コンテンツにスキップ

FIFAクラブワールドカップ2021

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Alibaba Cloud プレゼンツ
FIFAクラブワールドカップ UAE 2021
FIFA Club World Cup UAE 2021 presented by Alibaba Cloud
大会概要
開催国 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
日程 2022年2月3日 - 2月12日
チーム数(6連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝 イングランドの旗 チェルシー (1回目)
準優勝 ブラジルの旗 パルメイラス
3位 エジプトの旗 アル・アハリ
4位 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
大会統計
試合数 8試合
ゴール数 27点
(1試合平均 3.38点)
総入場者数 100,752人
(1試合平均 12,594人)
得点王 ベルギーの旗 ロメル・ルカク
ブラジルの旗 ハファエウ・ヴェイガ
エジプトの旗 ヤセル・イブラヒム
マリ共和国の旗 アブドゥライ・ディアビ(2点)
最優秀選手 ブラジルの旗 チアゴ・シウバ
 < 20202022

FIFAクラブワールドカップ2021: FIFA Club World Cup 2021)は、2022年2月3日から2月12日にかけて、アラブ首長国連邦(UAE)で開催された18回目のFIFAクラブワールドカップである。

当初は2021年6月17日から7月4日にかけて24チームが参加する新方式により中国で開催予定だった[1]が、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 感染拡大によるUEFA EURO 2020およびコパ・アメリカ2020の2021年への開催延期に伴い、2020年3月18日に電話によるFIFAの臨時理事会により同大会の開催延期が決定[2]

2020年12月4日のFIFA評議会により開催地を中国から日本に変更し、従来の7チーム(6大陸連盟代表+開催地代表)によるノックアウトトーナメント方式に戻して開催することが決定し[3]、更に2021年3月19日にFIFAの理事会が行われ、大会の日程が12月9日から12月19日に行われる事が決まった[4]。しかし、新型コロナウイルスの感染状況およびそれに伴う開催条件を考慮した結果、日本サッカー協会が2021年9月9日に日本での開催を返上することでFIFAと合意したと発表した[5]。その後の2021年10月20日にFIFAは、当大会を2022年初頭にアラブ首長国連邦で開催すると発表した[6]

概要

[編集]

2016年国際サッカー連盟(FIFA)の会長ジャンニ・インファンティーノは、2019年大会において32チームが参加して行われる案を出したが[7]、しかしその後2021年からコンフェデ杯を廃止し、4年ごとの開催、24チームが参加することを提案[8]

2019年3月にアメリカマイアミで行われたFIFA評議会でインファンティーノの提案を賛成多数で承認した[9][10][11]。しかし欧州クラブ協会は当大会の大幅変更は、すでに2024年まで決まっていたFIFA国際大会カレンダーを十分な協議なしに変更したものとして反対、本大会のボイコットの可能性も表明している[10]。しかし新型コロナウイルスの世界的大流行でUEFA EURO 2020コパ・アメリカ2020が1年延期され開催困難となったため、FIFAは2021年2022年または2023年の後半に延期すると示唆した。その後、FIFA評議会において大会方式の(従来方式への)再変更と開催地の日本への変更が決定した[3]

2021年9月8日に記者会見を行った日本サッカー協会会長の田嶋幸三が、新型コロナウイルス感染防止への配慮や観客制限による不採算を理由に開催権を返上する前提でFIFAと協議中であると明らかにし[12]、翌9月9日に日本サッカー協会がFIFAとの間で日本開催について返上したことで合意したと発表した[5]

その後、開催地をアラブ首長国連邦に変更した上で2022年2月4日に開幕し、同月12日まで行われる[6][13]。なお、開幕日の4日には中華人民共和国にて北京冬季オリンピックが同月20日までの日程で行われるため、国際スポーツ大会の日程が重なる事態となった[14]

当初予定されていた形式

[編集]

前述のとおり、FIFAクラブワールドカップは今大会から24チームによる対戦が想定されていた。大陸連盟ごとの出場枠は、ヨーロッパ(UEFA)が最大で8枠、南米(CONMEBOL)が6枠、アジア(AFC)が3枠などとなる[1]。詳細は以下の通り[15]

ヨーロッパ(UEFA):8枠
2018年 - 2021年のUEFAチャンピオンズリーグならびにUEFAヨーロッパリーグ優勝チームが出場することを原則とするが、UEFAが1か国あたりの出場チーム数を制限する可能性がある。また、上記の大会で複数回優勝したチームがあった場合は、UEFAチャンピオンズリーグの準優勝チームのうち直近の年度のチームから優先して補充する。
南米(CONMEBOL):6枠
うち4チームは、2019年 - 2020年のコパ・リベルタドーレスならびにコパ・スダメリカーナの優勝チームが出場することを原則とする。その他の詳細は未定。
アジア(AFC):2.5枠[16][注釈 1]
AFCチャンピオンズリーグ2020の決勝進出チームは自動的に出場権。準決勝の敗者同士による3位決定戦を行い,勝者は最終プレーオフに進出。ただし1か国あたりの出場チームは最大2チームに制限される見込みで、優勝チーム・準優勝チームの所在国の重複によってはプレーオフ出場チームが変更されうる。
北中米カリブ海(CONCACAF):3枠
2021年のCONCACAFチャンピオンズリーグ決勝に進出した2チームに出場権が与えられるが、残る1チームについては未定。また1か国あたりの出場チームは最大2チームに制限される見込み。
アフリカ(CAF):3枠
2021年のCAFチャンピオンズリーグ上位3チームに出場権が与えられる。ただし1か国あたりの出場チームは最大2チームに制限される見込み。
オセアニア(OFC):0.5枠
開催国(中国):1枠[16][注釈 1]
2020年の国内リーグ(中国スーパーリーグ)優勝チームに出場権。中国のチームがAFCチャンピオンズリーグにより出場権を得る場合の扱いについてはわかっていない。

本大会ではAからH組までを3チームずつに分かれ、1位チームのみ準々決勝進出、準々決勝以降はノックアウト方式で行われる、という方式が予定されていた[9]

出場クラブ

[編集]
クラブ名 所在国 所在大陸 参加資格 回数
アル・ヒラル  サウジアラビア AFC AFCチャンピオンズリーグ2021 優勝 2回目
アル・アハリ  エジプト CAF CAFチャンピオンズリーグ2020-21 優勝 7回目
モンテレイ  メキシコ CONCACAF CONCACAFチャンピオンズリーグ2021 優勝 5回目
パルメイラス  ブラジル CONMEBOL コパ・リベルタドーレス2021 優勝 2回目
ASピレー  タヒチ OFC OFC推薦[注釈 2] 初出場
チェルシー  イングランド UEFA UEFAチャンピオンズリーグ2020-21 優勝 2回目
アル・ジャジーラ  アラブ首長国連邦 AFC UAEプロリーグ2020-21 優勝(開催国枠) 2回目

会場

[編集]

首都アブダビにある2つのスタジアムを使用する。どちらもAFCアジアカップ2019の会場として使用されたスタジアムである。

アブダビ
アル・ジャジーラ・
ムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアム
アール・ナヒヤーン・スタジアム
収容人員: 37,500 収容人員: 15,000

結果

[編集]

トーナメント表

[編集]
プレーオフ 準々決勝 準決勝 決勝
 2月3日 - アブダビ                          
 アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ  4   2月6日 - アブダビ        
 タヒチの旗 ASピレー  1      サウジアラビアの旗 アル・ヒラル  6
2月9日 - アブダビ
   アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ  1    
 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル  0
     イングランドの旗 チェルシー  1  
2月12日 - アブダビ
 イングランドの旗 チェルシー (aet)  2
2月5日 - アブダビ
   ブラジルの旗 パルメイラス  1
 エジプトの旗 アル・アハリ  1
2月8日 - アブダビ
 メキシコの旗 モンテレイ  0    
 ブラジルの旗 パルメイラス  2
5位決定戦 3位決定戦
     エジプトの旗 アル・アハリ  0  
 メキシコの旗 モンテレイ  3  サウジアラビアの旗 アル・ヒラル  0
 アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ  1  エジプトの旗 アル・アハリ  4
2月9日 - アブダビ 2月12日 - アブダビ
  • 試合開始時刻はアラビア標準時 (UTC+3)。

プレーオフ (開幕戦)

[編集]


準々決勝

[編集]



5位決定戦

[編集]


準決勝

[編集]



3位決定戦

[編集]


決勝

[編集]


優勝クラブ

[編集]
FIFAクラブワールドカップ
2021 優勝
イングランドの旗
チェルシー
初優勝

順位

[編集]
クラブ名
1 イングランドの旗 チェルシー 2 2 0 0 6 3 1 +2
2 ブラジルの旗 パルメイラス 2 1 0 1 3 3 2 +1
3 エジプトの旗 アル・アハリ 3 2 0 1 6 5 2 +3
4 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル 3 1 0 2 3 6 6 0
5 メキシコの旗 モンテレイ 2 1 0 1 3 3 2 +1
6 アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ 3 1 0 2 3 6 10 -4
7 タヒチの旗 ASピレー 1 0 0 1 0 1 4 -3
  • PK戦で決着がついた試合は記録上引き分けとなる

得点ランキング

[編集]
順位 選手名 所属クラブ 得点数
1 ベルギーの旗 ロメル・ルカク イングランドの旗 チェルシー 2
ブラジルの旗 ハファエウ・ヴェイガ ブラジルの旗 パルメイラス
エジプトの旗 ヤセル・イブラヒム エジプトの旗 アル・アハリ
マリ共和国の旗 アブドゥライ・ディアビ アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ
5 ドイツの旗 カイ・ハフェルツ イングランドの旗 チェルシー 1
ブラジルの旗 ドゥドゥ ブラジルの旗 パルメイラス
エジプトの旗 アーメド・アブデル・カデル エジプトの旗 アル・アハリ
エジプトの旗 アムル・エルソリア
エジプトの旗 ムハンマド・ハニー
サウジアラビアの旗 サーレム・アッ=ドーサリー サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
ペルーの旗 アンドレ・カリージョ
ナイジェリアの旗 オディオン・イガロ
サウジアラビアの旗 モハメド・カンノ
マリ共和国の旗 ムサ・マレガ
ブラジルの旗 マテウス・ペレイラ
メキシコの旗 ロヘリオ・フネス・モリ メキシコの旗 モンテレイ
メキシコの旗 セサル・モンテス
アラブ首長国連邦の旗 ザイード・アル=アメリ アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ
アラブ首長国連邦の旗 アハメド・アル=アッタス
ブラジルの旗 ブルーノ
セルビアの旗 ミロシュ・コサノヴィッチ

表彰

[編集]
受賞者 所属クラブ
ゴールデンボール ブラジルの旗 チアゴ・シウバ イングランドの旗 チェルシー
シルバーボール ブラジルの旗 ドゥドゥ ブラジルの旗 パルメイラス
ブロンズボール ブラジルの旗 ダニーロ

脚注

[編集]
  1. ^ a b 当初[15]、アジアの出場枠は「AFCチャンピオンズリーグ2019ならびにAFCチャンピオンズリーグ2020の優勝チームならびに、両大会の準優勝チームによるプレーオフ勝者の合計3チームが自動的にクラブワールドカップに出場、開催国代表はオセアニアとのプレーオフに出場」と報じられていたが、アジアサッカー連盟が後日に異なる方式を発表した[16]
  2. ^ 新型コロナウィルス感染症の影響で、OFCチャンピオンズリーグ 2021が中止となり[17]、2021年8月3日にOFCが2016年から2020年までの各OFCチャンピオンズリーグの最終順位を考慮した総合ランキングに基づいてオークランドシティFC ニュージーランド)を選出した[18]。しかし2021年12月31日、新型コロナウィルス感染症に対するニュージーランドの国境再開の遅れと検疫措置強化を受け、FIFAクラブワールドカップ出場を辞退。OFCはその代替としてASピレーの推薦を決定した[19]

出典

[編集]
  1. ^ a b サッカークラブW杯、21年は中国で 新方式で24チーム出場」『日本経済新聞』2019年10月24日。2019年10月24日閲覧。
  2. ^ 岡田浩幸 (2020年3月19日). “サッカークラブW杯延期…来年6~7月に中国で開催予定”. 読売新聞オンライン. https://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/20200319-OYT1T50260/ 2020年3月22日閲覧。 
  3. ^ a b “FIFA Council passes landmark reforms for female players and coaches, agrees further steps in COVID-19 response”. FIFA. (2020年12月4日). https://www.fifa.com/who-we-are/news/fifa-council-passes-landmark-reforms-for-female-players-and-coaches-agrees-furth 2020年12月4日閲覧。 
  4. ^ 2021年度 第4回理事会を開催”. 日本サッカー協会 (2021年4月9日). 2021年4月9日閲覧。
  5. ^ a b FIFAクラブワールドカップ2021について』(プレスリリース)日本サッカー協会、2021年9月9日https://www.jfa.jp/news/00027878/2021年9月9日閲覧 
  6. ^ a b サッカー=クラブW杯、来年初にUAEで開催 日本返上受け”. ロイター (2021年10月21日). 2021年10月22日閲覧。
  7. ^ “FIFA boss suggests 32-team Club World Cup in 2019”. CBC Sports. AP (CBC). (2016年11月18日). http://www.cbc.ca/sports/soccer/fifa-infantino-32-team-club-world-cup-2019-1.3857019 2017年12月14日閲覧。 
  8. ^ “FIFA considering 24-team Club World Cup to be played in summer”. AP. ESPN. (2017年10月31日). http://www.espn.com/soccer/fifa-club-world-cup/story/3251358/fifa-considering-24-team-club-world-cup-to-be-played-in-summer 2017年12月14日閲覧。 
  9. ^ a b “FIFA Council votes for the introduction of a revamped FIFA Club World Cup”. (2019年3月15日). https://www.fifa.com/about-fifa/who-we-are/news/fifa-council-votes-for-the-introduction-of-a-revamped-fifa-club-world-cup 2019年3月15日閲覧。 
  10. ^ a b “Fifa Club World Cup: Revised tournament approved despite top European clubs saying they will boycott”. British Broadcasting Corporation. (2019年3月15日). https://www.bbc.com/sport/football/47586593 2019年3月16日閲覧。 
  11. ^ Harris, Rob (2019年3月13日). “FIFA wants 24-team Club World Cup in 2021”. Associated Press. https://www.apnews.com/8602ada7064c4a14b02a19c502220cdc 2019年3月16日閲覧。 
  12. ^ “クラブW杯日本開催返上、田嶋会長「FIFAと協議」”. 日本経済新聞. (2021年9月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOKC08AUM0Y1A900C2000000/ 2021年9月9日閲覧。 
  13. ^ サッカーのクラブW杯が開幕 アルジャジーラが快勝”. 共同通信 (2022年2月4日). 2022年2月5日閲覧。
  14. ^ 北京冬季オリンピックの競技日程を発表”. AFP通信 (2022年1月31日). 2022年2月5日閲覧。
  15. ^ a b Rob Harris (2019年10月24日). “FIFA inviting some non-champions to enlarged Club World Cup”. AP通信. 2019年11月25日閲覧。
  16. ^ a b c AFC Executive Committee enhances future AFC Asian Cups”. アジアサッカー連盟 (2019年12月1日). 2020年1月17日閲覧。
  17. ^ OFC competitions calendar rescheduled”. Oceania Football Confederation (2021年6月4日). 2022年2月4日閲覧。
  18. ^ Auckland City nominated for the FIFA Club World Cup 2021”. Oceania Football Confederation (2021年8月3日). 2022年2月4日閲覧。
  19. ^ FIFA statement on OFC representative at the FIFA Club World Cup UAE 2021™”. Fédération Internationale de Football Association (2021年12月31日). 2022年2月4日閲覧。
  20. ^ Al Jazira vs. AS Pirae”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2022年2月3日). 2022年2月3日閲覧。
  21. ^ Al Ahly vs. Monterrey”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2022年2月5日). 2022年2月5日閲覧。
  22. ^ Al Hilal vs. Al Jazira”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2022年2月6日). 2022年2月6日閲覧。
  23. ^ Monterrey vs. Al Jazira”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2022年2月9日). 2022年2月9日閲覧。
  24. ^ Palmeiras vs. Al Ahly”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2022年2月8日). 2022年2月8日閲覧。
  25. ^ Al Hilal vs. Chelsea”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2022年2月9日). 2022年2月9日閲覧。
  26. ^ Al Hilal vs. Al Ahly”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2022年2月12日). 2022年2月12日閲覧。
  27. ^ Chelsea vs. Palmeiras”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2022年2月12日). 2022年2月12日閲覧。

外部リンク

[編集]