみ卒業し、水・木曜日は本多小百合が、金曜日は畑下由佳(日本テレビアナウンサー)が後任となる[16][17]。日本テレビ女性アナウンサーの出演は上田まりえが卒業して以来、約3年半ぶりとなる。

テレビ局とフィットネスクラブが、継続的にヘルスケアコンテンツを制作・放送する日本初の取り組みとして、日本テレビと同グループのティップネスとの協業で、2015年8月31日より本番組第1部内(4:58頃から1分半程度)において『Oha! TIP 1min.体操(おはティップ ワンミニッツたいそう)』を開始。なお、番組連動データ放送は日本テレビ(関東地区の地上波)のみで実施[18]。有料CS放送日テレジータスでは、2016年1月11日11:30 - 12:30に本コーナーの特別拡大版『Oha!TIP 1min.体操 日テレジータス特別版』が放送された(同局にて再放送も複数回別途あり)[19]

同年8月から9月末までは内田が体調不良のため休養、玉木碧がスポタメの代役担当として加入。10月からは内田が木曜・金曜に限り復帰し、月曜から水曜は玉木が引き続き担当した。また、第2部開始時にも挨拶を行うようになった。

11月、メインキャスターの中田がロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の山田貴洋(ベース・ボーカル担当)との結婚と妊娠を番組内で発表、12月28日放送分をもって本番組を卒業した[20][21]。これにより、前身番組の『ニュース朝いち430』(日テレNEWS24制作)時代からの通算で13年9か月にわたる、日テレNEWS24制作・日本テレビ系列の早朝番組へのレギュラー出演を終えるとともに、前身番組から継続しての出演者がいなくなった。

2016年4月から2021年3月まで[編集]

2016年1月4日から、中田の後任として畑下が月曜・火曜のメインキャスターへ昇格。また、木曜・金曜のメインキャスターとして後藤晴菜が就任し、再び日本テレビの女性アナウンサーがメインを務める形となった。ただし、同年3月までは水曜日はメインキャスターを設けず、本多、安藤、酒井、玉木の水曜日の出演者全員で進行する形となっていた。また、本多が金曜日もニュースキャスターとして登場[22]。さらにこれと同時に4時台と5時台で異なっていたオープニングCG・テロップ類が一部のテロップ類を除き統一され、オープニングCG・テロップ類を一新した。

同年4月4日からは、番組開始以来初めてスタジオセットが完全リニューアルされるとともに、吉竹、本多、玉木、酒井が卒業、ニュースキャスターに小菅晴香、気象キャスターに榊菜美が加入した[23]。また、畑下が不在となっていた水曜日のメインキャスターとなり、内田が再び5日間通しての出演となった。

同年12月26日以降、畑下が体調不良による休職により本番組への出演を見合わせることとなったため、キャスターの一部に暫定的にポジション変更が行われた。その後、畑下は復職したものの、2017年2月17日放送分で番組からの正式降板を発表した[24]

2019年3月をもって『Oha!TIP 1min.体操』が終了、5月1日から、3年ぶりにテロップ類が一部を除き一新された。

同年9月30日からはメインキャスターが日本テレビの女性アナウンサー5名による各曜日日替わり体制となった[25]。また、各キャスターにはそれぞれイメージカラーが設定された[26]。あわせてオープニングも変更された。2020年9月28日から再びメインキャスターを一部交替させ、男性ニュースキャスターも一部変更。メイン・ニュースともに、新たに同年入社の新人アナウンサーを投入した[27]。また、2018年4月 - 2019年9月に出演していた佐藤梨那が1年ぶりに復帰した。

2020年に発生した新型コロナウイルスの感染対策では、出演者同士の距離を広くする、オープニングでの人数を減らすなどの対策が行われた。また、期間によってはスポタメ担当を隔週交代(内田、中川のどちらかのみ出演)としたほか、ニュース担当の女性キャスターは当面の間、報道フロアからの出演とするなどの対応が行われていた。また、この頃から「つながるOha!4」をキャッチコピーとして使用するようになった。

2021年3月26日をもって、岩田絵里奈が同年4月より『スッキリ』の司会を務めるために当番組を卒業[28]。また、同日にはスポーツキャスターの中川絵美里とニュースキャスターの小菅も番組を卒業した[28]

2021年4月から現在[編集]

2021年3月29日より開始時間が4:30に繰り下げとなり、丸15年振りに前番組「ニュース朝いち430」と同じ放送開始時間となる。全体の放送時間としては丸10年ぶりに番組開始時の80分に戻る[6]。約8年半ぶりに番組ロゴが一新[6]HYによる番組テーマソング「North Forest」が制作され、オープニングに起用された。また、再びメインキャスターとニュースキャスターが一部交替となり、男性ニュースキャスターに関しては再び日替わりの5人体制に戻され[6]、番組開始時刻から出演するようになったほか、小菅の後任のニュースキャスターとして米澤かおりが加入[29]

2022年3月29日をもって、後呂有紗が番組を卒業し[30]、再度一部キャスターの交替が実施された[31]。また、番組テーマソングがケツメイシ「One Step」へ変更された。

2022年9月30日をもって、2012年10月から約10年間にわたり出演してきた内田敦子が番組を卒業[32]、後任として後藤楽々が加入[33]。また10月からの金曜日のメインキャスターとして同年入社の浦野モモが加入したが、翌年1月より『ヒルナンデス』のアシスタントを務めるため、12月23日で番組を卒業。

2023年4月改編では、月曜から水曜の気象担当として大久保沙織が加入。2018年4月から5日間通して出演していた中西希が木曜・金曜担当となった。

出演者[編集]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
メインキャスター
佐藤真知子[注釈 6] 林田美学[注釈 7] 忽滑谷こころ[注釈 8] 石川みなみ[注釈 9] 河出奈都美[注釈 10]
ニュース担当
女性
米澤かおり[注釈 11]
男性[注釈 12]
弘竜太郎[注釈 13] 中野謙吾[注釈 14] 大町怜央[注釈 15] 伊藤大海[注釈 16] ラルフ鈴木[注釈 17]
気象情報
大久保沙織気象予報士 中西希(気象予報士)[注釈 18]
ねこ団長[注釈 19]
カルチャー・スポーツ担当
後藤楽々[注釈 20]

番組マスコット[編集]

マスコットとして天気予報のコーナーでは黄色い体をした「そらジロー」と黒い体をした「くもジロー」が登場する。第1部5時台および第2部において、そらジローの着ぐるみが登場する。2013年7月2日以降はピンク色の体をした「ぽつリン」が追加され、『月〜水・金曜日にそらジロー、木曜日のみくもジロー』と、『週通してぽつリン』と週交代で着ぐるみが5時から登場するようになった。なお、アニメーションは4時当初から登場している。

また新元号『令和』の初日、2019年5月1日からはフルCGになったそらジローが登場している[34]

5時からはそらジロー達とは別に、丸い頭に「Oha!4」の文字で顔を形成し(口にあたる4の数字が左右反転している)、胴体のないマントと腕だけのキャラクターも登場している。正式名称ではないが、通称「おはよんマン」とのこと[35]

かつては「オハナ」という鳥を模した番組独自のキャラクターも存在していたが、2011年4月頃からは登場しなくなった。

歴代の出演者[編集]

メインキャスター

●以外は日本テレビアナウンサー。(当時、以下同じ)

期間
2006.4.3 2007.3.30 山本舞衣子 脊山麻理子 山本舞衣子
2007.4.2 2008.3.28 松尾英里子 脊山麻理子
2008.3.31 2009.9.25 古閑陽子 脊山麻理子
2009.9.28 2010.3.26 小熊美香
2010.3.29 2010.10.29 上田まりえ 宮崎宣子[注釈 21]
2010.11.1 2011.9.30 坂木萌子
2011.10.3 2013.9.27 (不在)
2013.9.30 2015.12.28 中田有紀[注釈 22]
2016.1.4 2016.4.1 畑下由佳 (不在) 後藤晴菜[注釈 23]
2016.4.4 2017.2.17 畑下由佳[注釈 24]
2017.2.20 2017.3.31 小菅晴香
2017.4.3 2017.9.29 笹崎里菜[注釈 25] 滝菜月[注釈 26]
2017.10.2 2018.3.30 郡司恭子[注釈 27] 笹崎里菜[注釈 28] 後藤晴菜[注釈 29]
2018.4.2 2019.9.27 佐藤梨那[注釈 30]
2019.9.30 2020.3.27 笹崎里菜[注釈 31] 郡司恭子[注釈 32] 市來玲奈[注釈 33] 後呂有紗 岩田絵里奈[注釈 34]
2020.3.30 2020.9.18 杉原凜
2020.9.28 2021.3.26 忽滑谷こころ 佐藤梨那 後呂有紗[注釈 35] 杉原凜
2021.3.29 2021.10.1 佐藤真知子[注釈 36] 忽滑谷こころ 佐藤梨那 杉原凜[注釈 37]
2021.10.4 2022.4.1 後呂有紗 忽滑谷こころ[注釈 38]
2022.4.4 2022.9.30 小髙茉緒
2022.10.3 2022.12.23 忽滑谷こころ[注釈 39] 小髙茉緒 杉原凜 浦野モモ
2023.1.4 2023.3.31 河出奈都美[注釈 40]
2023.4.3 2023.6.2 石川みなみ[注釈 41]
2023.6.5 2023.9.29 林田美学[注釈 42]
2023.10.2 現在 林田美学 忽滑谷こころ[注釈 43]
ニュースキャスター

男性は全員、女性は●のみ日本テレビアナウンサー。

期間 女性 男性
月・火
2006.4.3 2011.9.30 中田有紀 (不在)
2011.10.3 2012.3.30 中田有紀
鷲尾春果
藤田大介 中野謙吾
2012.4.2 2012.9.28 中野謙吾 青木源太
2012.10.1 2013.2.1 中田有紀
内田敦子
鷲尾春果
青木源太 佐藤義朗[注釈 44]
2013.2.4 2013.3.1 青木源太 安藤翔
2013.3.4 2013.3.29 青木源太
2013.4.1 2013.9.27 中田有紀
内田敦子
中野謙吾 藤田大介 青木源太[注釈 45] 辻岡義堂
2013.9.30 2013.12.27 安村直樹 中野謙吾
2014.1.6 2014.3.28 中田有紀
2014.3.31 2015.3.27 中田有紀
吉竹史
中田有紀
千北英倫子
辻岡義堂[注釈 46] 佐藤義朗 青木源太 安村直樹
2015.3.30 2015.10.2 中田有紀
本多小百合
中田有紀
畑下由佳
安村直樹 中野謙吾
2015.10.5 2015.12.28 佐藤義朗[注釈 47] 安藤翔[注釈 48] 中野謙吾[注釈 49] 安村直樹[注釈 50]
2016.1.4 2016.4.1 吉竹史 本多小百合
2016.4.4 2016.9.30 小菅晴香
2016.10.3 2017.2.17 山本健太[注釈 51]
2017.2.20 2017.3.31 笹崎里菜[注釈 52] 滝菜月 小菅晴香[注釈 53]
2017.4.3 2017.9.29 小菅晴香
2017.10.2 2018.9.28 安藤翔[注釈 54] 川畑一志[注釈 55]
2018.10.1 2019.3.29 安藤翔[注釈 56] 山本健太[注釈 57] 伊藤大海
2019.4.1 2019.9.27 伊藤大海[注釈 58] 川畑一志[注釈 59] 山﨑誠[注釈 60]
2019.9.30 2020.3.27 伊藤大海 大町怜央[注釈 61] 川畑一志[注釈 62] 山﨑誠[注釈 63] 山本健太[注釈 64]
2020.3.30 2020.9.18 川畑一志 伊藤大海[注釈 65]
2020.9.28 2021.3.26 山本健太[注釈 66]
伊藤大海[注釈 66]
北脇太基 田辺大智
2021.3.29 2021.10.1 米澤かおり 北脇太基[注釈 67] 伊藤大海[注釈 68] 田辺大智[注釈 69] 梅澤廉[注釈 70] 伊藤遼[注釈 71]
2021.10.4 2022.4.1 澁谷善ヘイゼル[注釈 72] 弘竜太郎 北脇太基 田辺大智
2022.4.4 2022.9.30 澁谷善ヘイゼル[注釈 73] 中野謙吾 田辺大智[注釈 74] 田辺研一郎[注釈 75]
2022.10.3 2023.3.31 弘竜太郎[注釈 76] 中野謙吾[注釈 77]
2023.4.3 2023.9.29 弘竜太郎[注釈 78] 大町怜央[注釈 79] 伊藤大海[注釈 80] ラルフ鈴木[注釈 81]
2023.10.2 現在 中野謙吾[注釈 82] 大町怜央[注釈 83]
スポーツ・エンタメ・天気キャスター

●は日本テレビアナウンサー、○は気象予報士。

期間 スポーツ エンタメ 天気
木・金 木・金 木・金
2006.4.3 2006.9.29 (不在) 藤森涼子 中嶋美年子
2006.10.2 2008.3.28 松岡洋子
2008.3.31 2011.3.31 掛貝梨紗
2011.4.1 2011.9.30 鷲尾春果
新谷保志
鷲尾春果
中野謙吾
鷲尾春果
藤田大介
鷲尾春果
●新谷保志
鷲尾春果
●中野謙吾
鷲尾春果
●藤田大介
2011.10.3 2012.9.28 廣田遥 [注釈 84] 青木愛 (不在) 掛貝梨紗
平井史生
掛貝梨紗
杉江勇次
掛貝梨紗
○平井史生
2012.10.1 2013.3.29 (不在)[注釈 85]
2013.4.1 2013.12.27 加藤多佳子 新井恵理那 酒井千佳
2014.1.6 2015.7.31 内田敦子
2015.8.3 2015.10.2 玉木碧
2015.10.5 2016.4.1 玉木碧 内田敦子
2016.4.4 2017.3.31 内田敦子 榊菜美
2017.4.3 2018.3.30 中川絵美里
2018.4.2 2020.9.18 中西希
2020.9.28 2021.3.26 内田敦子 中川絵美里 内田敦子 中川絵美里
2021.3.29 2022.9.30 (不在)[注釈 86] 内田敦子
2022.10.3 2023.3.31 後藤楽々
2023.4.3 現在 大久保沙織 ○中西希
海外情報担当キャスター(現在は廃止)

開始当初は『ニュース朝いち430』から引き続いて日本テレビニューヨーク支局との中継コーナーがあったほか、海外支局のキャスターによる現地リポートコーナーがあった。2007年以降はコーナーとしては事実上の廃止となり、海外支局からのリポートはニュース内で不定期で取り扱う。

当時の主な出演者
MONOトレジャーリポーター(現在は廃止。日テレNEWS24『デイリープラネット』のコーナーの再放送)
  • 武岡智子(日テレNEWS24キャスター。VTRのみの出演)
  • 塚田文日テレNEWS24キャスター、フリー・元山口放送アナウンサー。VTRのみの出演)
Oha!4 JD→アシスタント(2013年3月29日で廃止)
期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
2006.4.3 2006.8.11 (不在) 平松千花[注釈 87] 宗京裕美子 松澤千晶[注釈 88] 中村亜裕美[注釈 89]
2006.8.14 2006.10.27 小谷静香
2006.10.30 2006.12.28 (不在) 中村亜裕美 宗京裕美子
2007.1.5 2007.3.30 野口恵[注釈 90] 繭山明日夏 後藤優佳
2007.4.2 2007.6.29 宗京裕美子 中村萌子[注釈 91] 繭山明日夏 平松千花
2007.7.2 2007.7.6 (不在)
2007.7.9 2007.7.27 堰八紗也佳[注釈 92]
2007.7.30 2007.8.3 (不在)
2007.8.6 2007.11.23 中村萌子 渡辺理奈恵[注釈 93] 野口恵 水野裕美
2007.11.26 2007.12.27 (不在)
2008.1.2 2008.1.4
2008.1.7 2008.3.28 伊良部明美 中村萌子 網野真弓 佐々木瞳
2008.3.31 2008.8.29 菅緑
2008.9.1 2009.2.27 菅緑 佐々木瞳 渡辺真希子
2009.3.2 2009.3.27 大平真理子[注釈 94]
2009.3.30 2010.1.29 大平真理子 竹田有里[注釈 95] 渡辺真希子 坪井安奈 網野真弓
2010.2.1 2010.10.29 浮津彩 上村波留香 斎藤夏海 坪井安奈
2010.11.1 2010.11.26 飯倉寛子[注釈 96]
2010.11.29 2011.3.25 唯木郁江
2011.3.28 2011.4.8 (不在)
2011.4.11 2011.12.28 渋佐和佳奈[注釈 97]
2012.1.4 2012.8.31 小泉もも 大重麻衣[注釈 98] 増井渚[注釈 99] 石田いつか 小原有加
2012.9.3 2012.9.28 (不在)
2012.10.1 2013.3.29 増田美香[注釈 100] 野田花代 佐藤メリサ[注釈 101] 坂本千香子 松井くらら[注釈 102]

テーマ曲[編集]

期間 4時台 5時台
2006年4月3日 - 2012年9月28日 作曲:洞澤徹
2012年10月1日 - 2013年3月29日 「Morning Rainbow」
(ナオケストラ)
2013年4月1日 - 2015年12月28日 「Morning Rainbow」
(ナオケストラ)
作曲:中西裕之
2016年1月4日 - 2016年4月1日 作曲:西口悠二
2016年4月4日 - 2019年9月27日[注釈 103]
2019年9月30日 - 2021年3月26日
2021年3月29日 - 2022年4月1日 HY「North Forest」[6]
2022年4月4日 - 現在 ケツメイシ 「One step」[31]

ネット局[編集]

  • 全編ローカルセールス枠のため、日テレNEWS24[注釈 104]、日本テレビ以外の通常時第1部もしくは第2部が◎の局や、通常時第1部が○、あるいは第2部が△の局でも編成の都合により、臨時に全編または一部時間帯を×に変更[注釈 105]する場合がある一方、5:00に飛び乗りポイント、5:20に飛び乗り・飛び降りポイントがそれぞれ設けられているため、通常時第1部・第2部を×とする局、第2部を△とする局でも、非常事態等発生時や特別編成実施時を中心に臨時に第1部・第2部を何れも◎または、第1部のみ○に変更する場合がある[注釈 106]
  • 日本テレビの編成の都合により『Oha!4』の開始時刻が繰り下げとなる場合[注釈 107]、日テレNEWS24では『Pre-Dawn Update』の放送時間を拡大して対応する(下記のケースの一部を除く)。日本テレビでメンテナンスが行われる日や4:30以降にスポーツ中継[注釈 108]および第2期における関東地区対象の政見放送等が組まれた場合が該当。第1期における関東地区対象の政見放送時には『Oha!4』の本放送の終了時刻を繰り上げた。
  • 2011年12月5日 - 2013年6月3日は日本テレビを含む民放キー局およびNHKの送信所の移設(東京タワーから東京スカイツリー)への動きにより、不定期ながらも月曜日第1部の放送開始時刻が10分から30分繰り下げとなることがあった。それが4:15までの場合は4:00から日本テレビでの放送開始時刻までの間、日テレNEWS24(当時のCS再送信ネット局を含む)では中田のみ出演の、第1部に先駆けた当番組のプレパートを別途放送した。それが4:30の場合は上記に同じ。なお、年末年始、祝日[注釈 109]や日本テレビ系列の地上波においてスポーツ中継放送日に日テレNEWS24と日本テレビのいずれも休止となる場合[注釈 110]は日テレNEWS24(地上波以外の再送信局を含む。)では『Oha!4』の時間帯にも『Pre-dawn Update』『Early Morning News』を放送する。
  • 第1期において、日テレNEWS24のメンテナンスに伴い、スカパー!の全てのプラットフォーム放送休止となる場合は、日本テレビのみ通常の放送時間帯に日テレNEWS24からの裏送りで放送した[注釈 111]
  • 権利上の都合で、日テレNEWS24(以前存在した、CS再送信ネット局も含む)において、それぞれ一部の映像(主にスポーツやエンタメ関連、特にWOWOW提供の映像等)が放送できない場合がある[注釈 112]。差し替え対象の映像・音声が長時間(おおむね5分以上)に及ぶ場合は、制作局における前座番組の一部を再放送して埋め合わせることがある。また、お天気カメラの映像が使われることもある。
  • ネット状況について
    • ◎…フルネット
    • ○…第1部を5:00飛び乗りでネット
    • △…第2部の一部コーナーのみ自社制作番組に内包する形でネット
    • ×…非ネット
2021年3月29日現在。
『Oha!4 NEWS LIVE』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送時間 備考
第1部
月曜 - 金曜
4:30 - 5:20
第2部
月曜 - 金曜
5:20 - 5:50
日本全国 日テレNEWS24 CS放送

制作局

関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 制作局
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
  • 2021年4月1日から第1部を◎に変更、同日以降は日本テレビと同じ正規ネットとなった。
  • 2023年9月4日からは、系列局では制作局とキー局以外の全ネット局で唯一、通常時編成で第1部が◎となっている。
  • 第1部は放送開始から2018年9月28日までは、CS放送による再送信でフルネット。2018年10月1日から2021年3月31日までは×。
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
  • 2023年9月4日から第1部を○に変更[注釈 113]
  • 第1部は番組開始から2018年9月28日までCS放送による再送信時代において大規模なメンテナンスや、深夜番組が4:00をまたいで途中飛び乗りで放送される場合を除いて◎、2018年10月1日から2020年4月3日までは○、2020年4月3日から2023年9月1日までは◎。
  • 2020年4月6日から2021年3月31日までは、系列局では制作局とキー局以外の全ネット局で唯一、通常時編成で第1部が◎となっていた。
中京広域圏 中京テレビ(CTV)
  • 2021年11月1日・2022年7月11日は、選挙に関連して第1部を臨時に◎に変更[注釈 114]
  • 2023年8月9日は、特別番組の放送に関連して第1部を臨時に◎に変更。
鳥取県
島根県
日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
愛媛県 南海放送(RNB)
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 月曜…○
火曜 - 金曜…×
青森県 青森放送(RAB) ×
  • 2022年2月9日・10日は『FIFAクラブワールドカップ2021準決勝』の中継放送(1:09 - 3:30)が最大4:40まで延長する可能性があったため、そのクッション対応として第1部を臨時に◎に変更。
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県
岡山県
西日本放送(RNC)
高知県 高知放送(RKC)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
  • 早朝にフジテレビ系列で国際的なスポーツ中継や長時間特番が組まれた際、第2部を臨時に×に変更する場合がある[注釈 115]
山口県 山口放送(KRY) 日本テレビ系列
  • 飛び降り後は自社制作番組『KRYさわやかモーニング』(5:20 - 6:30)を放送し、同番組内で第2部の一部コーナーを同時ネットしている。
  • 2020年4月20日 - 5月22日、2022年8月12日・15日・16日は第2部を単独番組扱いで臨時に◎に変更。また、祝日も第2部を臨時に◎に変更することがある。
福岡県 福岡放送(FBS) ×
  • 飛び降り後は、ローカル情報番組『バリはやッ!ZIP!』(5:20 - 6:30)を放送。

過去のネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
北海道 札幌テレビ(STV) 日本テレビ系列
  • かつては第1部のみのネットで、CS再送信でネットされていたが、インターネット配信版に切り替えたため全編×に変更。通常時は第1部4時台をフィラー扱いで部分ネットしていた。
  • 同時間帯はローカル情報番組『どさんこワイド朝』(5:00 - 6:30)を放送。
  • 2019年4月29日 - 5月3日・5月6日[注釈 116]は臨時で第1部を○、第2部を◎に各々変更。ただし、2020年以降は繰り下げ幅を30分に縮小し、『どさんこワイド朝』を編成するため、ネット例が無くなった。
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
日本全国 BS日テレ BSデジタル放送
  • 第1部のみのネットで、CS再送信によるものであったが、2019年3月28日までに打ち切り。通常時は第1部4時台・第1部5時台は各々◎であったが、不定期に全面休止日(主に月曜日だったが、他曜日に充当される週もあった)や部分ネットとなる日も存在した。
NOTTV マルチメディア放送
  • BS日テレとは異なり、第1部4時台・第1部5時台・第2部(および再放送パートが存在したときは再放送も含む)のCS再送信ネット。放送していたチャンネルが変わった時期が何度かあり、プロ野球シーズンイン期間中は一時打ち切りの時期もあった。最終的に2016年6月30日に閉局のため打ち切り。

Oha!6 NEWS LIVE[編集]

Oha!6 NEWS LIVE』(おはろく ニュースライブ)は、『Oha!4 NEWS LIVE』の年末年始向けの特別版である。

『Oha!4』の第2部と同様に、日本テレビを基点に通常回線を通じたハイビジョン放送で、2007年度から2011年度まで放送された。普段は『Oha!4』第1部をフィラー扱いで放送する局も、この番組は定時番組扱いとなった(CMも各局で差し替え)。なお本番組開始に伴い、前年まで放送されていた『おはよう笑点』と『皇室日記新春スペシャル』[注釈 119]は終了した。

2007年度は年始の2008年始の1月2日・3日に、『箱根駅伝中継』の前座として、6:00 - 7:00に放送された。また、2009年1月3日と2010年1月2日は土曜日、2010年1月3日と2011年1月2日は日曜日にそれぞれ当たったが、本来『Oha!4』が放送されない週末にも放送された。

2011年度は年末のみの放送となり、12月29日に『ZIP!』の代替として5:50 - 8:00に放送された[注釈 120]。それまでとは異なり、制作局の日テレNEWS24から地上波系列局への裏送りでの放送となった[注釈 121]。これが現状、「Oha!6」としての最後の放送だった。

『Oha!6』出演者[編集]

「Oha!6 NEWS LIVE」キャスター
放送日 メイン サブ 天気 JD 出演者 スペシャルゲスト
2008年 1月2日(水) 脊山麻理子 中田有紀 松岡洋子 野口恵 (配置なし)
1月3日(木) 中村萌子
2009年 1月2日(金) 掛貝梨紗 網野真弓
1月3日(土) 伊良部明美
2010年 1月2日(土) 古閑陽子 坪井安奈
1月3日(日) 網野真弓
2011年 1月2日(日) 坂木萌子 坪井安奈
1月3日(月) 上田まりえ 浮津彩
12月29日(木) (配置なし) 中田有紀・SHELLY(Oha!6スペシャルMC)
鷲尾春果・掛貝梨紗・藤田大介
森永卓郎室井佑月カンニング竹山

ネット局(Oha!6)[編集]

2010年度まで、断り書きのない放送局は各年度とも1月2日・3日両日放送。また●印がついた局はレギュラーの『Oha!4』も当時フルネットされていた局(曜日限定の地域・及びフィラー扱いで放送されている局は除く)。

2007年度(2008年始)
  • 日テレNEWS24●
  • 日本テレビ●
  • 札幌テレビ
  • 青森放送
  • テレビ岩手
  • ミヤギテレビ●
  • 山形放送
  • テレビ新潟●
  • テレビ信州
  • 北日本放送
  • テレビ金沢
  • 山口放送●
  • 高知放送
  • 福岡放送●
2008年度(2009年始)
  • 日テレNEWS24●
  • 日本テレビ●
  • 札幌テレビ
  • 青森放送
  • テレビ岩手
  • ミヤギテレビ●
  • 山形放送
  • テレビ新潟●
  • テレビ信州
  • 北日本放送
  • テレビ金沢
  • 中京テレビ
  • 広島テレビ
  • 山口放送●
  • 四国放送(1月3日のみ)
  • 高知放送
  • 福岡放送●
  • くまもと県民テレビ●
2009年度(2010年始)
  • 日テレNEWS24●
  • 日本テレビ●
  • 札幌テレビ
  • 青森放送
  • テレビ岩手
  • ミヤギテレビ●
  • 山形放送
  • テレビ新潟●
  • テレビ信州
  • 北日本放送
  • テレビ金沢
  • 中京テレビ
  • 読売テレビ
  • 広島テレビ
  • 山口放送●
  • 高知放送
  • 福岡放送●
  • くまもと県民テレビ●
2010年度(2011年始)
  • 日テレNEWS24●
  • 日本テレビ●
  • 札幌テレビ
  • 青森放送
  • テレビ岩手
  • ミヤギテレビ●
  • 山形放送
  • テレビ新潟●
  • テレビ信州
  • 北日本放送
  • テレビ金沢
  • 中京テレビ(1月2日のみ)
  • 読売テレビ
  • 広島テレビ
  • 山口放送●
  • 高知放送
  • 福岡放送●
  • くまもと県民テレビ●
2011年度(2011年末)
  • 日本テレビ●
  • 札幌テレビ
  • 青森放送
  • ミヤギテレビ●
  • 秋田放送
  • 山形放送
  • テレビ新潟●
  • テレビ信州
  • 静岡第一テレビ
  • テレビ金沢
  • 福井放送
  • 読売テレビ
  • 広島テレビ
  • 山口放送
  • 西日本放送●
  • 高知放送
  • 福岡放送●
  • 長崎国際テレビ
  • くまもと県民テレビ●
  • テレビ大分

『Oha!6』のその後[編集]

2006年度および2012年度以降は『Oha!6』を放送しておらず、年明け最初の平日から通常放送を行い、年内最終放送日となる平日まで通常放送を行っている。

なお、2014年度・2015年度は年内最終放送日の通常回を「年末拡大スペシャル」として、第2部を6:30まで延長して放送した(再放送パートは6:30 - 7:00に短縮)。ただし、通常時に第2部を非ネットとしている局の一部または全部が第2部を臨時フルネットする一方で、通常時の第2部のフルネット局の一部で第2部を非ネットとするなど、通常時のネット局構成とは一部異なる。また、第1部も通常時とは対応が異なる。この日の第1部を地上波でフルネットとする局全局で全編通して通常回線での放送(ハイビジョン画質)とし、部分ネット局では全局フィラー扱いでの放送とした上で通常時と同じくCS再送信ネットとする。出演者は当該放送日のメンバーに加え、他曜日出演の女性キャスター陣・小栗泉(日本テレビ報道局)・ももいろクローバーZも登場した。

2016年度は年内の最後の3日間(12月27日 - 29日)の放送が短縮版となり、第1部は5:00からの放送となる(第2部並びに再放送パートは通常通り)。なお、制作局においてはこの期間、前座番組『さきがけニュース』を5:00まで延長放送とし、日本テレビでも深夜番組を5:00まで編成した。

Oha!選挙 NEWS LIVE[編集]

2010年7月11日に投開票された第22回参議院議員通常選挙選挙特別番組。通称『おはせん』。当日19:58 - 12日2:00に放送された『ZERO×選挙2010』に続けて、12日 2:00 - 5:20 に放送された。

なお、2012年12月16日に投開票された第46回衆議院議員総選挙時には、『ZERO×選挙2012』が翌17日4:00まで放送されたため、17日には通常の『Oha!4』を"総選挙スペシャル"として、選挙関連のニュースを中心に放送し、出演者には通常のメンバーに小栗泉(日本テレビ報道局)・青木源太(所定担当曜日ではなかったが出演。)も加わった。第1部について、ネット時間を変更したり、臨時ネットする局が一部あった(いずれもCS再送信ネット)。また、日テレNEWS24では再放送パートを8:00まで延長した[37]

2013年7月21日に投開票された第23回参議院議員通常選挙時には、前回の参議院議員通常選挙時とは異なり、日テレNEWS24(CS)では21日19:57 - 22日4:00[注釈 122]に、日本テレビでは『ZERO×選挙2013』終了後の22日2:00 - 3:59に、それぞれ『参院選全部見せます!開票速報24』(日テレNEWS24(CS)制作)を放送後、22日放送分の『Oha!4』が通常放送された。ただし、放送内容は通常とは異なり、参院選関連のニュースを中心に放送し、出演者には通常のメンバーに小栗泉も加わった。なお、この日の『Oha!4』第1部について、ネット時間を変更したり、臨時ネットする局が一部あった。なお、一部系列局では日本テレビ同様『Oha!4』第1部も通常回線によるネットを臨時に行ったため、この日に限り、日本テレビ以外の系列局に通常回線によるネット局とCS再送信ネット局が混在した。[38]

2014年12月14日に投開票された第47回衆議院議員総選挙時には、前回の衆議院議員総選挙時とは一部異なり、日テレNEWS24(CS)では14日21:00 - 15日4:00[注釈 123]に、日本テレビでは『ZERO×選挙2014』終了後の15日2:00 - 3:58に、それぞれ『日テレNEWS24 全部見せます! 衆院選スペシャル』(日テレNEWS24(CS)制作)を放送後、15日放送分の『Oha!4』が通常放送された。ただし、放送内容は通常とは異なり、衆院選関連のニュースを中心に放送された。なお、この日の『Oha!4』第1部について、ネット時間を変更したり、臨時ネットする局が一部ある。また、日テレNEWS24では再放送パートを8:00まで延長した。

出演者
  • 中田有紀・上田まりえ(日本テレビアナウンサー)・藤田大介(日本テレビアナウンサー)・掛貝梨紗・渡部真希子(JD)

ネット局(Oha!選挙)[編集]

○印は当該パートがフルネットであることを示す。第2部の●印はフルネットかつレギュラーの『Oha!4』も当時定時放送としてフルネットされていた局(曜日限定の地域・及びフィラー扱いで放送されている局は除く。)を示す。日本テレビ以外の地上波系列局およびBS日テレでは日テレNEWS24の再送信ネット。

放送対象地域 放送局 第1部
2:00 - 4:00
第2部
4:00 - 5:20
日本全国 日テレNEWS24(CS)
制作局

※5:20 - 7:00にリピートパートも放送。
関東広域圏 日本テレビ
日本全国 BS日テレ
※5:20 - 5:30にリピートパート10分版も放送。
北海道 札幌テレビ 4:00 - 4:53
青森県 青森放送 4:00 - 4:42
岩手県 テレビ岩手 4:00 - 4:19
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送 4:00 - 4:45
山形県 山形放送
福島県 福島中央テレビ 3:30 - 4:00 4:58 - 5:20
山梨県 山梨放送 2:30 - 4:00 4:00 - 4:50
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州 3:05 - 4:00
静岡県 静岡第一テレビ
富山県 北日本放送 2:33 - 4:00 4:00 - 4:50
石川県 テレビ金沢 3:13 - 4:00 4:00 - 4:18
福井県 福井放送 2:37 - 4:00 4:00 - 4:40
中京広域圏 中京テレビ 4:00 - 5:19
近畿広域圏 読売テレビ 3:27 - 4:00 4:00 - 5:10
鳥取県島根県 日本海テレビ 3:10 - 4:00 4:00 - 4:40
広島県 広島テレビ 4:00 - 4:25、5:00 - 5:20
山口県 山口放送
徳島県 四国放送 4:00 - 4:50
香川県・岡山県 西日本放送 3:35 - 4:00
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送 4:00 - 4:40
福岡県 福岡放送
長崎県 長崎国際テレビ ×
熊本県 くまもと県民テレビ
大分県 テレビ大分[注釈 124] × ×
鹿児島県 鹿児島読売テレビ 4:00 - 4:15

※NNS非加盟のテレビ宮崎(宮崎県・UMK:FNN/FNS・NNN・ANN系列)は全編非ネット。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日テレの場合、編成上及びビデオリサーチ社の視聴率公表は当番組の第2部を『ズームイン!!SUPER』第1部の、後続の『ZIP!』全編を「ズームイン!!SUPER」第2部の後番組扱いとしている。
  2. ^ 2020年4月6日からは静岡第一テレビも4時台を日テレと同じ正規ネットでネット開始された為、静岡県も伝えるようになった。
  3. ^ かつてほぼ同時間帯に放映されていた「あさ天5」でもネット局全てで関東の天気予報が垂れ流されていた。
  4. ^ 2019年8月12日、9月16日、11月4日、2020年1月13日、2月11日、24日、11月3日、23日、2021年1月11日、2月11日、23日、5月3日、5月4日、5月5日、2021年9月20日、23日などが該当。
  5. ^ Pre-dawn Update(- 5:00)、Early Morning News(6:00 - )。
  6. ^ 2021年7月21日は水曜日を担当。
    • 2022年3月18日は金曜日を担当。
    • 2023年1月31日は火曜日を担当。
    • 2021年11月29日、2022年9月12日と12月12日は杉原凜が担当。
    • 2022年12月19日は後呂有紗が担当。
    • 2022年12月26日は森富美が担当。
    • 2023年11月27日は市來玲奈が担当。
  7. ^ 2023年8月2日(水)は忽滑谷こころが担当。
    • 2023年9月6日(水)と13日(水)は森富美が担当。
  8. ^ 2023年3月10日は金曜日を担当。
    • 2023年8月2日は水曜日を担当。
    • 2021年11月17日(水)、2022年2月9日(水)と23日(水)と9月7日(水)、2023年5月16日(火)、2024年1月10日(水)は杉原凜が担当。
    • 2022年2月2日(水)と16日(水)は畑下由佳が担当。
    • 2023年1月31日(火)は佐藤真知子が担当。
    • 2023年11月15日(水)は森富美が担当。
  9. ^ 2023年9月28日は佐藤梨那が担当。
    • 2024年1月4日は森富美が担当。
    • 2024年2月8日は杉野真実が担当。
  10. ^ 2023年1月6日は森富美が担当。
    • 2023年3月10日は忽滑谷こころが担当。
    • 2023年5月12日は杉原凜が担当。
  11. ^ セント・フォース所属、元岩手めんこいテレビ(mit)アナウンサー
  12. ^ 2021年3月29日放送分より、スポーツコーナーも担当。
  13. ^ 2022年8月29日は月曜日を担当。
    • 2023年8月8日・9月12日は火曜日を担当。
    • 2023年1月24日(火)は中野謙吾が担当。
    • 2024年1月15日(月)はラルフ鈴木が担当。
  14. ^ 2016年5月3日、2023年1月24日は火曜日を担当。
    • 2016年5月23日、2023年1月16日は月曜日を担当。
    • 2016年6月8日・15日、2024年2月14日は水曜日を担当。
    • 2016年9月2日、2022年8月12日は金曜日を担当。
    • 2016年5月5日(木)と6月9日(木)と16日(木)と8月11日(木)は安藤翔が担当。
    • 2016年5月26日(木)は辻岡義堂が担当。
    • 2016年9月15日(木)は安村直樹が担当。
    • 2023年2月1日(水)は伊藤大海が担当。
    • 2023年2月8日(水)は山本健太が担当。
    • 2023年5月3日(水)は川畑一志が担当。
    • 2023年7月26日(水)と10月17日(火)は蛯原哲が担当。
    • 2023年10月3日(火)と10日(火)と24日(火)はラルフ鈴木が担当。
    • 2023年10月31日(火)は大町怜央が担当。
  15. ^ 2020年2月19日は水曜日を担当。
    • 2023年8月10日は木曜日を担当。
    • 2023年10月31日は火曜日を担当。
    • 2019年11月26日(火)は川畑一志が担当。
    • 2020年4月14日(火)は伊藤大海が担当。
    • 2023年8月8日(火)と9月12日(火)は弘竜太郎が担当。
    • 2023年9月26日(火)と11月15日(水)はラルフ鈴木が担当。
    • 2023年10月4日(水)と11日(水)、2024年1月17日(水)は田辺大智が担当。
    • 2024年2月14日(水)は中野謙吾が担当。
  16. ^ 2018年10月26日・11月16日、2019年3月1日は金曜日を担当。
    • 2019年3月6日、2020年1月29日は水曜日を担当。
    • 2019年3月11日は月曜日を担当。
    • 2020年4月14日は火曜日を担当。
    • 2019年7月24日(水)は川畑一志が担当。
    • 2020年6月10日(水)は山﨑誠が担当。
    • 2021年9月7日(火)は梅澤廉が担当。
    • 2023年8月10日(木)は大町怜央が担当。
  17. ^ 2023年9月26日・10月3日・10日・24日は火曜日を担当。
    • 2023年11月15日は水曜日を担当。
    • 2024年1月15日は月曜日を担当。
    • 2023年7月28日は山﨑誠が担当。
  18. ^ ジョイスタッフ所属
  19. ^ 当日の天気のポイントを紹介する。緊急性を要する内容の場合は登場せず、中西のみで進行する。
  20. ^ スプラウト所属、元SKE48
  21. ^ 9月24日を最後に夏休みに入ったまま、体調不良を理由に降板。10月中の水 - 金曜は事実上シフト勤務のような状態となった。
  22. ^ 前番組『ニュース朝いち430』(2002年4月1日 - 2006年3月31日)から続投していたが、本番組での肩書きはリニューアルに伴い、何度か変わっている。
  23. ^ 2016年5月19日・7月1日・8月18日・9月22日は畑下由佳、2016年12月23日、2017年1月27日・6月2日・9月7日・8日・21日・22日は笹崎里菜、2017年1月26日・6月1日は滝菜月が担当した。
  24. ^ 2016年9月12日 - 14日・12月14日・27日・28日は後藤晴菜、2016年12月12日・13日・19日・21日・26日、2017年1月9日・10日・17日・23日・24日・30日・2月6日・7日・13日・14日は笹崎里菜、2017年1月11日・18日・25日・31日・2月1日・8日・15日は滝菜月が担当した。
  25. ^ 2017年9月11日は後藤晴菜、2017年9月12日・18日・19日は滝菜月が担当した。
  26. ^ 2017年8月30日は笹崎里菜が担当した。
  27. ^ 2018年4月17日・9月4日、2019年3月12日・9月17日は佐藤梨那、2018年10月8日・9日、2019年3月11日は笹崎里菜、2018年12月10日・11日、2019年4月15日・16日は佐藤真知子が担当した。
  28. ^ 2017年12月15日、2018年1月10日・9月12日・13日は郡司恭子、2018年1月11日は後藤晴菜、2019年7月18日は佐藤梨那、2019年8月14日・15日は佐藤真知子が担当した。
  29. ^ 2018年2月2日は笹崎里菜、2018年2月9日・16日・3月23日は佐藤真知子、2018年2月23日は佐藤梨那が担当した。
  30. ^ 2018年4月20日、2019年8月16日は郡司恭子が担当した。
  31. ^ 2020年2月3日は郡司恭子、2020年3月2日は佐藤真知子が担当した。
  32. ^ 2019年11月26日、2020年3月24日・31日・7月21日・28日・9月1日は市來玲奈、2020年4月7日は佐藤梨那、2020年6月23日は後呂有紗、2020年6月30日・7月14日は岩田絵里奈、2020年7月7日は佐藤真知子が担当した。
  33. ^ 2019年11月27日、2020年4月1日は郡司恭子が担当した。
  34. ^ 2020年1月31日は後呂有紗、2020年2月7日は笹崎里菜、2020年7月24日、2021年2月26日は杉原凜が担当した。
  35. ^ 2021年7月21日は佐藤真知子が担当した。
  36. ^ 2021年11月29日、2022年9月12日・12月12日は杉原凜、2022年12月19日は後呂有紗、2022年12月26日は森富美、2023年11月27日は市來玲奈が担当した。
  37. ^ 2022年3月18日は佐藤真知子が担当した。
  38. ^ 2021年11月17日、2022年2月9日・23日・9月7日は杉原凜、2022年2月2日・16日は畑下由佳が担当した。
  39. ^ 2023年1月31日は佐藤真知子、2023年5月16日は杉原凜が担当した。
  40. ^ 2023年1月6日は森富美、2023年3月10日は忽滑谷こころ(河出は福島県大熊町から中継担当)、2023年5月12日は杉原凜が担当した。
  41. ^ 2023年9月28日は佐藤梨那、2024年1月4日は森富美、2024年2月8日は杉野真実が担当した。
  42. ^ 2023年8月2日は忽滑谷こころ、2023年9月6日・13日は森富美が担当した。
  43. ^ 2023年11月15日は森富美、2024年1月10日は杉原凜が担当した。
  44. ^ 2013年2月22日は安藤翔、2013年9月6日は安村直樹が担当した。
  45. ^ 2013年9月25日は安村直樹が担当した。
  46. ^ 2016年5月23日は中野謙吾、2016年8月8日、2017年8月14日、2018年6月11日・25日・7月30日は安藤翔、2016年8月15日・9月19日、2017年10月16日・11月20日、2018年2月19日・26日は安村直樹、2016年11月14日は佐藤義朗、2017年7月10日、2018年7月2日・8月13日は山本健太、2018年3月12日は川畑一志が担当した。
  47. ^ 2016年5月3日は中野謙吾、2016年5月17日・8月16日・23日は安村直樹、2016年8月9日、2017年4月11日・5月16日・6月27日は安藤翔、2017年2月7日は山本健太、2017年9月5日・12日は川畑一志が担当した。
  48. ^ 2016年6月8日・15日は中野謙吾、2016年7月13日・20日・8月31日、2017年4月12日・6月28日・9月20日は佐藤義朗、2017年1月18日・3月22日・6月14日・8月23日・9月6日は山本健太が担当した。
  49. ^ 2016年5月5日・6月9日・16日・8月11日は安藤翔、2016年5月26日は辻岡義堂、2016年9月15日は安村直樹が担当した。
  50. ^ 2016年9月2日は中野謙吾、2016年11月18日、2017年8月11日、2018年1月26日・6月22日は山本健太、2017年1月27日、2018年2月16日は安藤翔、2017年10月27日・11月24日、2018年3月16日は辻岡義堂、2018年10月19日は川畑一志、2018年10月26日・11月16日、2019年3月1日は伊藤大海が担当した。
  51. ^ 2016年10月20日、2017年1月26日、2018年2月8日・15日は安藤翔、2017年5月11日は辻岡義堂、2017年6月15日・9月14日・21日は安村直樹、2017年10月19日、2018年2月22日・5月3日・10日・8月16日・23日は川畑一志が担当した。
  52. ^ 2017年2月28日は滝菜月が担当した。
  53. ^ 2016年12月26日 - 2017年3月29日は畑下の代行で、月~水はメインキャスターの代行。その間、肩書はキャスターとなっていた。
  54. ^ 2018年1月23日・3月6日・4月17日・24日・8月28日・9月4日は川畑一志、2018年2月6日・13日・20日は山本健太が担当した。
  55. ^ 2017年10月11日、2018年6月27日・8月22日は山本健太、2018年2月21日・3月7日・4月18日・6月20日・7月25日・8月29日は安藤翔、2018年3月14日は辻岡義堂、2019年3月6日は伊藤大海が担当した。
  56. ^ 2019年1月14日・7月22日は山本健太、2019年3月11日は伊藤大海が担当した。
  57. ^ 2019年7月16日は山﨑誠、2019年9月17日は大町怜央が担当した。
  58. ^ 2019年7月24日は川畑一志が担当した。
  59. ^ 2019年6月13日・9月5日・12日は山﨑誠が担当した。
  60. ^ 2019年8月16日・9月13日は川畑一志、2019年9月20日は大町怜央が担当した。
  61. ^ 2019年11月26日は川畑一志、2020年4月14日は伊藤大海が担当した。
  62. ^ 2019年12月11日・18日は山﨑誠、2020年1月29日は伊藤大海、2020年2月19日は大町怜央が担当した。
  63. ^ 2019年12月26日、2020年1月30日は山本健太、2020年3月12日は川畑一志が担当した。
  64. ^ 2019年11月8日、2020年7月10日は川畑一志、2020年6月19日は山﨑誠が担当した。
  65. ^ 2020年6月10日は山﨑誠が担当した。
  66. ^ a b 隔週交代。
  67. ^ 2021年8月16日は梅澤廉が担当した。
  68. ^ 2021年9月7日は梅澤廉が担当した。
  69. ^ 2021年6月30日は北脇太基が担当した。
  70. ^ 2021年5月6日は田辺大智、2021年8月19日は安村直樹、2021年9月16日は伊藤遼が担当した。
  71. ^ 2021年5月7日は川畑一志、2021年8月13日・27日は梅澤廉、2021年8月20日は大町怜央が担当した。
  72. ^ 2021年11月1日は伊藤遼が担当した。
  73. ^ 2022年8月29日は弘竜太郎、2023年1月16日は中野謙吾が担当した。
  74. ^ 2022年11月24日・12月1日は北脇太基、2022年12月8日・22日は澁谷善ヘイゼルが担当した。
  75. ^ 2022年8月12日は中野謙吾が担当した。
  76. ^ 2023年1月24日は中野謙吾が担当した。
  77. ^ 2023年2月1日は伊藤大海、2023年2月8日は山本健太、2023年5月3日は川畑一志、2023年7月26日は蛯原哲が担当した。
  78. ^ 2024年1月15日はラルフ鈴木が担当した。
  79. ^ 2023年8月8日・9月12日は弘竜太郎、2023年9月26日はラルフ鈴木が担当した。
  80. ^ 2023年8月10日は大町怜央が担当した。
  81. ^ 2023年7月28日は山﨑誠が担当した。
  82. ^ 2023年10月3日・10日・24日はラルフ鈴木、2023年10月17日は蛯原哲、2023年10月31日は大町怜央が担当した。
  83. ^ 2023年10月4日・11日、2024年1月17日は田辺大智、2023年11月15日はラルフ鈴木、2024年2月14日は中野謙吾が担当した。
  84. ^ アシスタントが担当。『Lifeコンシェルジュ』のコーナーはアシスタントに代わり鷲尾が担当。
  85. ^ 第1部4時台は鷲尾と各曜日の男性アナウンサーとアシスタントが担当する形に変更され、第1部5時台および第2部は鷲尾と各曜日の男性アナウンサーが担当する形に変更される。
  86. ^ 各曜日の男性アナウンサーがスポーツコーナーを兼務。
  87. ^ その後テレビ山梨アナウンサー。
  88. ^ その後日経CNBC→TBSニュースバードキャスター。
  89. ^ その後TBSニュースバードキャスター→現エフエム東京アナウンサー。
  90. ^ その後西日本放送アナウンサー。後に東京ヴェルディ1969職員。
  91. ^ ニチエンプロダクション所属フリーアナウンサー。
  92. ^ 北海道放送アナウンサー。
  93. ^ その後四国放送アナウンサー。
  94. ^ テレビ新潟アナウンサー。
  95. ^ 東京メトロポリタンテレビジョン報道部記者。
  96. ^ 大分放送アナウンサー。
  97. ^ 大分放送アナウンサー。
  98. ^ 広島ホームテレビアナウンサー。
  99. ^ その後読売テレビアナウンサー→セント・フォース所属フリーアナウンサー。
  100. ^ とちぎテレビキャスター。
  101. ^ 出演当時スプラウト所属タレント。
  102. ^ その後福岡放送アナウンサーを経て一般企業勤務。
  103. ^ 2021年現在もCM入り前の予告・提供クレジットBGM・天気予報(アレンジ)で使用中
  104. ^ 2018年4月以降、日テレNEWS24(CS)では千葉ロッテマリーンズ主催の公式戦全試合を中継することとなった。そのリピート放送が当番組放送時間帯にかかる場合があり、その時は地上波には裏送りとなる。
  105. ^ 日本テレビ以外の地上波系列局において、メンテナンス等により未明から早朝にかけての放送を休止する場合、第2部のみ通常通り◎(一部系列局では当番組のみ通常通り◎となる場合もある)となるが、それが長時間にわたる場合等はごくまれに第2部を臨時に×に変更することがある。
  106. ^ 上記メンテナンスでの休止以外に、臨時で自社制作番組(収録もの)や他系列の別番組へ差し替えたり、大雨・台風発生時に自社制作の報道特別番組に差し替えることがある。
  107. ^ 年始かつ月 - 金曜日に『Oha!6』として放送した場合を含む。
  108. ^ FIFAワールドカップオリンピックAFCチャンピオンズリーグ録画中継・国外開催時のFIFAクラブワールドカップ等(4:30以前に終了する場合であっても、延長オプションが設定される場合を含む)。
  109. ^ 2019年8月以降(一部の祝日を除く)
  110. ^ 年始かつ月 - 金曜日に『Oha!6』として放送する場合を除く。
  111. ^ 例外として、東日本大震災直後の2011年3月29日は一部系列局でも、『さきがけニュース&スポーツ』共々臨時に通常回線でネット受けした。ただし、送出される画面は通常のCS再送信ネット時と同等のものであった。
  112. ^ スポーツ関連では結果が書かれた静止画や選手の写真、エンタメでは主に文章が書かれた静止画を出して、画面下部に『権利映像のため、お見せできません』『「Oha!4」を、日テレNEWS24でご覧のみなさんには映像をお見せできません』等という断り書きを表示。
  113. ^ 2020年4月3日から2023年9月1日まで大規模な放送設備メンテナンスや深夜番組が4:00または4:30をまたいで放送される場合は○に変更していた。
  114. ^ 前者は第49回衆議院議員総選挙、後者は、第26回参議院議員通常選挙の開票速報をそれぞれ伝えるため[36]
  115. ^ 世界柔道リオデジャネイロオリンピックなどで実例あり。この他2016年12月27日は『SMAP×SMAP』の最終回スペシャルの時差ネットのためにネットを返上した例もある。
  116. ^ ゴールデンウィーク期間の祝日編成で『どさんこワイド!!朝!・第1部』(通常時の放送時間は5:00 - 6:00)が5:50 - 6:30に50分繰り下げ・短縮されたため。
  117. ^ 同日から、ローカル情報番組『朝生ワイド す・またん!』(5:10 - 6:30)の放送開始時刻を40分繰り上げ・拡大される事に伴うもの。
  118. ^ 2020年9月25日までは、ローカル情報番組『朝生ワイド す・またん!』(5:20 - 6:30)を放送していたが、同月28日からは同パートを◎に変更したため30分繰り下げ・短縮の上5:50 - 6:30に放送されていた。
  119. ^ 2011年より、『皇室日記新春スペシャル』は別枠で再開。『皇室日記』自体は通常番組として放送されている。
  120. ^ 同番組内のネットワークニュース『NNNニュースZIP!』に当たるニュース番組は設けられなかった。
  121. ^ 日テレNEWS24では『さきがけニュース』を放送。BS日テレでも、7:30 - 8:00 に『さきがけニュース』をCS再送信ネット。
  122. ^ 日本テレビ以外の一部除く地上波系列局およびBS日テレでも、前者は22日2:00以降の全編もしくは一部を、後者はCS再送信ネットで21日19:57 - 21:00・22日2:30 - 4:00にそれぞれ放送した。なお、一部系列局では日本テレビ同様通常回線によるネットを行ったため、日本テレビ以外の系列局に通常回線によるネット局とCS再送信ネット局が混在した。
  123. ^ 日本テレビ以外の一部除く地上波系列局およびBS日テレでも、前者は15日2:00以降の全編もしくは一部を、後者はCS再送信ネットで15日3:00 - 4:00にそれぞれ放送。なお、一部系列局では日本テレビ同様通常回線によるネットを行うため、日本テレビ以外の系列局に通常回線によるネット局とCS再送信ネット局が混在。
  124. ^ フジテレビ系列とのクロスネット局。深夜から翌朝のネットニュースはNNNである。

出典[編集]

  1. ^ 『Oha!4』8年目で大幅リニューアル!酒井千佳、加藤多佳子、新井恵理那ら新キャスターも加入”. テレビドガッチ. プレゼントキャスト (2013年3月24日). 2013年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月27日閲覧。
  2. ^ 2018年迄は日テレNEWS24の単独制作、2019年以降は日テレNEWS24と日本テレビの共同制作。
  3. ^ Oha!4とは”. Oha!4 NEWS LIVE. 日本テレビ. 2021年9月4日閲覧。
  4. ^ 「日テレ」午前4時からニュース”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2006年2月22日). 2006年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月27日閲覧。
  5. ^ 天気予報に生活感プラス…日テレ・リレーコラム”. 読売中高生新聞. 読売新聞社 (2014年10月20日). 2014年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e 日テレ『Oha!4』、4月から30分後ろ倒し放送 各曜日担当アナ&テーマソングも決定”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年3月22日). 2021年3月22日閲覧。
  7. ^ TOPICS 新井恵理那 「Oha!4 NEWS LIVE」レギュラー決定! セント・フォース 2013年3月7日閲覧。
  8. ^ 春から♪♪”. 新井恵理那オフィシャルブログ「えりーなのnaturalらいふ♪」. Amebaブログ (2013年3月7日). 2013年3月7日閲覧。
  9. ^ Oha!4 : 8年目で初の大幅リニューアル そらジロー、ミス青学も加入”. 毎日jp. 毎日新聞社 (2013年3月24日). 2013年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月24日閲覧。
  10. ^ おはよん、新キャスターでリニューアル!”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2013年3月24日). 2013年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月27日閲覧。
  11. ^ 番組公式 facebook の2013年3月24日12:04 (JST)の番組スタッフの書き込みより。
  12. ^ 吉竹史アナ「Oha!4」キャスターに 関西から全国区”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2014年3月18日). 2014年3月18日閲覧。
  13. ^ Oha!4 NEWS LIVE[デ]”. 日本テレビ (2014年4月2日). 2014年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月27日閲覧。
  14. ^ Oha!4 NEWS LIVE[デ]”. 日本テレビ (2014年4月3日). 2014年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月27日閲覧。
  15. ^ Oha!4 NEWS LIVE[デ]”. 日本テレビ (2014年4月4日). 2014年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月27日閲覧。
  16. ^ ★卒業”. キャスターブログ|Oha!4 NEWS LIVE. 日本テレビ (2015年3月27日). 2015年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月27日閲覧。
  17. ^ Oha!4 NEWS LIVE[oha4newslive] (2015年3月29日). “<Oha!4は、いよいよ10年目突入!>…”. facebook. 2022年9月27日閲覧。
  18. ^ 「日本テレビ×ティップネス」 の協業コンテンツ第一弾!
    ティップネス・インストラクターがレクチャーする『Oha! TIP 1min.体操』
    』(プレスリリース)日本テレビ、2015年8月27日https://www.ntv.co.jp/info/pressrelease/822.html2015年8月29日閲覧
     
  19. ^ Oha!TIP 1min.体操
    日テレジータス特別版
    ”. 日テレジータス. 2015年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月27日閲覧。
  20. ^ “フリーアナの中田有紀が結婚&妊娠を「Oha!4」で生報告”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/13/kiji/K20151113011500290.html 2015年11月13日閲覧。 
  21. ^ “中田有紀、アジカン・ベースの山田貴洋と今夏結婚、来春にはママに!”. サンケイスポーツ (株式会社産経デジタル). (2015年11月13日). https://www.sanspo.com/article/20151113-VKXECAXR3NITNDLXMGPV6ERBRA/ 2015年11月13日閲覧。 
  22. ^ 『Oha!4』中田有紀アナの後任に畑下由佳&後藤晴菜アナを起用”. ORICON NEWS. oricon ME (2015年12月17日). 2015年12月17日閲覧。
  23. ^ 『Oha!4』新キャスターに小菅春香4・4からリニューアル”. ORICON NEWS. oricon ME (2016年3月28日). 2021年7月25日閲覧。
  24. ^ 畑下アナウンサー。”. 内田敦子オフィシャルブログ「うちブロ」. Amebaブログ (2017年12月17日). 2022年9月27日閲覧。
  25. ^ “日テレ「おはよん」9・30以降女子アナ5人体制”. 日刊スポーツ (日刊スポーツNEWS). (2019年9月20日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201909200000017_m.html?mode=all 2019年9月20日閲覧。 
  26. ^ Oha!4 NEWS LIVE:市來アナ、後呂アナ、岩田アナが新加入! メインキャスターが日替わりに 30日から”. まんたんウェブ. MANTAN (2019年9月20日). 2019年10月1日閲覧。
  27. ^ 日テレ新人アナ3人が『Oha!4』でデビュー決定”. ORICON NEWS. oricon ME (2020年9月25日). 2020年9月25日閲覧。
  28. ^ a b 日テレ岩田絵里奈アナOha!4卒業「幸せでした」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツNEWS (2021年3月26日). 2022年9月27日閲覧。
  29. ^ 米澤かおりアナ 29日から「Oha!4」ニュース担当に”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2021年3月28日). 2021年3月28日閲覧。
  30. ^ 日テレ後呂有紗アナ「Oha!4」キャスター2年半で卒業「初めての報道番組 特別な時間でした」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2022年3月29日). 2022年9月27日閲覧。
  31. ^ a b 『Oha!4』4月から10人のアナウンサーが出演 ケツメイシがテーマソングを担当”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年3月28日). 2022年9月27日閲覧。
  32. ^ フリーアナ内田敦子、10年続けたニュース番組を卒業へ 自分で決断も「まだまだ未練たらたら」”. 日テレNEWS. 日本テレビ (2022年9月1日). 2022年9月27日閲覧。
  33. ^ 『Oha!4』に新メンバーが参加 浦野モモアナウンサー&後藤楽々キャスターが意気込み”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年9月27日). 2022年9月27日閲覧。
  34. ^ そらジロー、令和の初日『Oha!4』からバーチャル化”. ORICON NEWS. oricon ME (2019年4月30日). 2022年9月27日閲覧。
  35. ^ 2013年5月8日・公式サイト内のキャスターブログ「謎のキャラクター」
  36. ^ Oha!4 NEWS LIVE”. Gガイド.テレビ王国. SMN. 2022年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月10日閲覧。
  37. ^ [1]
  38. ^ 日テレNEWS24 2013年7月21日 番組表日テレNEWS24 2013年7月22日 番組表 スカパー! 2013年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]

日本テレビ 平日早朝の情報番組枠
前番組 番組名 次番組
ニュース朝いち430
【ここから日テレNEWS24(CS)制作枠】
Oha!4 NEWS LIVE
(2006年4月3日 - )
-
日本テレビ 月曜 4:00 - 4:30
(単発枠または放送休止)
※1:25 - 4:25
日テレNEWS24
※4:25 - 4:30
Oha!4 NEWS LIVE

Oha!4 NEWS LIVE(第1部)
(2006年4月 - 2021年3月)
-
日本テレビ 火曜 4:00 - 4:30
映画天国◇日テレNEWS24
※1:25 - 4:30
【枠縮小の上継続】
Oha!4 NEWS LIVE

Oha!4 NEWS LIVE(第1部)
(2006年4月 - 2021年3月)
-
日本テレビ 水曜 4:00 - 4:30
映画楽園 〜シネパラ〜◇日テレNEWS24
※1:55 - 4:30
【『映画楽園 〜シネパラ〜』は金曜未明に枠移動
『映画天国 チネ★パラ』へと改題】
Oha!4 NEWS LIVE

Oha!4 NEWS LIVE(第1部)
(2006年4月 - 2021年3月)
-
日本テレビ 木曜 4:00 - 4:30
(週替単発枠)◇日テレNEWS24
※2:10 - 4:30
【枠縮小の上継続】
Oha!4 NEWS LIVE

Oha!4 NEWS LIVE(第1部)
(2006年4月 - 2021年3月)
-
日本テレビ 金曜 4:00 - 4:30
日テレNEWS24
※3:50 - 4:30
Oha!4 NEWS LIVE

Oha!4 NEWS LIVE(第1部)
(2006年4月 - 2021年3月)
-
日本テレビ 平日 4:30 - 5:20
ニュース朝いち430
※4:30 - 5:30
【ここから日テレNEWS24(CS)制作枠】
Oha!4 NEWS LIVE

Oha!4 NEWS LIVE(第1部)
(2006年4月3日 - )
-
日本テレビ系 平日 5:20 - 5:50
ズームイン!!SUPER(第1部)
※5:20 - 6:30
【ここまで日本テレビ制作枠】
Oha!4 NEWS LIVE(第2部)
(2011年4月1日 - )
【ここから日テレNEWS24(CS)制作枠】
-